マラソン、ヨガ、ベリーダンス! 女を磨く?身体のブログです


by run_run_moon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:music( 7 )

iTunes

ベリーダンスの音楽って結構、買ってると高かったりする。

これも、アメリカとかで買えるCDならamazon.comで買ったりして安く買えるけど、まぁ、時間かかる。
そこで、i-Tunes経由のapple storeでダウンロードすると、あっという間で、しかも安い。。

私の今の音楽の聴き方としては、もう、全部、CDをiTunesに入れて、iPodでしか聞かない。
まず、ここには、CDプレーヤーがないから、もはや、CDは音源の入手方法の一つでしかないわけです。
で、iPod用のスピーカーBoseの高い奴。を買って来るのを待っている状態の私。 もう、音楽は、iPodとセットなんです。

それでも、やっぱり、物体が見えない音源って、どうなんだろうか?と

だって、やっぱり、今でもCDベースで音楽のやり取りはしてるんで、いい曲のCDを焼いてほしいよ!とかいうケースはあるわけです。

ただ、そのCDもたまるとスペースとるので、実家に追いやられています。

iTunesのストア。あまりにも魅力的。 あれが、アルバム1500円とかじゃなくって、1000円だったら、間違いなく買ってしまいそう。 そして、アルバムごとじゃなくって、1曲づつ買えるのもいいよね。

これから、音楽ってどうやって買うのがいいんだろうか?と思い悩んでしまう。
[PR]
by run_run_moon | 2009-10-12 13:36 | music

Prince

新しいiPodも到着して、今までiTunesで取り込んで無かった音楽とかも、エッチラと入れてます。 あぁ、それでよみがえるのが、私のPrinceコレクション。彼のCDだけでかなりの容量をとってしまうので、全部は入れてなかったんだけど、これで、望みとあれば、彼のアルバム全部でも入れられます。。

最近のCDは買ってなかったけど、買ってしまった。 私にとって、どんなに気持ち悪いとか言われても、鉄板でカッコいいの016.gif

私は昔から、princeは黒人だと思っていた。 まぁ、この黒人ってのも、いろんなルーツがあって、安易に書いてはいけないのかもしれないけど。 でも、最近、すっかり、インドずいてる私、よーく見たら、彼はインドっぽい顔つきをしてる。それこそ、パキスタンとかその辺でもいけそうな・・・ アメリカだからいろんな血が混ざってるんだろうけど、最近の彼の音楽の流れからも、Lotusとか蓮の花が好きみたいだったり、やっぱり、あぁいう仏教的な平和へと行ってるみたい。 この辺り、音楽雑誌とか読まないので分からないんだけど。Indigo nightsっていう歌とかあるけど、indigoって藍色ってだけじゃなくって、indianっていうニュアンスもあるらしい。。そういえば、Rachel Briceもindigoナンチャラって名前のグループだったような。。

つまり、私が好きなものは、どうやら、このインドぽい系統のものだったらしい。。 らしい・・・ってのは、Princeは、私が聞いたのは中学生だったと思う。 テニス少女だった私が、帰りのバスを待つ間に聞いたのが初めてだったような気がする。 その頃には、こんな大人になるとは思ってなかったハズだから、そう思うと、私も、きっとプリンスも、その頃はそうじゃなくっても、時代の流れ的にも、こういうものが好きになったっていう訳だと思う。

MJが亡くなってしまったけど、Princeは同じ年くらい、一個上なのかな。。 Princeってあれだけ人気があったのに、表舞台っていうよりも、やっぱりダークな裏世界っていうイメージが強かった。そういうのが似合うんだよね。

それにしても、彼はセクシーよね。本当に50近い頃の映像なの?って思う。 そりゃ、いろいろなフェイシャルやらやってるとは思うけど、MJのようが整形をしてるような気がしない。 やっぱり、混血っていうか、色々なルーツが混ざると、魅力的な雰囲気が出るのかしら・・・

Princeって身体付きもこじんまりしていて、コンパクトよね。彼が、デプってるところとか見たことない。いつも、機敏に動きそうだし、私が彼をみて思うのはSleek。 人でこういう形容詞で説明したくなる人って、中々いないような気がする。 なんか昔のミュージカルの映画の男優の髪の毛みたいなツヤってしたイメージだけど、Princeは、全体のイメージっていうのが、こう、クラシカルで上品で、あれだけヤラシイ雰囲気で、下品そうな写真とかあるんだけど、やっぱり殿下だからなのか? クラッシーなのよね。

やっぱり、ダンスかしら? 
[PR]
by run_run_moon | 2009-09-23 10:58 | music

上海より

先週の私は、待ち兼ねていたニュースでソワソワでした。

そう、もう、私のI-podは限界の4GB、classicに買い換えたくとも、毎年、アップルは9月に新しいのを出してくるんで、買うに買えず・・・ 待った甲斐あり、160GBでお値段もお安くなり、黒も新発売。

帰り道にアップル・ストアがあるし、電気屋さんで買えばポイントとかつくのに、あえて、オンラインショップで購入! その訳は、刻印サービス。 私は、自分のI-podに何かメッセージを刻印したいと思ってたんだけど、何にしよーって悩んで1週間。 

今のは、東京マラソン前だったから、思いっきりランナー的メッセージ。 今見ると、何のこっちゃ?って感じ。

で、今回は思いっきり、ダンサー的・・・ だけど、それだけじゃない感じ。 だって、160GBなんて、相当、私、買い換えないと思う。

それが、はるばる、上海からやってくるらしいんです・・・刻印って、日本じゃやらないのね。これに合わせて、BOSEのI-pod用のスピーカーも購入検討中。 そして、今回、マランツのイヤフォンも一緒に買ってしまった。 中途半端に音にこだわる人みたい。

そして、毎年(というか、車検のある2年ごと)この時期は、悩みます。 あぁ、私は、あと2年バイクを乗るだろうか?と・・・ で、今年も、車検通す事にしました。 だって、この時期、私のSRは一番調子いいんだよね。。。これげ、2月だったりしたら、たぶん、売ってたかも。

今まで、8年乗っていて一度も、工場での車検をしたことないので、今回は、色々なパーツ交換も明らかにあったので、持って行った・・・タイヤは前後交換、チェーン、プロスケット、、10万円・・・・ あぁ、、、お金がないのに。。

今日は、会社帰りに車検に出すために、会社までバイクで行ってみたら、天気が良かったせいで、とっても気分良かった。 でも、246を走るのは嫌いだけど。 一瞬、バイク通勤もまたいいかなぁ・・・って思ったけど、普通の電車通勤の人に戻るのに1年かかった事を考えると、あの小汚い女には戻ってはいけない!と思って、その考えは、またしても、一瞬で消えました。
[PR]
by run_run_moon | 2009-09-16 22:12 | music

Tribute to Michael Jackson

Madonnaのマイケルへのトリビュート
このスピーチ、とっても素敵です。
久しぶりにマドンナが綺麗に見えます。 そして、この髪型、可愛い。 私も、この秋真似よう・・・

b0080983_0422662.jpg


b0080983_0471492.jpg

[PR]
by run_run_moon | 2009-09-16 00:42 | music

手仕事

今日は、久しぶりに応援してるアマチュアミュージシャンライブに行ってきました。 最後に行った時から、2回も行けなくって、久しぶりだなぁーって思いつつ行ったんだけど、本当、良かったです。

彼のブログを読むと、本当、あぁ、こういう人すごい好きだわ!って思う。 たまたま近所のライブハウスで歌を聞いたのが始まりだけど、ブログってすごいよね、彼の色々書いてる事を読むと、すごい共感できちゃうもの。こういうのって、音楽を聞いただけでも、どっかで伝わってるんだろうなぁ。

最近、何よりも、自分の勘を重視するようになってしまった。 私は、もともと、こう見えても、とっても慎重な人だと思う。だから、情報重視だったりするんだけど、最近、いろいろと面倒になったのもあって、それこそ、勘で行動しちゃう事が増えた。少しながらも、人を見る目っていうのが出来たんだと思うのと、自分自身が勘を信じ始めると、結構、大事な事はちゃんと目に着くようになるんだよね。私なんて、最近、コンタクトレンズしなくなって、視力とかかなり怪しいのに・・・

そして、今日はアナログ・レコードがプレゼント付だった。
これとか、もろにツボ。 私なんて、レコードプレーヤーを持ってないんだけど、彼がどうしてレコードを作ったかという話を聞いて、しみじみ、同感。

もともと、ブログでもレコードオタクだって事が分かる人だけど、その盤をどこでプレスしたか?とかで、音が違ったりするらしいです。。こいうマニアが楽しそうにマニアの事柄を話すのって、見てて楽しい。(あっ、そのテーマによるかも・・)

で、彼は、モノにこもる魂(?)とか、人の想いにこだわりたいっていう事を言ってました。モノって、やっぱり、これだけ便利になった時代でもいいよね。いくらエコって言っても、ある大事なモノって、形を持っている必要があると思う。

そこから、彼がレコードっていう盤をコレクトしてる訳だけど、レコードの溝に自分の音楽が刻まれているという事が彼には嬉しいみたい。レコードっていう、すごいアナログなモノを好きになっちゃう気持ちってのも、ちょと分かる。

やっぱり、その一枚一枚に思い出とかあるわけ。それが、たとえ、CDだとしても、買ってから電車で袋開けて、ライナーノートとか読んだり、すごい楽しみにして買って帰るとか、誰でも経験あるはず。それが、最近、音楽はネットで配信されたり、購入出来る。

私も、モノが大好き。 異常なほどの物持ちの良さもさることながら、音楽とかも、CDで持っていたい。形が欲しいっていうか、その人の想いを形で感じたいんだよね。

これは、私が手仕事の人っていうのもすごい関係あるかもしれない。 私の父は、建築を仕事して、自営業だから、それがどういう仕事かが、目に見えて分かった。母親は、洋裁学校を出て、アパレルの仕事をしていて、小さい頃から、洋服というのは、買ってくるものではなく、作ってもらうものだった。
だから、モノを見ると、それが、誰かの手を煩わせて、作られたっていう事が自然に理解出来る環境だったのだと思う。

そして、私自身も、当然のように、手仕事大好きに。基本的に、つみあがっていくモノってのが大好き。刺繍、編み物、製図、模型作り。小さな作業が形になるという、その一針、一編み、一つの線に自分の気持ちがこもっていく。
作っている時は、そんな事を考えてないけど、その過程とかって、やっぱり、テキトーに雑にやったりは出来ない。

モノ作りをしてると、ちょっとしたプロセスが出来栄えの違いを生むのが、嫌でも分かるから、やり方とか研究したり、道具をそろえたり、肝心な所では、いい加減に作ったりしない。そういうディテールっていうか、もしかしたら、他の人にはドーデもいい事に、ものすごいコダワリを持つようになる。 

それを、分野が違う人でも、もっているのを見ると、思わず微笑みたくなる。 あぁ、そういう小さな事をこだわりたくなっちゃうんだよね。。。って。 そういうのを愛らしいなぁって、思わずに居られないと思う。

私は本当に最近まで料理なんてしない人だったけど、料理も一緒だと思う。 私なんて、かなり大雑把で、人に出せるようなモノを日々作ってる訳ではないけど、作るっていう過程で、どうしても、いい加減すぎることって出来ない。出汁は、味の素でとか。 そんな所で、便利になってどうするんだろう?って思っちゃう。 たぶん、この手仕事系の人って、こういう所で、楽しちゃおーっていうよりも、ひと手間もふた手間も掛ける事に、楽しみを見つけてしまう人々だと思う。

そういう事を、後ろでしてる人なんだよなぁーってのが伝わってくるわけ。 彼が料理をする人には見えないけど。。そのオタクっぷり?っていうの。 誰でも、モノ作りをしてる人は、自分の作品に寄せる想いってあるはずだけど、その温度って違うと思う。もっと、温もりを排除した作り方をする人もいるだろうし。
私は、この温かさがないと、寂しくなってしまうタイプ。エッ?なんで・・・って、ショボーンとしてしまう。

で、今日はCDを販売してたから、買ったら、サインしてくれるっていうの。私は、覚えてるかな?って思ったりしつつ、そしたら、「なにしてたんですか?」っていきなり聞かれた。。 やっぱり、行きます♪って言ってて、行かなかったから、どうしたんだろう?って思っていたみたい。 覚えてくれてるかな?どころか、どうしてこなかったの??って言われて、本当、こういう頑張っている人々を応援しないとなぁーって思った。

次のライブにも来てね!っていうのが歌になっているのがあったんだけど、その最初が、高校のバンド仲間がテレビで歌っているのを観て、不安になって、自分の曲がいつか広い世界に聞いてもらえる日がくるのかな・・・っていう出だしの歌詞で、聞いてて泣きそうになっちゃった。


こういう機会があると、もう、これから、徹底して、作り手の気持ちが感じられるモノしか買わないし、食べないし、着たりしない!!って思っちゃう。 それが割高だったとしても、そうやって、サポート出来たり、その気持ちがこもっている方が、どれだけ、使ったり、食べたり、楽しんでる時に幸せな気分になれるか!って思ってしまう。

そう、テキトーに作られたものとか、もう、買わない!!
[PR]
by run_run_moon | 2009-08-23 01:55 | music

さらに、タブラ

すっかり散財モードで、危険です。 安定を得ると、節約心が緩むのよね。。

さらなる、ビートを買い求めてます。 パーカッション(最近までタイコって呼んでいた私)は、シンプルなだけに、その叩き手の腕とか、センスとか、すごい出る。 本当、音階とかもないんでしょう? リズム感のない私は、もう、この手のって恐怖。

Sabla Tolo(これも、SとTが逆なのが面白い)を通勤に聞くと、ノリノリですよ。 しかも、これは、曲の間にブレイクがないので、ずーっとビートが続く。 変調するから、疲れない・・・ 同じ、スピードだったら飽きちゃうし。

今度はRuben Van RompaeyのCD。 この人の曲、コンピレーションCDに入っていて、もう、リピートで聞くほど好きだったので、彼が去年末から、今年にかけて来日して、ベリーダンスのショーで演奏ってのも、行こうかなって思ったんだけど、貧乏だったので断念。 貧乏って怖いね048.gif

このサイトで45秒サンプルが聴けます。 私が大好きだったのは、1曲目。 このCD、7&10曲目がお気に入り♪ 前のよりも、アーティストの個性が出ます。

私も、仕方なく、ジルを買って、地味に、練習してます。 タブラ&ジルだけで、踊るっていうのをやってみたいもんだ。でも、ドラムソロで、ジルもって、無理?

なので、先週、走りに行ったときも、手は、ジルの動きですよ。 相当、あやしいだろうなぁって思ったけど、すれ違うのは一瞬ですから。。。 なに、あの人、やったら、変な指の動きしてた・・・って思われてそう。 いや、これからは、これが、ランナースタンダードになったりして。

エアー・ジルの場合は、いいんですが、実際に音が出ると、泣きそうです007.gif リズム感は、練習でどうにかなるみたいなんだけど。
[PR]
by run_run_moon | 2009-05-12 23:12 | music

おっかけ

あのヨン様にはまっていた主婦の気持ちが今日、分かりました。。

胸ときめくわね。やっぱり、ファンって、何か、キュンキュンと。

今日は、雨の中、ライブに行ってきましたよ。ったく、連休最後の雨の日に、渋谷のライブハウスって、私がすることか?って思ったりするんですが、友達と会う約束していて、雨で何する?みたいに話になって、じゃ、私が前行った人のライブがあるっていうから、行ってみる?って言って、行ってきました。

まぁ、本当、自分の子供が音楽で食べていきたい!って言ったらどうしよう?っておびえる事を隠せない程に、私は、自分のアーティスティックな才能で生きていく人達には、尊敬というものを感じます。彼らは、きっと、私みたいな考えじゃないんだろうなぁ~って思う。 私は、アートなモノが好きだし、そういうモノを作ってる人の持つ、本当自由な雰囲気が好き。 クリエイティブな人って、自由な人が多いんじゃないかって思う。 やっぱり、制限があると、モノ作りなんて出来ないからなのかと思うんだけど、本当、あぁ、ダメって思う時に、そういう人々に接すると、フゥーって息がつける。

しかし、私のような人は、そのモノがあるだけでスゴイでしょう?って言える存在って、何?とか思ってしまうので、そこに機能とか付け加えないと心配で、だから、私は建築を選んだんだと思う。 やっぱり、そこで、彫刻って選べないでしょう・・・モダン・アートとかさ。

まぁ、話は飛びましたが、昔、サックスを楽器じゃなくって、殺傷道具として、持ち歩いていた時に、ライブハウス行ってました。 その時は、なんだろう、逆に私も、音楽じゃないけど、夢見る子だったので、その浮かばれない夢ってのが、だんだんと息苦しくなってきて、あんまり行かなくなったんだよね。 今思うと、何なんだ?って思うけど、私、想像しすぎちゃうんだろうね。その人達の生活とかさ。ステージ以外のところはどうしてるのよ?とか。 余計な御世話だよって今にして思うし、人々の生活なんて、幸せになるっていう正解例がないような気がしてきたので、その舞台で輝いてる瞬間があるなら、その人は、儲けもんだと思うようになった。 世相を反映してるのか? もう、短期的でも、今生きてる時間をいつでもフルに楽しんでる人が正しいっていうのが、私の考え。 それで、ライブハウスが苦しくなくなりました。

いやぁー私がファンになってる男の子(そう、もうそういう感覚よ)臼井健さん。 ここでも宣伝しておこう。。

最近、訳分からない時限にワープして、男の子を観てると、「あぁ、こういう子が私も欲しい」とか、浮かばれない婆さんみたいな観点で男の子を見ちゃうのよ。 いや、これは、ここ最近ではなくって、10年くらい前からかな。。。

私は、正直、乳幼児とかあんまり得意じゃない。 甥がいて、ちゃんと写真も飾っているのに、一緒に居ると扱いが分からないので、なんか、よそよそしくなってしまう。 これって、きっと猫の扱いと一緒で、一緒にいる時間が長くなれば、また違うんじゃないかと思う。

私が考えるのは、子供が欲しいっていう普通の人が思う、赤ちゃんじゃないんだよね。すでに、ティーン・エイジャーとかには少なくともなってるわけ。そして、それが、男の子。 女の子は、正直どうやって育てていいのか分からない。 やっぱり、世の中の母親が、息子を溺愛するように、母親は息子が好きでしょう。。私は、姉しかいないから、母親がどうやって男の子を育てるのか分からないけど、兄弟がいたら、どうなんだろう? 

もう、完璧なマザコンの男の子を育てる自信がある。 このマザコンは、変なのじゃなくって、どの女の子もが「この男がいい!」って望むような、最高の男の子を育てる自信がある。 もう、全て教えよう。 まず、もう、絶対にママとかは呼ばせない。 私は、ナニナニ君のママとかになっちゃう母親が好きじゃない。 絶対に子供には、私の名前で呼ばせる。 幸い、ママとは一文字違い。 

って、私のどうでもいい子育て観に脱線してしまったので、話をライブに戻します。

彼のライブには1回しか行ったことないのだけど、その時も思ったんだけど、可愛いんだよね。男の子が、「可愛い」と言われるのが大嫌いだと知りつつ、思ってしまう。 久しぶりにライブに行って思ったけど、どの人も、そこまで慣れてないから、緊張していて、思ってもないことを言ってたりする。 その思ってもない事でも、当然、その人が出て、まるで普段は思ってない事を言ったとしても、その言い方とか、いろいろにその人のすべてが、どんどん出てしまうのがライブ。良いところだけを選んで出せない。 

彼の未完成な所とか、観客を巻き込んで盛り上げようとする所とか、本当、あぁいうのを観てると、私が英会話のバイトをしていた時をすごい思い出すの。 人前で何かのプレゼンをするときって、人の個性がすごい出る。自分もすごい緊張してるんだけど、変なことばかり口から出て、話ばかりが進んでいく・・・って感じ。

歌も声も素敵だけど、それなら他にもいるかもしれない。 でも、全体から伝わる、彼の、育ってきた感じとか、現在とか、いやぁー、私、すごいいれこんでる人みたいだなぁ。 なんとも説明出来ないんだけど、私が思う、カッコいいセンスがある人っぽいのよ。 カッコいいって、見た目じゃなくって、センス。 感覚のセンス。 

ベリーダンスの表現が云々とか、思っていたけど、結局、舞台に立って出るのは、素の自分なんだろうなぁって、ライブに行って思った。予定通りに行くショーなんて、絶対にないだろうし、そこで、その人の素が出るから、人はライブに行くんだろうし。 その素って、取りつくろえないんじゃないか・・・まぁ、プロなら違うかも。

彼には、そんなファンなんて、沢山いるようでもなく、アンケートを配ってきた時に「今日は誰を聞きに来たんですか?」っていう質問に、私が「あなたです」って答えたら、ちょっと驚いていた。 そして、アンケートを集めに来た時に、まだいますか?って聞かれたんだけど、その時に、「まだ何かあるの?」ってちょっと意地悪で聞いたら、「まだあるかもしれません」って言うのよ。

そしたら、すごいの、急遽、あとにやるミュージシャンと一緒に一曲歌う事にしました。っていうのよ。

多分、彼は、「まだあるかもしれません」って言ってから、その後からやるミュージシャンと交渉したみたいなんだけど、きっと、言ってしまった手前、お願いしまくったんだと思う。 きゃー、可愛い・・・ こうやって、一人の才能あるかもしれないミュージシャンを、調子に乗らせられただけで、良かったわ。

超適当なカッコをして行ってしまったけど、もっと、可愛くして行けば良かった。。 っていうのは、彼の為に。 あぁいうライブでファンやってる子って、また、どうして?っていうほどに、地味だったら、可愛くない子が多い。男の株を上げてあげる為に、可愛い女の子のファンがいるほうが、彼がきっとほかのミュージシャンにちょっといい気分になれるだろうなぁ・・・って思ったり。 しかし、年取りすぎで、補えないかも。 

次は、6月だそう。 ビッグになるといいなぁ。 でも、なんか、やっぱり、ちょっと未完成な感じが魅力なんだけどね。
[PR]
by run_run_moon | 2009-05-07 00:35 | music