マラソン、ヨガ、ベリーダンス! 女を磨く?身体のブログです


by run_run_moon
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:trail running( 16 )

今年2回目の高尾&陣馬

この前のハーフは自分の走力低下をひしひしと感じ打ちひしがれ、今度は、山に行っても、惨敗です。

hinaryさんの会社の人を紹介してもらい、山友達を久しぶりに作りました。そう、私の周りでは、もともと、ランナーも少なかったけど、私に山を紹介してくれた人々はそれこそ、連絡も取れないほどです。。何といっても、高齢化?が進む自分とその周りの環境、ランニングくらいは出来ても、山を走るってのは、相当な気合いを有する為に、山離れが激しいです。。

そして、私もこのブログの名前の由来が思い出せないほどに、山から遠ざかりまくっているわけです。うーーん、そう言えば、ハセツネとか目指していたナァーっていう遠い目。

でも、やっぱり、体力作りには山ですよ。ランニング強化の為にも、絶対いい!って分かってるんだけど、やっぱり、裏庭が山につながってる人とかじゃないと、そうそう、朝早くから山にはいけないってもんです。

そうやって、2月までには、フルを4時間半で走れるくらいの足とか自信とか体力とか、すべて無くなってしまったものを取り戻そうとしている私。。 一番ひたむきに走っていた頃って、1時間半とか一人で走っていても平気だったものね。 そんなの、いまさら出来るかな?って思うけど、フルを走るってのは、そういう事なので、やらざるを得ないでしょう。。

先週のハーフで、すごい自分の力が低下してるのを感じたので、山もそうだろうなぁーーって思っていたら、案の定、まるで走れませんでした。 むしろ、山登りをしに行ってきましたって感じです。 一緒に行った子は、山登りが好きだって言うので、そのペースもあったけど、むしろ「走りたいです」って言われたら、私が困ったかもしれないほど。。

今までも上りは苦痛だったけど、それより何よりも、体力が落ちた。。スタミナっていうやつ?普通に歩いてるだけでいい運動みたいな感じだった。 ときどき下りで走ってみたものの、やっぱ、走るっていう動きから遠ざかりすぎてるみたいで、アップ・ダウンが無くっても、前みたいに「どこまでも走っていけそう」っていう気分はサラサラない・・・

ダンスをやってるからといって、自分で見ないようにしていたものの、やっぱ、走るとか山とかってのは、ダンスとかでは補えない体力とスタミナと持久力とかが必要なわけです。。

しかし、ふとダンスで痩せたって思っていたけど、これって、筋肉が落ちたってことかも?って思ったり。本当、私はどんどんと筋肉ついちゃうので、山なんて行ってたら、これまたどうなるんだろう?って心配したり。ま、そんな心配するほど行かないだろうけど、これから冬で寒いから。

久しぶりに大好きなベリーダンサーSadieのレッスンDVDを買ったら、最初の30分くらいは、筋トレみたいでびっくりした。確かに、ベリーダンスで彼女ほどの正確な身体の動きを出来るようになるには、そりゃ、筋肉な訳で、踊りをして自然に着くなんてのを待ってられず、筋トレで筋肉つけてから、初めて出来るようになるくらいの勢いなんだろうなぁ・・って思った。さすが、アメリカン。

彼女の身体付きって私は好きだけど、あれは、日本人男性でつり合い取れそうにもないから、日本受けしないだろうなぁ~って思う。 



フィギュアとか、あれだけ筋肉使ってるのに、細いのは、やっぱり、無酸素運動だからなのかな?ベリーダンスの筋肉もスピードじゃなくって、耐久性筋肉みたいなのか?

2週連続で筋肉痛です。3週やったら、さすがにならないかな。。
[PR]
by run_run_moon | 2009-11-02 16:17 | trail running

雨の高尾山

b0080983_149059.jpg

今日は雨と知りつつ強行突破の高尾山です。
何年振りかの山ですね~しかも、純粋に高尾山だけ。陣馬には行ってないっていう、お散歩みたいな感じ。
実は、京王線の乗りたい放題券が今日までで有効期限が切れるので、無理やり来たら高尾山頂でザーザー降り。傘持って山登る人がいるのが少しビックリ。
私は山には遅すぎる11時半に着いたから、登り始める頃に降りて来る人とかいたよ。あれは陣馬まで行って来たんだろうなぁ。
それ、山は早起きじゃないと駄目。私は今朝、洗濯掃除までしてきてしまった。
山。本当にちょっとだから、楽だけど、陣馬まで行ってたらヘトヘトだったかなぁ。来週は早起きして陣馬まで決行します。あぁでも天気次第だなぁ。
あまりに身軽で来て、着替えなしなので肌がかゆい。山の準備とかも忘れちゃってた。モントレイルの靴も久しぶりにはいたし。アミノバイタルも久しぶりに飲んだけど、やっぱりあれ合わないみたいで、スゴイ気持ち悪くなった。添加物てんこ盛りだものね~兎に角、高尾山、電車で直ぐなので毎週末、目指して来る気合いです!
[PR]
by run_run_moon | 2009-05-31 14:09 | trail running

Hawaiian Trecking

そういえば、トレランにはまっていた去年は、まるで、ホノルルマラソンに魅力を感じてなかった。。。むしろ、ハイシーズンで、街中、日本人で溢れかえっていて、ハイウェイを走るマラソンなんて、何が楽しいわけ??って感じでした。

それなのに、今の私は、ホノルルに開放感を求め脱出。。get awayってやつです。

でも、ふと、ハワイの森っていうか、山は相当ステキだったはず。そして、これは、ホノルルとかのビーチ沿いの道を歩いて買い物してるだけじゃ絶対に見れない。。

なぜ、私はいつもlast minuteまで用意しない性分なのでしょうか??

あわてて図書館でハワイのトレッキングなるものを予約して、水曜日に取って行くつもり♪

っていう事は、ひょっとして、トレランシューズとかハイドレーションとかスティミュラスとか持っていくって事??? 一気に荷物が増えるじゃん。

でも、海よりも、山へ~って気分です。
[PR]
by run_run_moon | 2007-12-03 16:37 | trail running

ハセツネ・エントリー

峰さんのブログを読んでいて、もう、ハセツネのエントリーが始まっていて、すでに1000人を超えているってのを知ってしまって「えっ?もう?」とか思って、焦ってエントリーしてしまいました。。。

あれ? 私、今年はそれじゃ、走るって事ね・・・

何だか、去年も直前までウダウダと悩み、結局、定員オーバーで申し込みが出来なかったので、断念。 去年の今頃は、大きなトレランレースってのに出た事もまだなかったくらい。北丹沢に出た事で、私はすごい自信をつけたくらいだし、トレラン経験も浅いし、走る事も、いまになってやっと身体が出来てきたくらい。

箱根ですら、最後まで、入金をしぶり、どうやら、パンフレットには名前が載っているらしいんだけど。という、ケチっぷりな私。 出るかで無いか分からないようなレースに大金払いません。ハセツネ参加料10200円。 チャリーン。 払ってしまいました。カード決済だけど。

何か、人気レースだと、出る?出ないの?とか迷ってらんないんだよね。

まぁ、これで、10月までには、奥多摩、沢山行く事になるでしょう。。ワオ。 自分でもちょっと信じられない・・・・ 
[PR]
by run_run_moon | 2007-06-09 21:55 | trail running

湯河原 (城山&幕山)

大分ご無沙汰してしまいました。

先週のhappy trailから忙しかったり、風邪引いたりで中々ブログをアップ出来ませんでした。昨日から会社を風邪でお休みして、今日も大事をとってお休み。やっと出来た休暇(?)を利用して、ブログを書くことにしました。

先週末の湯河原・・・遠い昔のような気がするのはなぜかしら?

朝の9時に駅集合でしたが、私は前泊して沼津にいたので、8時に家を出るのでOKでした。これくらいの距離だといいわよね。もし、東京の家だったら、朝6時台に出発しないと間に合いません。

最初は小雨が降っていて、そのせいもあるのか、ルートを変更するという事で、途中までバスで行きました。さて、そのバスで行ったのはどこだったのか? 相変わらず私はイマイチどこを走ったのか記憶がない。でも、この日に行ったのは、城山と幕山の二つ。最初は城山の近辺からスタートして、幕山まで行って、そして、城山まで戻ってくるっていうルートだったと思う。

私の遠い記憶では、このルートではどこも、すごい大変って所は無くって、私も悪態(失礼)を付きたくなるような事もなく、楽しくいい気分で走る事が出来ました!

地図を見てみると、ちょっとづつ記憶が蘇ってくるのですが・・・

途中、ししどの窟に行ったのと、ロッククライミングで有名な場所の近くを走りました。

今回で一番印象に残っているのは、幕山まで行ったら、とつぜん、800Mのレースをやろう!って話になって、いきなり、レース大会に! そう、私は前回までに800Mダッシュをやったため、ちょっぴり、自信を持っていたのですが大間違い!アップ・ダウンのあるトレイルでの800Mダッシュは死にそうでした。6グループに分かれて、私は第3走者だったのだけど、1番走者の人が2分ちょっとで、ブッチギリの1位で戻ってきたの! 800Mを2分台って、短距離走の選手並でしょう? 私は、えぇーこんな優秀なチームになってしまって、困ったとプレッシャーを感じてたら、第2走者も1位で戻ってきた! ゲッ、これは大変!
早々に、1人に抜かれてしまった。で、もう、走ってるときに、肺が壊れそうなほどにヒィーヒィー言ってるのが聞こえる。呼吸が乱れすぎて、これじゃあ、800M以上は走れないっていうほど追い込みました。結局、3人に抜かれてしまったんだけど、後ろから走ってくる人も、あまりにも、ヒィーヒィー言ってるからビックリしただろうなぁ。
結局、私のチームは3位だった。終わってから、みんな肺がつらそうで、咳き込んでる人ばっかりでした。でも、1番の人すごいよねぇ。2分ちょっとだもん。長距離も走れて、短距離も速いって、理想的。しかも、そんなにヘバってるようにも見えませんでした。

でも、この幕山の山頂を1周するコースはすごいステキなのです。とっても、幻想的な景色で、最初にみんなで走っていた時に、私はこういう周回コースを走るのは楽しいだろうなぁって、ちょっとどこかで思っている自分がいました。

この日は4時間半近く走り、20Kって言ってました。
上りもあったけど、(それこそ40分くらい上りっぱなしってのが2回も)そんなに急な上りばかりじゃなかったので、適度に疲れたっていう感じ。湯河原の温泉にも入って、すごいリラックス。

でも、本当はこの日は、X'mas partyが横浜である日で、7時からパーティー参加組もいたんですが、私は、スゴスゴと家に帰りました。。。やっぱり、みんな元気だよなぁ~ 私は、地元の駅に7時頃に付いたけど、もう、すぐに寝れそうだったもん。
でも、ちょっと心残りだったのは、montrailがcolombiaに吸収合併されてしまったので、石川さんは、今までのユニフォームを着れなくなってしまったそうで、オークションで売る!って言っていて、そのオークションが横浜のパーティーで行われるはずだったのです。

まぁ、私が自分では着れないしなぁ。。。パジャマ? ちょっと変態みたいだし。

今回は、ロマンスカーで読むために金さんの新書「3時間台で完走するマラソン」 を買って読んでました。この本は、もう、マラソンガイドみたいな感じで、全ての分野に関して網羅しているので、1回は読むといいのかなぁと思いました。 
私が一番、ショックを受けたのは、女子マラソン選手があんなに細いのは、練習の成果ではなくって、ダイエットしてるからだそうです。。。
丁度、増田明美さんの「夢を走り続ける女たち」を読んでるのですが、ここにも、女子のマラソン選手は、食事制限をして体重をコントロールしてるんだそうです。

私だけでしょうか? ビックリしました。
昔、シンクロの選手とかが、すごい量の食事をしていて、現役選手の時に一番辛かったのは「食べないといけなかったこと」って言っていたのに、マラソン選手は、減量の為に食事制限してるんです。
もちろん、シンクロ選手とマラソン選手の細さは違うけど、痩せる為なら、シンクロ?

実業団とかで走ってる選手は月間1000Kとかは走ってるでしょうから、それでも、何を食べても痩せるっていう訳ではないですね。あと、これは、ちょっと自分でも感じているのですが、同じ人間が同じ運動をしても、やせ続けないって事ですね。人間のサバイバル能力の一つなのか?多分、全く運動してなかった人が、やればメキメキ痩せる運動量でも、ある程度してる人では、痩せないんだと思う。

今度の大阪国際に出るという渋井陽子選手、私は好きな選手です。何だか、運動選手っぽさっていうよりも、本当にやんちゃな元気一杯さってのが感じられて、すごい身近な感じがするのです。彼女は、もっと痩せれば速くなるって言われているらしいのですが、やっぱり、食べたいってんで、理想ほど痩せられないらしいです。そういうのも、親近感を感じる・・・
でも、今は痩せてるみたいで、来年の1月が楽しみです。

走ってさえいれば、何を食べても太らない!はウソだったんですねぇ~


あと、この2冊の本で、出てくるのが、クロスカントリー!
実は、私の走歴は、全く話にならないと思っているのですが、私が、一番最初に、走るクラブに入ったのは、クロスカントリーです。

小学校の時は、リレーの選手に選ばれたりしたけど、それは、まぁ、たまたま、小さい頃は速かったってだけで、練習なんてしてなかった。
中学校は、英語オタクだったので、ほとんど、運動ゼロ。
高校は、アメリカにいたので、それこそ、運動しました。で、一番、最初に入ったのは、クロカン。
これは、ホームステーしていた子がクロカンに入っていたから、私も入るかっていうので、入ったのですが、すごい楽しかった! 

日本では、全く知名度が低いクロスカントリーですが、アメリカでは(西海岸)さかんです。私がいたワシントン州は、木々が多い茂る州だったので、それこそ、ちょっといけば、クロカン用のトレイルがあるのです。レースも用意されたコースじゃなくって、裏山を走るって感じだったように思う。私は、何回か迷ってしまって、中々戻ってこないから心配されたりしました。

クロスカントリーは、山を走るのはちがって、丘を走るとか、森を走るってのに近いと思います。日本だと、山は沢山あるけど、平坦な森林ってあまりないから、流行らないのかな?
一度、TVでクロカンレースを見たけど、それこそ、ゴルフ場みたいな所を走っていて、私のクロカンのイメージとかなり離れていました。

で、この2冊の本で、クロスカントリーを薦めていて、ポーラ・ラドクリフはクロカンを得意としていたそうです。そりゃ、イギリスなんていたら、クロカンしたい放題なステキな場所が沢山ありそうですよね。

で、金さんがお勧めしているのが、砧公園!!おぉーこれは、私の家から自転車で10分ちょいでいける公園!今までは、自転車コースばっかり走っていたけど、言われてみれば、芝生を走ればいいのよね!!と目から鱗ですよ。

しかも、やっとミドリを卒業して、iPod nanoを購入しました。今、輸送中。で、nanoを買ったら、当然、sport kitも買うでしょう!って事で買ってしまいました!

今月は200Kムリそう・・・って思ったけど、こんなオモチャと、ステキなコースの発掘と、年末の休みで、諦めなくても良さそうです。
[PR]
by run_run_moon | 2006-12-22 12:27 | trail running

箱根の金時山

今日はOSJのセミナーで箱根に行ってきました!

箱根は8月のHappy Trailで行った時から私のお気に入りの場所。箱根の山の雰囲気って、険しくないんですよねぇ。絶対に山を男女に別けるとしたら、箱根は女だと思う。でも、雰囲気ってだけで、上りは大変だった。

11月は毎週末でも山に行きたい!って思っていたのに、来週は河口湖だからこれで最後かなぁ。箱根、ちょうど紅葉していてすごいキレイでした。こんなキレイな時期の箱根の山を走れて幸せ。

9時に箱根湯元集合で、大涌谷までウォーミングアップで行きましょう!っていうので、30名くらいでトレッキングコースを走る。歩くと子1時間くらいかかる距離だけど、走りつつ登る感じ。私は前回で顔見知りになった人と話ながら登っていたら、思いっきり息があがってきた。

今日は全体を通して、すごいつらかった。出張の疲れが残ってるみたいで、右目の下まぶたが痙攣するの。。。怖い。だから、今日はコンタクトじゃなくって、メガネで参加。肉体的に疲れてるなぁって感じてなかったんだけど、どこを走ってもつらかったから、やっぱり疲れていたんだろうね。もっと寝ていたかったしね・・・

大涌谷で温泉卵を食べてると、今日のコースが向こう側の山で見える。まず、鉄塔が建ってるところまで行って、それから金時山まで行きます・・・って、ウソでしょ~まず、向こう側に見える山が遠いし、その鉄塔と金時山も遠く離れて見えるんだけど???
しかも、この会話を、大涌谷に来てる観光客に聞かれて、思いっきり引かれてしまった。そりゃ、そうだよね。明らかにおかしなカッコをした集団が、ドヤドヤやって来て、はるか向こうに見える山に行くとか言ってるんだもん。2年前の私だったら、頭のおかしい人達だと思ってたよ。

大涌谷を下りるのはラクだけど、そこから、鉄塔まで登るのが大変。今回は、前回の箱根のコースとは大違いで、ハードだった。上りがすごいきつくって、私は久々に北丹沢の岩登りを思い出してしまった。切り立った岩を登る山登り。疲れてくると脚が上がらないの。本当、今日は体調も良くないし、上りもトレイルランとかじゃなくって、立派な山登りだから、疲れちゃった。下りも楽しい所はあったけど、箱根って結構足場がジャリだったり、小石が沢山あったりっていう場所もあるから、足の裏が痛くなるの。

それでも楽しい!って思うのは、箱根全体の雰囲気だと思う。木の種類とかなのかなぁ。丸いイメージがある。箱根外輪山って50Kくらい尾根を走れるらしい。でも、今日のところって尾根だったの? ありゃ、私の考える尾根じゃないわ。。。

曇りだったけど、上りがハードだから、長袖の速乾性のウェアーを着て、シェルを脱いだり着たりしながら温度調節。寒い日だったと思うんだけど、登ってると顔から汗がタラタラ流れてくる。これからもっと寒くなると、着るものも難しくなるなぁ。

あと、今日は心拍計を持っていたけど、全く信用出来ない。やっぱり、スントが欲しい!!!トレイル走ってる人は、みんなスント持ってるんだよね。。欲しくなる意味が分かるよ。あと、デジカメ(小さいの) やっぱり、写真がないと面白くないよね。今年のクリスマスは、スントとデジカメ希望(誰か、買って)

今日は温泉で解散だったんだけど、いい温泉だった。(名前が分からないけど) 走り終わってすぐに温泉、もう、このまま帰れないかと思ったよ。帰りのバスが超渋滞して、1時間半ちかくかかって箱根湯本までかかって、それから、ロマンスカーに乗って帰りました。

うーん、今日は調子が悪かったから、不完全燃焼な感じ。やっぱり、トレーニングしないとダメだね。
[PR]
by run_run_moon | 2006-11-18 22:46 | trail running

みたけ

今日は御岳のレースの申し込み最終日。実は優柔不断なのかもしれない・・・って思ってたんだけど、ハセツネ同様に、最後まで迷って、定員オーバー・・・・じゃなくって、間に合いました。なので、申し込んでしまいました。みたけの高低差を見ると、これはMじゃないと出ないな~私は止めとこっ!って思っていたんだけど、天狗山・陣馬・みたけは冬の3点セットみたいな感じになっていたので、やっぱり出ておいたほうがいいんじゃないか?って気がして。

鹿児島出張に行って、東京戻ったら、一気に寒くなっててビックリ!今日は自転車乗って会社行ったけど、初めて少しも汗かかなかった。私は汗っかきなので、今まではいくら11月に入っても、12Kの通勤中に汗をかかない事は無かったのに。本格的な冬到来です。イヤだなぁ~

明日はOSJのセミナーで箱根に行きます。寒いんだろうなぁ~
私は4月の高水のレースで初めてトレイルなるものを走ったので、この季節は初めてです。転んだりしたら痛そう。。。しかも、さすがにトレイルとなると汗もかくだろうけど、とまったら凍え死にそうだし、もう、一度走り始めたら止まれない状態なのかしら。。

そして、19日は東京国際女子ですね。

毎年何をしていたのか思い出せる日。 去年は戸田レースに出てました。ホノルルに向けて、私は確かわき目もふらず(?)走ることに没頭していたので、前日に初めて30K走ってのをやって、見事に膝が痛いのに、ビッコを引きながら戸田まで行ってハーフを走りました。
去年はQちゃんが故障してるのに、東京国際女子で優勝したんですよねぇ~ 私も、気分だけはQちゃんで、思いっきり戸田で膝を痛めて、その後散々でした。素人はムリするもんじゃないっちゅうのに。今、思い出したけどあの頃って、やたらとテーピングに凝ってたけど、今は全然しなくてもOKになった。

一昨年は、私は全く走る事に興味も無くって、この日に上野のバイク街に手袋を買いに行って、見事に交通規制にひっかかった。このマラソンのことすらしらなくって、帰りはいきなり、どこをどう行っても、家に帰れそうも無い。。。マラソンに理解の無い私は「ったく、ふざけてる!何で都内でマラソンなんてやるんだ!」ぐらいに思っていた。人間変わるモンですねぇ~

今年は応援に行こうとか思っている私。だって、生でQちゃんの走りが見られるなんて!
でも、雨みたいですね・・・ 雨なら行かないだろうけど、走者は走るんだろうから、せめて曇りくらいに変わるといいな。
[PR]
by run_run_moon | 2006-11-17 22:42 | trail running

やっぱり出よう・・・

何だか、明日の午後から雨らしい・・・とか言って、雨降らなさそうだったりするんだけど、やっぱり明日の山行きは止めて、日曜日に陣馬のレースに出る事にしました。

徒歩30分ってなると、相当家を早く出ないといけないし、30分の道がどうなってるのかも分からないし、なんか、私の地理ではスタート地点までたどり着く段階で、神経が消耗しちゃってそうだったので、かなり、やめるモードが高まってました。。。私、方向音痴なんです。

でも、私の愛車で行く事に! 実はバイクに乗ってながらも、高速に乗ったことは数えるほど・・・おいおいって突っ込まれそうだけど、首都高とかは乗ったことあるけど、なんか、ツーリングって数えるほどしかしたことない。
でも、この際、背は腹に変えられない!(って例えあってる?)
うちから中央道はすぐに乗れて、どうも、1時間もかからずに着くらしい。山姉ありがとう!
それなら、一気に時間は短縮されて、家を7時半に出れば間に合いそう!

申し込んでいたレースに出なかった事は今まで一度も無いので、やっぱり、何か今回もひっかかり、予定も雨で変更になるし、どうなることやら分からないけど、出る事にしました。
なんか、女子が早朝から、二輪に乗り、山岳レースに一人で参加するって、男前すぎて、自分でもイヤなんだけど・・・


なので、ジョギングクラブの例会には出ず、単に、その場所を走りに行く・・・っていうのが明日。
ジョギングクラブは、私のOSJで知り合った人が紹介してくれて、明日はその人と走る予定。今まで、誰かと一緒に走るってしたこと無いから、不思議。話しながら走るのかしら??? 息上がっちゃうけど。 
[PR]
by run_run_moon | 2006-11-10 22:59 | trail running

今週末

今週末は本当に色々なところでレースが行われている。マラソンシーズン真っ盛り!

私の11月の週末予定は、何かしら走る予定で埋まっている。。でも、レースとかイベントとは別に、山に行きたい願望が・・・天狗山からこんな事を思い続けているし、都内でも紅葉してるから、さぞかし山は今はきれいなはず。

明日か明後日は、山に行く予定だけど、それがいまいち予定が分からない・・・とりあえず、明日は一人かもしれないけど、なんとしても山に行く予定。。。でも、またしても天気予報は、ちょっとさえない・・・でも、もう朝一に出て、昼過ぎには終わるくらいの予定で行く!でも、混んでるんだろうか・・・って、混んでるに決まってんだよね。

で、日曜日は、陣場のレースに出る、もしくは、何だか、ジョギング・クラブの例会に行くかも・・・
私は、今まで、あんまりクラブに属すっていうのはためらっていたんだけど、単純にレースに一緒に出る仲間とか、トレイルに一緒にいく友達を増やしたい!っていう為だけにでも、そういうクラブに行ってみるのはいいかもなぁって思う。だって、今週末も、トレイルに行く人を探すのに一苦労。

それで、私の前傾姿勢は山でも通用するのか、試してきます。確かに、山の上りで前傾って無理な気がする。。私もまだ分からない・・・
試験段階なので、もう少し詳しくかけるまでお待ち下さい!

------------------------------

ところで、毎朝、子供達がいじめで自殺しただの、自殺したいだのという報道だらけで、気が滅入りますね。。。

コメンテイターの人達の色々な意見を言ってるけど、私はどれもピンと来ません。
今は特に注目されてるけど、どの時代にもイジメはあったはずだし、大人になってからも会社でもイジメはある。それを苦にして死んでいたら、何回も死なないといけなくって、何も現世で学ぶことなく終わってしまう。

イジメが苦しいのは、その一つの世界で生きてるからだと思う。確かに、小学生・中学生くらいだと、学校が生活の全てになるのは分かるけど、世の中、そんな狭い世界だけじゃない。学校の友達が合わないんだったら、学校以外に自分の居場所を見つければいいのに。

どっかに所属しようとして、仲間に認められないと苦しくて仕方ないっていう人達って、いくつになっても不幸だと思う。会社の中でも、ここでの居場所を失うことよりも最悪な事はない・・・って思っている人はいる。必死でしがみつく人々。だから、情報隠蔽とか起こるんだと思う。

若いうちから、どこに行っても、ピンで生きていける精神?ってのを身につけるって大事だと思う。もっともっと、いろんな世界を広げたら、どこかに自分に合う世界はあるはずだし、大人になればなるほど、自由に自分の場所を選べるようになるハズだし。それを見ずして、死んでしまうのはもったいない。

世論で、親とか周りの愛してくれる人が悲しむから自殺はいけない・・・ってんじゃなくって、もっと我がままになればいいのに。イジメられるような環境なんて、辞めちゃえばいいし(人生をじゃなくってね)、その代わりになる、自分の世界を他で見つければいいのに。そこで、他人とかを気にしちゃうから、どうにも出来なくなって、自殺しちゃうんじゃないかって思う。

と、いきなり、真面目な話。

大人になれば、こうやって、ブログでも仲間を増やせるし!ま、大人じゃなくってもブログは出来るし、自殺しそうな子は、走りに誘う!ってのがいいのかしら・・・まわりに、そんな若い子がいない。
[PR]
by run_run_moon | 2006-11-10 10:59 | trail running

高尾・天狗山レース

昨日は天狗山のレースに行ってきました。

前日に、不満の仕事をやらされていたのと、山姉が出ないって聞いたりで、前の晩まで「あぁ、疲れた…明日は家でユックリするのもいいんでは・・・」と弱気なモードになっていたのですが、高尾は家からも近くって、9時の電車に乗っても間に合うってのと、疲れている時こそ、山に行くといい気分になる事を、経験で分かっていたので、気付いたら受付してました。

でも、ぼんやりと用意していたせいか、会場行きの一番最後のバスにギリギリ間に合う時間で高尾駅に到着して、男性の匂いがきつい、混みこみのバスに乗って、到着。 受付して、荷物預けてってしていたら、18Kの人はもうすぐスタートです!って言うアナウンスが・・・もう、ゆったりする時間はなく、一応トイレには入ってスタート地点に向かいました。

18Kと10Kでスタート時間が違うんですが、結構18Kの人も多くって、記録を狙う人は、頑張ってる様子。どうやら、山に入るまで約2Kくらい林道っぽい所を走るんだけど、多くの山のレースもそうなように、山に入ると狭い道を登るので、そこで渋滞するから、そこまでを飛ばさないと、絶対にいい記録なんて出せない。

まぁ、私はノンビリと2Kくらい走っていたのだけど、もう、2日酔いっぽそうで、すごい堰やら、痰やら吐きそうな音を立てる、エアロビ講師か?っていう雰囲気の男性が近所にいて、すごーーくうるさかった。こいつの後ろになったら、ずうっと堰の空気を吸わないといけない・・・って思って、意地でもその人の前に。でも、結局4K地点くらいまで、細い山道を登るので、ずっとグループ移動みたいな感じ。で、上りになるとその人の息もあがり、余計うるさい。

やっと、4Kちょっと越した辺りで、道が開けてきてやっとサヨナラ! 
高尾陣馬は2回行った事があるけど、今回のコースをそのまま走るのは初めて。見かけたルートを走る場面もあったけど、色々なところをグネグネ曲がったり、途中に沢山のボランティアの人がこっちでーすって案内してくれなかったら、全然分からない。

そして、アップ&ダウンが繰り返すルートで、結構ハード。ハードって言っていいのか、分からないけど、普通に走っていて楽しい程度の上り・下りがある。途中まで、本当に走るペースが同じ位の人がいて、その人にピッタリとついて走った。ちょっとイヤだったかなぁ・・・って思ったり。彼女も、パスして行ってくださいね!って言うんだけど、丁度疲れないペース、このままゴールまで行きたい。。。って思うほど。

私ってレースでも追い込む事が出来ないタイプなんだわぁ~って思ったり。

でも、途中で、どうやらこれが天狗トレイルらしいっていう、始りがあって、ボランティアの人が「ここからが天狗トレイルです~」って言ってる。そこから先が、すんごい楽しい。
訳分からない、脳ミソぶっ飛んじゃうほどの楽しさ! その前くらいからも、獣道?って程の細さの山下に向かって斜めの道とかを走ったりするんだけど、そこも、速く走らないと逆に落ちちゃうって感じの道。前を走ってる男の人が、ギャグみたいにして「あぁ、お、落ちる~あぁ、危ないぃー」とか言って走ってるの。それだけでも、面白い。

その後も、頭のどっかからハジケるような興奮っていうか、「何コレ?!訳分かんない、超楽しい!」っていう笑いみたいのが、出てきて、それこそ、キャハッハッ~とか言いながら下ってしまった。

下りに関しては、マラソンランナーと山を走ってる人で、全く走り方が違う。後ろから見ていたら直ぐに分かる。平らな面しか走った事が無い人は、本当にへっぴり腰で下ってる。

上りは、多分、脚力があればどうにかなるんだろうと思う。 下りは、脚力もそうだけど、人間、下りのほうが、恐怖心が湧き出るんだと思う。 転んだりするのが怖いし、それこそ脚をくじいいたら?とか思うと、下りを思いっきりスピードをつけて下りる事は出来ない。

でも、私にはコレが一番最高の場面。 丁度良くその頃に疲労して、ただでさえ、ちょっとしたハイ状態。「何でこんな所にいるの?」とか「こんなの下るわけ?」とか、普通の状態じゃ、理解不可能な下りを、一体、どこに脚を置くのかも、置いたのかも分からない山をドンドン下っていく。これは、スキーとかの感覚に似てるのかも。って、スキー苦手だけど。脳内麻薬だかなんだか、出まくり状態だよ。

今回、私も転んで、しかも、指先を軽く切ったので、ドロにまみれ、血まで出た。でも、気付かなかったくらい。転んでもお尻から転んだので、脚は痛めず、逆に「あぁー、もっともっと行きたいぃー」っていう追い立てられるような感じ。直ぐに立ち上がって、さらに下りを走る。

これって、ある意味レースだからかも。なんか、山の中を転がり落ちるようにして下るってすごい楽しい。

今回、タイムなんて考えてなかったけど、初めのスローペースにもかかわらず、途中から、3時間切れそうなタイムになってきたから、じゃあ、頑張ろう!って突如として、頭の中がレースモード。多分、自分の時計で3時間切れていたから、スタートを踏んだ時間のロス時間を足しても3時間切れたと思う。

最初から周りのペースとかに合わせず、傷の理療もせずだったら、もっと速く走れたのかなぁ?でも、こういうのも含めて、レースの時間だと思う。これが、一人で同じ所を走ったら、もっと速いのかもしれないけど、同時に、レースの興奮とかもないから、私みたいな人だったら、途中で休憩~とか入れちゃうかも。

今回は、パタゴニアもスポンサーになっているので、オーガニックコットンTシャツが景品。可愛いデザインで、会場で1900円とかで売っていた。申し込み料が幾らだか忘れたけど、結構、お買い得なレースだと思う。ゴール会場では、オーガニックなお菓子とか、シシカバブとかも売っていたし、何だか、丁度いい規模のレースで、ゴール会場の雰囲気もすごい可愛かった。来年も絶対に出よう!

帰りのバスはメチャクチャ混んで、1時間に2本しか来ないのに、次の回のバスまで乗れなかったりして、1時間くらいバスを待つ事に・・・・タクシーを呼んでる人もいて、賢い! 来年は、何人かのグループできて、帰りはタクシー呼んでもらおう!

クタクタになって家に帰ったんだけど、今回初めて試した、CW-Xの新しいタイプのスポーツブラが調子よくって、2割引で買える期間に買いに行かないと・・・って思って、新宿のデパートまで買いに行きました。もう、眠くって、眠くって・・・ でも、今回は擦れませんでした。やっぱり、サイズが重要みたいですね。多少キツクっても、動いてる時にずれないサイズ、やっとピッタリのモノを見つけました!
[PR]
by run_run_moon | 2006-10-23 13:47 | trail running