マラソン、ヨガ、ベリーダンス! 女を磨く?身体のブログです


by run_run_moon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ぼんやり見るベリーダンス

今日は、hinaryさんと一緒にベリーダンスのイベントに行ってきました。 彼女の会社のお友達が主催しているベリーダンスイベントで、自主的にたぶん音源を持参して、人前で踊る事が出来る場所みたいで、人前で踊れるぐらい上手いんだけど度胸がないっていう人とか、経験が積める場所のようです。

私は、振りかえレッスンをして、気持ちはベリーダンスだったものの、渋谷のとあるバーに行ったら、そこは、ベリーダンサーだらけだった・・・っていう、雪国の気分でした(?) 

ベリーダンスをやっていない人が見たらこう見えるに違いない、ベリーダンスの世界・・・

私、今だに分からないんだよね。。。なんで、私がベリーダンスなのか? 最初に買ったDVDを観た時もそう思ったし、走り始める前に、一番最初にベリーダンスを知った時も思ったけど、ベリーダンスのゴチャゴチャした感じ、猥雑な感じ、そういうのに、ウッっときてしまう所がある。
これは、きっと、現地に行ってみたら、さらにそうなんではないか?って思ったりする。 そう、ベリーダンスのアラブっぽさって、たぶん、私、絶対ダメだろうなぁ。。 って、ベリーダンスを真っ向から否定? 

いや、しかし、一瞬、キャバクラ嬢達に囲まれているような気分になったことは否めない。
これは、ベリーダンスだけじゃないんだけど、結婚式の二次会から帰ってきましたっていう集団を観ても思うけど、あれと、キャバ嬢の違いっていうか、そういうのって、何かな?って思う時がある。 ま、これは、深いテーマなので、ここでは深追いしません。

それから、hinaryさんの友達の素敵な舞を観て、そのデュオの人のダンスを観て、hinaryさんの的確なコメントを聞き、だんだんと、場の雰囲気に慣れてきた時に、その場にいた人々の発表会が始まりました。

最近、私はすっかりコンタクトレンズ・フリーの生活をしてます。 やっぱり、レーシック?って思うでしょう~ いやいや、私、無理やり裸眼生活です。 冬にあまりにも目が乾燥するので、コンタクトレンズをやると、擦れて目が赤くなってしまう事がありました。なので、もう、見えなくってもいいから、コンタクトはしない!とある日から、半ば、ぼんやりした世界で生活する事に。 もともとの視力がどれくらいか分からないのですが、かろうじて生活は出来ます。 行き慣れてない店で、商品を探すのはかなり困難ですが。

そうなると、本当、見えなくてもいいモノってたくさんあるんだなぁ~って思う。 いや、これは分からないんだけど。 見るって、五感の中でも、コントロール出来る感覚だったんだ!って。 私の今の上司は、やたらと響く声なので、耳栓したいくらいだけど、そうもいかないし、やっぱり、音って、イヤフォンから聴いてるなら調整出来るけど、自然に聞こえてくる音は、コントロール出来ない。だから、嫌なものも聞こえてしまう。

ただ、視力。 これは、段階があった! コンタクトやメガネで矯正すればかなり見えるけど、私の裸眼でも十分生活出来るように思う・・・ そうすると、情報量、たぶん、半分くらい? つまり、観たいものだけしか、見なくてもいいの! 自然に目に入る不快な視覚情報はシャットアウト!

危ないんじゃないか?って思うんだけど、その辺、ギリギリ大丈夫には見える。

これを、会社の元秘書やっていた女性に言ったら、超ビックリしていた。。 いや、私は、見えない方が人生、楽かもしれない!って思うんだよね。 これが、裸眼で良かったらいいけど、コンタクトをしばらくしない生活をすると、本当、スッキリ。 夜になって、あぁー目が疲れた~がないわけ。 そうなると、ちょっと見えない不自由さ<自分に縁のある情報のみ見る選択 みたいな公式が成り立つわけですよ。 そうそう、全部見えなくってもいいの!

それで、すっかり、裸眼でベリーダンスを鑑賞する事になったのだけど、それが、また、大発見。

まず、私の裸眼だと、顔とか見えない。(そこのライティングのせいもあったけど)そして、肌質とかも見えない。たぶん、肉のタルミとかも見えなかったと思う。 こういうのって、やっぱり、ベリーダンスの本質とは、違うんだけど、やっぱり、見えちゃうから、気になるのよ! 蚊にさされた後とかあると、「かゆいのかしら?」とか思っちゃうでしょう?

そういう情報がシャットアウト! 

そうすると、身体全体の動きが、見えてくる、まるで赤・緑の3Dメガネをかけてるような、感覚で、身体全部が一つとして見えるわけです。 だって、細かいところは見えないからさ。

今まで、私はダンサーの顔とかって大きいと思っていたけど、今日みたいに、顔が見えなくっても、美しい身体付きと動作で、その人物の雰囲気が出来上がっている。。 あれって、不思議。 

私は今まで、細部が気になって仕方なかったけど、こうやって見ると、踊り全体が見えていいかも?ってちょっと思ってしまった。

美しく見えるキーポインツ。。

1.上半身を持ち上げられている人。 上半身を上げられると、自然と軽やかな動きになって美しい。

2.上半身が柔らかい人。 よく「ベリーダンスは身体が硬い人でも大丈夫です」っていう無責任な事を書いて、生徒を誘致しようとしている広告を見るけど、本当、ウソ。フィギュア・スケートも同じだけど、絶対に上半身が柔らかくないと美しさに差が出る。それこそ、イナバウアー見たら、圧巻なように、やっぱり、美しいのよ。

と、今日は、やたら、上半身が気になった日でした。

私も、頑張って、柔軟体操してから、寝るようにします・・・045.gif
[PR]
by run_run_moon | 2009-04-26 23:24 | bellydance