マラソン、ヨガ、ベリーダンス! 女を磨く?身体のブログです


by run_run_moon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:番外編( 32 )

something to pass on

今までのブログネタとまるで関係ないのですが、最近、指輪が欲しくて。

と言っても、特別な意味がある指輪ではなくっても良くて、アクセサリーとしての指輪。

実は、私はアクセサリーってあまり興味なくって、指輪とか時計とか、一般的に女性が大好きな類のアクセってあまり持ってない。私が好きなのは、頭につけるもの。髪留めとかピアスとか。。。

で、最近と言っても、前からだけど、指・手がきれいって大事だと、シミジミ思う訳です。
家事や料理をする女性なら分かるだろうけど、手をキレイにするって結構難しい。手は生活が出るところとは良く言うけれど、つくづく感じます。

電車でも見るジェルネールとか、あれもスゴイですよね。普通のエナメルよりも持つとは言えども、約1.5カ月として、デザインによりけりだけど、5.5~7千円くらは標準でもする値段です。それで、ジェルだと除光液とかで落とせないから、落とすためにもお金がかかったり。。
単純にその手間を考えると、私なんて「とても無理」って思ってしまう。

ただ、最近、オシャレ主婦雑誌なんぞを立ち読みしたら、それらの女性達は、ネイルをしに出掛けるのが息抜きらしい…ネイルをしにお洒落スポットへと出掛けるってのが楽しみらしい。
確かに、家庭にこもって子育てしてたら、そうなるのかもしれないけど、私がそうなったとしても、その場所がネイルサロンになるかな?って思っちゃった。

まぁ、話は飛びましたが、ベリーダンスとか手の動きが重要なダンスだと、実は、ネイルをやってる方が断然キレイに見えます。 

それだけじゃなくって、なんか、指とか、昔は何もしなくっても良かったパーツとかでも、ケアしないといけなくなってきたんだなぁーって思った。手の甲とかにシミとか嫌だし… で、そのモチベーションを上げるのが、ネイルだったりするんだろうと思う。 

私はネイルサロンに通い続ける根性がなさそうだから、その代わり、気に行った指輪でも買って気持ちを維持いしょうかなぁ・・・って思って物色してました。

そしたら、母が「これをあげる」って言って、買ったら高そうな指輪をくれたんです。確かにその指輪、母にはもう似合わないんです。

それで、じゃ、それにしよーって思ったんだけど、そろそろ自分が買うもので、身につけるものは、
1.現金に換金出来るもの(18K以上とか、プラチナとか)にする
2.すたれないデザインで、将来娘とかにあげられるものにする
とかいう基準で選んだほうがいいんだろうなぁーって思ったり。

今まで、指輪ってまるで興味無かった。私は、指とか腕回りにつけるアクセサリーっていつも続かない。時計でも嫌になるほど。
だけど、最近、もういい年になってきて、指輪がない指って寂しくなってきた。
安易に買わないで、お金貯めて、すごい気に行ったやつ買おう!
[PR]
by run_run_moon | 2010-04-06 23:27 | 番外編

LASIC

昨日、やってきましたレーシック。

前からやりたいとは思っていたけど、値段とまだ周りにやってる人が少なかったので、なかなか踏み切れなかったのですが、ちょうどタイミング的によかったので、やりました!

私がやったのは、有名な品川近視クリニック。 周りでやった人が全員そこなので、私も迷わずそこにしました。

で、料金!! これって、結構重要です! 私なんて、レーシックが一体いくらなのか?とか分からなかったので、それもあって、腰が引けていました。

品川近視クリニックの場合、何段階か値段設定があります。一番いいのが25万で、次が22万。その下は9.5万円ってのもある。 ちまたのレーシックって、色々な値段設定があって、まぁ、そのリスクは値段と共に減るんだと思われる。そして、よりにもよって目ですから、ここで、ケチって、後々痛い思いをするなら!って、誰もが考えますよね。

私は、上から2番目の22万コースにしました。Zレーシックっていうやつです。これも、周りの人がほとんどそうだったから。やっぱ、実際に知ってる人の声って信頼できるよね。

ただ、私は最初から決めていたけど、これって、知ってる人がいなかったら、どうしよう?って思うとおもうの。それを、1日目の事前検査の途中で聞くわけよ。 

プロセスを詳しく書くと・・・

1日目 事前検査  角膜の形状と、厚みによって出来ない人がいるので、それをチェック。あと、視力の矯正度合いとかも見る

2日目 手術
3日目 1日後検診

この1日目ってのは、まぁ、すごい途中待たされながらも、2~3時間くらい、建物の中に監禁されて、さまざまな検査をします。 最後に目薬で麻酔とかするから、帰りの電車とか、もう、目が痛めつけられた後みたいな気分で、即効家に帰りました。
その検査は、目ですから、一人ひとりやるんですが、途中の待ち時間、5人くらいのグループで、どういう手術工程なのか、値段によって手術のやり方にどういう差があるのか?を説明受けます。それが唯一のグループセッション。

私の時は1人の明らかに若い金髪入ってる若い男性と、同世代の女性4人の5人でした。で、その説明の後に、どの値段帯にしますか?とか聞かれるの。その答えはみんな聞こえるの。一番最初に聞かれたのが男の子で、一番安いプランです。ってパンフレットを指さして答えてました。2番目は、私だったんだけど、最初から決めてたから2番目で、って言ったら、残りの3人も2番目って言ってた。

なんか、いやだなぁーって思った。 目の手術なんて、お金ケチりたくないけど、さまざまなお金周りの人がいるなかで、グループで言わせるって。それでプランを決める人もいるからかもしれないけど。その男の子だって、人前でそんな事を言わされる必要ないのに。

でも、現代の医療なんて、そんなものなのかな?

そして、手術当日。。。

1番目と2番目は、同じ手術室で出来て、3番目以降は、部屋を途中で移動するって言ってたのだけど、実際やってみたら、「部屋を移動???」って思うくらい、1か所でやっても、いっぱいいっぱいの手術だった。。なので、お金に余裕があるなら、2番目の22万がお勧めです。

そして、この22万。。カラクリが。

私が今回レーシックをやろうって思ったのは、ベリーダンス教室で立て続けにレーシックをやった人がいて、それは、割引券があるんです。私は仲間から5万円のをもらった。 10万とかいうのもあるらしい・・・なので、それがあれば、一気に22万→17万です。

そして、保険に入ってる人は、保険会社によって、給付が出ます。これも、ダンス仲間から聞いたんだけど、10万くらい出ます。その保険会社とかによって出なかったり、金額が違うみたいだけど、調べてみる価値あり! そうなると、17万→7万 だけど、保険を申請するには診断書が必要で、9千円ナリ。 なので、私は7万9千円です。 22万だと考えちゃう金額でも、8万くらいならやってみようかなぁーって思いますよね?

たぶん、私もやったあとは、紹介出来るみたいだから、実際に知ってる友達でやりたい!って思う人はメールくれれば、紹介出来ると思います。

で、実際の手術。。。。


これが、結構痛い。。。 手術は夕方だったんだけど、帰りの電車では、目を開けてられなかった。これは、個人差あるみたいで、私は花粉症もあったからなのか?涙が止まらなくって、電車で見た人は、相当な花粉症なんだろうなぁ・・・お気の毒に。って思ったと思う。

目には、あの花粉防止とかでつけるゴーグルちっくな透明な眼鏡、口には、マスク。顔全体が覆われている状態。それにも関らず、涙は出まくる…

翌日の朝は結構スッキリ。 確かにハッキリ見えるようになった!! 私の場合は、裸眼で0.1だったので、手術前はボンヤリしてたものが、いまではハッキリ。

確かに、やってよかった!って思いました。 今日も1日後検診に行かないと…
[PR]
by run_run_moon | 2010-03-22 11:23 | 番外編

Malaysia

今回、初上陸のマレーシア。

まず、暑い。 梅雨の日本みたいな湿度の高さと、気温の高さ。 そして、色々な人種。

日本人の年収の三分の一でも、普通に生活出来て、暖かい気候(暑すぎ?) 多くの企業が、マレーシアをアウトソースする国に選んでるらしいのだけど、さすが、それだけあって、ノンビリしてる。

ちょっとした組立作業を見ていても、「えっ?その順番でやる?」って思ってみてると、しばらくしてから気がついて直してたりする。。しかも、それがエンジニア。。 図面描いてたら、組立の段取りとか頭にありそうなのに。

とか、色々思ってしまうわけです。。。 

私は、昔は、もっともっと、色んな事がスムーズにいかないと腹を立てていたような気がする。機械のような、スムースさを求めていたような気がする。 田舎に行って、電車が少ないと腹立つみたいなノリ。

そういう次元を超えて、どうやったら、上手く与えられた条件で、物事を上手くまとめるか?

これからの日本で、こんなにも労働力が安くって働く人々と、どこで差をつけられるんだろうって、この先の若い日本人は大変ですよ、きっと。
[PR]
by run_run_moon | 2010-03-03 15:08 | 番外編

年の差

10歳の年の差。
これは、別に男女とかの話じゃなくって、実は女性同士での10歳。私は、ベリーダンススタジオでは、けっこう若者に交じって、シラっと存在してます。恐ろしいことに、その年の差、10歳以上とかあったりして、結構、数字で知ると驚くのだけど、これは、どの年代でもそうだけど、人って年齢だけじゃ判別出来ない。若くてもしっかりしてる人もいるし、年いってても子供の人もいるし。
なので、私が感じるのも、おおまかな印象でしかないんだけど、プライベートでは自分が年上で、会社では、やたらと10歳以上上のお姉さま方に囲まれていて、その中で感じる、自分の教訓みたいのものを今回は書きたいと思います。
10歳違うと、本当に時代が違い過ぎて、自分の常識は通用しません。普通に、しっかりした子でも、20代前半だとギャル文字とかメールで使います。このギャル文字ってのは、あいうえおは、小文字。ぉはようござぃます。とか・・・ 変換するの大変じゃん?とか思うけど、むしろ、これは、彼女達にとって普通の事なのでしょう。
この辺りの、自分の中で、秘めておけばいい差はいいんです。それは、どんな人間関係でも、あること。

怖いなぁって思うのは、年下から、年上には、なかなかモノが自由に言えないってこと。私が一緒にダンスのレッスンを受けてるのは、大方年下。で、こっちも、ダンスっていう全然年齢とか関係ない世界で仲良くしてるから、こっちが年上って事で、偉ぶったりはしない。私の場合は、ダンスの上手い・下手でも、偉ぶりたくないって思う。これは、当然、ダンスっていう習いものでは、出てきてしまうけど、上手い人の上から視線って、やっぱり、イヤじゃない?だから、自分が分からない事は、年下の子でも「教えてぇ~」って言うし、なんか変だな?って思うような動きとかしてたら、気軽に言ってもらえるような存在でいようと思ってる。

それは、この前聞いた、発表会での話で、いやぁー怖いなって思ったから。
発表会ってのが、どのダンススタジオでもあると思うけど、これって、誰が出るとかって、自由だから、そのクラスに出てて振りが覚えられる人で、衣装とかも用意出来る人なら、基本的に誰でもOKなはず。ただ、よっぽど上手でソロで踊れる人か、プライベートレッスンで習ってる人以外は、だいたいにしてグループで踊る事が多い。そうなると、私も発表会の時あったけど(今は、その仲間ともすごい仲良しになりましたが)、色々な人間関係があるわけです。そのグループでの、完成度の基準も違うし、習い事としてやってる気合も違うし。。

で、私が出てる上手な人クラス、発表会前までいた人が出てこなくなったりしてたので、一体、なぜ?って思ってたら、発表会前の練習でひと悶着あったらしい。やっぱ、上手だから、全体の完成度が高いんだけど、そこについていけない人とか、2人いたらしい。一人は超練習して、出来るようになったらしい。もう一人は、どうしてもオリエンタルの癖が抜けず、トライバルの演目なのに、その個人のクセを治せなかったらしい。。
そして、その彼女が結構年上で、ダンス歴も長かったらしく、そして、何回かマイルドに言ったらしいけど、治らなかったらしいので、そのまま放置されたらしい・・・

まぁ、同じベリーダンスでもオリエンタルとトライバルは、かなり雰囲気も違うので、その人も、やってて「うーん、これ、私にあってないかも?」って気づいて、でも、フォーメーションも決まってるから抜けられなくって、仕方なくやってたのかもしれない。その辺の事情は分かりません。

ここで、大事なのは若者から注意してもらえなくなること!!
これは、私が逆の立場で、会社で思う事だけど、年取ると、今の現状についてけない人が多い。よっぽど意識的に情報通にしてるとかじゃないと、自分の周りの人とかしか付き合わないし、だから、違う年代の人の事とか知らない。

「そんなの何年前の話だよ・・・」って内心思うような事を、まるで、最近の大ニュースのように言ってたりします。。。私も、これは、放置。 そう、私は、面倒なので、自信満々に間違ったことを言ってる人とかを、やっきになって「違うよ・・・」とか言いません。 放置プレー だって、こういう人って負けず嫌いなんだか、言うと、突っかかってきて、面倒なんだもん。こうやって、その人は、違う事を信じ、ほかに言っても直されず、取り残される訳です。

しかも、やっぱ、普通の感覚として、儒教の教えが浸透しきってない日本でも、年上を敬うっていう精神が残ってるんで、言いづらいですよね。また、相手に失礼にならない言い方を考えないといけないので、これも、気を使うわけです。

たとえ変に、年とか立場が上になってたとしても、下の人に、丁重でいないと、相手にされなくなるのは、自分。下の人のほうが、分かってるんだから、「この人、ついてってないなぁ。。。」って。自分が良く分かってることは、相手がどこまで分かってるのかって、どれほど、相手が取り繕っても、分かる。
分かってないのに、分かってるフリをしてる人に、説明するのほど面倒な事はありません。

そういう日常から、腰の低い態度を保とうって、ホント思います。
人のケナス人ほど、本当はその人も自信が無いってのを感じます。

あと、年をとると、本当に考えが柔軟じゃない人が多い。 自分が安心出来る価値観から、出てこない。そして、その同じ価値観の人とばっかり固まる。 もちろん私もそういうのあると思う、やっぱり居心地がいいって気持ちいいから。 でも、そこから、ちょっと出て、ほかの世界の人とも時には交わらないと、どんどん、固まってしまう。そして、その他の価値観の人を攻撃しだしちゃったりするから、面倒。 それって、本当は、違う場所に行って、自分が居心地が悪いかも?受け入れてもらえないかも?知らないことがあって恥ずかしい思いをするかも?っていう気持ちがあったりするからだけって時もある。
[PR]
by run_run_moon | 2009-12-09 15:20 | 番外編

MJ

さて、ちまたで大絶賛の「This is it!」見てきました。

どこを読んでも、最高!っていう意見しかないので、まぁ、見る前から感動しないといけないんじゃないか?っていう強迫概念に駆られて見に行きました。

しかも、私にしては、珍しく会社のお姉さま方と一緒に行きました(そう言えば、会社での白百合キャラが、いつの間にか宇宙人キャラに代わってます・・・) そして、そのお姉さまの一人が、すでに、どっかの映画館で見たのに、再度見たいよ!っていう事で、4人で行ってきました。

感想・・・

確かにマイケルすごいと思った。

ただ、私は、なんでも、物事の裏ばっかりに意識が行ってしまうのか? マイケルに対しての周りの気遣いの仕方に気を取られすぎて、この映画って、ここに写ってるばかりがすべてじゃないんだろうなぁ?って思ってしまった。

っていうのも、このショー全体を監督してる人が、マイケルに話すときに、まさに、明瞭な話し方、こうマイケルが感覚的に言ってる事を、リフレイズするわけです「マイケル、それは、○○って事かな?」とかさ。

その言い方が、たぶん、この映画に入ってない、マイケルの調子が悪い時は、すごいマイケルめちゃくちゃで、大変なことになってしまっていて、すごい気を使ってるのかな?とか思っちゃった。 なんか、ゴンドラみたいのがあって、試しに乗ってみてとかいう時も、しきりに「手すりにつかまって」とか何度も言ってたもん。 あれって、調子悪い時とか、足元ふらついて、落ちるかもしれないって思ってたからでしょう。。

それ以外にも、やっぱり、一人の神、あ、キングか、がいると、その人の意見が絶対なんだよね。 そりゃ、マイケルはいい人みたいだからいいけど、何か芸術的なものを作り上げるとき、絶対の存在がいるって、私は嫌だ。 あれだけ優秀に違いないスタッフ、みんなで作り上げていくっていう要素とか、雰囲気があってもいいような・・・ みんながみんな、マイケル、これでいい?って聞いてるの。 マイケル、こういうのはどう?とか、掛けあいってのがない。つまり、平等っていうか、そういうフラットな関係で、作り上げるっていう雰囲気。

マイケルがそれを望んでるんだか、あの人、そりゃ、寂しい人生だったろうなぁって思った。

何度も何度もの、監督らしき人が、マイケルに「こういう事?」って確認してるのは、たぶん、いや、絶対に、マイケルが言う事が、そのたびに、変わったからだと思う。

なんでもそうだけど、ライブで見る面白さって、やっぱり、アクシデントだったり、即興だったりする。 その時の、時間とか観客とかパフォーマーの気分とか、その時に重なった条件で、ライブが出来る。 

だから、マイケルがその時で、言う事が変わるのは、おかしなことではないだろうけど、あれだけの細工があるライブだと、その気分次第で、色々な事をやってもらっては、他がフォロー出来んだろう!っていう事なんだろう。。いや、あれだけ、周りも、優秀だと、マイケルの気分に合わせられるなろう・・

と、やったらと、否定的なコメントを書いておきながらも、、

やっぱり、あの女性シンガーとの、アドリブっていうの、掛けあいしながらの歌とか、ビリージーンのダンスシーンとか、マイケルがついつい、リハで押さえながらやってるのに、まさにその場のノリで、やってしまった、かなり上質なパフォーマンスは、最高です。

そうなんだよね、ああいうのがいいんだと思う。 あの、予定外だけど、その場で出てきちゃったっていうの。 あの場にいたら、最高だっただろうなぁ。 決まり切った事を見せられても、面白くない。 

小さい会場で、仕掛けもほぼなしでっていうライブにこだわる、ミュージシャンの気持ちも分からないでもないなぁって思った。

あと、Bootyって、booty callとかっていう意味でしか知らなかった。booty callって、セックスしたいだけの理由で、相手に電話して、うちに来ない?とかいう誘いの電話っていう意味だと思ってたけど、このbootyって、いうのをマイケルが使っていて面白かった。 booty、もっと、セクシーっていうか、みだらな感じ。 音楽でもこういう形容詞って使うんだなぁって
[PR]
by run_run_moon | 2009-11-23 13:30 | 番外編

namaste india

日曜日は、ベリーダンスレッスン後、代々木公園でやってる、インドフェスに行ってきました。

私が行った夕暮れ後は、暗闇の感じも手つだって、より一層、ディープなインドの香りがしてましたが、ものすごい盛況なフェスティバル。 私は、とりあえず、夕飯を食べて、メインのインド舞踏を見るのが目的でした。

でも、屋台みたいな店とか、物販のブースも半端なく出てて、しかも、インド大好きだと思われる人々が、トロリーみたいのを手に、ここぞとばかりに、きっと大好きに違いないインド・グッズを買ったりしていました。私も、一瞬、インドグッズに引かれたんだけど、あぁいうエスニックなモノって、やっぱり、日本では安っぽく見えるんだよね。 

人に似合う似合わないもあるんだろうけど、街の雰囲気とかで、安っぽく見えたりするものってあるよね。。

なので、一切買わず、逆にレトルトのカレーってのを4種類で1000円だったので、買った。 このレトルト、100%naturalだそうで、確かに裏を見ると、普通の食材以外の文字は見当たらず。まだ食べてないんだけど、結構期待出来るかも。

屋台がたくさんあるエリアに行ったんだけど、基本的に、全部インド料理屋さん。 ほぼメニューは一緒。そして人もたくさんいて、一個一個を見比べてる時間もないので、最初にここって思った店で、ベジなんとかライタってのを買ったら、何にも美味しくなくって、悔しくって、行列が出来てる店で、サモサとホウレンソウの揚げ物を買って、食べたら美味しかったです。 やっぱり、行列って嘘がないんですね。。

で、やっと食物を手にして、舞台の近所の席に座り、最初はインドの音楽家の演奏を聴きました。

私が目当てにして行った人の前の演奏だったんだけど、ものすごい良かったです。 楽器を身につけていて、ほぼパーカッションだけで、隅に女性がジルみたいな金属でチンチン鳴る楽器をならしていたんだけど、いやぁー、本当、あんなライブで、しかも、半ば即興っぽくやって、雰囲気が出るなんて、やっぱりインドだなぁ~って勝手思ってしまいました。

そして、観客のノリが半端なくいいんです。 私のインド好きなんて、まだまだ甘いんだわ、って。ハードコアなインド好きって、当り前だけどインドには何回も行っていて、ちょっとやそっとでは、汚いとか思わないくらいなんだろうね。 そして、ノリも、トランス状態までいかなくっても、かなり、普通の日本人の音楽ライブのノリより良かった。 

お目当てのダンスは、私が思っていたよりも、かなり正統派で、ちょっとボリウッド映画で出てくるようなダンスを期待していた私には、ガッカリだけど、逆に正統派だけあって、ものすごい技術だった。足首に鈴をつけて踊るんだけど、タップ・ダンスの人みたいに、それを鳴らして、しかも、足の音の立て方も、3音くらいに分かれてるの。 みんな大喝采。。あれだけノリがいい観客の前なら、やってる人も楽しいだろうなぁ。。

日曜日のベリーのクラスは、突然、振り付けが終わった後に、先生が「これから即興やります」って言いだして、順番に音楽に合わせて踊っていくという、恐怖の時があります。。

みんな、エッーとか言っても、その場になると踊るんだよね。 私が、この時間が嫌なのは、踊りのパターンの引き出しが少なすぎて、音楽に合わせてすぐに踊りが出てこないから。 もちろん、即興だから、何やってもいいんだけど、音楽に合わせた動きがある訳で、、自分で、これ!ってのがすぐに出てこない。。

ただ、みんなが見てる前で、かなり気持ちよさそうに踊れる時でもある。実際、みんな、嫌々ながらも、楽しんでるような感じ。。

まだまだ修行の道は長いわ
[PR]
by run_run_moon | 2009-09-29 00:20 | 番外編

ひとりよがり

どうでもいいテーマですが、気になる事。

「軸がブレない」

この表現、私が気付いたのは、2,3年前からかな? もう、やったらと聞きませんか? 私、聞くたびに、なんかその表現を言ってる人が、ブレてるような気がしてなりません。 なんだろう、その軸がブレないっていう、言葉の意味は分かるんだけど、軸がブレてるとか、ブレてないとかを、しきりに重視する人って、そして、それを言葉で言う人って、面倒だなぁって思っちゃうんだよね。

そんなのブレてないほうがいいにきまってるじゃん。それを、大層な事のように、言う人って、何なんだよ?って思いません? 私がオカシイのかなぁ。 言葉のセンス的な事なんだろうけど。

あと、男性。
「おまえのマスターベーションじゃないんだから」とか言う発言。

さすがに、私は女性なので、こうは言われないです。女性で言われたら、ヤバイでしょう。
しかし、男性が男性に向かって「ひとりよがり」っていう意味で、やたらと、それは、単なるマスターベーションで・・・とか言う人いるんですよ。 その場に立ち会わせた事、何回もある。

しかも、これって、必ず、職場で、仕事の話をしてる時に出てくるんだよね。

男性って、女性よりも、仕事メンタルみたいのが、分かれてると思う。仕事脳と、ほかの時の頭で使い方が違う人が多い。それにも関らず、いきなり、マスターベーション。 なぜ?? しかも、そこに女性である私がいる事に気づかない訳もなく。 そして、それが下ネタを言うのが好きな人々でもない。 たぶん、言ってる人にしてみると、下ネタとして言ってるんじゃないんだよね、きわめて、真面目なシチュエーションで、「おまえの自己満足だろう!」っていう意味合いで言ってる。

本当にやめてほしい。

第一、そういう言葉を使う男が、じゃあ、女がいるセックスで、すんごい満足させてるようにも見えない(いや、わかりませんが)にもかかわらず、まるで、俺は、セックスとマスターベーションは分けてるっていうみたいな意味合いを出してるみたいで、気持ちが悪い。
そいういう言葉を、女性である私がいる場で使っちゃうセンスの男って、ベッドの中でも、「どうだ、オレ、すごいだろう」とか一人で思っていて、隣の女性は「こいつ、本当にセンス無い」とか思われてそうで仕方ない。
[PR]
by run_run_moon | 2009-09-12 22:40 | 番外編

ムービー

私がデジカメを持っていない事は、前のブログで書きましたが、デジカメは、まぁ、いいかって思ってました。っていうのも、カメラって、はまるとものすごーーーーくお金がかかるし、また、にわかフォトグラファーとかに目覚めると、街中のシュールな映像とかを求めて、変なカッコとかして徘徊しなくてはならなかったりします。。っていうか、常にカメラを持ち歩くようなタイプにはなれんだろう・・って思ってます。

それよりも、動画!! 欲しい・・・ムービーカメラ。

CMとか見ても、ありゃ、幼稚園とかの運動会とかで使うんでしょう?って思っていたけど、ダンスやると、やっぱり、自分の姿を動画で見たい!って思い始めました。

あと、写真って、どうにも編集出来る。むしろ、そっちのほうが出来すぎちゃうくらい。それも、それですごい好きだし、ポストカードとか異常に持ってる私。

でも、capture the momentってなると、(いきなり英語)、やはり、動画がいいかなぁ・・・って。
動画も本当はまた色々出来るんだろうけど。

昔、北欧の超マイナーな映画が好きだった時に、むこうって、自然光だけで撮るとか、アンチ・ハリウッド並に、デジタルを駆使しないとかのギルドがあって、それに従って撮影された映画ってのがあった。ドグマ95っていうんだった。。

本当に、美しいかったです。。
また建築物が美しいから、絵になるんだよね・・・羨ましいよyokokonさん・・・

そうか、書いてて思ったけど、動画でも35mmフィルムとかいう世界もあるわけね・・・ いやいや、私は、お手軽なムービーカメラで十分です。

来月から新たな商品が発売されるそう。そしたら、you tubeの投稿とか出来るんだろうか?楽しそうだわ~
[PR]
by run_run_moon | 2009-08-28 12:35 | 番外編

アンチKY

どうでもいいっていうか、何とも関係ないと思われるエントリー。

あぁー私がダメ!って思う事に、いわゆる「空気を読む」ってのがある。 私が出来ないってんじゃなくって、「バカみたいだなぁ」って思う事っていうのに近い。こう、場の雰囲気で質問させないっていうか、言わせない雰囲気とか。

私は、アメリカに行く云々の前から、どこにいても帰属意識が激しく薄くって、私はここの一員です!っていう気持ちを持てたグループって数少ない。学校なんて言っちゃったら、大学のICU位だと思う。 これだって、行ってる時は、別に・・・(沢尻エリカ風)ってくらいだったけど、ここの大学の良さには、卒業してから気づいた。ここは、まぁ、日本の中のアメリカ風大学って言われてるけど、そんな事よりも、何よりも、自由だった。多様性を認める空気が学校にあるから、それこそ、空気を読むっていう事を強制されない。

こういう集団って珍しいんだなぁって、それこそ社会に出て気づいたし、もう一個大学に行ったら、そこは、それこそOGとか、まぁ、母校大好き!っていう風潮があったりで、私はまるで付いていけませんでした。それこそ、家柄として、代々女子大出てますの・・・的な人とかいたりして。そんな大した大学だっけ?って私なんて思ったんだけど。

そして、会社とかに入ったりすると、私は、ひとつの会社に勤めあげるっていう時代に働いてないので、偶然、たまたま仕事を覚えたりするという意味で、ある場所にそれなりの年数を過ごした事になったけど、「この会社が大好きなんです」っていう気持ちが、中心になってた事はないんだよね。

どの会社にいても、私はそこに染まらなかったんじゃないかと思う。

そうなると、この空気を読むとか、「みんなそうだよね」とか「私達はこうだよね」とかいう暗黙だったり、はっきり明言しちゃったるするグループって、超迷惑。 そんな非常識な事を聞いたりしてる訳でもないのに、聞いてはいけない雰囲気とかさ。。

だから、日本人って海外で騙されるんだと思う。。って思ったり。。
いい値でモノとか買っちゃいそうだし、正当な価格を払うっていう考えがないんだか、あるんだか、おかしいと思っても、聞きづらいので聞きませんでした・・・とかさ。

貧しい国で「どこから来たの?」って聞かれたりしたら、私とかやりすぎかもしれないけど、「この人、日本人って知ったらふっかけてくるのかな?」とか思ったり感じたら「中国人」とか嘘付いてた。 中国の人も今、お金持ちになってるだろうけど、ある時代、そりゃ、日本人と言ったらお金持ってるって思われていた時があったんだよね。 

なんて・・・ついつい、久しぶりに感じた、窮屈さをつづってしまいました。。

最近、面白い事が。
これほど、帰属意識が希薄な私なので、恩師ってのも印象が少ないんです。先生ってのは、自分に懐いてくる生徒が好きですからね。

そんな懐かない生徒だった私でも、やっぱり、この人すごいな!って思う先生はいるわけで、一人は、私の英語の先生です。彼女がいたから、私はアメリカに行ったし、英語を話せるようになった。彼女には、それこそ、もう、何百人も生徒がいるのに、今だに私に連絡を、3年に1回とかでくれたりして、今度の発表会にも来るっていうんで、超びっくりしてます。

あと、もう一人。この人は私が習ったという先生っていうよりも、存在として先生。世界でも名が知れる建築家。今どきのデザイナー建築家とは違って、本当に、海外で思われるような「建築家」っていうタイプ。ものすごい研究熱心だし、なんだろう、まぁ、経験が裏付けするような、厚みのある人です。
その人の事務所でバイトをしていたことがあって、その事務所だって、何百人もの学生をバイトに呼んでいたはず。その先生からいきなり連絡があって、頼まれごとをされました。なんだか、その人に、私がちらっとでもいたことを、覚えていてもらえただけで光栄だった。

という、偶然にも、昔の先生から、連絡がくるっていう、不思議な運気のようです。

あーだ、こーだと言ってるけど、本当に大事な人だけと親しくしてもらえて、上に引き上げてもらえればいいんです。本当、私は、変わり者って言われるんだけど、別にいいやって思っちゃう。それでも、それを見越した所で、気にとめてくれる、はるかに器の大きい人達には、見捨てられたくないなぁって思うけど。
[PR]
by run_run_moon | 2009-07-24 01:45 | 番外編

香港 英語編

香港で英語がどこまで通用するのか? 今回、じっくり分かりました。 まぁ、私の英語力ってのも、久しぶりに、英語だけの生活で、限界にも気付きました。

まず、ローカルの人は、あんまり英語話せない。 話せてる気になってる人も、実際、分からない。店によっては、店員さんがちゃんと、英語を話せる人を採用してるみたいで、かなり話せる人もいて、それは、客層によって、また、明白に分かれてるみたいです。

でも、私が若い男との交流を楽しめたように(?)、若い世代は英語が出来るみたい。いや、私が行った店は、やっぱり、多少なりとも外国人向けだったからかな。 でも、これも、フラストレーションが溜まるのは、相手が何言ってるのか分からないとか、こっちが何言ってるのか分からないとかあって、私が一生懸命、分かりやすく言ったところで、私の英語は、もう、米語が標準になっているわけで、相手は、それを一番わかりやすいと思ってる訳でもないし、いくら、こっちが頑張ったところで、コミュニケーションが潤滑になるわけではないのです。。あぁ、せつないわ。

語学は下心ですからね。。

今回は、私が苦手な英国英語もバンバンと聞きました。香港オフィスには英国人が多いらしく、研修をする子も英国人でした。 いやぁー、つらいね。 

しかし、私が会いに行った会社の人は、イギリス人で16年香港に住んで、ローカルの女の人と結婚して、子供3人は広東語を読み書きも出来るってのに、彼は英語しか出来ないんです。 す、すごい。。強引に英語だけで、香港で生活。。確かに、ひるまずにタクシーの運転手にも、英語で通していました。 あの、英語を母国語とする一部の人の、図々しさってなんなんでしょうね。 でも、広東語は、激しく難しそうです。

私は大学で中国語を第二外国語でとってましたが、いわゆるマンダリンの四声で撃沈でしたから、広東語の六声(確かこれくあいあったような・・・)なんて、無理!ってなるのも分かる気がします。

私は、あの広東語の語尾が、ナントカ・ナントカ・ナァー049.gifって上にあがるイントネーションがすごい好きです。何言ってるのか分からないけど、その話っぷりから、親しげに話してるんだろうな・・・って思ってしまいます。

私の英語力も、大したもんじゃないかも。 とにかく、私は日本語でも何でも、物事を説明するのが下手なので、嫌いです。 なので、説明してるはなから、嫌になってしまう。あ、いいや、別に・・・って。そして、心の中で、そう思った経緯を説明するのも、面倒みたいに。。。どれぐらい、コミュニケーション嫌いなのか!って感じです。

そうそう、会社にコンサル部門の人が来て、その話しっぷりを聞いて、スゲーって思いました。

昔のトム・クルーズ似で、まさに彼の映画「エージェント」とかの役柄みたいに、超自分を売り込み、こうしたらビジネス上手くいくよ!!とか、こういうアイデアはどう?とか、今のマーケットは・・・とか、すごい話っぷりの英語を聞いた。。 あれって、日本人で出来る人っているんだろうけど、その人、日本ではすごい暑苦しい人になるんだろうなぁ・・・って思ったり。

しかし、コンサルなんて、グローバルで企業が価値を競いあってそうだから、優秀な日本のコンサルタントも、あれと比べて勝ってる!っていうのをアピールしないといけないわけだし、大変だよね。

コンサルって、嫌よね・・・ それこそ、そのグループを構成してるメンバーひとりひとりなんてどうでもいいから、マーケットとか中国とかで、あるグループをくくってしまう。 そのグループの数字とか統計とかは詳しいんだろうけど、私は、あんたのコマのひとつじゃないんだかね!とか言ってる人がいるはずだわ!とか思っちゃった。

ま、超疲れ、でも、過密な時間でした。 やっぱ、海外に行くと、刺激があっていいなぁ~
[PR]
by run_run_moon | 2009-06-26 22:25 | 番外編