マラソン、ヨガ、ベリーダンス! 女を磨く?身体のブログです


by run_run_moon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ついてくのが大変なクラス

最近、私が通っているダンススタジオのインストラクターが変わって、今まで行っていた時間のクラスも変わりました。

会社から歩いてすぐっていうロケーションなので、日々、部活のようにして通っていたのですが、それも疲れて、どれかしぼって行った方がいいなぁって思い始めていたので、ちょうどいい機会でした。

が、インストラクターそれぞれのカラーが色々。。。

A先生は、レッスンがノリ。一応習っている振り付けもあるけど、たぶん、振り付けなんてどーでもいい!くらいに思ってそう。楽しければいい!って感じ? 厳しく技術指導するよりも、習い事としてのベリーダンスレッスンを楽しくってタイプ。 疲れていると(?)即興タイムにレッスンは様変わり。。。

B先生は、ものすごいハード。。。まず、振り付けも超小ワザがたくさんあって、マジで、レッスン終わってすぐにノートに振り付けを書き残す生徒ばっかり。。そうでもしないと覚えられない。また、レッスンで振り付けを何度もやらず、「今週やった事は、家で練習してきて、来週は覚えてくるよう!」ってのが暗黙のルールみたいな感じ。 私とか、他のレッスンでこのクラスの振り付けをマスターしてる人とかを見つけて、「あの振り付け…」とか聞いたりして必死。。

C先生は、短い時間のクラスながら、それこそ1分の無駄もないほどに綿密に練られたレッスン。それでいて楽しい。休んだりする時間がないから、終わるとグッタリ疲れる。でも、満足感いっぱい。

D先生は、とっても基礎をやるんだけど、そんな生徒に即興を期待する。。恐ろしい。レッスンが早く終わって時間があまると「即興タイム」へと突入するので、突然「さっきの所で分からないところがあります」と質問が始まる。。

と、まぁ、現在の先生達はこんな感じになりました。
前の先生達(2人)も楽しかったのに。。。まぁ、転職っていうか、転機ってのは誰の身にでもあるもので、スタジオから卒業してしまいました。

このB先生のクラスの前の先生、E先生は、今思い返すととってもいい先生だったと思う。振り付けもジックリやって、私が初めて発表会に出たのもこの先生の振り付けたドラムソロだった。
それが、B先生の猛烈厳しいレッスンに代わり、前から出ていた生徒はどんどん脱落していき、前からB先生のファンだった生徒がどんどんとこの時間に来るようになった。

そして、この元々からの生徒、普通に働いてない訳です。っていうのは、B先生のクラスは、もともと平日の3時っていう、堅気の仕事で月~金で働いている人だったらこれない時間。その人々達は、そこもでて、私の出てるコマも出ている訳で、熱心な上に、2倍の時間習ってる訳です。。

レッスン前に、ノート見て、音楽聴いて復習… 

この先生、とっても人柄はいいんですが、趣味の習い事としてダンスでも…っていう生徒にとっては、ついていけないくらいだと思う。 
まぁでも、やっぱりこの先生の生徒は上手なんだよねぇ。。

即興と振付、両方とも全然違うからなぁー
即興だと、難しい動きとか入れられない。。やっぱ、音から遅れて身体が動くから。
振付だと、全体の流れが決まっているから、めちゃくちゃ速い動きとかあって、頭から湯気が出そうな時がある。。

自分が一体どれだけ進歩したんだろう??って思う時があるけど、始めたばっかりですっていう人達を見ると、私もこんなだったんだろうなぁーって思うので、少しはマシになってるんだろうか?
[PR]
by run_run_moon | 2010-04-10 00:04 | bellydance