マラソン、ヨガ、ベリーダンス! 女を磨く?身体のブログです


by run_run_moon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

年の差

10歳の年の差。
これは、別に男女とかの話じゃなくって、実は女性同士での10歳。私は、ベリーダンススタジオでは、けっこう若者に交じって、シラっと存在してます。恐ろしいことに、その年の差、10歳以上とかあったりして、結構、数字で知ると驚くのだけど、これは、どの年代でもそうだけど、人って年齢だけじゃ判別出来ない。若くてもしっかりしてる人もいるし、年いってても子供の人もいるし。
なので、私が感じるのも、おおまかな印象でしかないんだけど、プライベートでは自分が年上で、会社では、やたらと10歳以上上のお姉さま方に囲まれていて、その中で感じる、自分の教訓みたいのものを今回は書きたいと思います。
10歳違うと、本当に時代が違い過ぎて、自分の常識は通用しません。普通に、しっかりした子でも、20代前半だとギャル文字とかメールで使います。このギャル文字ってのは、あいうえおは、小文字。ぉはようござぃます。とか・・・ 変換するの大変じゃん?とか思うけど、むしろ、これは、彼女達にとって普通の事なのでしょう。
この辺りの、自分の中で、秘めておけばいい差はいいんです。それは、どんな人間関係でも、あること。

怖いなぁって思うのは、年下から、年上には、なかなかモノが自由に言えないってこと。私が一緒にダンスのレッスンを受けてるのは、大方年下。で、こっちも、ダンスっていう全然年齢とか関係ない世界で仲良くしてるから、こっちが年上って事で、偉ぶったりはしない。私の場合は、ダンスの上手い・下手でも、偉ぶりたくないって思う。これは、当然、ダンスっていう習いものでは、出てきてしまうけど、上手い人の上から視線って、やっぱり、イヤじゃない?だから、自分が分からない事は、年下の子でも「教えてぇ~」って言うし、なんか変だな?って思うような動きとかしてたら、気軽に言ってもらえるような存在でいようと思ってる。

それは、この前聞いた、発表会での話で、いやぁー怖いなって思ったから。
発表会ってのが、どのダンススタジオでもあると思うけど、これって、誰が出るとかって、自由だから、そのクラスに出てて振りが覚えられる人で、衣装とかも用意出来る人なら、基本的に誰でもOKなはず。ただ、よっぽど上手でソロで踊れる人か、プライベートレッスンで習ってる人以外は、だいたいにしてグループで踊る事が多い。そうなると、私も発表会の時あったけど(今は、その仲間ともすごい仲良しになりましたが)、色々な人間関係があるわけです。そのグループでの、完成度の基準も違うし、習い事としてやってる気合も違うし。。

で、私が出てる上手な人クラス、発表会前までいた人が出てこなくなったりしてたので、一体、なぜ?って思ってたら、発表会前の練習でひと悶着あったらしい。やっぱ、上手だから、全体の完成度が高いんだけど、そこについていけない人とか、2人いたらしい。一人は超練習して、出来るようになったらしい。もう一人は、どうしてもオリエンタルの癖が抜けず、トライバルの演目なのに、その個人のクセを治せなかったらしい。。
そして、その彼女が結構年上で、ダンス歴も長かったらしく、そして、何回かマイルドに言ったらしいけど、治らなかったらしいので、そのまま放置されたらしい・・・

まぁ、同じベリーダンスでもオリエンタルとトライバルは、かなり雰囲気も違うので、その人も、やってて「うーん、これ、私にあってないかも?」って気づいて、でも、フォーメーションも決まってるから抜けられなくって、仕方なくやってたのかもしれない。その辺の事情は分かりません。

ここで、大事なのは若者から注意してもらえなくなること!!
これは、私が逆の立場で、会社で思う事だけど、年取ると、今の現状についてけない人が多い。よっぽど意識的に情報通にしてるとかじゃないと、自分の周りの人とかしか付き合わないし、だから、違う年代の人の事とか知らない。

「そんなの何年前の話だよ・・・」って内心思うような事を、まるで、最近の大ニュースのように言ってたりします。。。私も、これは、放置。 そう、私は、面倒なので、自信満々に間違ったことを言ってる人とかを、やっきになって「違うよ・・・」とか言いません。 放置プレー だって、こういう人って負けず嫌いなんだか、言うと、突っかかってきて、面倒なんだもん。こうやって、その人は、違う事を信じ、ほかに言っても直されず、取り残される訳です。

しかも、やっぱ、普通の感覚として、儒教の教えが浸透しきってない日本でも、年上を敬うっていう精神が残ってるんで、言いづらいですよね。また、相手に失礼にならない言い方を考えないといけないので、これも、気を使うわけです。

たとえ変に、年とか立場が上になってたとしても、下の人に、丁重でいないと、相手にされなくなるのは、自分。下の人のほうが、分かってるんだから、「この人、ついてってないなぁ。。。」って。自分が良く分かってることは、相手がどこまで分かってるのかって、どれほど、相手が取り繕っても、分かる。
分かってないのに、分かってるフリをしてる人に、説明するのほど面倒な事はありません。

そういう日常から、腰の低い態度を保とうって、ホント思います。
人のケナス人ほど、本当はその人も自信が無いってのを感じます。

あと、年をとると、本当に考えが柔軟じゃない人が多い。 自分が安心出来る価値観から、出てこない。そして、その同じ価値観の人とばっかり固まる。 もちろん私もそういうのあると思う、やっぱり居心地がいいって気持ちいいから。 でも、そこから、ちょっと出て、ほかの世界の人とも時には交わらないと、どんどん、固まってしまう。そして、その他の価値観の人を攻撃しだしちゃったりするから、面倒。 それって、本当は、違う場所に行って、自分が居心地が悪いかも?受け入れてもらえないかも?知らないことがあって恥ずかしい思いをするかも?っていう気持ちがあったりするからだけって時もある。
[PR]
by run_run_moon | 2009-12-09 15:20 | 番外編