マラソン、ヨガ、ベリーダンス! 女を磨く?身体のブログです


by run_run_moon
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:race( 30 )

東京マラソンの感想

東京マラソンも無事完走し、現在、マレーシア。

東京マラソン。 今回も、雨の中。1回目も雨だったけど、今回の方が、すごい寒く感じた。
というか、今回つくづく感じたのですが、私の中の走る気合が、フルマラソンを重ねるたびに、減っていって、感動が薄れつつあります。

今回で、8回目だったかな? 完走出来なかったフルマラソンはない。だからと言って、タイムが良くなる事もないんだけど。。 これから、私にとってフルマラソンでもっと感動を感じるには、タイムへの挑戦が必要になってくるんだろうなぁ。 
もちろん、今回見たいに、あまりにも走ってないのに、完走出来ると、肉体的にも辛かったりするので、ゴールを通る時には嬉しいんだけど、その割に、タイムはどんどん遅くなってる。 そうなると、複雑な心境。

今回は、5時間をちょっと切るぐらい。 初めての東京マラソンは3年前で同じく雨だったけど、20分くらい早かった。 もちろん、あの時のほうが今よりも全然走っていたし、当たり前なんだけど。

もう少し、これから、フルマラソンに出るなら、タイムへの挑戦、つまりは、事前にもっと走っておかないとダメだなぁ。 でも、今回とかは、走れただけマシっていう感じだったしなぁ。。あまりにも、最近はダンスに時間がとられていて、走る事をおろそかにしすぎだった。

いまだに、マラソンとか言うと、「絶対に私はイヤ」とか言われるんだけど、私が思うに、走れるって、必須科目みたいな気がする。 もはや、スポーツじゃないっていうか、走れるのと走れないのと、歩けるのと歩けないのとぐらいな差があると思う。

どこに出掛けてもくたびれてしまわない体力。 走る前は、いっつも疲れた…ばかり言ってた私。 今は、「お腹すいた」に変わった。 ひと駅、ふた駅くらいの距離は楽々歩ける。

これから、暖かくなるし、もっと意識して走る時間をとるようにしよう。
[PR]
by run_run_moon | 2010-03-03 14:56 | race
さて、今日は、恐ろしい気分で、行ってきました。 この前の、甲府市ぶどうの郷で最悪だった、私のハーフマラソンの記憶を、東京マラソン前に払しょくしないといけない!と思い、あれから、ハードなトレーニングを重ねていたのですから!

って、ウソ。

あの時からも、思いだした時にしか走ってなかったので、非常に自信がありませんでした。

でも、東京マラソンを前にして、練習でもいいから21K走る機会を作らないといけない!ってのが、この谷川真理ハーフに参加した意味でもあります。 そうそう、練習!って思えばいいんだわ!

でも、私は荒川沿いのマラソンは、荒川マラソンと、何年か前のこの谷川真理ハーフで、あの土手沿いの、激しい風と、砂吹雪にやられて、2度と、荒川沿いは走らない!って決めていたのに。それでも、ノロノロしていたので、1月の人気ハーフマラソンは、見事に定員オーバーで締め切ってたのです。

そういう意味では、このマラソンは、かなり寛容?? 定員が多いって事だね。

今日は、久しぶりに赤羽に行ったら、なんとなく、覚えてました。 こうやって、マラソンをしてると、その前に行った時の記憶がどんどんたまっていて面白い。 私なんて、赤羽なんて、マラソンぐらいじゃないと行きません。だから、あぁー、谷川真理ハーフで来たなぁって~

今日は、天気で、風も珍しく少なくって、最高の荒川沿いマラソン。

そう、今日は思いのほか良かったですよ!!

今日のラップ 
10K 57:43:43
15K 1:27:27:27
16K 1:33:35
17K 1:39:35
18K 1:45:36
19K 1:51:47
20K 1:58:09
GOAL 2:04:40

行きは渋滞もあったけど、ほぼ無風。 でも、復路で風が吹いてるのを感じたから、追い風だったのかな。
今回は、さすがに歩かないで、20Kくらいで、1分くらいストレッチをしただけで、走り続けました。

毎回、ハーフでも、15K過ぎから、びっくりするほど遅くなるので、今回は、細かくタイムをとったら、今日は、ほとんど遅くなってないので、うれしい!

今日の秘訣

この前の甲府で最後の方がエネルギー切れで、応援してる人に何か食べ物ない?ってもらいそうになった記憶を思い出し、朝からたっぷり食べました。 これ、結構大事。 私は、今朝はカレー。しかも、この前のインドフェスで買った、インドで売ってる、レトルトのカレーなんだけど、添加物フリーでベジタリアンカレー。 とっても美味しいし、腹もちもいいし、でも、動物性じゃないから、もたれない。
走る前2時間くらい前に、食べたんだけど、走り始める前には、ちょうどいいくらい。

それでも、今回は10K地点で飲むような、ゼリーも持って走りました。 あの、前回の「餓え」の記憶は強烈です。

まぁ、これくらいなんだよね。 今回は、ひたすら走ったけど、ここ最近ないほどに、調子良かった。走り終わってからも、まだ、大丈夫な感じだったし。

ただ、やっぱり、10Kまでは余裕ですが、それから。。 東京マラソン前に、30K走とかやるべきだろうなぁ。。。 30Kは出来ないとしても、20K走X2回くらいは必要かも。

しかし、走ってなくっても、結構、満足。。。 私はキロ6分で走れれば満足なんだよね。。。
でも、これも、このイーブンペースで、40キロってなると、話は違ってくるから、これからは、どれだけ持久力がつけるかな・・ってのが課題。


そして、ここから、頑張りました。。

家に戻って、着替えて、シャワー浴びて、ベリーダンスレッスンに・・・

今日は、先生からCDをもらうために行かないといけなかったのです・・・ もう、一時も休んだら、行きたくなくなってしまうかもしれないから、食べたりして、目を覚まさせて、バイクに乗って、ダンス。。 もう、眠い・・・

ただ、走った後に、ダンスだと、筋肉痛とか無いかも。 
[PR]
by run_run_moon | 2010-01-10 22:18 | race

2009年 Frostbite

さて、久々に、特訓をして臨んだ(っていっても、大したことないが)レース。

昨日は、ベリーレッスンに行き、すっかり、走る気力はなくなり、ゆっくりと休み、そう、今日の私は、散歩をお預けにされ続けた、ドーベルマンのような気分(ドーベルマンって、そういう犬なのか、ちょっと不安だけど) まぁ、気分としては、競馬場のレースを前に、あの囲いに入れられたサラブレットのような気分とでもしておきましょう。

気候も、いつもなら「あぁー寒いよ~」を連呼してるのに、今日は、正にランナー日よりでしたよ。きっと、いいタイムが出た人も多いでしょう。暑くもなく、寒くもなく。ハーフなら、エイドも1回とか2回で良かったくらいです。

それなのに! 私のトワイライトゾーンみたいな体験が・・・

順を追って書きましょう。

今日は久しぶりに立川方面に向かいました。 うーん、一時期は、この立川方面(山)の電車によく乗っていたのになぁ~ってちょっと懐かしい気分。
そしたら、立川駅が激変してました!エキュートecuteが出来ていて、私が見慣れていた、地方の大きい駅みたいな景色ではなく、ここは恵比寿?ってほどに、洗練された雰囲気になっていました。 これで、乗り継ぎの悪い青梅線を待っている間も、寒風に吹かれて待つことなく、本屋で立ち読みをして過ごしました。 

いつもはギリギリなんですが、今日はなんか、余裕。。というか、フロストバイトは始まるのが10時半で遅いんですよね。それなのに、毎回必死だったのに、さすがに私も3年目にして学んだのでしょう。

それにしても、毎回、参加者が増えてるような気がする。 駅に向かう人も増えてるし、走ってる時も、半ば渋滞。

今日は、たくさん着込んで、父に借りたskinsと上は長そでの上に、また長袖。上のはファスナーで首のあきが調節出来るタイプ。 で、頭はニット帽。。これが、まぁ、毎回悩ましいんだよね。 頭が寒いのって、私は堪えられないので、暑くなったとしても、寒さを我慢するよりもいいと思って、これをかぶるんだけど、ゴール地点では、だいたい暑くって仕方なくなるんだよね。

ま、今回はトイレも余裕持って行けて、かなり、調子良かった。

最初から、「今日の私は軽い!」と絶好調。 それには、理由があり、昨日、勇気を振り絞り、体重計に乗ってみたら、やっぱり、痩せていたんですよ~イエィーイ! ま、一時期は56Kgまで太った私ですから。

で、今回の、タイム

5K 0:29:40(5.52/K)
10K 忘れた。。
15K      1:26:18(5.38/K)
20K 1:55:48(5.51/K)

ここまで見ると、すごくない!? ここ最近、キロ6分以内で走った記憶すらない私!! あぁ、これが20Kレースだったら、ハッピーだったのに。

この秘密は、私は今日は、たぶん40代後半?と思われるベテランランナーにコバンザメのようにピッタリと張り付き走ったからです。 彼女は、2時間を目標にしていたんだと思うけど、本当、ペースメーカーみたいに、安定した走り。 後ろから見てると、どれだけ、その人が安定して走ってるかがよーく分かりますが、彼女もそういう人。 3Kくらいからかな、ずっと、彼女の後ろを見て走りました。

彼女もそれを感じていたかもしれません。。 いったん、ちょうど半分くらいで、追い越した時があったけど、その時くらいかなぁ。。 
というか、私は、10Kくらいになると、調子がピークらしく、ペースが早くなる。だからかもしれない。

でも、それも抜かされて、彼女の後ろをヒタヒタと走りました。。

が、悲しい事に、17K地点で、彼女の背中はどんどん、前に
思わず「待ってぇ~ 置いてかないで~」と叫びたくなりました。

それでも、このタイムを見ると20Kまでは、頑張っていたみたいです。
ペースメーカーの彼女を見失ってからも、他の人を見つけて、頑張っていました。

そして、20K地点で、1時間56分くらいだったから、そうか、じゃ、2時間ちょっと過ぎでゴール出来るかも!! という期待大だったわけですよ。だって、キロ6分ペースよりも速く走ってる訳だから。


そしたら、ここから、ピラリラ~ピラリラ~ まるで、訳が分からない謎の現象が!!!

20K過ぎ、ゴールまでの1K200M! なんと、11分19秒! なぜ、なぜなのぉー

ま、2時間7分

そんなに高望み出来ないけど、この最後の1Kが11分って、何?

明らかに、これは、メンタルなものでしょう。 去年のフロストバイトもそうだったけど、私、ハーフの場合、20K超えた地点で、「あっ、もう、終わり060.gif」ってなるみたい。

しかも、これがゴール地点まで気づかなかったから、ゴールする時に、エッ?私、こんな遅かったの?って、ショックでした。

まぁ、もっと走れよ!って事なんですが。
しかも、今日は、かなり気候的には恵まれてましたからねぇ。。

相変わらず、ものすごい混んでる、更衣室で着替えて、帰りました。。
[PR]
by run_run_moon | 2009-01-18 21:31 | race

第3回湘南国際マラソン

さて、走ってきました。 私の中での7回目のフルマラソン。

前日エントリーは本当に大変だけど、その大変さを当日に知るよりもまだいいかも。だって、私は土曜日の前日エントリーの往復(歩き)だけで、太ももの裏が何気に張っている・・・ 疲労?ってこと。

断然不安になりまくり。あの公証3キロの道のりで、筋肉疲労・・・

実家に行って父のskinsを借りて、次の日のレースの用意。 なんか、こんなにも走ってなくっても、今回は妙にレースのわくわくした気分がありました。 やっぱり、フルマラソンは特別ですね。 12時には寝て、でも、目覚ましをかけた時間よりも早く目が覚めて、朝ごはんも食べて、予定通りの電車にちゃんと乗り、ひとまず安心です。

6時に家を出た時には、まだ外は暗い・・・ この出発時に暗いってけっこう、「あぁ、私ったら、アスリートっぽいわ」って気分にさせます。世の中がまだ目覚めてない時に、活動開始する私。

小田急線では、まだそれらしき人は見ないんだけど、JRに乗り換えるとそこは、もうマラソンランナーだらけです。 

私が何気に大事にしてるのは、マラソン大会の朝に、レース前にちゃんとトイレで大きいほうが出来るっていう事。 これって、結構体調に響くんですよ~ 前日に何を食べたとかも関係あるけど、朝にどれだけリラックスした時間があるか?ってのも重要だったりする。それを、電車の乗り換え時間にやる私。これで、身体が少しは軽く感じるわ~

今回は、前の会社の同僚のTさんと参加で、Tさんは初フル。でも、最近はまるで走ってないらしい。で、この片道30分の道のりを、前会社の近況などを聞きながら歩いてるんだけど、どう考えても、この荷物預かりとかの距離と、レース開始時刻を考えると、こんなにここに人がまだいたらまずいでしょう?っていう程に人が、呑気に歩いてるんだよね。。しかも、Tさんは、まだ着替えもしてない。。 えっ? マラソンレースは、もう、朝は走れるカッコしてこないと!

で、大礒プリンスについたころには、早いランナー達があわてて、スタート地点に移動する中、逆流するように、遅いランナーが、荷物預かりに・・・このあたりは、かなりランナーには不評。 だって、この荷物預かりも、すごい遠いんだよね。 なぜ、そんな隅まで、歩かせる?ってほど。

私は、でも、この辺り、あせらない事に対しては、年期が入ってるんで、こんなところで、あせったところで!と思い、ストレッチやら、トイレやらをすませた。

しかも、この大会、10Kと合わせて2万人が参加する大きな大会。 プリンスの上からみたら、最初のスタートの人たちで、道がいっぱいになってる。 相当な渋滞。 しかし、圧巻だわ。道が人で埋まっている~

レース後まで会わないと思っていたTさんが、私を発見して、スタートから最初のエイドまで一緒に走った。Tさんは、かなり、走りたそうな気配。私は、もう、今回は、絶対にキロ7~8分で行く!って決めてるんで、だんだんと、Tさんのペースに合わせるのがきつくなってきた。

スタートしたのが、開始から10分は過ぎていたから、実際には、早いランナー達が渋滞を抜けようとして、早いペースで走っている。

よく、マラソンの本に、まわりのペースに惑わされないようにって書いてあるけど、私は、自信を持って言えるのが、惑わされない。
本当に、あぁ、私ってマイペースだわぁ~ってしみじみと感じる。でも、本当は、このマイペースのせいで、タイムが伸びないんじゃないか?って思ったりしてるんだけど。

なので、ここでも、マイペース。で、もう、最初のエイドでも、「あぁ疲れた」って感じ。明らかに、今までのフルよりも疲労を感じる時点が早い! 本当に、あと、35K以上走るの?って思う。

でも、なんと、20K地点までは、5K35分ペースで走った。しかも、これは、結構、エイドでも、ゆっくりしたのに。 

そして、この折り返し前から、かなり雨が本降りになってきて、私は、あのトレラン時代に仕入れた、高級アマガッパをささっと、ウエストポーチから出して、着ました。今回は、skinsも履いてるし、かなり、金掛けてるランナー風な私。 

でも、折り返したら、雨がやんでいた。 実際、この本降りになる前も、小雨が降ってたから、まったく景色も見えなくって、えっ?? 海沿いを走ってるのに?って気分でした。

しかも、これは、走ってから気づいたのだけど、1回目の湘南国際のルートと大幅に違って、海よりも1つ奥の道を走るので、海岸沿いを走るのは、40Kを過ぎた折り返し部分だけ。 1回目の時は、かなりの距離を海岸線を走れて、本当に気分がよかったので、ガッカリ。しかも、行き帰りが一緒だし。

しかし、それよりの何よりも、 今回は、脚の裏が痛くってたまらなかった。土ふまずが、平らになってきてるんだか、すごい、一歩一歩足を着くのがツライの。 脚力の弱さを本当に感じた。けっこう歩いてしまったし。 歩くのってこんなに気持ちがいいのねぇ・・・ってシミジミ。

でも、このレース、何気に関門があるので、そんなにゆっくりしてもいられません。私はそれぞれの関門に15分~10分前に通過したので、まぁ、本当、ギリギリのちょっと手前くらいで走ってました。 

でも、本当に層の厚い大会なので、この辺りのランナーもたくさんいます。 往路の交通規制は解除されつつあり、向こう側には、白バイやら、関門に引っかかったランナー達が収容されたバスが走っていて、その中でランナーが手を振ってくれます。

あぁいうのを見ると、「走れるだけ幸せ!」って思う。 長野でも、東京マラソンでも、関門にひっかかってしまったランナーの無念そうな様子は、本当、記録が出なくっても最後まで走らせてあげれば・・・って思うけど、交通規制の事を考えるとそうもいかないのがわかります。

30K地点過ぎくらいから、もう、朦朧として、いったい、今、何キロなのかわかりません。やっぱり、距離表示が1Kおきがいい! しかも、5Kおきの表示と、エイドの位置が微妙にずれているんで、エイドまでは、どうにか走る・・・っていうご褒美的スポットと、時間計測の位置が全然合わない。

でも、この辺りからは、エイドごとに、水をちゃんと飲み、ストレッチもして、しばらく歩いたり・・・って、もう、バテバテです。本当、苦しかった。 今まで、フルマラソンで歩かなかった自分が信じられないほどです。 そう、私は、1回か2回くらいは歩いたとしても、こんなにエイドごとに歩かなくっても、走り続けられたハズなのに!!

それでも、我ながら感じたのは、スタミナ?っていうか、粘り強い筋肉。 これは、遺伝だわ。 疲れているんだけど、脚がバランバランにはならない。この辺りを走っている人達は、そうとう、バラバラですからね。。 

それでも、やっぱり、痛い。。。 脚の裏が痛いなんて、初めて。 
もう、どこもかしこも痛いし、頭も全然思考出来ない。 

私は35K地点を超えたんだろうか? とかすら分からないの。 そしたら、超えてなくって、ガッカリみたいな。

あと、スタッフが結構、マラソンの事わかってないんだよね。。 関門とかの前なら、先何メートル先に関門があって、あと何分あるよ!ってのを、ちゃんと言ってあげるべきだと思う。 今何キロ地点ですか?って聞いたら、分からないって言ったスタッフがいて、半ば腹が立った。
もちろん、ボランティアだって事を考えると、腹立てるよりも、ありがとう!っていう気持ちになるべきところだけど、体力の限界に来てる私に、そんな優しさはありません。。。
でも、スタッフだからさ、適当な事を言ってはいけないよねぇ。

最後の関門を10分前くらいに越して、やっと、私が思っていたとおりの、海岸線! しかし、もう、海をみたり、波の音を聞く余裕はない。でも、最後の関門越してすぐのところで、海を見ながらストレッチした。 あぁー、あとはゴールするだけだ!! って思うと、残りを楽しもう~って思いたいんだけど、ここも、行って帰ってくるコース。向かい側には、すぐにゴールっていうランナーたちがへろへろになって走ったり、歩いたりしてる。

その間にある緩衝帯を飛び越えたいって思ったのは私だけではありません。。きっと。
もう、痛いの一言・・・ この2Kは景色もいいのに、私は限界でした。 でも、ここまで来たら、走らないとゴール出来ないわけで、それこそ、一歩一歩がゴールへの道。

やっとこさで、ゴール。
5時間25分。 ネットで。

あれ? 私、長野では5時間5分前。 半年ちょっとで30分遅くなったけど、その間の怠けっぷりを考えると、そこまで悪くなかも。。

どうやら、私の体質(?)上、 きっと、フルは5時間半で走れる。

しかし、4時間半だと、すごい走らないと無理。 東京マラソンは4時間40分くらいだったっけ?


私みたいなランナーはフルは年に2回で充分だなぁって。 来年の2月とか3月にまた走って、来年の秋シーズンに走ろうっと~
それまでに、やっぱり、ずっと走り続けられる脚力を復活。 やはり、マラソン。どんなに遅くっても、歩かないで、走り続けたい。。。

このあと、即効ストレッチして、果てしなく遠い荷物預かりに荷物を取りにったら、Tさんから、電話が。。いったい、Tさんは、何分にゴールしたんだ!?って思ったら、関門に引っかかって、ゴール出来なかったそうだ。 うーん、これは、ショックだと思う。

折り返しまで2時間14分で行って、そのあとの10Kを2時間近くかけて走ったらしい・・・ やっぱり、フルは経験してみないと辛いのかも。

その後、帰りもバスには長蛇の列だったので、歩いて帰って、帰りの小田急線では泥のように眠り、実家に行って、お風呂に入って鍋を食べました。

そして、10時にはベッド。。 久しぶりに、身体を酷使した疲労感。 気持ちイイ~ 体を使いきった感じって、いいよね。

で、今朝はやっぱり筋肉痛。。。でも、歩けないほどではなくって、少しおかしいくらいだと思う。会社の人には気付かれてないし!

さて、次のレースは、一応、フロストバイトの予定。。。
[PR]
by run_run_moon | 2008-11-17 09:41 | race
今日は重い腰をあげて、はるばる二宮まで湘南国際のエントリーに行ってきました。 いやぁー遠いね。 二宮までも遠いけど、ビックリするのは、その先。 徒歩30分らしいんだけど、ウソでしょ? プリンスの入り口まではそんなもんかもしれないけど、その先が長くって、もう、10分以上あるかないと景品のTシャツがもらえないの、しかも、そのTシャツ交換所は、一番奥! なんか、デパートとかの、店をくまなく見てもらう商法(?)とかみたいだわ。

エントリーだけで、ここまで来るってすごいよね。 1回目の江ノ島も遠かったような記憶がよみがえってくるけど、まだ、あそこは景色もいいじゃない?今回は、大礒ロングビーチっていう、これまた古びたリゾート地で、私がエントリーに行った帰りは、道が真っ暗で、チカンとか出そうな雰囲気がある、すごーい細い道なんですよ!! 明日はどうなるんでしょう? 住宅街の人もビックリだと思う。参加者2万人近いマラソンレースの会場への道としては、あまりにも、狭い普通の住宅街の道なので、その辺りの考えは、主催者側も大した度胸だと思ってしまった。。。

でも、ちゃんと誘導の人が立っていてくれるから、変なところに紛れ込んで曲がってしまったりしなくってよかったけど。いやぁー、あれって本当に徒歩30分なのかな・・・だとしたら、私、フルマラソン走る資格はないかもしれない。

実は、このエントリーの往復だけで、切れそうだった私。 帰りはバスで駅まで行く!って思ったら、30分に1本とか言われて、またしても切れそうな私。そう、私、こういう中途半端に不便な地域が許せないタイプの人。 

行きはいいけど、フル走った後に、この道歩くの、いやだなぁ・・・ってしみじみと思いました。しかも、この3キロの道中の間に、コンビニはありません。
いや、明日は帰りはシャトルバスが出てるってのを見た気もするけど。


いや、こんな否定的な事ばかりを書いていてはなりません。

エントリーしたって事は、走る訳で、明日は6時に家を出発ですよ。 

そして、想像するのも恐ろしいフルマラソン。 ブログを読み返してみると、どうも、夏くらいからすでに「あんまり走ってない」私。 こりゃ、半年くらいは走ってない人ってこと。 しかも、ここ3週間くらいは走ってない。 人体実験みたいな気持ちです。 一体、人の筋肉はどこまで落ちるのか?とかいうような。

でも、やっぱり、こうやって、人はあきらめることで、老化の階段を転げ落ちていくんですよ!っていうのを、本で読んで、「いや!私は、うーん、こんなもんでいいっか・・・」ってあきらめた人になりたくないの!と思い返しました。私はまだ売り出し中016.gif

明日は父のskinsを借りて走る予定。

そして、あんまり張り切りすぎないで、もっと走りのある生活を!っていったい、何回書いてるんだ?って感じよね。


最近は、会社までの1駅を歩くことにしているの。 私が転職する時にいろいろな条件があったけど、その中の一つに、東京タワーの近くで働くっていうのがあった。 前に勤めていた会社のエレベーターホールから夜になると東京タワーが見えるんだけど、何か、あそこでは素晴らしい事が起きているに違いないと、田舎少女のような憧れを抱いていたわけです。

念願叶って、東京タワーがでっかく見える場所に転職したんですが、けっこうなれちゃうんだよね。 でも、1駅歩くようになると、東京タワーをこして行くので、よーく見るようになります。 朝と帰りを歩くと4Kくらい。 

歩くのでも、こうやって、ある時間を自分の脚で移動するってのは、リフレッシュ出来るなぁ~って思う。特に朝にこういう時間があると全然違う。

朝に走るってなると、じゃ、シャワーを浴びて、着替えてってなるけど、歩くってすごい手軽ですよね。 帰りは六本木ヒルズのクリスマスのイルミネーションとか見ながら歩くと、本当に幸せを感じます。 ヒルズ族っていいなぁ~って今更ながらに思ってしまいます。

まぁ、それよりも、早く寝ることにして、明日の試練に立ち向かいます。
目標5時間台。  制限時間内完走です。
[PR]
by run_run_moon | 2008-11-15 21:50 | race

北軽井沢ハーフマラソン

もう、1週間も前の話だけど、北軽井沢のハーフに参加してきました。これは、もう、3回目?かな。

まぁ、暑かった。走る云々よりも、暑い!これが一番こたえた。

今年も去年と同じメンバーで参加したので、前日土曜日から軽井沢入り。でも、フフ、私の土曜日のベリーレッスンを終えてからだから、午後遅くに出発だった。
でも去年行けなかったエンボカに予約をしていたから、早く着かないと!と関越をスピードだして飛ばすIさん。見たことないベンツだよ~とか行ってるうちに、ピコピコした車に「寄ってくださーい」とか言われて、スピードオーバー35000円。。

私は今まで車線変更禁止とか駐禁とかで違反金を払ってきたけど、1万円を超した罰金は払ったことなくって、、すごい、申し訳なかったです。どうも、軽井沢に行く途中、覆面パトカーが多いらしいです。

かなり気持ちが落ち込む中、無事、エンボカ到着です。こいうい時に、なんでしょう、3人という人数はいいですね。免許持ってないAさん、罰金のショックはひとごとのように、軽く記憶の彼方・・・私、あの渋谷の駐金以来、ベリーダンスレッスンに行くのが嫌になって、あそこのレッスンやめちゃったくらいです。しかも、ギリギリまで罰金払うの嫌だったし。

しかも、エンボカ、
私は行ったことあったんだけど、改めて行ってみると、酒のつまみが多いんだよね。ドライバーのIさんは、体質でビールが現在飲めないっていうし、ま、ドライバーだし、私とAさんで、どんどん飲むわけにもいかないしってんで、ピザとかたくさん食べました!あぁ、美味しかった~

しかも、安いよね。3人でたくさん食べても13000円くらいだよ。 なんか、週末は軽井沢で過ごすっていいなぁ~って思うけど、軽井沢でも物価は東京よりも安いのかもね。東京では狭いマンションで、週末用に別荘とかって憧れるわ~

しかも、別荘がある場所が東京よりも物価が安かったら、そっちに色々な物をそろえるのも手かも?でも、これには、いい車が必要か・・・と妄想

私は、最近、夏バテ気味。暑さに弱い・・・ これって、改めて、都会生活のせいかも?と思うんだけど。電車で通勤して、オフィスで働く・・・ま、オフィスって言っても、1階だから、気軽に外に出れて、冷房病になってる訳じゃないんだけど。というか、むしろ暑いんだよね。

午前中のハードなベリーダンスとバイクで、頭の中は熱がこもりまくり。体の中に熱がこもると、もう、抜けない。。土曜日はなんだか、すっきりしない、暑さが抜けないままでした。

そして、前回の長野では恵まれた、生理状況。ドンピシャです。これは、明日のレースは気が重いわ。。。って感じでした。

で、迎えた日曜日。もう、走る前から暑いんだよね。「こんな暑い中走るバカがいるか!」と怒られてしまいそうです。スタートからして遅い。どんどんぬかされる。しかも、初めてだけど、時計を持ってくるのを忘れた・・・自分のペースがわからない・・・

真剣に走るような状態じゃありません。この自分のペースがわからないってのは、かなり、モチベーションが下がる事を今回気がつかされました。

そして、北軽井沢のコース、もう、何回も走ってるのに、毎回、忘れます。

ハーフの場合、まず、3つに大きく分かれます。最初の3分の1、これは、あんまり大した所を走ってないんだけど、暑さとか、走り始めの身体の固さとか、それで終わります。今回は、もう、この時期で息切れしちゃって、暑さに疲労。

で、3分の2は、恐怖の日照りカンカン、馬のにおいがするコース。ここで、かなりの体力を消耗。だって、3分の1では、日陰も少々あったりするんだけど、この2/3では、まるでありません。見渡す限り畑みたいな中を、延々と走ります。景色はある意味癒されますが、日陰っていうのがまるでないので、もう、熱中症とかになりそう~って思って、エイドの度に、水をかけまくり、スポンジは2個両手に持って、水浸しになってるくらい。

で、最後に残されているのが、天国のような涼しい3/3。これは、「軽井沢に来ましたよ」と思わせる木陰のコース。2では、暑くて死にそうなのに、この3では、汗が冷えてちょっと寒いくらいだと感じさせるほど。でも、今回は、ここで、挽回も何も、もう、終了している気分で、走るにも大変。

今回は、もう、どうどうと歩いてしまった。。。今まで、私のポリシーとしては、遅くても走る。外から見てたら走ってるように見えなくっても、気持ちでは走る。でも、今回は、あ~歩くっていい♪って思ってしまった。当然、タイムは悪い悪い。2時間33分とか?もう、ハーフでここまで遅いのは初めて。初のハーフでも22分とかだったはず。

なぜか?

暑さに弱いから。
多分、鉄分不足?そういう感じの身体のだるさがあった。
(もちろん、練習も足りてません)

以上ですかね。。あと、地球温暖化だわ。 北軽井沢でも、そんなに涼しくないのかも?軽井沢ぐらいでは、夏は涼しくないよね。

帰りは、とんぼの湯で温泉に入って、気分爽快でした。 軽井沢は、道端で野菜とか売ってるから、トマトとカボチャといんげんを買って帰りました。

最近、インド料理の本を観て、いろいろ作ってるんだけど、やっぱり、うまく出来ない。インド料理ってスパイスが決め手で、このスパイスの調理の仕方に秘密があるんだと思う。そこがわからないからか?味がしまらない。 そして、インド料理って、塩をあまり使わないのよ。野菜って、塩を使うと、すごい美味しいのに、それをスパイスですべてカバーするってことなのか?

ちょっと、やっぱりインド料理教室行くべき? そして、インド料理って、夏しか作らないよね??ま、冬でもいいんだろうけど、材料は夏のほうが自然に手に入ると思うんだけど。

帰りの車で、今回記録更新2分したIさんが、気分を良くして、次は何に出る?って話になった。彼は、ハーフは出たことあるけど、フルはまだ未体験。でも、今回、調子良かったから、湘南国際に出るかも??って考えていた。 Aさんは、今回はハーフから10Kに変更したくらいで、今は仕事のストレスやらで、ちょっと走りには集中出来ないから、出ない!って。
私は、うーん、どっちにしよう?ってくらい。

そしたら、なんと、次の日の土曜日で、湘南国際、定員達成の為、締切。 Iさんから、「緊急」メールがやってきて、申込は今日の5時半ですよ!だって。なので、あわてて、もうこみしちゃいました。これは、2年前のハセツネのよう。。

なので、今申込してるのは、湘南国際のみ。 でも、その前に、ぶどうのレースには出たいな。これこそ、毎年出ているレースだし。あと、何だろう?

最近、レースが練習みたいになってきちゃったけど、これで、出ないと走らないし、本当はもっと真剣に走るべきなんだけど、これが私のペースで落ち着いてきちゃった。。ヤバイ。

しかし、今日も熱帯夜だし、梅雨明けした東京。走るのが危険じゃないか?って思ったり。

うーん、今回の北軽井沢、遅かったけど、何よりも敗因は、暑さ! だからか?あまり悔しくないのだけど・・・ でも、夏バテしてるってことは、体力落ちてるって事だよね。。。

最近、いつ寝てるんだか分らない。 っていうのは、いつの間にか寝ているんだよね。。
こんなに暑くっても、寝つける私。 冷却ジェルシートが効いてるんだろうか???

そうそう、今回、調子良かったIさんが、当日仕入れた、首を冷やすバンドがあった。それを巻いていると首が冷えて調子いいみたい。暑い時期のレースはこういう小道具があると、結構違いがあるのかもしれない。とにかく、肩から上の首辺り、このあたりを冷やせると、全然違う気がする。

夏バテしてるせいで、美容ケアがすっかり怠っている。。。でも、どっかで聞く話では、女は夏に3歳年取るらしいので、女性の方々、夏の暑さの中だからこそ、自分のメンテナンスを怠ってはいけませんよ♪
[PR]
by run_run_moon | 2008-07-19 22:16 | race

長野の結果

長野マラソンの完走書が送られてきました。

この完走書、いちいち順位が書いてあります。最初の5Kは918位、中間では1012位に、そして、最後は875位。 まぁ、遅くなって、途中で挽回出来たからいいか! でも、これも、面白いの。だって、完走者はどうも1006人だったみたいですから、私は中間地点では、私よりも速かった人を、ゴールでは抜かしたっていう事です。 一体、あの時の私にぬかせた人はいたんだろうか??

スプリットを見ると、ほぼ、キロ7分ペースで走っていたみたい。ネットタイムは4時間50分でした。

私は長野市内を走っている時に、なんとなく、応援の多さから、東京マラソンを思い出していました。そして、脈絡なく、ジャガー横田の旦那さんの東京マラソンが思い浮かび、あの旦那さんの、昔のインタビューが思い出されまいした。(今思うと、どういう連想ゲームなんだ?っていうかんじですが・・・)

私は、ジャガー横田さんの旦那さん、名前も今思い出せないくらいだから、そこまで好きとか、ファンじゃないけど、すごい、男気がある人だと思ってます。

あの夫婦が不妊治療をした結果、子供を授かった時に、再現ドラマみたいのがTVでやっていたの。どうやら、ジャガーが妊娠する確率は相当低い、で、彼は友達の医師から、その8%(だったと思う)という確率がどれほどなものなのか知っていて、それは、医学的には、不可能だけども万が一の事があるかもしれない・・・っていうほどの確率だったそうです。
当然、不妊治療の辛さも知っていて、その確率の低さだったら、やっても無駄に苦しむだけで、彼は止めたほうがいいんじゃないか、と思ったそうです。でも、ジャガーはそうは当然思わないわけで、それなら、彼も応援しようと思ったそうです。

で、彼がTVで言っていたのが、私の印象にとっても残っていて、「どうせ、ダメだとしても、夫婦として、一度はトライして、一緒に体験したっていう記憶のある夫婦になるのもいいと思った」みたいな事を言っていたのです。
なんか、まるで、その時の彼の誠実さを再現出来てないんですけど。

ダメもとでやる。。。 私みたいに、キャパの狭い人は、こういうの苦手。自分に対しては、楽したいから、ダメならやりたくないしさ。
でも、誰か、一緒にいる人が、こういう人だったら、どれほど嬉しいだろう!って思う。 

私は、なぜ、あの長野で走っている時に、ジャガー横田の旦那のそんなセリフを思い出していてのか不思議ですが、私は、「なんていい人なんだ」と異常な程に感情移入して、涙すら浮かべそうになっていたわけです。

で、そこから、話はマラソンと結びつくのですが、私は、蠍座なので、とても極端です。これが、さらにO型とかだと違うみたいだけど、私の私的統計では、蠍座A型は、顕著に、研究していくタイプのマニアックな人が多い。思考も、all or nothingっていうか、なかなか、腰を上げないだけに、やるとなったら、勝ちに行く!っていうか、つまり、勝率が低いものは手を出さないんじゃないかと思うんです。 まぁ、これは、物事にもよるけどね。

だから、レース出るなら、完走しないと意味ないし、習い事なら、中途半端にやっても意味なしだし、店開けるくらいにならないと、やっても仕方ないじゃん!くらいなノリです。年とともに変わるけど、もっと若い頃は、まさにそんなでした。 だから、自分がやりたい!っていう事は、本当、出来るようになったと思う。自分が、出来るようになりたい!って思う事なら、大抵のことなら、出来るようになると思ってる。

こう書くと、聞こえはいいけど、「全く出来そうにないけど、とにかくやるしかない状況」って、大人社会ではたくさんあるけど、こういうのは、めっぽう苦手。 

これって、損だなぁって思う。自分以外の要素で色々な事が決まる事も多いのに(だから、基本的にグループ活動も好きじゃないんだけど)、こりゃ、ダメじゃない?って思うと、真剣にやろうとしないから。
あと、最初から、これは向いてない!って思う事は、鼻っから始めない。

料理もそうだったなぁ~ 全く料理しなかった時代、たまーに、料理なんてしてみても、当然、美味しく出来ない。当時の私の思考回路では、たまーに、料理でもしてみよう!と、思い腰を上げてチャレンジしてるんだから(いつもよりも労力をかけてる)、美味しいモノが出来ないとイヤ!(じゃ、やらないほうがいいじゃん。) あまりにもオカシイ。 慣れたり、練習しないと出来るようにならないのに、そのプロセスを楽しめない・・・ 今でこそ、実験したりして楽しいと思えるようになったけど。

それが、この長野マラソン、10K地点くらいかなぁ。 そうか、マラソンは、完走出来なかったとしても、とにかく、長野マラソンにエントリーした、長野まで来た、そして、走った。 こういう、体験だけでも、何もないよりも、いいんじゃないかなぁ~って思った。 正直、まるで練習しない私だけど、走っていて、どうどうと歩くのを許さないし、経験として走る!なんて、思う気質じゃないのに、妙に、この時は、ジャガー横田旦那の、優しい思考で、そうね、完走出来なかったとしても、これが、次に結びつくかもしれないわ~って思っていたのです。

事実、すべてが結果を出すなんて、プロじゃないんだから、楽しくやろう!って思う。どれだけ楽しめるかが、一番大事だもんね。

------------------------------------------------------------

ベリーダンスの発表会があるんです。来週。でも、今回は、出れないなぁ・・・だって、振付も全部覚えてないし。来月からは、新しい振り付け! 今度は、全部ちゃんと覚えて、発表会でも踊れるようにしよう!
[PR]
by run_run_moon | 2008-05-17 16:23 | race
一夜明けて、体のどこが一番痛いか?? 腰。 走って一番痛いのが腰って初めて。 どんなスポーツでも腰が痛いって、あまりよろしくないから、ちょっと心配です。

振り返ってみて、よく走ったな・・・って思った。 去年のホノルルから、フルは全く走ってないし、フルどころか、ハーフも2回。練習で、20Kを走るなんて事はしてないから、ハーフの本番のレースでしか、20K以上は走ってないし。

ブログにも、ベリーの話ばっかりで、本当、走ってなかった。 
出発の当日の19日も、この日はベリーダンスレッスンが代講でe-chanだったので、絶対に行こう!と決めていたのに、なぜか、私の場合、段々と予定が狂い、このままマラソン用意を持って、レッスンに行くと、微妙に遅れそう・・・となって、仕方ない!ベリーレッスンにはバイクで、行って来て、もう一度、家に戻ってこよう!と変更。

って言うわけで、直前まで、フルマラソンを走る緊張感がゼロ。 試験勉強でも、勉強すればするほど心配になるように、逆に練習をしてないと、そういう緊張感も無くなるわけです・・・

E-chanレッスンは、2月に体験レッスンで行った吉祥寺でやった振り付けと同じだったのにもかかわらず、まるで覚えられなかった・・・私、振り付けとか覚える才能が無いんじゃないか?って思ったよ。周りの人は、終わるまでにはちゃんと覚えていたもん。 でも、e-chanいわく、4つくらいを覚えると、似たような動きがあるから、初めてのものでも、覚えるのが早くなるんだって。4つの踊りを覚えるのに、1年くらいだそうなので、1年後には、だいたいのベリーの動きが分かっている事になるみたい。

と、ベリーなひとときを過ごして、バイクで家に戻って、STEPの白滝さんと、慌しく合流。 あぁ、白滝さんが几帳面な人でなくて良かった!

どうやら、すべてがギリギリのスケジュールで、宿に到達して、ちょっとホラーの館のような、おどろおどろしい雰囲気の中、一晩を過ごし、朝も、追い出されるようにして、無理矢理5時に朝食で、そのまま送り出される・・・

会場には、2時間前には着いてるんだけど、ふと、テーピングサービスの文字が、目に入り、やってもらう事に。こういうのって、大きなレースではやっているけど、私には、常にそんな余裕があったことはないので、やっぱり、早く来るといい事あるんだなぁ~って思い、並んでいたんだけど、すごい丁寧。 前のおばさんとか、ミイラになるんじゃ?って思うほど、テーピングだらけだった。

私が走り始めた頃には、あぁいう人を見て、怪我をしてまで走るもんじゃないなぁ・・・って思っていた。 今でも同じだけど。 ランナーは故障が多すぎる。 
私は、右ひざが痛くなるって分かっていたので、膝、踵をやってもらって、肩もやってもらった。
そんな事やっていたら、スタートまでギリギリになってきて、荷物預かりから、スタートラインに並ぶまで、あっという間だった。

スタートラインってのも、すごくって、申し込み時に申請したタイムで枠が決まるのだけど、10月頃に申し込んでいるんで、一体、何分で申し込んだか覚えてない。 となりの、長野在住の、初フルランナーが色々と話しかけてくれるんだけど、初フルの興奮みたいのが伝わってくる。 「東京から着ました」っていうと、「まぁ、すごいマラソンが好きなのね」と言われてしまった・・・そりゃ、そうだよね。交通費・宿泊費とかかけてまで、マラソンの為だけに行くなんて。
その割りに、スタート直前にあくびとかしてるので、その人に「余裕じゃないですか~」と言われるんだけど、それは、余裕というのではなくって、諦め?

スタートの合図から、ラインを超すまで3分ちょっと。思っていたよりも、ロスがなくって、安心。そのまま、1Kくらいで、十分、疲れているんだけど・・・ ふと、トイレに行きたかったかも?と思う。この朝は、結構冷えて、トイレにも行ったんだけど、もう一回行きたかった~しかも、もしかして、私はbig oneをしたいのかも?とか思ったり。

スタートからしばらくは、市街地を走るんだけど、まるで東京マラソン?と思うほどに、市内の応援もすごかった。これが、人気のあるレースなのが分かる。今話題の善光寺がどれか分からなかったけど、その付近を走っているんだろうなぁと思うような、寺町っぽい商店街。この辺りでは、マラソンヒーローになれる。こんなにも応援してくれる人がいるんだし。

で、やっぱり、トイレに行きたい欲望はおさまらず、一体、どこで行くのがいいのか?が問題に。エイドの場所にはトイレのサインもあるけど、2,3個しかないので、並んでいる。トイレタイムで5分とかのロスは無理。 なので、見送るんだけど、自然現象は、あと5時間近く止めて置けない・・・

そしたら10K地点で、大きな施設にトイレサインが!これを逃してはいけない!トイレまで、ランナー達も小走り。がら空きのトイレで待ちもゼロで、2分くらいのトイレタイムロスですみました。

余計なモノを取り除き、身体も軽快♪でも、13Kとかで、あぁ、まだまだだなぁ・・・って。エム・ウェーブまでへの、折り返しを走る所では、戻ってくるときに、収容車が見えたし。死神のマークが重なって見えたほど。エム・ウェーブもすごい声援だった。長野って、オリンピックあっただけあって、こういう場所が沢山ある。

ホワイトリンクあたりまでは、まだ元気。 今回、私はほとんどラップとかをチェックしないで走っていた。というのも、私は、昔っから、一定のペースでしか走れない。周りの人に合わせてハイペースで走るという事をしたこともないし、出来ない。なので、今回も、自分の呼吸が上がらないペース。これだったら何キロでも走れるというペースで走り続けることに。去年の東京マラソンがそんな感じだった。観光気分をかねたジョグ。そういう気持ちでいると、ラクに走れる。

だから、この辺りまでは、もちろん辛かったけど、このペースでずっとでいいなら、まだ走れるって思っていた。それが、25Kくらから、様子が変わってくる。つ、つらい。。。
そしたら、○○29のゼッケンのおじさん。丁度いい、キロ7分ペースで走っている。。ちょっと見には、遅いペースだけど、それでも、この中では、安定して走っている。あの人についていこう!と決めて、29「肉」のおじさんについていくことに。 あの場所で、「この人についていけばいいんだ」って人がいるのが、どれほどの心の支えになることか。

この辺りは景色も良かったんだけど、私は肉のおじさんをひたすら追いかける。 この辺から、二人の外人組とも一緒になるようになった。 二人は走ったり、歩いたりを繰り返してるんだけど、結構、いいペースで走ってるんだよね。私は、走りと歩きを混ぜるとダメなタイプ。 歩いちゃうと、もう、走れない。

30Kちょっとすぎのエイドで、肉おじさんは、休憩を始めてしまった。「一緒に走りましょう」と思いつつ、ここで休んだら、完走が危ういと思い、一人で走り始める。
30Kすぎのマラソンは辛いと言われるけど、確かに辛かった。でも、あまり何も考えず、同じペースで(この頃はキロ7分以上のペース)で走っていると、次々と、1キロずつ走れる。

マラソンの基本かもしれないけど、どんなに遅くっても、歩くよりも早く前に進めるし、どんなに遅くても、前に進まないと、ゴールには近づけない。歩いている人も多いけど、それに惑わされちゃいけない。個人のゴール設定は色々だけど、この時点の私は、すこしでも休んだら、5時間は切れないのが分かっている。 今でキロ7分10とか。40K越したら、キロ8分近くになるに違いない。 普段のペース配分ではダメだ。

35Kを過ぎると、応援のおばあちゃんと「もう少しだからね、頑張ってね」というのが、お婆ちゃんが、ランナー達を無理矢理走らせることになってしまって、申し訳ないよ・・・くらいのニュアンスが言葉に感じられる。 それくらいに、強制労働させられているような、ピラミッド作成の奴隷のような集団。。

私は、今回、ある程度、食べ物を持って走ったけど、途中からアミノ酸系の飲み物が、あたる。気持ち悪くなって来た。でも、お腹は空いている、こういう時には何を食べたらいいんだ!って感じだよね。多分、パワーバーとかでも、何でも「保存料」とか合成のものが入っていて、それが、疲労した身体にはきついんだと思う。

後半からは水ばかりにした。 あとバナナも食べる事に。 こういうときは、かんきつ類のほうがいいんだけど・・・

あと、スタート時はいい感じで、曇っていたのが、晴天。 暑いよ! 水も、背中やら、頭やらにかける。 しかも、30K以降は、風が吹き始めて・・・まさに、試練の時。

35K地点。私は丁度4時間くらいで通過した。 あぁ、あと7Kを1時間かけて走ればいいんだ・・・でも、これって、元気なときのペースなら楽勝だけど、一体、私はいまどれくらいで走ってるの?でも、単純に計算しても、キロ8分でも1時間はかからない・・・ あぁ、良かった~

でも、ここからは、走っているだけでも、精一杯。歩き始めている人もいる。 ここまでくると、精神力でしか差がつかない。 走っている人、走ろうとしている人、誰だって、前半抑えたから、今はスパートしてるのよ♪なんていう余裕な人は、誰一人としていない。 みんなギリギリのペースで、ここで、止まったら、完走出来ない!っていうのが、頭にあるから、かろうじて、脚を動かしているだけで、歩いている人を見ると、ここで諦められたら、どれほどラクだろうか・・・っていう誘惑がウヨウヨといる。 

ここまできて、完走出来ないのは悔しい。 ますます、10分くらいの差で怪しい。 あと、3分とか、そんなのは絶対にイヤだ! ゾンビのような状態。。。 最後の関門を越したときには、あと20分残っていた。2キロを20分。さすがに大丈夫なはず、歩いてもいいくらいの時間だ。。
でも、何があるか分からない(?)、とにかく、歩くことはせずに、ひたすら前に。 もう、声援にも、「ガンバッテ~」というのに、小声で「ガンバルヨー」と自分にいい返す。

1キロちょっと前くらいから、ゴールの長野オリンピックスタジアムが見えてくる。「おぉーあれだ!!」でも、一向に入り口が見えない・・・ あと500M! あれ、トラック内で走らないの?
と思って、入り口の越えると、フカっとした緑の人口芝。。。 今まで走っていた固い路面から、ゴムみたいになって、脚がビックリ。 谷川真理さんが、入ってすぐの所にいて、ハイタッチをしてくれた。

谷川真理さんは、本当にカッコいい。 最初のホノルルでも、見たけど、有名人ランナーなのに、誰も護衛を付けづに、一般ランナーからの声援に対しての応対も、爽やかっていうか、男っぽいんだよね。彼女がコーチをやったら、頑張れると思う。

「よく頑張りました」って言ってもらって、本当に嬉しかった。 本当に頑張ったよ~ 

それから、ゴールまで、前のランナーは両腕上げたりしてたけど、私は腕すら上がらなかった。

ゴールして、finisher タオルをかけてもらう。 ヨロヨロです。 走り続けていた足は、歩くことがままならない。 産まれたての小鹿とかみたいに、ヨロヨロしつつ、トラックの周りに座って、Gチップをはずす。続々とランナー達がゴールしていく。 みんな、誰一人として余裕なんて人はいない。5時間を切っても、最後の関門をクリアーした人は、ゴールをさせていいるみたいで、最後の関門を一緒にくぐった人たちは、手をつないでゴールしていた。そりゃそうだよね。2キロ前での関門。 あれは厳しいよね。。。あそこで引っかかったら、、、でも、あれがなかったら、5時間半くらいまで、レースが終われないんだろうから、仕方ないんだろうなぁ。最後のランナーが通過したのは5時間10分くらいだったと思う。

しばらくして、着替えやらして、白滝さんと合流して、そのまま、アサマに乗って、帰ってきた。

本当、マラソンしかない長野の旅だった。 
この先には、レースの申し込みをしてないんだよね。 夏前の5,6月のレースの申し込みは終わってるだろうし、、、どうしよう。

実家に行ったら、母親に、あんたの太腿はどうにかならないの? 腿が「腿です!」って話しかけてきそうよ。と言われた。

練習不足でも走れるのは、この腿のおかげだろうか? 
[PR]
by run_run_moon | 2008-04-21 11:48 | race

2008 ナガノマラソン

今日は、恐怖の長野マラソン。 さて、完走できたでしょうか??

イェーイ!
041.gif4時間55分。 ギリギリ制限時間クリアーです053.gif

しかし、本当に死ぬかも?って思うほどにキツかった。 
あ、でも、これで走れちゃったら、さらに練習不足に拍車がかかってしまったり・・・なーんて、ことはありません。

とにかく、疲れて眠いので、また後日、感想をアップします。
[PR]
by run_run_moon | 2008-04-20 20:21 | race
昨日は、昭和記念公園の中で行われる昭島マラソンに行ってきました~

いやぁー、辛かった! 毎回、レースの度に辛くなっていくんですが、ハーフでも、つらいなんて!

昨日は、朝起きた時から、何か、眠くって、電車も当然、ギリギリの時間。この辺りは、かなり肝が据わってきて(?)、案内状の時間をまともに信じず、さらにギリギリの辺りを狙うようになってしまった私。それでも、毎回、焦る気持ちは変わらないんだけど。

ハーフは9時半スタートで、受付が9時までって一応なっているんだけど、西立川の駅に到着が9時。 もう、電車を降りた時点で、レースは始まっている! 改札から、受付まで、案内では15分。そして、受付からスタートまで10分。 その間に荷物預かりもしてもらいたいし、このスケジュール通りでは、スタートに遅れる!しかも、このマラソン、関門が3つもあって、タイム2時間20分を越すと、完走出来ない。。しかも、一斉スタート。スタート地点に遅れると、レース完走に差し支える。

なので、7分くらいで、受付して、荷物あづかりまで、あっという間にして、ストレッチ。私が、受付まで小走りなのに、当然、受付が終わった人達がスタート地点に向かってくる。でも、それでも、受付をしてる人もまだまだいて、私も「なーんだ、余裕じゃん★」と気分も楽に。 だから、改善されないんだろうか・・・
次の10キロの人とかも、すでに集まり始めていて驚き。 いやぁー、こういう準備周到な人々がいるから、ギリギリな私とかがちゃんと受付できるんだわ。

スタート地点まで移動してみると、かなりの人数はがいてビックリ。27回目だから、歴史もあるんだね、かなりの数のランナーが、自衛隊のグランドに。そう、このレース、最初の5Kは、自衛隊のグラウンドを走るのよ!すごいよね。あのグランドも、普通、1周400Mなはずだけど、1周ちょっとで1Kとかあるの。私はとにかく、11Kくらいの関門をクリアーしないといけない!と焦っていたので、今回は、最初は早く走らないと!って思って、結構、いいペースで走っていたはず。それも、快適よりも、ちょっと速いくらい。キロ5分45とか?

3Kくらいから、ずっと同じペースで走っている男性がいて、彼も私をペースメーカーにして一緒に走っていた。レースに度に、こういう人がいるよね。短い間の連帯感。まるで、一緒にエントリーした人みたいな気分。こういう人がいると、走るのが楽になる。

そして、自衛隊を出て、市街地を走って、相変わらず私は、このペースで最後まで??って思う感じのペースでした。でも、その彼もいるし、もう一人、小柄な女性も加わって、二人に後れをとらないように、ついていった。

そしたら、10K地点ぐらいで、靴紐が解けてたので、結びなおし。 ほんの20秒くらい?でも、すでに一杯な私は、この20秒が追いつけない。そしたら、丁度半分のポイントで、1時間経過だった。 このペースでずっと走らないとハーフ2時間は切れない・・・そりゃ、無理だ。。

その後、ちょっと道が蛇行していて、その彼がちょっと後ろを振り向き、私を探してくれた。。。やっぱり、一事も話さなくっても、一緒に走っている時間を共有しているっていう意識はお互いにあったんだなぁって、仲間と別れる気分でした。 
それで、もう、会わず。

その後は、丁度いい人を見つけられず、一人でトボトボと走る。 今回は、本当、辛かった。(毎回、そう思っているような気がする)

やっぱり、チョットでも、最初に、自分にとってのオーバーペースで走ると、後半にこたえるんだよね。それは、ほんの、チョットでも、やっぱり、後に影響がある。ハーフだからいいけど、フルでは、絶対に最初のオーバーペースは命取りだと思う。

私は、ハーフ大好きなはずなのに、14K地点で、フルの30Kの心境。 とにかく、足が重い!この前、上半身が大事!って思って、今回も、それを意識して走ったけど、それは、下半身の力強さがあった上での、上半身だったみたい。 どうにも、脚が上がらない!! 筋肉ないなぁって感じ。

前半でもすごい抜いたのだけど、後半はどんどん抜かされる・・・ もう、普通に見たら、遅いだろう!っていうランナーにも抜かされている私、どれだけ、遅いんだ!って感じです。それでも、もう、脚が動かない!

やっぱり、太りすぎだよ。
実家に行ったら、母に「速くならないね~」だって。その通り、一時期、ハーフ2時間ギリで切れたけど、あと、あのぶどうレースはいいんだよね。

勿論、原因は明快。
私は、ここ最近、1年ことに2Kくらい太ってるんだもん。。。つまり、同じタイムで、2Kの負荷をつけているわけです。。この、脂肪が無くなれば!
単純に、練習不足。。

最近、体重を計ってないんだよね。だから、分からないけど、もう、毎回書いているように、やせないと!! 長野までに! 
でも、2月は、すごい、私の中での食事改革を起こして、それまでも、健康的な食事だったけど、それより上の食生活に変わった。。このおかげで、オカシを本当、食べないでも大丈夫になった。つまり、食べているものの質はかなり変わった。だから、4月にはもっと、変わっていると思うんだよね。。。

このレースは、暑かった。私は、日光に弱いんだよね。むかし、トレイルでもそうだったけど、日差しにやられちゃう、走り終わった後も、しばらく、熱が身体にこもってしまう。今回もそうだった。
しかも、花粉と砂塵! やられたね。私は、花粉症を克服したと勝手に思っていたけど、この日は、鼻水がツゥーって落ちてる。

10K出た菊ちゃんと一緒に立川駅で、カレー食べたけど、その間も、身体が重い。。筋肉痛?頭もだるい。

帰りの電車で、10分の電車を寝過ごす。。。 私、すごい疲れているんだってシミジミ感じた。

ハーフでこれって、フルがすごい心配です。。。

===================================

Qちゃん、ビックリ。 
私は、彼女のピークだった時に、マラソンにそこまで興味なかったから、特に興味なかった・・・でも、去年の東京ドームで生Qちゃんを見た時から、完全ファン。 なんだろう、あの人から出ている、人としての素晴らしさ! 彼女はもちろんマラソン選手として知られているんだけど、マラソンを抜いても、人格だけで最高の人だと思う。

1位になった初マラソンの中村選手。オリンピック行くの・・・ 何ともいえないけど、Qちゃんが頑張りまくっている間に、初マラソンで1位でオリンピック? もちろん、すごいけど、勝負の世界って厳しいね。。
中村選手が「マラソンにこんなに応援が多いとは思わなかった」って言っていたけど、みんなQちゃんの応援に行ってたと思う。

Qちゃんは引退しないと言っているけど、次のオリンピック? ロンドンだっけ? 

私は昔、テニスの伊達君子ファンだった。 彼女も現役時代、勝負の世界でつらそうだったけど、今はモナコのマダム。 Qちゃんも、幸せになって欲しいなぁ。
[PR]
by run_run_moon | 2008-03-10 12:31 | race