マラソン、ヨガ、ベリーダンス! 女を磨く?身体のブログです


by run_run_moon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

土佐選手おめでとう!

今日は朝から感動でした♪
実は既に昨日の晩から、「明日は女子マラソンだ!」って気合を入れてました。その割に、7時半に起きてテレビを観た頃にはもうスタートしてたんだけど。でも、今回のマラソン、何と言っても見せ場は最後の土佐選手の追い上げに尽きます! あの走りを見て感動しない人なんていないと思う。少なくともランナーなら絶対に感動したはず。

うちの母まで感動して電話かかってきましたからね。

私は最初から何と言っても勝って欲しいのは土佐選手だった。前日の報道では、原選手が好調で、本人もメダル取って北京行きを決めたい!って散々言ってたものね。このレベルにもなると誰もがすごい頑張っているわけで、当然、全員に頑張って欲しい。

でも、誰でも人間なので、好みがあって、特にマラソンなんて選手の個性が出まくる競技の場合は、好きな選手がいて当たり前。

今回は、土佐選手! 東京女子国際でQちゃんに勝った時は、日本全国(?)がQちゃんの応援をしていたなか「自分の走りが出来てよかった」と飄々としていた彼女。あの時も、寒さで感覚がなくなっちゃったみたいで、終わりのほうはヨダレたらしながら走ってましたね。あそこまで、辛そうになりながらも、自分を追い込める選手って、マラソンをやった事がある人なら、尊敬せずにいられないと思う。 私とかの30K~35K地点、脚もヨレヨレ、走るのが精一杯ってなってるのと同じくらいの疲労度合いの中、加速して抜かしていくって、気絶しそう。土佐選手に抜かされた4位の中国の選手がゴールした早々はいてたらしいけど、それくらい、ハードだったんだと思う。その彼女を抜いちゃうわけですから、しかも、彼女の走る姿って、本当に辛そうだけど、がむしゃらに走る姿が際立つ。 楽な顔して走ってる姿なんて記憶になくって、いつもハァーハァーいいながら、身体の苦痛が麻痺しちゃうくらい限界を超して、感じなくなってしまって、身体がおかしくなってしまったみたいにして、どんどんと追い上げていく。まっしぐらなのよね。

あと、彼女は美人ではないかもしれないけど、私は彼女の大人っぽさもすごい好き。
日本の女子マラソン選手って、少女のようなイメージの人が多くないですか? 小さくて、体型が細くって、子供みたいな感じ。 マラソン体型がこういうのって一概に言ってはいけません、だって、海外選手は決して子供っぽく見えないから。

その中、土佐選手は身長もあるし、見た目の落ち着き感があって、好きなんだよね。今回、解説をやっていた千葉ちゃんが、土佐選手は経験豊富だし、「人間力」のある選手ってコメントをしていた。私はこの「○○力」っていう表現って、色々な所で聞くけど好きじゃないけど、千葉ちゃんが言いたい事がどういうことかは分かる。そうそう、この選手からにじみ出てくる、人柄が好きなの。

今回も直前に膝を怪我して思うように練習出来なかったと言われているけど、彼女の場合は、そういうのも前向きに考えそうだし。事実、原選手の失速を見ると、追い込みすぎて身体に故障が出てしまうほど練習するのは、危険なのかな?と思ったり。

あと、今回の世界陸上の女子選手を見てると、やっぱり、世界の選手ってお洒落じゃない?
今日のマイルリレーのアメリカ代表の女子4人とか、みんな個性のあるスタイル持っていて、カッコいいなぁ~って思ったよ。あれが、日本だったら、みんなショートカットにした少女っぽい感じになっちゃうのかな?とか思った。 まさか、アリソンみたいな髪型にしてる日本女子はいないよね。。トロッターだって、あのストレートは相当延ばしてあぁなっていると思うしさ。

昔のジョイナーとかもすごい爪してたけど、何か、競技以外の事も楽しんでそうなんだよね。
この世界との差はなんなの? 日本のスポコン魂って事?
日本女子陸上選手の髪の毛が短いのって「私は短いのが似合うので!」って思ってる訳じゃなくって、「ラクなんで。髪の毛とか、お洒落とか言ってると世界で勝てませんから」っていうんだと思うのよ。ま、それも、男前なんだけどね。

私はサッカー詳しくないからイメージだけだけど、やっぱり、こういう所で、珍しく海外選手っぽいのは、中田だよね。やっぱり、海外のチームでプレーしてたりして見てきてるんだと思う。一流選手が、当然競技も優れているんだけど、他の事も同時にやっちゃっていて、カッコ良く生きてるのを。

日本のスポーツ界って、その競技以外の事をやってる余裕がないっていう印象がある。また、選手も真面目だから、やらせてください!って感じなのかなぁ。
海外の選手って、スポーツ人生が終わったあとに、医者になったり、弁護士になったり、文武両道っていうか、ライフプランっていうのも考えられていたり、人間としての経験も重視してる気がする。

イアン・ソープも何かそういう普通の生活したいとか言って休んでるんじゃなかったっけ?あと、アイス・スケートのミッシェル・クワン(大好きだったんだけど)とかも、大学生活をエンジョイするだったか、勉学に励むだったかで、アイススケートだけの生活じゃないのも楽しんでるとかだったような気がする。。

今って、すっかり世界陸上で影が薄くなってるけど、U.S Openがやっていて、シャラポアとかがこれからプレーしてる姿がTVで見れるんだけど、彼女とかSports Illustratedの水着イシューとかでモデルしてたりしていても、強いしさぁ。これは、もうずば抜けて強いからなの?

世界陸上全般では、こんな事を思ったしてたけど、今日の土佐選手の走りは、全てのランナーが、後半の辛い時に思い出して、励まされる走りだったと思う。泣きながら応援しちゃった人多かったはず。

今日は、DVD筋トレもして、7キロだけで走りました。まぁ、涼しいので走るのもラクでラクで。
じゃあ、もっと走れよ!って。 はい、頑張ります。

9月は、ほんと、走らないと間に合いません。

あと、やっと痩せた?と言われて感激です。年がら年中痩せようとしているんだけど、今回は痩せました。かなり、自然な努力で、、、って危険な飴とか舐めてるくせに。

最近は、距離があまりにも短いので、アミノ酸とか飲まずに、リンゴ酢のペリエ割りです(ちょっとお洒落な感じで御褒美です)あと、プロティンとしては、豆乳。自然じゃないアスリート用の粉類を使わずに身体作り。

今日はやっと肉に埋まった股関節が、ちょっとは肉から出てきたみたいで、脚が軽く感じました。
[PR]
by run_run_moon | 2007-09-03 00:16 | running