マラソン、ヨガ、ベリーダンス! 女を磨く?身体のブログです


by run_run_moon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:bellydance( 96 )

Money Money

昨日は、私が通うベリーダンスの教室の先生の結婚式でした。
何人かの先生に習っているんだけど、この先生は、あの火曜日の「表現力のクラス」の先生。。そして、私のこの日のミッションは、群舞。 前々から、このクラスで、それぞれのメンバーの紹介をするような短い踊りを、みんなで考えてやりましょう~なんていう、まるで、創作ダンスのノリ、ある曲にのって、ダンスを考えてました。

その曲は・・・



もはや、ベリーダンスじゃない・・・ でも、実際、このスタジオに行ってから思うけど、ベリーダンスって、どんな曲でも踊れる。というか、このクラスに出てる他の人のダンスの実力なのか? ベリーダンスの動きで作れちゃうんだよね。

この曲、6人で踊るんだけど、それぞれのソロパートがある。それまでは、みんなでそろって踊るんだけど、2X8だけは、一人で舞台を独り占めっていうのがソロ。 私はこのyou tubeでの1:24あたりからの2X8カウント。 最初っから、苦難でした。。

私以外の5人は、踊り子、バーテンダー、猫、置き屋の女将(?)、ボンテージ嬢とか、かなりキャラ設定がハッキリしてる。そう、ベリーダンスは個性の踊りですから、そのダンサーらしさってのがある訳で、このキャラ設定がまさにぴったりだったりするんですよ。。 その中で、私は、前々から、「何を表現したいのか、考えてこい」と宿題を出されていたわけですが、もう、そんなの、分からないーーって感じ。

ただ、これって、ベリーダンスってなるから、そうだけど、私らしさ、なんて、私が分かる訳ないんだよね。 いや、本当の私とか、そういう何考えてるのか?ってのは私がその瞬時に感じてる事だろうけど、他人が見る私が「私らしさ」だと思う。って、なると、もう、私が意図せずとか、親しくない人々、つまり、外見から表現される私は、「お嬢様っぽい」で決定です。 まぁ、最近、年季が入ってきたので「マダムっぽい」で頑張りたいところです。

っていう事で、私は金持ちそうなマダムっていう設定で、ソロパート。それぞれのダンサーが小道具を持つんだけど、私は帽子と本だった。

で、土曜日はそのお披露目。 私にしては、2回目の人前でのダンス。 
いやぁーやっぱり、人前で踊るって楽しい。。 あぁ、こういうの好きだわ。。って思う。 
ただ、毎回思うんだけど、後で、記憶が無いんだよね。 

そして、ダンスの技術はまるで追いつかないんだけど、私、舞台映えするんだよね~って勝手に自分で言ってろ!って思うけど、そう、他人から言われるんだよね。

そうそう、ダンスとか、他人が見てナンボなもんは、自分が思ってなくっても、意識して無くっても、見えたもん勝ちだと思う。 そう、そう見えるなら、それでOK!みたいなノリでいいんだと思う。

先生も喜んでいたようだったし、何よりも、先生にぴったりの旦那さんで、久しぶりにいいカップルを見たような気がする。

で、これが終わった後、荷物を家に置きに戻り、麻布十番まで、タカダアキコ・ショーに行きました。
いやぁー、この日はバイクで結婚式まで行き、家に戻ったんだけど、その道とか、初めてで迷うんじゃないかと異常に緊張。

半ば遅れそうになりながらも、既に場所取りをしてくれてる友達に合流し、初めて、あのダンサーの中でも、素晴らしい!って言われてる、タカダ・アキコさんの生のダンスを見ました。

確かに、すごいね。 人間じゃないような動きと、コミカルさ。もう、ベリーダンスっていう枠じゃないんだよね。もちろん、ベリーダンスも踊れるんだろうけど、昨日の演目は、ベリーダンスっていうか、創作ダンスの域。しかも、ポールダンスのポールがあるクラブでやったから、タカダ・アキコさんもポールでのダンス。もう、目の前でダンスしてるのを見たけど、動きのキレっていうのと、気迫と、まぁ、すごい。 やはり、貫禄っていうが必要ですよ。

一部の生徒さん達のダンスと、この日のノーラさんのめずらしく(?)恐ろししいほどに退屈なダンスは除いても、Safiさんのバーレスクとか、ショーの構成自体がすごい面白かった。やっぱ、生バンド、最高だね。

昨日で思ったのは、このブログの流れでも、始まった時は、ベリーダンスなんて、やる気すらなかった、山走りのブログだったはず。それが、ふとしたことから、ベリーダンスを始めてみて、最近、他にやる事無いのか?って言うほどにレッスンに行き、それで、私、何をしたいんだろう?って思ったりする。

ベリーダンスで食べていこうとか、思わないし、それこそ、教えたいとかも思わない。ただ、楽しいのと、明らかに、美しいって事を、日々意識する生活にはなるから、その面白さはある。

その先の、私が「あぁ、こういう事がしたいからだったんだなぁ」ってのが、最近、すごい勢いで分かり始めてきた。ベリーダンスはそのための手段。 他の人なら、他の手段があるんだろうなぁーって思う。私は、たまたま(?)ベリーダンスだったけど。

何かを分かったり、出来るようになる為に、一見、全然関係ない事をしてると、そこにたどり着くっていうのがあると思うんだけど、私の場合は、最初の何が出来るようになりたくって、始めたのか?とか分からなかった。でも、やっと、最近、合点いったって思ってるけど、それも変わるのかな。
[PR]
by run_run_moon | 2009-11-08 23:05 | bellydance

こんにちは ターラー像

というわけで、やっと行ってきました、上野の森美術館。


私が、狂ったように、緑ターラーのリサーチをしていた頃、彼女はまだ九州にいたんだけど、とうとう、上野の森美術館に「チベット展 ポラタ宮」がやってきました。というか、もう、9月末には始まっていたんだけど、母も行きたい!と言って、予定を合わせていたんだけど、あっけなく忘れられて「この人の予定を待っていたらいつまでたっても行けない!」とシビレを切らして、行ってきました。

気合いを入れて、あの音声解説ガイドまで借りちゃったんだけど、肝心のターラー像には何のコメントもなし。

いやー、でも、素敵だった。 他の像に比べて、はるかに穏やかな顔つき。 美しいプロポーション。

ただ、密教ってもう少し知らないと不思議な感じが残る。。。

そうそう、やっぱり、来年の初めの頃に、スリランカに行きたい!願望が確かなものに。
もう、スリランカは、知れば知るほど、私が好きなもので溢れている。 本当にそうなのか確かめに行きたい・・・
[PR]
by run_run_moon | 2009-10-10 23:13 | bellydance

Aicha

ベリーダンスの曲にはある程度、もうスタンダードな曲があります。私は、今まで、そういう曲にまるで興味がなかったので、あんまりそういう曲ばかりのコンピレーションとか買ったことありませんでした。。。

が、最近、やっぱり、こういう基本的なオリエンタルもいいなぁーって思うように。

やっぱり、ピカソが書いてる絵が、子供みたい!とか、すごーく感覚的とか思っても、彼だってちゃんとデッサインで描いた絵は上手だし、やっぱり、基礎がなってないのに、崩すと本当に、見られなかったりするのかもしれません。。いや、それこそ、譜面は読めないんですが、楽器は弾けます系の天才ならいいのかもしれまんせが、凡人の私は、基礎を大事にすることにしました。。

で、なんか、いいCDないかなぁーって思って探してるわけです。

そして、ふとすごーーい懐かしい、曲を再発掘しました。
Aicha
この曲、私が、はるーーーか昔、ベリーダンスのベの字も知らない時に、聞いて、あまりにも気に入り、CDを買いに行ったことがあるんです。

それはそれは、世田谷美術館で、アラブだったんだろうとおもうだけど、ある地域に民族衣装を着ながらのショーみたいのがやっていて、展示を見に行ったついでにそれもついでに見たの。 そのショーがどんなだったかとかは、あんまり覚えてないクセに、その曲が流れていた場所とかは今でも覚えてる。

で、その時に、この曲はなんですか?とかそのショーを企画してる人に聞いて、わざわざHMVとかにCDを買いに行ったの。いまでこそ、ワールドミュージックだけど、その時の私は、アラブなんて、全然興味なくって、このCDの曲でもこのアイーシャ以外は全然好きじゃなくって、このCDすら捨ててしまった。

だけど、この曲、ベリーダンスでも踊られてるんですよね・・・何かを見に行った時に、いきなり、この曲が流れてびっくりした時があった。

なぜなら、この曲の歌詞は、フランス語。 この曲に出会ったとき、私は、ものすごいフランスかぶれでした。。あ、今、フランス語を話せとか言わないでください。。。 ただ、かなり、その時、勉強したので、聞いて、すこーーーしは今でもわかります。そして、フランスが好きだったとき、パリに行くと、ある地域は、アラブ色が強かったりするんだよね。 

そして、その人々は貧しかったりするわけで。 そう、今思うと、私がアラブっぽいものを好きじゃなかったのは、ものすごい差別的な見方だったのだと思う。 アメリカの湾岸戦争時代にいると、サダム・フセインとか本当、悪の権化みたいですから。。そして、パリとかでみる、ジプシーと呼ばれる、ものすごい貧しい階層の人々で、スリ集団みたいな人々。 

その人々が作った踊りやらを、今、「かわいいー」とか言って、裕福な国の日本の子がやってるのも、また、その地域やらを本当に知ってる人からすると、すごい微妙なのかもしれない。 でも、こういう音楽やらダンスって、差別を乗り越えられる、乗り越えさせるものなのかもしれない。


[PR]
by run_run_moon | 2009-10-04 21:52 | bellydance

Killer zill

二週間に一回あるクラスで、ジルをやってたんだけど、そのクラス、みんなジルが苦手で、一向に振り付けが進まず、とうとう、来月からは、違う事をやる事になったらしい。。

私も2回だか出たけど、そりゃ、涙が出るほど・・・

で、それから、家で練習するにも、DVDを買って練習!って買いました。
最初に買ったのは、この前も紹介したコレ。 いや、これもいいのでしょう。

ただ、私は、この女性が、ジルのジを発音出来ないので、シルと発音するのが癪に触ったりして、なかなか、これでは練習出来ません。

こういう必死な練習って、気持ちがヤサグレているからか、インストラクターの欠点に意味もなく上げ足をとりたくなるもんです。

その後、Figで、このDVDを発見。
b0080983_14313393.jpg
とっても地味なパッケージなんだけど、そこに、Rachel Briceの名を発見。最初見た時は、高かったし、ちょっと調べてからじゃないと買えないなぁって思ってやめました。

が、それを探ってみると、すごい良さそうなDVD。このTobias Robersonって、まず、ベリーダンサーじゃなくって、もともと、パーカッションの人。

そう、ジルを習うのが大変なのは、ベリーダンサーといえども、その人は、音楽家ではない点。 つまり、ダンスは感覚とかフィーリングで教えられるかもしれないけど、ジルは楽器ですよ。 それを、教えるには、やっぱり、音楽家の観点が必要!

Tobiasは、トライバル系の音楽に参加してたり、私が持ってるStellamaraでも演奏してたりしてる。

そして、これを買ったのは、かれこれ、2か月前? すっかり放置されてました!
それを昨日見てみたら!!すごいいい! これほど、分かりやすい、ジルのDVDを知らない! 普通のベリーダンスのジルって、三打ちっていう、タカタン、タカタンって鳴らすのが多いけど、これは、まるで、ジルを使って、タブラをたたいてるみたいなの。 確かに言われてみれば、ジルも、パーカッション?

この先、ジルクラスがまた出来たら、頑張ろう。



Tobias、最初、ヨギーニかと思ったら、やっぱり、インドに行ってたようです。 この風貌、本当、ヨガ!って感じ。そして、菜食主義者っぽい。



後ろでタブラをたたくTobiasと、踊るRachel
[PR]
by run_run_moon | 2009-09-30 14:38 | bellydance
火曜日は、私のベリーダンスレッスンの中でも、特に、恐怖のクラスがあります。

さすがに、バカみたいにレッスンに通ってるんで、踊る事の抵抗とかは無くなったけど、このクラスは特別です。 他の教室だったら、私なんかが出てる事で、他の生徒さんに相手にされなかったり、同情のまなざしを浴びそうなほどに、私のレベルに合ってないクラス。

もう、100も承知で、毎回、その前のクラスだけで、帰ろう・・・って思うんだけど、このクラス、先生自身も「サークルみたいなノリなんで」っていうくらいあって、かなり、先生が自由に教えてる。 っていう事で、創作ダンス的なものもあり、もう、フィットネスとしてのベリーダンスっていうのではなく、舞踏としてのベリーダンスな訳です。そう、表現力を磨くクラスな訳です。 これ、表現力って、あなた言うけど・・・って感じですよ。

まず、みんな経験が長いから、フリを覚えるのが早い。 そして、そこからが、始まりみたいな感じ。 その振りをどうやって、自分なら表現するか・・・みたいな追及。 それぞれのダンスを観て、感想を言い合う・・・とか。NHKのしゃべり場か!みたいなツッコミを入れたくなっちゃうほど。

確かに、本当、同じ先生が教えて、同じ振りだけど、全然違うのよ。 私、こういうのを見るたびに、ベリーダンスを習う先生って、どうやって選ぶのがいいんだろう?って思ったりする。 みんな違ってOKで、それがベリーダンスの良さでもあるし。だから、教室選びの時に、この先生のように踊りたい!って思って習っていても、そうはならないんじゃないか?って思うのよ。

だけど、先生によって、教え方は違うし、そこで、大事にするエッセンスはあるので、むしろ、そっちがあっている事のほうが、いいのかもしれない。 

このクラスは、自分の個性をさらけ出すっていうか、感情を表現しきるっていうのが、大きなテーマになっているせいか?、コアで出てる生徒がすごい仲良し。 で、また本当にいい人達。 私なんて、出ちゃいけないでしょう・・・って思うのに、明るく応援してくれるわけ。もう、私が前に行っていた教室とかだったら、たぶん、ありえないと思う、この光景は。。「あんた、何勘違いしてるわけ?」もんですよ。

やっぱり、下手な人がいると、そのクラスの進め方っていう意味で、先生もやりづらいし、生徒も単純に無視する事は出来るけど、迷惑だと思うの。 それが、「好きにやってれば」っていう冷たい視線もなく、本当、仲間のように歓迎してくれるんだよね~ いやぁ、上手いと、変な自意識とか、自分と他の人を比較したりとか、無いんだろうね。 ただ、自分が上達する事を考えてるっていうか、本当、そういう居心地の悪さがないの。

ただ、その居心地の良さが、私にとって苦しかったり。 だって、明らかに、私が下手なんだもの。 それこそ、指の動きまで、気の配れる、表情とか、まぁ、細かいディテールに表現が行きとどいちゃってる人がいる一方で、私なんて、振りをそのとおり、身体でなぞるので精一杯な人もいわるけですよ。 

そして、このクラス、先生もジックリと見るため、一人で踊らされる。 まぁ、本当、裸で踊らされているような錯覚すら覚えます。

それこそ、ターンする事で精いっぱいな私と、ターンのそれぞれの種類で、表現を変えるとか・・・ さすがに、目は回らなくなったけどさぁ。

しかし、このクラスは修行の場みたいな感じ? 時々、普段のクラスでも一緒になる子が、単発で出て、ひるんでそのまま出ないんだけど、そこで、溺れる私を観て「上手い人とやると、上手になるよ!」とか言って、励ましてくれる。 私は、同じレベルの人を、しきりに勧誘してるんだけど、みんな居着かないんだよね。

そういう意味で、もしかして、私もそのうち、自然淘汰されてしまうかもしれない。 やっぱり、いくらマイペースでも、ここまでの差を見せつけられると辛い。 しかし、参加するには自由だし、あの仲間になりたいなぁーって思う。
[PR]
by run_run_moon | 2009-09-30 00:40 | bellydance

やってみたいこと

連休最後、FisFisっていうベリーダンスの用品の店で、アサヤのちょっと壊れた品を4800円→1000円で買えて幸せでした。

さて、このタイトルのやってみたい事。

それは、私が前通っていた教室にふらりとおとづれ、前の先生とか習っていた仲間に、今の私を見てもらって、一体、どれだけ上手になったのか(もしくは、なってないのか?)を聞きたい。。

ってのは、本当、私、上手くなってるの?って思っちゃうから。 

前の教室も良かったんだけど、今のところが、あまりにも通いやすい条件がそろい過ぎて、そっちに行ってしまったら、もう、戻れなくなってしまった・・・

前の教室では、明らかに、ダメな生徒だった。。 だって、まぁ、今のところもそうだけど、他の人のほうが、全然先に始めてるんだもん。。同じペースで習っていたら、いつまでたっても追いつけない・・・って感じだった。

で、今の教室では、暇さえあればレッスンに行ってるんで、回数では前よりも全然多い。

ただ、一体、突如、消えてしまった6月から、私は、一体、どれだけ上達したんだろう?って思う。
あと、いきなり、通わなくなってしまったから、先生は「ベリーダンス自体をやめてしまったんじゃないかな」って思ってると思う。 まぁ、ほかの教室で続けていますっていうのも、どうかと思うけど、前の先生に会いたいなぁって思ったりするんだよね。 ただ、行きづらいのもあるんだけど、でも、その時の仲間にも会いたいと思ったり。。 年末頃には、一回行ってみたいなぁ・・・
[PR]
by run_run_moon | 2009-09-23 23:46 | bellydance

ちょっとした幸せ

今日は、ベリーダンスレッスン、2コマも受けてきました。 2コマも・・・ってのは、日曜日は、間に90分あいてるから、1コマで帰ってきていたの。ですが、私が一番最初に今のスタジオに通出だした日に一緒になった子が、今月から復活して(7月から休んでいたの)一緒に出られるようになったから。 あいた時間は、一緒にお昼とお菓子を食べて過ごしました。 いや、食べすぎた。。 90分って、一人で過ごすには長いけど、話したりすると、短いし、ましてや、食べたりしたら、その後のクラスにこたえる・・・

で、日曜日は、このスタジオを主催してる先生のクラスです。 私は、今のスタジオに決めた理由が「会社から近い」「フリーパスがある」ってのが大きな理由で、正直、それ以外、ここじゃないと嫌!ってのはなかったの。

でも、来てみると、先生一人ひとりの個性があって、まるで、違うスタジオでレッスンを受けてるかのような雰囲気があるし、とっても今では満足してます。 

発表会前は、この大先生のクラスは出てなかったのだけど、やっぱり、基礎とかは大先生に習うのがいいのかなぁ?って思って、大人しく、日曜日に8月から出始めてるんだけど、やっぱり、教えなれてる先生ってのは、いい。 最初はベールだったから、あぁ、、私、ベール苦手なんだけどなぁ~って思っていたりしつつ。

その今日のちょっとした幸せってのは、その先生が私の名前をちゃんと覚えていてくれたこと・・・すごい、書いてみるとどれだけ、幸薄いんだ?って感じ。 ただ、この先生のクラスに出始めたのは最近だし、何といっても、一番生徒数も多いだろうし・・・って思っていたら、私がほかのクラスに出てるのも知っていたり、なんか、そういうのがちょっと嬉しかった。

もちろん、ほかの発表会出たクラスとかなんて、当たり前のように名前とか覚えてもらってるんだけどさ。

そう、私、前もかいたけど、帰属意識が薄いんで、こういう習い事でも、すごい仲良くなるってあんまりなかったような気がする。 ただ、ここのスタジオの人々とは、仲良しだなぁ~ しかも、色々な年齢差もあるのに。そういう意味で、とっても居心地のいいスタジオに巡り合えたのかもしれない。

少しは上手くなってるんだろうか?って思うんだけど、あぁ、久しぶり!って思う間もなく通ってるから、そういう意味では、慣れたとは思うんだけどね。。
[PR]
by run_run_moon | 2009-09-13 23:38 | bellydance

オリエンタル・ミューズ

この前の水曜日は、代官山でやった「オリエタンタル・ミューズ」ショーに行ってきました。このオリエンタル・ミューズ、主催者の一人に私が好きなChisakoさんが入ってるので、何回も行った事あるんだけど、そのたびにゲストダンサーがいて、今回は、Mihoさんだったので、とっても楽しみにしてました。

代官山の「晴れた日は空に豆まいて」よくベリーダンスのイベントやってるけど、今回、初めて行きました。しかも、会社から10分ちょっとで行ける事を発見。

最初に登場したのは、Chisakoさん、次はMihoさん、もう、それだけで私は満足。 Chisakoさん、なんで私が好きなのか?分からないんだけど、あの人、本当、私の中の男目線が興奮するんだよね。スタイルの良さと、肌の質感とか腕の細くなる割合(?)とか、全てが、私が男なら、一晩お願いしたいと思わせる色気。私の中で、珍しく、タバコとか、柄が長いキセル?とかすらも似合っちゃいそうだと思わせる女性。ベリーダンサーは、色気を出そうとするけど、あの人は、一体どんな男の人に愛されてるんだろう?って。あの肌の張り?っていうか、質感、私でも触ってみたい。。。しかも、ここ大事、Chisakoさん、そんな若くないと思うの。30代だと思うんだけど、その若さ爆発じゃない、大人の女の色気、もう、後ろに男が控えてるのが見えるような色気なんだよねぇ。。

次のMihoさん、最初はインドっぽい振りつけ。これも、素敵。mihoさん、最近、見るたびに、気迫を感じる。一回一回のダンスの完成度が高くって、ノリとか雰囲気だけで踊ろうとする人と、まるで違う。それは、昔からmihoさんから感じたけど、最近は、その時の笑顔とか、本当にこの人はプロだなぁって、その他のショーでも踊れるベリーダンサーとの違いをすごい感じる。 彼女のスタジオRitamでも、フリーパスあるから、通ってみたいなぁって思っちゃうんだよね。。

あと、後半で踊った曲も、まぁ、mihoさんの振りつけのセンスの良さ! 今回のショーは、オリエンタル中心だったのと、1曲ずつが長かったから、ちょっと飽きちゃう人とかもいたわけです。 mihoさんは、振りつけの強弱がはっきりしてる、だからなのか?(いや、きっと、もっといろんな秘密が詰まってると思うけど)見ていて、本当に引き込まれるんだよねぇ。。。もちろん、それを踊りきれる技術の確かさとかもあるんだろうけど。

今回は、この平日の夜スタートっていう、普通考えたら女性しかこないだろうと思われるイベントに、男の子を連れて行ったのです。しかも、ベリーダンスとフラダンスを間違えるレベルの男。 前半を見ていても、クネクネしてるダンスくらいのコメントしか言えないような男子でしたが、mihoさんの後半のダンスでは、さすがに感激してました。 

ベリーダンスって、やってみると、そのいとも簡単にやってる動きがどれほど大変かと、分かって見るのと、知らないで見るのと大違い。

今回、バービーマコさんが最後のほうに踊ったのも、私の好みからしては違ったけど、ものすごい、高度な振り付けの、ものすごい大人のダンスだった。見ているだけで、これ、すごい難しそう・・・って思った。

久々、とっても満足してしまいました。

私が今、やったらとレッスンを入れてるのは、ベリーダンスっていうものが、トータルで美を打ち出す舞台芸術だとしたら、一体、私は、この先、何年先まで、人に見て「きれいだね」って言ってもらえるんだろう?って考えたりして、そんな、あと、5年くらいかなぁ・・・とか思っちゃうわけ。 出産とかしたら、帝王切開は、死んでも固辞?とか、この先、そこまで自分の自由になるわけでもないだろうなぁ・・・って。いや、一生、自由かもしれないけど。 ベリーダンスやってる人で、帝王切開して出産したと思われるお腹を見て、どうにかして、オマタから出さねば!って思ったよ。

そんな事を思いつつも、大人な女性ダンサー達。 勇気づけられるんですよ。 
でもね、つくづく、大人で美しいって、すごい難しい。 やっぱり、セックスレスじゃないでしょう。。。みたいな雰囲気。もちろん、それだけじゃないけど、男らしい男がいて、大人な女が出来るんだろうなぁって。

ミシェル・オバマとか、セクシーよね。あぁいう、政治の場に出てくる女性で、日本みたいに、粉っぽい女じゃなくって、生身なrawな雰囲気がある女性をちゃんと満足させてるって、男もいいんだよね。
[PR]
by run_run_moon | 2009-09-12 20:59 | bellydance

衣装作り


9月に入ってから、気が沈む事ばかりです。夏は、その時は気付かないけど、色々なイベントがあったりするんですよね。それが終わって寂しい気分です。

でも、季節的には秋は大好きなんだけどな。今週末は衣替えをしないといけません。

そんな中、私がしよう…と密か考え中なのが、一からの衣装作り。無謀です。

ただ、ベリーダンスの衣装はお直し必須で、前回の白い衣装も胸が収まんないんじゃないか?って感じでした。
やはり直したりが、激しくて自分の体にフィットしない訳で、衣装はデザインで選びがちだけど、やはりあれだけ身体を露出するだけあって、サイズがあっているかどうかって結構重要だと思う。 

ま、そんな事を気にしてると、どんな衣装も合わないっていう状況が出てくるんで、みんな、無理矢理着るんだけど、オーダーで作ってる人(そりゃ、商売でやってるっていう意味だけど)の衣装を見ると、ピッタリとしていて素敵。

で、簡単な衣装でも作ってみたらいいかなぁって思ってます。 これは、いつまでっていう締め切りがないだけに、永遠に時間がかかってしまうかもしれないけど。もちろん、豪華なビーズの刺繍ってのは無理。だけど、出来るのもあるんじゃないかなぁって思ったり。 それには、装飾になる物を集める・探す所から大事になってくるんだよね。

ま、気長にやる事にします。
[PR]
by run_run_moon | 2009-09-04 20:02 | bellydance

瞑想のトライバル

先週会社のトレーニングで、「子供の時のinspiration,現在のinspiration,将来のinspiration」を話し合うってのがありました。inspirationって、日本語になりつつあるけど、いざ日本語にすると難しい。私は、その時に自分がワクワクするものとか、刺激になってる人とかって意味で解釈しました。

で、これってすごい時間がなくって、あんまりじっくり考える時間がありませんでした。 だけど、3つ言わないといけないし、思いつきみたいな感じで、パッパッって言うしかなかったの。

で、子供と将来は内緒だけど、現在は、我ながら驚きのRachel Brice.

レイチェルは、確かに、私のベリーダンスの中で大きな人物だったとは思う。だって、彼女のダンスを見なかったら、ここまでたどり着かなかったかなぁって思う。 私は、良くいるベリーダンスを見た瞬間から、やるって決めてました!っていうタイプじゃなくって、整体師に「あなたはベリーダンスをやると良い」って言われて、始めた人。

そう、当時、私はランナー!って思っていたのに全くそう見えず、むしろ、やってもいないもののほうが、やっていそうだって言われるってどういう事??的な怪訝さから始めた訳です。ベリーダンスが似合うから、やってみたほうがいいって言われる理由が知りたいって思ったのです。

だけど、そんなのが入口だったから、いきになり腹芸みたいなDVDで、あぁ、こんなの興味持てない・・と思った所に登場したのが、レイチェル!一気に、ベリーダンスが素敵に思えてきました。

その存在は、今でも、特別です。

あれから、私のベリーダンスの興味ってのも、色々変わったけど、私、そんなにレイチェルが好きだったんだ・・・って自分でもちょっとビックリしちゃったんです。

この前の発表会でも、ドラムソロとトライバルをやってみて、トライバルの曲はスローだったせいもあるのか、踊る前も、すごい気持ちが落ち着いていた。ベリーダンスって、賑やかな曲も多いし、私もそういうのも好きだけど、スローなトライバルで使われる曲って、ヨガっぽい気持ちになる。

ヨガって、身体が柔らかく・・・とかっていうのじゃなくって、本当のところ、すごい集中力がつく。その事以外を考えられないので、集中するんだろうけど、同時に、ある種の瞑想状態にもなる。 

そういう、すごーく気持ちが落ち着いた状態で踊れるのが、トライバルの曲にあると思う。 大まかにトライバルって言っちゃうと、色々これもありすぎて、全部じゃないんだけど。

彼女の独特の品の良さ、エレガントさとかすごい好きです。 見た目のタトゥーとか、衣装とか、化粧とかで、うわぁー強烈!って思うけど、ほかのトライバルダンサーとは全然違う、静かな筋がピーンと通っていて、彼女がいわゆるトルコとかで踊られるようなベリーダンスをしてる姿は想像出来ないけど、どんな動きをしても、気品ある感じになるんじゃないかって思う。




最近の動画みたい。 この前、書いていたバーレスクっぽい曲とダンス。 私が習ってるのは、もっと、アップテンポだけど、曲の雰囲気とかは、すごい似てる。 トライバル界では、こういうのが、流行ってるんだろうか?
これとか見ても、本当、品があるんだよね。。

昔の女優さんみたいな感じ。 

フワフワっとした踊りじゃなくって、彼女はこれまた素晴らしいヨギーニなので、そういうヨガっぽい要素を踊りにも感じます。




こういう曲とかインドっぽいの好きなので、踊れるようになりたい!
[PR]
by run_run_moon | 2009-08-31 00:00 | bellydance