マラソン、ヨガ、ベリーダンス! 女を磨く?身体のブログです


by run_run_moon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

忙しい日々

先週の日曜日に東京マラソンを走って、マレーシアに行って、昨日は、セイディのショーでした。
あぁ、予期していたけど、本当、体力消耗。今日は、雨が降ってたのもあるし、ベリーズサーカスっていう、ベリーダンスの大きなイベントにも行かず、家にいて、洗濯をコインランドリーまで持って行ってやった。こういう時期は乾燥機が欲しいと思う。

セイディをホテルから会場まで案内する係だったので、1時間ほど彼女と二人きりの時間がありました。私はなんか質問とか考えておいたほうがいいかなぁーとか思ってたのですが、素顔の彼女(実際、スッピンでした)は、本当にどこにでもいる普通のアメリカ人の女の子でした。

3週間にわたる日本滞在で、さすがに疲れがたまっているのか?色々と言ってましたが、本当、普通の子。そういう意味では、変に有名人ぶって感じが悪い訳ではないのでいいんですが、こう、ダンサーとして世界的にも有名になってる風のオーラっていうものはないかな。もちろん、顔とか超ちっさいけど、山の手線とかで移動してる時の彼女は、誰もが振りむくって訳ではなくって・・・

やっぱり旅行しながら世界で公演するライフスタイルは、大変らしく、ホルモンバランスが乱れまくりのようです。生理不順ってやつかしら? 詳しく効かなかったけど、やっぱ身体にこたえるみたい。私も、その話を聞きながら、その日の朝に成田に到着してたので、妙に、3日の出張でもこたえるのだから、そりゃ、大変だろうなぁーって共感。

海外をまわって仕事って聞くと、聞こえはいいけど、大変だろうと思う。 のんびり仕事出来るならいいけど、だいたい、目的があって出張に出かける訳だから、任務遂行しないといけないし、夜は夜で現地の人と(会社の人)交流を深めないといけないし。まぁ、私の場合は、初めて、今まで仕事でやりとりしていた同僚と合ったので、そういう意味でも、せっかく仲良くならないと!って思ったわけですが。。。 これが、夜は自由時間ならいいのかなあ。でも、海外だと、せっかくだから!って思って夜も出歩くんだよね。。

それと彼女は恋人と離れ離れになるのもさみしいみたい。まぁ、この彼について、私が聞きたい以上に詳しく話してくれたわよ。。私はもっとダンスの事とか聞きたかったんだけど。。。

まぁ、そういう意味でも、普通の女の子。

ただ、舞台に立ったら、すごい。でも、その前も、全然普通なんだよね。。 ステージに立つ前って、いっつも私なんて、メイクやらで大変なのに、彼女は30分前とかも余裕だった。メイク映えするんだろうけど、本当、大したことやらないんだよね。。。むしろ、他の日本人ダンサーの化粧がすごすぎるのかもしれないけど。。

まぁ、慣れてるの一言なのだろうけど。。 こうやって世界を回るのは確かに、最初は楽しいけど、売れっ子スターみたいに、今どこにいるんだっけ?ってなるかも。

上司はまだマレーシアなので、来週は少しはラクに仕事が出来るといいんだけど。。 私は、最もジプシー的生活に向かない人です。 それこそ、根づいてないていけないタイプ。 家に帰って料理とかすると安心する。 外国でおいしいもの食べても、やっぱり、家で自分が作るものも食べたい。

そう、マレーシアっていう国について。

b0080983_14265618.jpg


私の会社はマレーシアに色々な仕事をアウトソースしてるので、今までもマレーシアのスタッフとやりとりはたくさんしてました。なので、マレーシアっていう国に対して、だいたいの自分の想像ってのがあったのですが、実際行ってみると、また違った感じでした。

何よりも、マレーシアって、マレー(だいたいがイスラム教)中国系、インド系っていう3種の宗教も言葉も人種も違う人々が暮らしてる。 その様子がまあ、不思議。アメリカとかみたいに、あそこまでみんながなじんでるんじゃないのよ。だから、マレーはマレー語だし、中国系は広東語。インド系は接点なかったんだけど、たぶん、ヒンズーかな?

私は、めんどくさいからベジタリアンって言ってるけど、実際には、牛肉と豚肉を食べない。だから、前世は、イスラムかヒンズーだったのかな?って思うほど。 宗教で食べない訳ではないけど、最近は、本当にそれに近い感覚を感じる。たとえば、普通の日本人がカエルを食べるのを、ヒャーって思うのと同じように、牛・豚を食べてる人に対して、感じるみたいな・・・ノリ。

だけど、実際、それらの人々と交わると、あぁ、私、何よりも、アジアです!って感じた。 イスラムとかヒンズーって、ものすごい宗教のバックグランドが強い。そういう意味で、中国系は仏教徒って言っても、普通に肉食べるし、その宗教を信仰してるがゆえの制約って少ないんだろうね。

その宗教的な重さっていうのが、マレーシアのあのムワってとした暑さと重なって、ものすごーく重く感じた。日本に育ってると、みんな一緒だから感じないけど、やっぱ、みんな同じ人間って言えるには、あのハッキリした違いを目の当たりにしても言えるかどうか?って思う。 

だって、同じマレーシア人でも、中国系とマレー系が、英語で会話してるんだもの。。びっくりした。だから、マレーシアの人はだれもが英語を話せるけど、それは、明らかに母国語ではない、共通語で、自分の言いたい事を半分くらいしか伝えられてないんではないか?って思う。そんなんで、一つの国にいるわけだからねぇ。

イスラムの国だからか、ホテルにも上から黒い袋を被せられたような女性とかがいた。私の会社のある広尾でも、時々そういう女性がいるから、見るのは初めてではないけど、中東から遊びに来てる女性は、マレーシアのイスラムよりも厳しいみたいで、全身全て、目以外見せない。

私は人種差別的な事って思わないけど、自分の本能的に、あぁ怖いって思う事ってのはある。それは、私はそこまでリベラルな環境で育ってきてないから、頭の知識で分かっても、本能で異質すぎるものって怖いって身体がは反応しちゃう。

そういう意味で、あのイスラムの女性の姿って、ビクってしてしまう。

そして、ベリーダンスってイスラムの国がやっぱ起源だしね。 ベリーダンスのCDを買うと、ベリーダンスの歴史とかが説明されているリーフレットが入っていたりする。そこに、もともと、やっぱ、ジプシー的なダンサーと、宮廷的ダンサーと2種類あったそう。そして、その宮廷的ダンサーは、教養もあって、歌も歌えたりするらしい。でも、その姿を直に見せる事は出来なかったみたい。

どちらにしても、それらの女性は娼婦だったそうなので、そりゃ、そうだろうなぁって思う。あれだけ、女性を隠す国でおおっぴらに、肌を見せる衣装を着ていて、女を売ってない訳ないだろうって思う。

まぁ、マーケティングとしては、都合よく解釈するんだろうけど、ベリーダンスは娼婦の踊りだ!とか言ってほしくないけど、まぁ、そういう歴史も理解したほうがいいんだろうか。。なんか、世界って広いよ。
[PR]
by run_run_moon | 2010-03-08 00:48 | bellydance