マラソン、ヨガ、ベリーダンス! 女を磨く?身体のブログです


by run_run_moon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:anti-aging( 3 )

sleeping beauty

最近、すごい寝てます。

一時期は、2時にベッドに入って、朝の8時とかに起床って時もあったのですが、それは、それでサイクルがそうなると、出来たりします。

でも、最近、意識的に「あ、ちゃんと寝ないと」と思って、寝ます。

私は、寝ることに困ったことありません。 どんなに人生が辛くっても、寝つけないことがありません066.gif これって、サバイバル能力なので、いいことです。

しかも、今の季節のように寒いと、お風呂とかで体があったまると、すぐに、眠くなります。 そう、体温って、眠りのサイクルとかとすごい関係があります。 春眠暁を覚えずでしたっけ? これから、気候が良くなったら、自然に眠くなりそうですね。

そして、眠りを重視した生活にしてみて、つくづく、雑誌とかで眠る事が取り上げられてるのが分かります。

明らかに、

1・肌の調子が全然違う!! 
2.体調がいい。
3.疲れない。

本当、寝るだけで、何年か前の自分に戻ったような気がします。 特に肌。 これは、てきめんですよ。

どんなに高い美容液よりも、寝る方が効きます。 朝の自分の顔を見ると嬉しくなるほどです。

寝ている間は「成長ホルモン」が、その日に体が受けたダメージを修復してくれます。 それは、10時~2時が一番、盛んだと言われています。でも、さすがに10時って、早すぎでしょう・・・ってので、私は12時にはベッドに入る事を目指しています。

寝始める時間よりも、私が感じるのは、眠りの質のほうが大事だと思います。 朝起きて「あぁー良く寝た!」って感じること。

-------------------------------

最近、寝ることも含めて、肌とか体の手入れは、自然の摂理に従って行うのが一番いいなぁって思います。

基礎化粧品類は、自然なほどいいし。 ただ、それだと、自然の流れで老いて行く訳で、当然ながら、他の事もしないといけないんですが。 私は、やっぱり、食べ物!! 美は内側からですよ。 無農薬・低農薬の野菜を自分で料理して作るようになってから、本当に、肌とか体調がいい。

その流れ的には、いいんですが、その中で、アンチ自然なのが、化粧。

いや、これも、昔はそうしてたんだけどね。

ファンデーションとかチーク類、いわゆる、顔を大面積に塗ったりするものは、全部、肌に悪いとされているものを含まないものにしてます。ま、この肌に悪いをどこまで含むかは、個人差がるけど、私は、ミネラルオイル(鉱物油)、パラベンとかの保存料はNGとしてます。

それなのに、ポイントメイク! これらは、本当、成分表示とか見たくないほどに、多分、悪い成分を含むものを使っていると思う。

なぜなら、私の好みの傾向から行って、ロハス(LOHAS)万歳ですが、見た目にノーメイクに近くって、美しいってのは、とっても難しいです。

これは、自己満足の世界でもあるから、ある時点から、自分を客観的に見れなくなるんだけど、30代になってる女性で、ナチュラルメイク過ぎる人(ほぼスッピンな人)で、私がキレイだなぁって思うのは、元々の地が、相当に整っていて、きれいな人です。 

自分では、鏡を見て、OKだわ、肌がツヤってしてるし♪ って思っていても、それを、写真にとって(しかも、ちゃんとしてるお友達とかと一緒に写ってるやつ)何年後かに見返すと、「エッ?何このおばちゃん?」って思うと思うんですよね。

あまりにも、自然を追及しすぎる余りに、子供とかいないのに、ましてや、独身なのに、「2人くらいの子供がいそうな雰囲気」を発してしまったりします。 これが、思うつぼならいいんですが、そうじゃないのに、「お母さんぽいね」って・・・ そう、「お母さんぽいね」っていうのは、言う相手によって、褒め言葉だったり、どうしょうも解釈したくない言葉になります。

実際に、お母さんだとしても、ただでさえ、日本だと、男女が結婚して、子供がいると、「女・男→人間・人類」と変化していくので、もう、生存してるっていう、なんだろう、生き物化してきます。

これも、正しいんですよ。きっと。 男女ウンヌン言ってるのは、きっと生きてる時限が低いのかもしれないし。

ただ、やっぱり、男女が地球上にはいるわけで、その差が、今までの時代で、色々な物語をつくってきた訳で、それが、「人間」に集約されちゃったら、面白くないじゃない。 昔の文学のほとんどが成り立たない。フランス文学とかって、どうなっちゃうの?

なので、化粧をしてない女に私はなりたくない。
(前の会社では、ノーメイクで出社してたような気もするけど)

どんなにケア商品がオーガニックだったりしても、メイクだけは、合成OKです。 
(あ、でも、これは、アイシャドー、マスカラ、アイライン限定だけど)
そういう人間の業みたいな、アクみたいなのが、やっぱり、必要なんじゃないか?って思ったりします。
[PR]
by run_run_moon | 2009-03-13 12:03 | anti-aging

あと1か月

この無気力感・・・

それの原因は、どうも、無意識に感じている、来月の誕生日。。。
もう、誕生日なんて楽しくありません。。年なんて取りたくない!!と無駄な抵抗をしているわけです。

TVでキムタクを見ても「年取ったなぁ~」って思うもんね。
私の中の今のアイドルは、TOKIOの長瀬と松岡君よ016.gif

松岡君のことのところのカッコ良さの倍増度合は何?と思ってしまう。再放送で観たTVとかで1年前よりも、明らかにカッコいい! もう、キムタクとか言ってる場合じゃないね。ってそこまでキムタクが好きだったわけじゃないけど、あのアイドルも、年取るんだなぁ・・って しかも、童顔の男って、年取るのが容易じゃないね。

私は童顔じゃなくって、若くても大人の顔だったので、その辺り、まるで、問題なく年とれるわけですが、やっぱり、ここはどこまでも抵抗しなくってわ!!!

でもさ、そういうロールモデルって少ないね。。 って思っていたら、ジャーン

b0080983_19353399.jpg


ハル・ベリー 42歳

この写真には、当然photoshopでのリタッチがされていそうだけど、いくら、photoshopで加工していたとしても、これで、42歳ならすごいもんだ!!

そして、私が久々に水泳をしようかと思った、北京オリンピックのアメリカ水泳選手のダーラ・トーレス

b0080983_19452576.jpg


41歳にして1歳児の母。。


そう上のハルベリーも最近出産したんだよね。 日本だと35歳以降の出産はそれはそれはダウン症の子供の出生率が上がるということで、大変な行事な事になっていて、最近、妊娠した子も羊水検査をしたらしい。

いったい、このエイジングに対しての個人差ってどういう事なんだろう??

やっぱり、遺伝子だろうか? そういう意味では私は恵まれているだろうなぁ。。とか思ったりして。


にしても、やっぱり、二人に共通してるのは、筋肉。やっぱり、30越してくると、筋肉つけないと、若くなれないんだろうなぁ。


そう、こうやって、美しい年上の女性がいる限り、頑張っていけるような気がする。
[PR]
by run_run_moon | 2008-10-12 19:49 | anti-aging

Active

最近、若さの研究を始めた私ですが、そうなると、色々と気がつくことがあります! あぁ、私ってどうしてこんなにマニアックなのかしら?? と思うほどに研究心に火がついてます。

なので、時々それを報告。

まず、yokokonさんもコメントしてくれてるように、若さとは、色々な要素から作られると思うようになりました。肌とか、雰囲気とか、体つきとか、

で、総じて、私が結局、行きつくところ、思ったのは、なぜ、動物(人間)が生きてるのか?っていう、当り前なところ。 それは、種の保存。 子孫を作るため。 そして、全ての生き物が、その目的を一番効率良く成功させるために、身体の機能が出来ている事。 

つまり、若いとか、美しいとか、ってのは、暗に、「子孫が残せそうな感じかどうか?」って所にかかっているような気がする。

しかし、これは、今のあらゆる方向に美しくなるっていう事が向かっている時代には、あてはまらない事も多いかもしれない。 私も好きなIKKOさんとか、はるな愛さんとか、韓国のハリスとか、元は男だから、子孫は彼女たちの望む形では残せないでしょう?でも、、あぁいう美もありだと思う。ただ、私は分からない。そういう、「男性だったらよかったなぁ~」とか思ったことないし、ユニセックスな美を追求したいと思ったこともないから。

それを別にしても、女性は子作りの機械ではない!って、ちょっと前に問題になったように、女性の能力は、子育てとか家庭だけの中には限定されていないし、仕事に生きる女性や、世界の使命の為に活躍出来る人はたくさんいるので、私の定義が当てはまらなかったりするケースは多々あり。 そして、私も、こっちだし。ま、そんな優秀じゃないのに、なんか、こっちになってしまった。

でも、一体、何を拠り所に、研究するか?って考えると、やっぱり、生物学的所が一番、理にかなっているんだよね。私は、花とか、昆虫とか大好きだけど、それは、自然から出てきた形って、文句が付けられないほどに美しいから。 そして、それは、虫に花粉を運んでもらったりするためだったり、メスを引き寄せるためだったり、やっぱり、種の存続が理由になって、結局は美し姿になっているケースが多い。

なので、やっぱり、研究観点からも、この視線は外せません。。。

実際、子供産むか産まないか?になると、また、時限の違った難しい問題になるので、そこは、追及せず、「生物学的に子孫が残せそうな感じである身体とか雰囲気がある」ってのが、美の基準ってことです。
結局、自然な美を研究するとなると、そこに行きつきます。

なので、実際の生殖能力には関しては、別問題として置きます。これって、かなりセンシティブな問題だし。 

生殖能力を別にした所で、この雰囲気ってどういう事よ??って思うとしたら、ちょうどいい例があります。

最近、37歳にしてカムバックをはたした伊達君子さん。 すごい、、、37歳であんな事が出来るかな?ってとても思えないほどの、鍛えっぷり。ブログも持っていて、ほぼ、毎日更新していて、その練習内容とか凄いんだよね

最近、TVのインタビューに久保順子アナと出てました。
この二人、たぶん、同級生。 見た目の若さ、全然違います!

私が勝手に想像するに、37歳で復帰ってのは、子供をあきらめたのかな?って思ったの。全く分からない。ただ、彼女は、もう、嫉妬しちゃいそうなほどのラブラブ生活を送っているから、なんか、体質的な事なのかな?だから、私の定義からは、厳密に言うと、はずれちゃうかもしれない。

片や、久保アナ。私、個人的に、高校生の頃から知ってます。最近、2子も出来て、定義的には、子供アリです。

でも、不思議な事に、この二人をその番組で見た限り、比較すると、全然、伊達選手のほうが若々しいの!! 

それに、超ビックリ。 体脂肪率8%って言ってたよ!! エッー、生理止まっちゃうよね???種の保存とか、言ってる場合じゃありません。

すんごい、引き締まって、カッコいいの! で、生命力アリアリなんだよね。 私の定義的には、「動いてそうな人、そこに風が吹いてそうな人」ってすごいセクシーだと思う。 まさに、生命力の塊みたいでした。

肌も日焼けしまくりで、あれ、普通の女性だったら、シミに・・・とかタルミに・・・とか思うんだろうけど、それすらも、似合っていて、肌も丈夫そうだもんね。。そう、この、肌とか、粘膜が丈夫そうって、生物的に大事です。

最近、左の中指が主婦湿疹になって、ずっと包帯巻いたり、薬付けたり、大変だったの。ステロイド入りの薬を塗ったら、逆にひどくなったり。 たぶん、もともとの肌荒れが、ストレスで酷くなったんだと思う。

そう、肌って、ストレスが出やすい場所です。 肌とひとくくりにしましたが、つまり、身体を覆う皮膚・粘膜。 つまり、それらが美しい=強い、より強い生命力=子孫繁栄という、サブコンシャスなメッセージになるわけですよ。 外部からのストレスに強い事ってのは、美しさの条件の一つ。

華奢な病気がちな青白いお嬢様タイプだって、生物的には強かかもしれません。

その辺りを鍛えるには、美容液じゃないんですね。。 健康になる事、ストレスに強くなる事とか、身体の基礎を鍛えるのが必須。 それには、動物本来の生活とか、存在意味を振り返って考えるのが一番です。

-----------

最近、Pussy Cat Dollっていうアメリカの女性シンガーグループの新しいアルバムが出るのを首を長ーくして待ってます。1作目のPCDは、DVDも持ってるの。あぁ、あんな風にダンスが踊れたら最高だろうなぁ・・・って

で、やっとyou tubeが貼れるようになったから、貼ってみます。


このリード・シンガーのニコール、大好き!この歌、あなたの彼女も私みたいにホットだったら良かったで思ってるでしょう?っていうような内容。。そりゃ、男じゃなくっても思うわ。
[PR]
by run_run_moon | 2008-09-20 22:46 | anti-aging