マラソン、ヨガ、ベリーダンス! 女を磨く?身体のブログです


by run_run_moon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Lessonと発表会

今日はベリーダンスレッスンの日。いっつも、時間ギリギリなクセは、マラソンだけじゃなく、ベリーダンスのレッスンでも同様です。本当、あと、5分とか早く家を出ればいいのにね。

しかも、2週連続で雨。 でも、電車で行くのはめんどう。 なので、濡れながらバイクで行くんだけど、その姿がとっても、ベリーダンスな雰囲気じゃないんだよね。

しかし、1時間半のレッスン後、そんな事はすっかり忘れる。あぁ~楽しい!

私は2つのクラスに通っているけど、それはそれは対照的。

夜 と 昼
間接照明 と 蛍光灯
女性限定(?) と 男性もいる
どちらかというとオリエンタル?(あれは何ていうスタイル?) と トライバル
即興っぽい? と グループで踊る
感覚 と 肉体

みたいな。 なんとも説明が難しいのだけど、私は両方とも好き!
やっぱり、全部が全部、ミステリアスっていうか、ムーディーなのも過ぎるので、時には、元気一杯快活な村の娘の踊りっぽい、陽気なのもいいかなって。でも、やっぱりベリーの魅力でもあるエロっぽいようなのもあったほうがいいだろうし。

そして、教室の広さと、時間の長さと、先生の雰囲気と・・・

教室は広いに越したことはないよね。だって、人数制限してるクラスはないから、来ちゃっただけいれちゃうと、多い日は大変。 でも、都内ですごい大きなスタジオって、あまり知らないかも。 このスタジオって結構大事じゃないですか? 私は、何気にインテリアの仕事してるので、照明も「蛍光灯」とかってどーなの?って思います。コウコウと照らされた中でやるのもねぇ。。。昼のクラスはいいんですが。

あと、レッスンの長さ。これは、重要。 どのベリーダンスも大体ストレッチに20分とかかけるので、レッスンが1時間とかだと、あれ?もう終わり?って事になりかねない。 次のクラスがすぐにあるとかだと、先生も延長出来ないし。昼のクラスは1時間半だけど、2時間くらいやってる気がする。

先生の雰囲気。
これは、私は面食いなので、かなり重視します。
だって、よりにもよってベリーダンスを習いに行ってる訳ですから、どういう方法でもいいから「美しい」と思えない先生には、あまり習いたいとは思えません。 二人の先生の雰囲気は違うけど、私は二人とも可愛いっていう点ですごい好き。夜の先生は独特な雰囲気があるし、昼の先生は、レッスンの為だけにお洒落してここまで来てるのかな?って、バイクで荒々しくやってきている私を女性として「失格!」と叱咤してくれているような気がします。

あー、今日も楽しかった!

ベリーダンスを始めると、普通の生活にも少し変化が。
私は、あまりにも、自分に手をかけるっていう事に無頓着になっていたような気がする。 

身体のケアは変わりました。 やっぱり、カカトとか? あそこがカサカサだと、すごいみすぼらしいです。当然、粉とかふいていてはいけません。 
あと、髪の毛? 走ったりヨガったりって、なんか、髪の毛を揺らしている動きじゃないので、私はキッチリとしばっていたけど、ベリーは髪の毛もアクセサリー。 異常なほどに汗っかきな私、当然、髪の毛をまとめたい!いや!でも、髪の毛を束ねないでも動けないと!って言うことで、葛藤(?)しています。

あと、我ながら、気づいたこと。

私のまわりには、30代になってから、化粧をしなくなる人が激増してます。
それは、多分、年ごろとして、20代では考えられなかった、健康とか自然にもそろそろ目を向けてみようかな~って思って、20代では化粧が生活の一部だった人が、「実は、ファンデーションを塗らないほうが肌の調子がいい!」って事を、発見するからだと思う。 (実際、その通りです。)

もちろん、個性とか行きたいベクトルが、どんどん別れていくのが30代なので、化粧に凝りまくるグループも出てきます。それはそれで、ゲランとか老舗に外資化粧品にはまっていくわけです。あ、私もゲランのアイシャドーとか大好き♪

その一方、自然派グループの人は、人からも「あれ、肌キレイになったね」とか言われているうちに、化粧からどんどんと遠ざかり、スッピンの人に・・・化粧よりも、基礎化粧に力をどんどんと入れる、隠す化粧から、内面からキレイになりたい!ってなるんだと思う。 私もそうだったね。

でも、私が通っている料理教室での、あるひと時。 その教室には、30代の女性ばかり。5,6人いるんだけど、1人を除いて、みんなノーメイク。 私もバイクで行ったので、ノーメイク! 見慣れている顔が「うわぁー、どこのおばちゃんの集団だろう?」って思ったときがあった。しかも、みんなは、電車を乗ってここまでやって来ているのに。

最近のTVで、病気のおばあちゃんが、突然の来客に、口紅を塗って、薄化粧をするっていう場面があった。 そういう意味での化粧って、ハッと思ってしまった。他人に対しての、私はこういう女ですっていう意志表明みたいなの、もてなしているっていう礼儀っていうか、その一方で、こう扱ってほしいっていうようなホノメカシとか。こういうのが、色気を生むんでしょう・・・

本当、どんなに肌がきれいでも、スッピンでキレイでOKなのは、20代まで。あと、スポーツしてる時(これは、汗かくからさ) 30代になったら、女性としての身だしなみ、心意気?を表す為にも、化粧をする必要があるんだと・・・私は思い、反省しました。別にけばけばしくするんじゃなくって、女ですよ~っていう表現として。オッサンくさい、おばさんって多いから。

ベリーの昼の先生を見て、久しぶりに「昔はお化粧大好きだったなぁ」って思った。しかも、昔は肌荒れしていたのに、今は特に吹き出物もないし。 お洒落をするのって楽しいし、自分を着飾るのは楽しいし、そういう色気を失い、女性はおばさんになっていくのだと思う。 あぁ、そんな事すら、思いもしなかった~

本当、ベリーダンスに出会えて良かった056.gif072.gif
[PR]
by run_run_moon | 2008-05-10 16:01 | bellydance