マラソン、ヨガ、ベリーダンス! 女を磨く?身体のブログです


by run_run_moon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

明日から夏

今日は、本当にゆっくりとしたお休みでした。私は明日、明後日は仕事で、し明後日からはまたお休みという、世の中の休日日程と逆のリズムで仕事する予定なので、今日は連休っていう気分じゃなかった。

金曜日&土曜日もお休みだったけど、何かとやる事があったけど、今日は予定なし。予定ナシの休日! これがどれほど嬉しいことか!!!
連休はどっか行くの???とかいう話もあるんだけど、最近の私としては、何か目が回る忙しさ(地震がないのに「今揺れなかった?」とか隣の席の人に聞くくらい)何もしない休日ほど待ち望んだものはない!
昼寝とかクッキー開発に励んだり、洗濯したり。 昼寝って本当に贅沢ね。しかも、今日の東京はすっきりと晴れはしなかったけど、風が気持よく部屋に入ってきて、本当に気持ち良く眠れました。。。

さすがに走りにいかないと・・・って思って、夜に走りに。。
ある意味、こんな日に、日中に走りに行かなかったのはもったいなかったかな?

昨日、NHKで今年のミス・ユニバースの代表を選抜するまでの番組が30分だけどやっていた。今や有名な森理世さん。私は去年もきれいじゃない?って思ったけど、周りでは「全然、可愛くない!」とか、批難ゴーゴーだった。
私は、あぁいう迫力ある人っていいんじゃないかな?って思う。チャーリーズ・エンジェルの一人のルーシー・リュウも、日本だと人気いまいちだよね。
b0080983_22185572.jpg


それぐらいに、寛容な(?)私ですら、今年のミス・ジャパンの代表には??番組の中では、もれてしまった候補者も映っていたけど、どの候補者もそこまで?っていう感じだった。

本の表紙の右側の中央の子が、今年の代表。
b0080983_23323031.jpg

なんで、まず彼女たちが選ばれたのかなぁ??って思ったら、とにかく、体形ありきなんだよね。 世界の中でも、そこまで優位のあるとは思えない日本人のなかで、あれだけの体形の遺伝子を持って産まれる女子はそんな多くないだろうし、年代も20歳から24歳くらいとかなり限定されている。
しかも、今や有名なイネス・リグロンさん(日本のユニバース代表を選んで、教育する人)は、本も出してるけど、画面でも、かなりスパルタだった。

I know you are trying hard! That's the point, you are trying so hard but you don't get it!
一生懸命なのは分かるわ!だからなのよ、一生懸命やっているのに、あなた、分からないじゃない(上達しないじゃない)

とか言われて、この候補者は、日本代表候補から外されてしまってました。当然、彼女は泣きわめき。。

美のオリンピックって感じでした。 私としては、美とあぁいう感じの競争って両立するのかな?って思ったけど。

ま、それは置いておいて、候補者が太ってるわ(画面ではそう見えないけど)って言われていて、イネスに「走りなさい」と言われていた。

なんか、走っても痩せない!とか思っていたけど、イネスに言われると、直に、あ、そうか、痩せるには走るんだ・・・って思った。

最近、仕事を辞めた友達にあったけど、彼女が「仕事を辞めたら、体調が良くなった」と言われて、「やっぱり、無意識のストレスがあったのかね?」とか二人で話していたところ。彼女は仕事好きで、実は、私は彼女のお客さんだったから、楽しそうに働いているなぁって思っていたくらい。そんな彼女ですら、無意識のストレスがあったんですね。

ヨガ教室では、股関節周り。つまり、お尻とか腿とか(私の太い所)は、無意識のストレスがたまる場所らしい。激しくうなずきたくなる私。

夕方走りにって、50分くらい。だから、距離にして8Kくらいかな?
今申し込みしてるレースは北軽井沢だけで、それは7月。だから、5月は、何も考えないで、走ってればいいだけ。

私は、走り始めてから、1か月で10Kレースに申し込みをして、それからずっと何しらのレースの予定を入れてきた。だから、レースが、走るっていう事を駆り立てるタイプだと思う。でも、最近、それすらも慣れてきて、レースの為に走るっていうのが、走る気持ちを盛り上げる要素として弱くなってきた。

そういうのを、全く抜きにして、とにかく、走る事を習慣にしたいなぁ~ってのは、前から思っていたんだけど、なかなか難しいよね。

ベリーダンスを始めたんだよ!っていうと「腰が締まりそう!」とかいうコメントを言われるんだけど、私は、腰を締める為にベリーダンスをしようと思ったことはないんだよね。なぜなら、その前に走っていたからだろうけど、ベリーダンスを1週間に1回のレッスンを受けたくらいで、腰が締まるわけない!って思っていから。実際、生徒でそこまでスタイルがいい人がいるわけじゃないし。スタイルいい人は、ベリーダンスやる前からそうだったんだと思う。
ベリーダンスという聖域(?)に、痩せたい!とか世俗的な自分の欲望を混ぜてはいけない!ってノリです。

で、じゃあ、走るのには、痩せたい!ってのはメチャクチャ、モチベーションを上げる理由になっていた。そりゃそうでしょう? 痩せたいから走る人って、たくさんいるよね? 

しかし、今晩、すっかり花とかも春~夏に向けてキレイに咲いていたりして、香りも良くって、ふと「こうやって走れることって、ありがたいなぁ」って思った。家の近所にこうして、走る場所があることや、今の季節に美しい花が咲いていることとか、当たり前に思うような事やらが、突如として、「あぁ~私って幸せだわ!」っていう気分に。

ベリーダンスは、今までマラソンという美が全く求められない世界にいた私には、白黒からカラーテレビに移ったくらいの、色の美しさがあったんだけど、走る事にも、色や美しさはあって、走っていて見ていたはずなのにね。今の美しい季節に、走れるっていうのは幸せな事です。
[PR]
by run_run_moon | 2008-05-04 22:35 | running