マラソン、ヨガ、ベリーダンス! 女を磨く?身体のブログです


by run_run_moon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今日は、確か、試走に行く予定だったんだけど、色々と用が出来てしまって、山にいけず。

なんか、自転車をやる人がトレランをトレーニングでやるっていうのを聞いて、ちょっと、引いてしまった私。 もう、ここで、嫌になるほど書いてるので、私の腿は聞きなれたトピックだと思うんですが、今週末は、新たにネタがあります。

① 大学時代の友達に、「エッこれは筋肉?」と思わず、腿を触られた・・・ いやぁーこれは、その子が悪いんじゃなくって、私が悪いんです・・・

② 母に「あんた、腿が硬いわよね」 父に「ちょっと触ってみてよ」 親にベタベタと触られる私。父が「本当だ、硬いなぁ。下にタイツをはいてるんだろう?」だって。家で、CWとかはかないから・・・

これからは、自転車は時速13K以上は出さない。これでは、遅刻してしまうかもしれない・・・ので、出社時間を早める。 12月は来週から、やたらと山のイベントがあるけど、1月2月は山を控えて、腿の筋肉を落として、柔らかくして、マッサージして細くして、3月から山に復帰。

でも、何か、全く運動しないと、これまた太るんじゃないかと怖いので、何かしらやらないといけないんだろうなぁ~って。そういう時は、LSD!っていうわけで、今日は砧公園まで行って、2時間半、ラットのようにくるくると、同じコースを15周してきました。

ここの公園、すごい広いし、いいコースがあるんだけど、思いのほか走ってる人は少ないんだよね。着替える場所もあるし、しかも、無料!本当、世田谷区、都民税高いんだけど、これがあるから許すよ。(多分、区民じゃなくても使えるんだろうけど・・・)

3周で5Kのコースだから、25Kを走るには15周! 気が遠くなる・・・・ ので、I-podはマストです。でも、私のI-pod、ミドリ(I-podは名前をつけるんですよね)は、超初期モデルなので、段々と充電出来る時間が短くなっていき、最初は荒川マラソンで、そして、前回の河口湖でも、途中で充電切れになるという、フルどころか、27K時点で、私にダメだしをする、厳しいI-pod。 ミドリが切れる前に、フルを完走するっていう目標があったけど、ここまで来ると、ミドリを捨てて、新しいI-podにしてしまうかも・・・

今回は、2時間半だったので、ミドリも頑張ってくれました。 最近、はまりにはまっている、アメリカドラマthe O.C.のサントラを入れて、何回もリピートで聞きました。 私って、本当、こういうの平気。

先週、25K地点で死にそうだったって書いたけど、今日は、全然、平気!
どうも、私はヴァームがすごい合ってるらしい。合ってるってのは、ヴァームを飲んでから、運動すると、ビックリするほどお腹がすかない。今までだって、アミノ酸飲料は飲んでたけど、そんな事は無かったけど、ヴァームは脂肪燃焼を売りにしているだけあって、アミノ酸の構成が違うのかな?

今月から来年の1月にかけては、ハードな筋トレはしない事にした。っていうか、今までもした事ないんだけど、どうにも、筋肉を取らないと、脂肪は消えないっていうので、マッサージに専念することにした。そして、東京マラソン前には加圧トレーニングでもしてい筋肉つけよう。
私は本当に簡単に筋肉がつくみたい。これも、恵まれている事なんだろ・・・

今日は、バイクのメンテナンスをしないといけなくって、その間、バイク屋の中で時間を潰さないといけなかった。バイク用品を見ると、男ってこういう生き物だよなぁ~ってつくづく思ってしまう。
バイクのつなぎとか、ブーツとか・・・私はバイク好きだけど、いわゆるバイクの世界は好きじゃない。

私は、女の世界ってのにドップリといた事がないから、職場でも圧倒的に男性が多いセクションにいるし、バイクもそうだけど、トレランにしても、男性が多いモノってのに参加する事のほうが、最近は多い。今まで、あんまり意識した事ないけど、男性の思考・嗜好って、本当、ある方向性がある。当たり前か。

時々、バカみたいだなぁ~っていうか、やっぱり、女性脳としては、全く理解出来ない事もあるんだけどね。変な負けず嫌いとか、闘争心の強さとか。会社の男の子達が、ガンダムとか(いまだに?!)盛り上がっていたり、アメリカの軍モノのジャケットの話をしてると、こいつらは、いくつになってもこういうものが好きなのか!!って驚いたりするんだけど、まぁ、それもカワイらしい気もする。

でも、今の時代に、そんな分かりやすい正義なんて、絶対にない。分かりやすい、善と悪とか、ないと思う。誰だって、自分の親を殺されたら、殺した相手は敵であり、許せない人になる。それが、お互いにそうしあっていたら、どちらにも、復讐したいし、敵になるわけで、終わりは無い。世界に男がいなかったら、核戦争とか無かった思う。女性ってのは、いい意味でも、悪い意味でも、そんな世界規模って考えないと思うし、ましてや「制覇」なんて考えない(と、思う)

でも、男がいなかったら、人間が宇宙に行ったりって事もなかったんだろうなぁ~って思ったりもするから、正しい方向に向かった、男性脳は女性の発想とかを越しまくった所で、ステキな夢を実現する。やっぱり、女性は男性を正しい方向に導いていかないと・・・って思う。


そうそう、私の腿の話には続きがあって、母は「こんなに太い腿って、流行らないわよねぇ~」。父、「いや、目的が違うんだ。強くなりたいのか、細くなりたいのか。強くなるには、筋肉は鍛えないと!」だと。 わたしはヤワラちゃんか? どこの女に聞いても、強くなるには、腿を太くしろ!と言われても、イヤだと答えると思う。

まぁ、純粋な筋肉だけだったらいいんだろうな。でも、私の場合は、今は、筋肉だけじゃない何かと混ざった状態みたいなので、とりあえず、余分なモノを除くためには、筋肉をほぐさないとダメらしい。

って、ここまで男の人が読んだら、女ってバカだなぁ~とか、大変だなぁ~って思ったんだろうなぁ。
[PR]
by run_run_moon | 2006-12-03 21:05 | running