マラソン、ヨガ、ベリーダンス! 女を磨く?身体のブログです


by run_run_moon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

夏至1日遅れで、夜ラン

今朝はちょうど、私のゴールデンタイムに雨が降ったので、走れず、乗れずの日でした。素直にバイクで通勤したら、超暇。定時が6時半なのですが、速攻帰って、いつもの公園を走ってみました。夜は物騒なので、走るのはいやなのですが、まだちょっと明るかったので、6周走ってみました。
日本のサマータイム導入はどうなってるんでしょうか?本当、夕方の1時間って大きいです。8時頃まで明るいと、随分気分は違うのに。
やっぱり夜だと朝みたいに身体は硬くなく、6周以上でも余裕で走れそうだったけど、暗くなるにしたがって怖さを感じたので6周で引き上げました。
明朝は雨降ってるのかしら・・・今晩から雨らしいのですが、明日の朝6時には止むとかいう予報を聞きました。

明日は某所で、ハワイアン音楽を聞くっていうイベントに行ってきます。
私が走る事をここまで続けられたのは、近所にいい公園があるっていうのが、最大の理由だと思います。その公園は、私が小さい頃に、父親と初めて補助輪なしで自転車をこぐ練習をしたり、学生の頃に近所に住んでいた男の子とデートした場所だったり、色々な思い出がある場所でもあります。途中で大きくなったりして、随分、整備されてきてはいるけど。
やっぱり、外を走るという事は楽しい。多分、その外の空気や季節の変化を身体で感じたいから、私は走ったり、自転車に乗ったりするのが好きなんだと思う。
そういう所から興味が始まっているから、山にもつながるし、ちょっとは環境にも興味・関心が出てくる。一歩、自然に出てみると、結局全部つながってるような気がする。

そのつながりから、ハワイも好きになりました。去年のホノルルに出る段階では、私の中ではハワイはハワイ、つまり、ワイキキとか観光地化されたハワイでしかありませんでした。でも、帰ってきてから、ハワイのちょっとした歴史とか、固有の文化とかを知ると、これまた、自然を大事にしてきている人々が生み出した、お話とかたまりません。ハワイの人は、全てのものに魂があると信じているって。ハワイには色々な言い伝えがあります。私が一番好きなのは、このお話です。

「どの子どもも完璧な光で満たされたボウルを持って生まれる。その気になれば光はさらに輝きを増し、サメと泳いだり鳥といっしょに空を飛んだり、どんなことも理解できるようになる。ただ、嫉妬や妬みをもつようになると、石ころをボウルに入れていくことになり、やがて光は消えていき、しまいにはその子は石になってしまうだろう。でも、もし石でいることが嫌になったなら、いつでもボウルをひっくり返しさえすればまた光を輝かせることが出来るのだ・・・」

夜に走ると、気持ちがセンチメンタルになるような気がします。

そうそう、来週に控えた「北丹沢12時間山岳耐久レースのハガキが来ました。リサイクル紙?って思うようなハガキで。なんだか、わざと恐怖心をあおるかのように、耐久って書いてあると、もう、感覚は麻痺してます。一体、私、何に出るんだか訳分からない。でも、山は友達、きっと、山が私にヒドイ事をするわけが無いと信じて、頑張ります。
[PR]
by run_run_moon | 2006-06-22 22:02 | running