マラソン、ヨガ、ベリーダンス! 女を磨く?身体のブログです


by run_run_moon
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:running( 166 )

香港

やっと帰ってきました。去年も同じころに香港出張してたけど、今の会社にも1年以上いて、感じることもまるで違う。

今は色んな人も知ってるし、何よりも、自分の会社という感覚が、前のまだよく分からないという状態からずいぶん違うと思う。でも、仕事で海外って、本当、疲れる… これが分かる前は、ひたすら羨ましいって思った時もあったけど、仕事で行くってなると、成し遂げないといけない事もあるし、大変。。。

香港はセール真っ盛りで、私も靴を4足も買いました。


まぁ、それは置いておいて、今回は、あの香港のピークって呼ばれる、山(?)の辺りを走ったり、ベリーダンスの1回体験を受けたりしました。

ついて次の日に、香港にいる外人上司が、待ち構えたように、ジョギングコースへと連れて行ってくれたのだけど、ご存知のように、最近はまるで走ってない私。。超心配。
しかも、香港に行った事のある人なら見る、あの小山みたなのを登るっていうから、いくら、昔はトレール好きだった私でも、ヒィーヒィー言ってしまうんでは?と心配。
もちろんそうでした。10Kくらいなのね。でも、半分以上は上り坂。 でも、どんどん上がっていく景色は、なかなかのもので、出張とかある意味ストレスたまるから、ちょっと走ってみてもいいかも?って思った。
b0080983_10543495.jpg


で、私はこの同じ日に、ベリーダンスのドロップインでのクラスがあった。

WSとかでなく、こうやって参加するのは、外人先生では初めて。行ったら、なんと、先生はインド人で、ベリー、ボリウッド、フラを独りで教えてしまうという。。しかも、音楽が超上手で、レッスンの時も、アカペラで曲を歌ってしまったり。。。先生によってはカウントでやる人もいるし、リズムをそれらしく歌ったりする人もいるけど、ここまで優美なアカペラでの伴奏(?)は初体験。

振付のクラスだったので、私は大変だったけど、レッスンの雰囲気とか、すごい素敵だった。

何かを習うっていう時に、日本と海外ではまるで違うだろうなぁーって当たり前に思うのだけど、ダンスっていうものだと、海外もいいかな?

何せ、日本での習いものって、手取り足とりという場合も多い、多くの日本人の生徒さんは、分かりやすく習うという事に慣れているから、それこそ、説明をたくさんしないといけないんではないか?って思う。もちろん、それってすごい素敵で、安心する教え方なのだけど…

でも、このノリっていうか、全体を通しての、優美さって言葉が入ると、難しいんだよね。。その先生自体が、恥ずかしげもなく、ポエティックな世界に、ずっと生きてる人でないと、生徒も恥ずかしく思ってしまうし。

とにかく、ダンスも好きだし、走るのも好きだし。身体を動かすってのは、それだけで、楽しいなって思った。

50%オフとか当たり前なので、買い物もたくさんしたかったんだけ・・・最終日にして、飛行機乗り遅れて、深夜便で帰ってきました。。ショッピングって、魔物だと思いました。今まで、飛行機たくさんのってきたけど、乗り遅れたのは初めて。飛行場で10時間軟禁。訳分からない、恋愛ハウツー本みたいの読んでました。
[PR]
by run_run_moon | 2010-07-31 22:45 | running

残念な北軽井沢マラソン

何と驚きな事に、口蹄疫で北軽井沢マラソンがキャンセルされてしまいました。。時代を感じるこの理由。。。まぁ、そんな走ってなかったから、残念とは言えない感じもあるけどさ。

でも、去年も行かなかったし、2年も行かない。そして、ハーベストだけは予約しちゃってる。
すっかり、ランナーとは思えない生活。。

しかし、香港から来る外人上司(まぁ、直属じゃないけど)はランニングが好きで、東京に来るたびに「一緒に走ろう、東京のいいコースを教えてほしいよ」って言うんだけど、走りながら会話して、しかも、英語でしょ、もう面倒くさくなるよね。って思い、色々な言い訳をして逃げてきたのだけど、そうもいかなくなりそうで、それが私の走らないと・・・って思う、唯一の理由になりつつある。

ダンスばかりの生活なのだけど、今度、会社が広尾から表参道に移転するらしい・・・狭くなるんだけど、今の場所で狭くなるなら、場所を変えてって事で、まさに表参道の中心っていう感じの場所に行く。本来ならウッキーってなるところだけど、私にとって職場は、ダンスの場所に近いにこしたことない!って思ってるので、ちょっとショック。まぁそれでも近いほうだろうけど、今の近さに比べたら… それで、すごーーーい昔みたいに、自転車通勤でもしようかと思ってしまった。

この週末、色々あり、「私、ふっとってない?」って思ってしまった。 
私の場合、ものすごーーーく太っていた時期を経過してるせいで、その時に比べて痩せてる今は、「太ってない」って誤魔化してたんだけど、あと、3キロ痩せたらすごい別人のようにスッキリ見えると思う。

痩せてふける人と、痩せて若返る人と、あれは何なんだろう??? まぁ、とにかく、7月の頭までに、少し細くなる計画です。一体どうやって??? オヤツをバナナにする。とか、日々歩くとか。。。


なんだか、最近やる気になりません。。 何に?っていうか、全般的に。。
[PR]
by run_run_moon | 2010-06-08 22:28 | running

身体が重い

連休中、毎日本当、天気いいですよね! それで、あまりにも走る事をさぼっていた私も、走る気になり、東京マラソン以来まるで走ってないのに、行ってきました。 本当に、身体が重かったです…

でも、やっぱり気分爽快。 

ランニングは、やる前は「あぁー気が重い」とか思ったりするけど、終わった後は気分最高! 
私は本当にめんどくさがり屋なので、集中してガーってやらないと、始めるまでが時間がかかりすぎてしまう。

本当は、安定してやっていきたいと思うんだけど。

でも、これでまた走る気になったので、ボチボチ走っていきます。
[PR]
by run_run_moon | 2010-05-04 00:22 | running

うっかり・・・

つい買ってしまいました。本当、こんなのを買ってるお金ないのに。。。

うち腿を鍛えるマシーン。

私はマラソンとかやってます!って言って、私の足(腿)を見ると「納得だなぁ~」って思われてもおかしくないほど、外側には筋肉ついてます。でも、これって、実はすごい悩みで、私の今までの足の使い方の慣れは、圧倒的に腿の外側の筋肉を使ってます。

昔、よく走っていた時に「足がどんどん太く(立派に)なっていく」って嘆いてたら、整体師に腿の内側を使って走る練習をしたらいいって言われました。実は、私の足の筋肉の使い方で、自分で把握してる問題で、うち腿ってのはよーく分かってました。

内腿筋がないと出来ない動きって、外腿筋よりも断然少ないので、意識的にトレーニングしないと出来ません。。

しかも、これって、ダンスでも重要な気がする。ターンとか、内腿、つまり、センターの筋肉が強いほうがいいような気がする。。

b0080983_094162.jpg


しかも、本当なら、横になって、足を上げ下げすればいいんじゃないか?って話しもある。
まぁ、夏前だし、私、本当、内腿がスリムになってたことないし、これで、他の動きにも変化出るかもしれないので、楽しみ。

実は、走って思うけど、私は走る時に、いまは外腿筋に頼っているので、走れば走るほど、外腿筋が鍛えられるような気がして、ランニングからは遠ざかっているわけで(えぇ、そうですよ)この機械でほどよく、内腿筋も鍛えられたら、バランス良く筋肉がつきそうです。
[PR]
by run_run_moon | 2010-04-02 00:12 | running

いよいよ東京マラソン

明日は東京マラソンです。。あぁ、天気が心配だったけど、雨じゃなさそうな気がする。
もう、今回は、ゆっくりと、出来るだけ長く楽しむくらいの気持ちでいます。

昨日、エントリーをすませて、カーボショッツやらたくさん買ってきました。そう、こういうエネルギー源があればどうにかなりそうです。 一瞬、ふくらはぎをサポートするソックスを買おうかと思ったけど、いきなりそんなのを試すのも良くなさそうだからやめときました。結構高かったし。

あれって、タイツの下にはくのかな? 最近はウェアーも進化してるから、重ね着しすぎちゃってもね。。春先とか、タイツじゃ暑いってなった時に、短パンの下は、あぁいうふくらはぎ用のをはくのかな? ちょっとサッカーとかっぽいけど。

今回は(も?)走ってないので心配。 そして、その後すぐの飛行機と出張も心配。

オリンピックの女子フィギュア。色々と考えてしまった。。

キム・ヨナ圧巻。私の予想でも、真央ちゃんよりもキムヨナだったから、ある意味予想通りだったのだけど、昨日見て、あぁ、私は真央ちゃんのフリーもキムヨナのフリーも初めて見るんだとって思った。安藤美姫のあの衣装は見てたけど、演技は初めて見た。

そして、やっぱり、なぜ??ってのがたくさん。 真央ちゃんにあきらかにそぐわない、曲と振り付け。テレビでも言ってたくらいだから、いままで色々と指摘があったんだろうね。あの子に、怖い顔とかは似合わない。

それに反して、キムヨナのフリー。最初見たとき、あまりにもスムーズ過ぎて、見栄えがしないっていうか、難しそうに見えない。曲も彼女のドラマチックな雰囲気と違ってたけど、あのゆっくりとした水のようなのが、彼女の滑らかな動きを際立たせていたともいえる。

そして、印象的だったのは、あの二人のコーチ。 コーチと選手と言えば、安藤美姫だけしか気にしてなかったけど、キムヨナのコーチのブライアン・オーサーって、すごいいい人そうだし、むしろ、雰囲気は真央ちゃんっぽい。。そして、あのプログラムを真央ちゃんに作ったタラソワさん、あのプログラムは、むしろ彼女っぽい。 

フィギュアって、選手の雰囲気、曲、コーチの教え方と、その選手の努力以外のところ部分も大きいなぁって思った。でも、それも選手次第だとは思う。 コーチがこうやれ!って言っても、その選手がコーチを変えることもできるわけだし。そういう意味では、真央ちゃんは、タラソワコーチの言う事を忠実に守ったんだろうなぁって思う。あれで、彼女は良かったんだろうか??

キムヨナの、金メダル前からのコメント。「オリンピックは神様が選ばれたものしか金はとれない」っての。すごい発言だと思った。あれだけ、金確実って思う子が、「はい、金メダル取ります」って言わないで、何が起こるか分からないって言うところ。

普通の他の選手って、他人目に「えっーこの人無理でしょ?」って思う選手ですら、「金狙います」って言わないとダメっていうか、それぐらいの意気込みがないと、っていうか、意気込みくらいは…ってところ(?)みたいで、しきりに「金」って言うじゃない。

それを、一番、金確実そうなキムヨナが、「分からない」っていう言う辺り。もう、この人は、普通の人なら必ず「金です」っていう先まで、行っちゃってんだなぁって思った。「普通なら私が金だけど、今まで、何が起こってもおかしくない事がオリンピックで起きてるので、分からない」って、自分のコンディション以外の事まで考えるって、すごいなぁって思う。

そして、あのコーチの優しそうな目がすごい印象的だった。キムヨナって、すごい、最後に泣いた時も恥ずかしそうで、ものすごい、気が強そうな、弱い所を見せたくないっていうイメージがある。そういう選手には、あれだけ優しそうなコーチじゃないと、心の奥に入っていけないだろうなぁ~

オリンピックの選手って、本当、若い。だから、自分よりも大人な経験のあるコーチとか、まわりの環境に左右されちゃうんじゃないだろうか? たまたまなのか、めぐりあわせのあった人が、相性がいいといいけど、そうじゃない場合、自分でも分からないんじゃないか?って思う。

体力とか技術的にその競技に恵まれている、才能のある子だからと言って、自分に合うものが選べるとは限らないな。そういう意味で、自分を知っているっていうのを、あれだけ若い子達に求めるのは難しいような気がする。

真央ちゃんがトリプルアクセルと、しきりに言ってたけど、それも、タラソワコーチの指導な気がする。それを取り入れたのは真央ちゃん自身の判断だろうけど、そこで、「いえ、タラソワさん、私はジャンプだけに絞りたくありません」とか言ってる姿って、想像出来ないでしょう??
その逆に、オーサーコーチは、キムヨナに「トリプルアクセルだけにこだわるな」って言ってたわけだし。
そして、やっぱり、ジャンプにばかりこだわってしまったせいか、せっかくトリプルアクセル飛んだのに、キムヨナのほうが上って… 真央ちゃんが、フリーでいくつか失敗したけど、それが無かったとしても、キムヨナより上に行ったんだろうか??

まぁ、若いだけに自分を知るっていうか、その枠を壊したい!って思うのだろうし、その辺りでチャレンジする事は大切なのだろう。 そういう意味では、過渡期なんだろうけど。

真央ちゃんは、タラソワコーチみたいな人じゃないほうがいいのかも。

そうそう、今回、フィギュアで、ロシアって国は…って、偏見かもしれないけど、思った。あの男子の銀の人とか、アイスダンスで日本人でロシア人国籍にした人とか、タラソワとか、モロゾフとか。ロシアっていう国の、日本での体育会のノリってあるじゃないか?とか思ったんだけど。国民性的なもの入った指導法。そういう意味では、モロゾフは違うか・・・

あのキムヨナのコーチが異様に映るほどに、人格とか個性とか、もう少し、全体的に選手を理解してあげる必要がある気がする。。

まぁ、それよりも、明日、頑張らないと!!
[PR]
by run_run_moon | 2010-02-27 15:56 | running

焦るランナー

2月に入ってから、本当に、休みの日は突風が吹いたり、雪だったりで、まともに走れる日がありませんでした。。

という訳で、まるでフルマラソンを走るコンディションではないのですが、今日は女子モーグルを見た後に、気持ちがアスリートになり、走りに行ってきました。。一体、自分がどれくらい走れるのか?って心配だったけど、今日はまさに無風で気温もちょうど良く、走りには最適な日。

それでも、10キロくらいかなぁ。。 本当になめ腐っているので、自分でも恐ろしいほどだ。

そして、本当にここ最近、普通に町で走ってる人を見かけるようになった。 それを見ては焦る私。確かに、寒いから…とか言って走らないなんて、ありえませんよね。

直前の1週間は頑張ってもロクな事にはならないだろうから、この1週間は悪あがきをしてみる。っでも、明日は早速、雨か雪らしい。。 火曜日は帰ってから走り、水曜日も走るかも。。

2月は毎年嫌いです。

私は、寒いのが大嫌いです。寒かったり、風が強かったりすると、怒りが湧いてくるのが不思議ですが、絶対に老後は寒い場所には住みません。 

しかも、そんな事を思っているせいか、2月は忙しい月でもあります。 なぜなんでしょう?そういう運命なのでしょうか? 

最近は、人付き合いやら、やらないといけない事とか、自分のキャパオーバーになると、楽しみにしていたイベントすら、なぜこんな寒い中行くのか?とか、腹立たしくなるので、ひたすら断る事にしてます。

そう、すごい、我ながら恐ろしいんだけど、寒い中外に行く状況になった事が怒りの対象に… 誘ってくれた人とかまるで悪くないのに。。 寒い中、本当、引きこもっていたいくらいです。きっと、前世は、冬眠する動物だった時期があるんだと思います。
[PR]
by run_run_moon | 2010-02-14 21:55 | running
もう、1週間前になってしまうけど、久しぶりのハーフ。今年のフロストバイト以来?ヒィーって感じ。 半年以上も、ハーフの距離は走ってないので、当然、大変でした。

このコースは2,3回走ったことあって、私の得意のコースでした。ハーフでも2時間切りとか出来たり、2年前でも、2時間1分とかそんなだった。今年は、私の時計で2時間7分とか。
そう考えると、ハーフでも悪くないけど、年々遅くなるってのはどうなの?って思う。

今年は、全部の距離を走れなかった。途中で堂々と歩いてしまった。 このコースは、山道を登ったり、下ったりと、山走りをしてない平地のランナーには相当評判が悪いんだけど、私は、逆に足の使う筋肉が変わるせいか、逆に好成績だった。。
でも、今年は、そのランナーの評判が悪い派になってしまった私。 本当、最後のほうは、坂がきつくって。。

しかも、あまりにも久しぶりすぎで、食べ物を持って走らなかったのは失敗。 ハーフだと、食べ物なくってもOKな場合が多いけど、今回は、10Kくらいで、お腹すいてすいて、後半歩いてしまったのは、エネルギー切れってのも大きかったと思う。 沿道で応援してる人に、食べ物持ってないかなぁ?って目を皿のようにして、飢えた目で見ていた。

このレースはゴールすると、ブドウ食べ放題、速くゴールすればワインも飲み放題、遅いとブドウジュース飲み放題になる。その変わり、エイドでは水オンリー!! しかも、それは水道水間違いなし。 まずいので、逆に飲まないほうがいいのかも?ってほどに。

エネルギー切れの私は、どこに怒りをぶつけていいのやら?って。いや、自分でしょう。 絶対に今後は、携帯食を持って走らないと! 

最初の10Kまでは、結構悪くなかった。 1時間より2分速いくらい。 それが、後半どんどんと遅くなり。。。でも、あれだけ歩いた割には悪くないかも。 

今回感じたのは、当然、予想していた、走力の低下。

それだけじゃなくって、気力と食。 今回は、あまりに想像つかなかったので、完走が目標ってくらいだった。そのせいか、速く走ろうとかいう気持ちがないわけよ。 私、今までも、このレースはどれくらいのタイムで走ろうって明確な目標を設定してなかったけど、今回は、まるでゼロだった。
やはり、こういう目標がないと、頑張りがまるで効かない。気力って大事だなぁって思った。

あと、食べ物持って走ろう。 昔はハーフでも必要なかったけど、最近、やっぱり10K地点でお腹すくようになった。お腹すいていると、走るところじゃない。。

今回は、昔の会社の同僚2人と一緒に行った。毎回、このレースは特別の車両がマラソン専用に用意されるのだけど、今年はTさんの車で! あぁ、最高! やっぱり、車で行くのがいいですよ。 朝もそこまで早くないし、初めてこのレースの後に温泉も入った。

そして、この同僚と私、20代30代40代と3世代にわたるグループだったんだけど、楽しかった。 
その会社は不満もいろいろあったんだけど、人はいい人が多かった。それを会社が利用してるような気がして、私はそれが一番腹が立ったような気がする。 社員の善意に付け入りすぎ。 あの扱いが、どっかのアジアの国とかであったら、社員は、仕事が終わろうが関係なしに、定時に帰ると思う。 

Don't be judgementalっていうのって英語でよく言うけど、日本だとあんまり聞かないような気がする。 意味としては、自分の価値観(嗜好)で人を批判したりしないっていう意味あい。

当然ながら、日本に比べて、いろいろな文化の人やら宗教の人やらがいるんで、その違いを「あれは、あーだからイヤ」とか言ってると、喧嘩ばっかりになってしまう。 それだけじゃなくって、個人の違いでも、あの人はあーだから・・・とか言ってるのもよくないし。 そういうのは良くないよっていう事なのだけど、この美徳(?)ってあまり日本では言われないよね。 

この時のメンバーって、そういう意味で自由な感じがした。いい人たちだなぁって
一緒にいて気が楽な人々っているんだよね。 別につきあうとかじゃなくって、会社でもそうだけど。

私は、それこそ、村社会で育ってきました(?)みたいな、やたらと決まりを押し付けてくる人って好きじゃない。これは、同然、日本の美徳「人に迷惑をかけない」っていう意味だけじゃなくって、とりあえず、みんなと一緒の事やっとけばいいみたいのだと思う。 そこに、本当に思いやりってが見えない人ってたくさんいる。

だって、それぞれのケースなんて、色々違うのに、毎回同じ処理の仕方で済ませられるわけないのに。
あと、こういう場で、もめた時、適当に誤っておいて、自分は「誤ったので悪くないです」っていうスタンスの人も嫌い。

一人一人が和を乱すほどに個性を持っていても、その人たちが、他の意見とか人も大事に出来る人たちの集まりだと、自由な雰囲気になっていいんだけどね。
[PR]
by run_run_moon | 2009-10-31 12:35 | running

ランナー復帰

そう、あまりにも久しぶりにランニングのエントリーを書いたら、やはり、すっかりダンスブログ化しているここにも、ランナーとしての私を期待している声があるんだなぁーって思いました。

それに、反し、私は、「やっぱ、ランニングって身体を痛めるじゃん・・・」とか、「ダンスのほうが結局痩せるじゃん」とか、「美ジョガーとか言っても、ダンサーのほうが全然美人じゃん・・・」ピィーXX とか思っていたわけです。

その私。

前回もどっかで書きましたが、この私が今後フルを走るとしたら、東京マラソンぐらいしかありませんよ・・・って書きました。 もちろん、そのつもりでしたよ。

そしたら、ジャジャーーン。

東京マラソン 当選024.gif

これは、マラソンの神が、「ウーン、こいつは、東京マラソンぐらい当選させないと、走らなくなるなぁ」と踏んだからでしょう。 その通り。

今回ほど、全然、期待してない東京マラソンはありませんでした。 人々に「あたるといいねぇ」なんて言われててたけど、それほど、走ってないしなぁ~って思ってたから、今日が発表だったのも知りませんでした。というか、忘れてました。。。

年々増える、ランナーにとって、どれほど東京マラソンが憧れの大会か、私自身、今まで走って一番楽しかったのが、東京マラソンだったので、よーく分かります。 その代表として、今後は、もっと、真剣に走ります!!
[PR]
by run_run_moon | 2009-10-13 23:53 | running

忍び寄るハーフマラソン

そう、すっかり、走る話を書いてないので、私が25日にハーフマラソンを走るってことを、自分でも「本当?」って思っている次第。

ただ、ちゃんと走っています。 週末のみ、10キロ未満。。

今日も走ったけど、本当、走るには最高の気温ですね。これぐらいの気温だと、あとは、身体次第で、走りやすいです。

このハーフに向けて、2か月くらい前から、地道に週末は走るっていう生活に戻しているけど、それでも、ハーフが不安・・・ もう、ずいぶん前から、だましだまし走ってる感が除けない私。

私の長所でもあり短所でもある、何事もやるとなったら、とことんやるっていう性格上、走る事にも、尋常じゃない入れ込みようだった。 あの頃の私でも、そんなに早くならなかった訳だけど、走ってる距離とか、出てる大会の数はかなりビギナーの域でも、頑張ってた。。

それが、今は、週一回で満足してる。。いや、満足してないんだけど、単純に走る時間、いや、走る気にならないんだよね。。 でも、走ると、やっぱり、いい気分。 

私の今の走る事へのスタンスは、レースでいいタイムを出すって事よりも、ハーフマラソンに普通に出れて、それなりのタイムで完走すること。 つまり、ハーフを走り切る体力作り。 フルは、どうだろう? フルってなると、やっぱり、基礎体力じゃカバー出来ないからなぁ。。

今って、本当にランニング・ブームみたいだね。。 今こそ皇居に行きたいような。。
何事もほどほどが一番だなぁーって思う。 あんまり、やり過ぎても、そのままのペースは保てないし、ただ、止めてしまうと、元も子もない。 

私には、週2くらいで、7~8k走るのが一番いいのかなぁって思う。 これくらいだと、ケガもゼロ。 疲労もたまらず。 健康の為のジョギングだなぁって感じはあるけど、ケガだけはしたくない。
[PR]
by run_run_moon | 2009-10-12 20:59 | running

整体への不信

今日は、やっと整体に行ってきました。 はるばる、町田まで・・・ 車検後のバイクが、「本当にお前さんかい?」と聞きたくなるほど、調子が良くなって帰ってきたので、バイクで行ったのですが、世田谷通りから、名前を変えていく、あの3号っていう道は、普段でも相当混雑しそうです。あの界隈の人は、あの道に依存してそうなので、せめて2車線にならないのか?とか思ってしまいました。


はるばる行った整体ですが、なんか、結果としては、イマイチ。 っていうのも、私の悩みは解決しなかったから。。。

私の悩みをもっと具体的に説明すればよかったのかと思うのですが、整体師は、勝手に、私の悩みをよくある悩みの一つと同じように解釈してしまったみたい。でも、結果として、私が勝手に思っていた、症状とは違うって事も判明。

私はネットで検索して、私の症状は弾発股っていうものだと思っていた。 腰(もっと具体的に言うと大転子)と股関節のソケットが、ある部分にくると、外れそうになるの。ただ、弾発股ってのは、なんか、違うモノの事を言うみたいだった。。この辺りがあいまい・・・

ってのも、私は痛みがまるでないからか、症状っていうものとしてとらえられなかったのかも。 でも、私としては、腰を360度スムーズに回せないってのは、十分、困る症状な訳だけど、痛くて歩けないって人と比べると、ニキビで皮膚科に行った時並に相手にしてもらえません。

骨盤ベルトをして、外れさせないようにして、3か月くらい過ごす・・・とか、良く分からない提案をしてくれました。いや、普段で生活してる場合には外れないけど、ダンスをするときだけ外れそうになるんだけど・・・とか思ったり。

もう、整体ほど、いい人、合う人を見つけるのは難しい・・ 基本的に、こんな単純な事でコミュニケーションを図るのすら、難しい訳です。 特に、仕事柄、いろんな人と接しているのが分かるから、お客さんのタイプを、何通りかのカテゴリーに分けてるような気がする。 だから、こっちから、色々聞いたり、言ったりしないと、勝手に、その人の分けたカテゴリータイプにされてしまってるような感じ。

まぁ、確かに、整体に来る人の理由って、そんな複雑じゃないのかもしれないけどね。

昔、走ってました(すでに、昔)って言ったら、それが原因じゃないか?とか言ってた。

もう、ランニング=故障の原因って感じです。 私は故障になる前に、ダンスへと転換しちゃったけど、(あぁ、でも、10月末にハーフには出ます!)、本当にランナーって故障してる人が多いものね。。 整体師曰く、あれだけ、身体に衝撃とかダメージが来るスポーツをしているのに、身体のメンテナンスにお金を使わない人が多いって。

いやぁー、これって、身にしみる。。 私が走り始めた理由の、大きな一つに、お金がかからない!ってのが大きくあったもの。 今のダンスの教室とかは、値段的にもすごい納得してるんだけど、習い事とか、お金が発生するもので、そのバランスが納得出来るものって、少ないような気がする。 

ヨガとかの教室も探すの難しいんじゃないかって思う。 ヨガなんて基本、覚えれば自宅で出来るものを習いに行くメリットを探すんだとすると、値段と指導者の質と・・・とか、それがストレスになっちゃったりするくらい。

話がそれたけど、走るって、運動不足な人が初めてやる運動だったりする。 だから、少しでも走り始めると、「より健康になってる!」って実感があるから、それが、最終的に、自分の身体にダメージになってるって言う意識がすごい薄いと思う。

まぁ、これも、どれだけ走るかによるけど、ハーフ、フルマラソンを走ろうとしている人なら、誰でもそうだと思う。 私自身、この先、フルマラソン、東京マラソンに当たったら出るけど、よっぽどの覚悟がないと出れない・・・

なぜなら、やっぱり、整体って、痛くなってから行くんじゃ遅い!! 

痛くなる前からの、習慣としてセットになるべきなんだと思う。 使った筋肉をほぐす、緩めるって、トレーニングと同じくらいに必要なのに、やっぱり、やらないんだよね。ストレッチですら、億劫なのに、筋肉をほぐす?って感じだと思う。 プールでウォーキングがいいらしい。 プールで、大股で歩くってのは、リハビリとして最適だそうです。

そう考えると、走るのは、タダだけど、結局、長く続けていこうとすると、整体のお金を考えると、一か月1~2万円はかかるんだろうから、結構なもんだよね。 私のダンスの教室のお金と一緒くらいになっちゃう。

そして、若いうちって、整体に行かなくってもどうにかなっちゃうから、さらに、お金を使わないし、そこまで、いい整体師に出会えないからかもしれない。

私も今日の人にまた会いに行くような気がしない・・・

やっぱり、近場で、こっちが聞きたい!って事に、明快に答えてくれる人じゃないと行かなくなっちゃうものね。。やっぱり、高い!って思っちゃうのかなぁ・・・ ただ、こういうのも、値段があるから、安くって腕の悪い所に行っても意味ないし。
[PR]
by run_run_moon | 2009-09-23 00:43 | running