マラソン、ヨガ、ベリーダンス! 女を磨く?身体のブログです


by run_run_moon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

函館ラン

日曜日から函館出張で今日帰ってきました。
日曜日の青梅高水は出ませんでした…一応、調べて、青梅駅から二つ隣の駅でお風呂に入って羽田に行くっていう時間だったら、なんとなくOKそうだったんですが、前日のRachel Briceショーから戻ったら11時過ぎだったのと、全然用意出来てなかったのと、今回の函館出張は最後の締めだったので、青梅でケガとかあったら、シャレにならない状況だったので、やめました。参加賞のボトルが欲しかったです。。送ってくれるかな。

その罪悪感を晴らすために、函館にはランニングシューズを持って行きました。荷物は重くなったけど、今回は3泊4日で、しかも、初日以降は余裕のあるスケジュール。なので、二日分の走る用意をして行きました。
前回は、雪が降っていて、走るところじゃなかったけど、今回は、曇りだったけど、走れる温度でしたよ。

7時20分くらいから、毎回50分くらい、本当、函館は10K圏内にすべてがあるような街なので、ホテルから元町のほうに走っていくと、あの有名な坂道があって、ハリスト教会とか元町公園とか、どんどん見えてきます。距離が不明(こういうときには、i-podの距離測れるやついいね。買いなおそうかと思ったよ…)だから、50分という時間走でした。でも、ちょっと迷ったりしつつ、でも、距離を走るのに同じ所をグルグル回ってみたり。。本当は、五稜郭を走れれば気持ちいいんだろうなぁ~

ホテルに戻ってシャワー浴びて、集合時間。 職住が近い地域の人っていいなぁって思った。私も近いほうかもしれないけど、歩いて職場に行けるとかっていいよね。港区とか目黒区とかに住んでいて、職場とか習いものとか、徒歩またはチャリで15分内って理想。こういう所だったら、職場から一度家に戻って着替えてディナーとか出来るんだろうなぁ。

朝は体が硬いから、走るのはあんまり・・・って思っていたけど、もう、ここまで走ってないと、トレーニングとしてよりも、身体をほぐすとかそういう意味での軽い走りでも朝にやると、超気分転換。
坂を登っていたら、さすがに息が荒くなってきたけど、ヨガでもそうだけど、呼吸を深くするのって、すごい気持ちがいい。最近まで、背中から肩にかけて、痛かったけど、この二日で治った!これは、ジョギング効果? やっぱり、軽い運動で身体をほぐすのは効果的。あと、こんかいの痛みはメンタルが原因だったと思う。

今日は3時くらいの便で函館を出たので、7時半からのヨガ教室に参加した。なんせ、3月は走ってもいなかったけど、体調全般が悪かったりで、ヨガも1回しか行ってなくって、今月は先月分の持ち越しも消化するので7回も行ける。背中の痛みは本当に気にならなくなっていて、魚のポーズやら肩立のポーズも出来た。

信じられないほどにスグ、長野マラソン。 金曜日は代休なので、走れるかな。。。金曜日は、朝走って、昼過ぎのヨガ、夜はベリーダンスと、とってもアクティブな予定が出来ています。

さて、ベリーダンス。こっちも、楽しんですわ。

先日のrachel briceのショーは、レイチェルだけじゃなくって、他のベリーダンサーも踊った。でも、知らない人も多かった・・・っていうか、私が知ってる人のほうが少ないかもね。ハハ

六本木のsuper deluxeという地下の200人でいっぱいになるダンスホール(?)で開催されたんだけど、このイベント、ローソンで販売日に完売してしまった。私は、ちょうど、レイチェルの人間とは思えない身体にうっとりしていたので、ローソンに販売日の11時くらいに行って買ったわけです。その時点で72番。正直、東京のベリーダンス人口は多くないと思う。だって、年末からいろいろなショーを見に行ったけど、そこで見かける顔とかあるし、なんだろう、同じ人が集まっている感じがあるかな。

私は案の定、開演時間5分前にsuper deluxeについたら、長蛇の列!ゲッ、どーしよう??って思っていたら、ちゃんとチケットの番号順に並ぶのでOKだった。あれ、知らないではやくから並んじゃった人は気の毒だった。だって、すごい風が冷たい晩だったんだもの。

前に並んでいる人と意気投合して、色々聞いたら彼女はmishaalのレッスンに通っている人だった。このイベントを企画してるのはmishaalなので当然多いだろうなぁって感じ。彼女のショーを見に行っても、もはや、ベリーダンスの正当なダンスから離れまくっている。

今回のレイチェルとマルディ・ラブのダンスもかなりそう。二人とも裸足じゃなかったし、はいからさんみたいなブーツを履いていた。なんとなく、ブーツを履きながらベリーをやるのは大変そうだけど。
今回のテーマは、どうやら、お人形さんみたいな、ちょっと懐かしい感じの雰囲気。レイチェルもマルディも妖艶というのではなくって、イギリスのマザーグースの挿絵に出てきそうな雰囲気だった。あぁ、こういうのもあるんだなぁって。レイチェルと言うと、serpentineっていうように蛇っぽい感じなのにね。でも、当然、そういうのもちょっとやった。多分、アーティストな彼女は、同じことをやるのに飽きて、今回は、また違った雰囲気でやってきたんだと思う。

他にも色々なベリーダンサーが躍ったけど、すんごい上手っていうかんじじゃなかったんだよねぇ。。。 

その中でも最高なのは、やっぱりE-chan&Milla。E-chanは体験レッスンにも行ったし、彼女のオリエンタルのダンスショーも見に行ったけど、millaと一緒のトライバルを見たのは初めて。

これが、もう、メチャクチャかっこよかった!!! ダンステクニックもそうだけど、これって、みんな自分で振り付けつけるから、そこにもセンスが出ちゃうんだよね~ 一個一個の動きが正確だし、だからこそ、踊りがすごい締まってる!あぁ、やっぱり、e-chanに習いたい!!

で、私が今通っているレッスンについて・・・
こういのって、先生の実名を出していいんだか不明。東京のベリーダンス事情はとても狭いから。でも、先生もプロとしてやってる訳だし、これは、私個人の意見な訳だし、参考になるかもしれない。

結局悩んだ末に、四谷のアルマカラーニに。ここで、e-chanは週2回、初級を教えているの。ここで、初級ってのが一番下だと思うでしょう?non,non基礎ってのがあって、その下には、「ベリーダンスを初めてならう人」用のクラスまである。つまり、ベリーダンスで、中級っていう人がどれほど少ないか・・・

これも、不思議で、今現在ショーで踊っている人でも、初めて3年とかいう人は余裕でいる。にもかかわらず、私が行った初級クラスには、1年以上やっている人もいる・・・
なんでもそうだけど、同じ1年でも、個人差がありすぎ。通っている回数もあるだろうけど、それだけじゃなさそうです。。つまり、向いている人は、1年でもどんどんと上手になり、向いてないんだか、練習できないんだか分らない人はいつまでも基礎クラスだったりするようです。
バレエとかだと、ここまで差がつかないような気がする。

1回体験に行ったら、いつも教えている先生がショーの為に、休校っていうので、代行の先生だった。でも、おもしろかったから、次の週に、入会します!って行って、通常の先生のクラスに行ったら、半分くらいしかついていけなかった!!しかも、先生が年配だからか、生徒も年配。。いままでのどのベリーダンスのレッスンよりも、平均年齢高い… 
ベリーダンスの年齢層が幅広いのは分かっていたんだけど、やっぱり、同じ年くらいの人とレッスンしたいし、先生のお腹がタルっとしているのは気になる。

それで、私の希望の先生に習えるようになる為に、家ではDVDレッスン!と、本末転倒?とも思えるような、よくわからないモチベーションの高まりがあるわけです。他の先生が土曜日に基礎レッスンを教えているので、今週の土曜日に行ってみる予定。

あと、だいたいどのクラスも、基礎の動きを練習した後に振り付けに入る。だから、その振り付けの途中から入会しちゃうと、まるで、振り付けについていけない! 私が行ったら、いきなりベールの振り付けで、帰りの電車で気持ち悪くなるくらいに目が回ったり・・・と、踏んだり蹴ったりなんだけど。

しかし、それをバネに、初級クラスに行けるように頑張る!!
[PR]
by run_run_moon | 2008-04-09 23:50 | running