マラソン、ヨガ、ベリーダンス! 女を磨く?身体のブログです


by run_run_moon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

甲府市ぶどうの里マラソンレース

もう、1週間前になってしまうけど、久しぶりのハーフ。今年のフロストバイト以来?ヒィーって感じ。 半年以上も、ハーフの距離は走ってないので、当然、大変でした。

このコースは2,3回走ったことあって、私の得意のコースでした。ハーフでも2時間切りとか出来たり、2年前でも、2時間1分とかそんなだった。今年は、私の時計で2時間7分とか。
そう考えると、ハーフでも悪くないけど、年々遅くなるってのはどうなの?って思う。

今年は、全部の距離を走れなかった。途中で堂々と歩いてしまった。 このコースは、山道を登ったり、下ったりと、山走りをしてない平地のランナーには相当評判が悪いんだけど、私は、逆に足の使う筋肉が変わるせいか、逆に好成績だった。。
でも、今年は、そのランナーの評判が悪い派になってしまった私。 本当、最後のほうは、坂がきつくって。。

しかも、あまりにも久しぶりすぎで、食べ物を持って走らなかったのは失敗。 ハーフだと、食べ物なくってもOKな場合が多いけど、今回は、10Kくらいで、お腹すいてすいて、後半歩いてしまったのは、エネルギー切れってのも大きかったと思う。 沿道で応援してる人に、食べ物持ってないかなぁ?って目を皿のようにして、飢えた目で見ていた。

このレースはゴールすると、ブドウ食べ放題、速くゴールすればワインも飲み放題、遅いとブドウジュース飲み放題になる。その変わり、エイドでは水オンリー!! しかも、それは水道水間違いなし。 まずいので、逆に飲まないほうがいいのかも?ってほどに。

エネルギー切れの私は、どこに怒りをぶつけていいのやら?って。いや、自分でしょう。 絶対に今後は、携帯食を持って走らないと! 

最初の10Kまでは、結構悪くなかった。 1時間より2分速いくらい。 それが、後半どんどんと遅くなり。。。でも、あれだけ歩いた割には悪くないかも。 

今回感じたのは、当然、予想していた、走力の低下。

それだけじゃなくって、気力と食。 今回は、あまりに想像つかなかったので、完走が目標ってくらいだった。そのせいか、速く走ろうとかいう気持ちがないわけよ。 私、今までも、このレースはどれくらいのタイムで走ろうって明確な目標を設定してなかったけど、今回は、まるでゼロだった。
やはり、こういう目標がないと、頑張りがまるで効かない。気力って大事だなぁって思った。

あと、食べ物持って走ろう。 昔はハーフでも必要なかったけど、最近、やっぱり10K地点でお腹すくようになった。お腹すいていると、走るところじゃない。。

今回は、昔の会社の同僚2人と一緒に行った。毎回、このレースは特別の車両がマラソン専用に用意されるのだけど、今年はTさんの車で! あぁ、最高! やっぱり、車で行くのがいいですよ。 朝もそこまで早くないし、初めてこのレースの後に温泉も入った。

そして、この同僚と私、20代30代40代と3世代にわたるグループだったんだけど、楽しかった。 
その会社は不満もいろいろあったんだけど、人はいい人が多かった。それを会社が利用してるような気がして、私はそれが一番腹が立ったような気がする。 社員の善意に付け入りすぎ。 あの扱いが、どっかのアジアの国とかであったら、社員は、仕事が終わろうが関係なしに、定時に帰ると思う。 

Don't be judgementalっていうのって英語でよく言うけど、日本だとあんまり聞かないような気がする。 意味としては、自分の価値観(嗜好)で人を批判したりしないっていう意味あい。

当然ながら、日本に比べて、いろいろな文化の人やら宗教の人やらがいるんで、その違いを「あれは、あーだからイヤ」とか言ってると、喧嘩ばっかりになってしまう。 それだけじゃなくって、個人の違いでも、あの人はあーだから・・・とか言ってるのもよくないし。 そういうのは良くないよっていう事なのだけど、この美徳(?)ってあまり日本では言われないよね。 

この時のメンバーって、そういう意味で自由な感じがした。いい人たちだなぁって
一緒にいて気が楽な人々っているんだよね。 別につきあうとかじゃなくって、会社でもそうだけど。

私は、それこそ、村社会で育ってきました(?)みたいな、やたらと決まりを押し付けてくる人って好きじゃない。これは、同然、日本の美徳「人に迷惑をかけない」っていう意味だけじゃなくって、とりあえず、みんなと一緒の事やっとけばいいみたいのだと思う。 そこに、本当に思いやりってが見えない人ってたくさんいる。

だって、それぞれのケースなんて、色々違うのに、毎回同じ処理の仕方で済ませられるわけないのに。
あと、こういう場で、もめた時、適当に誤っておいて、自分は「誤ったので悪くないです」っていうスタンスの人も嫌い。

一人一人が和を乱すほどに個性を持っていても、その人たちが、他の意見とか人も大事に出来る人たちの集まりだと、自由な雰囲気になっていいんだけどね。
[PR]
by run_run_moon | 2009-10-31 12:35 | running