マラソン、ヨガ、ベリーダンス! 女を磨く?身体のブログです


by run_run_moon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:yoga( 16 )

Yoga tv

すっかりベリーダンスで、レッスン代がかかり、ヨガ教室に行けなくなってしまった私。実際、ベリーでのストレッチは、かなりヨガちっくな所もあって、ベリーよりもヨガ教室になってしまいがちです。

だって、最近、いろんなTV番組で、骨盤矯正とかやってるじゃない?コアリズムとかも。美腰とか、あれ、ぜーんぶ、ベリーダンスやれば、解決しますから! 本当、やっぱり、太古からある女性のダンス、その辺、全部、網羅してます。 つまり、ベリーダンスって、奥深いのよ。

ベリーダンスがこれほどに、流行っていて、何で、誰も言わないんだろう?って思うのが、ベリーダンスの、もう一つのすごい深い魅力の部分がある。

私はアメリカで有名なベリーツインズっていう、Neena&Veenaっていう双子の姉妹のベリーダンサーの本を読んで、なるほどなぁ・・・って思った。アメリカ人女性って、「もう、ちょっと、黙ってください!」っていう程に、セックスの話にオープンだと思う。まぁ、隠す話じゃないんだろうけど、より積極的っていう感じ?

で、ベリーダンスやると、骨盤の動きとかいろいろ含めて、筋肉のつけ方とかもあって、たぶん、女性としてはイキ易い身体になるし、多分、男性にとっては、より快楽得やすいパートナーになるだと思う。 つまり、セックスが楽しくなる身体になる体操みたいなのが、実は、ベリーダンスの基礎だと思う。 だから、そんな昔から女性の間であるわけだし、バレエみたいに、フォーマルな感じじゃなくって、普通の人々の間に受け継がれてきたんだと思う。 もちろん、それだけじゃないんだけどね・・・ 

そして、同時に、このへんの筋肉を鍛えると、お産もラクになるんじゃないかと思う。つまり、女性にとって大事なイベントを、楽にこなすための知恵が詰まっているダンスだと思う。
本当、若い娘にan anのセックス特集読むよりも、ベリーダンスやったほうがいいよ!って言いたくなっちゃう。

この辺も、私が考える、魅力的な女性の美しさってがある。 大きなお尻が好き!なのも、安産そうじゃない?とかさ、もう、感覚、オジサン入ってるかも?スミマセン

叶恭子さん、私はあの人の個性って大好きで、彼女は、日本人女性の中でも、こういう事の大事さっていうのを、あけっぴろげに言っちゃってる人だと思う。彼女の言うことって、上辺はスキャンダラスだったりするから、本気でとられないけど、実は、すごい哲学的だし、世間体にとらわれない所がすごい好きです。

またしても、話がとんだけど、このYoga tvっていうDVDがあるんだけど、最近、すっかりヨガ教室に行けなくなって、でも、やっぱり、ヨガの持つ精神の安定っていうか、リラックス効果って、ベリーダンスとはまた違った良さがあって、懐かしいなぁって思っているの。
そこで、DVDで、こういうのを大事にしたヨガのDVDを探してみたら、これ、超ハード。

言っておきますが(?)私、ヨガは中級レベルだと思ってる。 一時期はインストラクターになろうと思ったくらいよ!偉そうに・・・ だから、市販されてるDVDなんて、誰でも出来るようになってるんでしょう?くらいにしか思ってなかったの。そしたら、超ハード。マジで、こんなの売っていいわけ?とか思ったくらい。

驚異のアサナ写真!!

b0080983_18243120.jpg
b0080983_18245289.jpg
b0080983_1825522.jpg


これを監修してるのが、ケン・ハラクマさん。 私、この人の事全然しらなかったけど、セレンディピティーでか、職場の近所にあるツタヤ&スタバ(ツタヤの本をスタバに持ち込める)で、「ヨガから始める」っていう本を見つけたら、彼が書いてる本なの。

スタバ内なら、自由に読んでいいから、買わなくってもいいから、1週間くらいかけて、ランチタイムに読み終わればいいなぁ~って思っていたら、あまりにも、いい事書いてありすぎで、結局、買っちゃった。 やられたよ、スタバ&ツタヤ ビジネス商法に。

何がいいって、それこそ、ストレスに打ち勝つ!っていう方法。そうは書いてなかったけど、まぁ、そういうこと。 それは、また、いつか。 でも、この本、すごいいいから、ヨガに興味がある人にはお勧め! 
[PR]
by run_run_moon | 2008-09-21 15:29 | yoga

クンダリーニヨガ

アマゾン.COMにはまりすぎのこの頃。何もかもが値上がりそうな中、こういうプチ散財でストレスを発散しています。

ベリーダンス用のDVDを買いつつも、アメリカですんごい人気のヨガDVDがあって、それもついでに買ってしまった。。。だって、タイトルが痩せるヨガみたいになってるんだもん。

ヨガで痩せる?? ありえない・・・って思っていたので、あまり期待してなかったんだけど、何と言っても、肥満大国アメリカでレビューがほぼ5★です。 そりゃ、少しは痩せるっていう事よね?と思って買ったわけです。

そして、しばらく放置されていたんだけど、週末、あまりにも何もしなかったので、見てみたら、そこには、私が見たこと無いヨガの世界が・・・

クンダリーニヨガって、格闘家に人気らしいです。 すごい速い呼吸で、すごい速さで身体を動かします。 私は、最初、「これはヨガじゃない!!」って思って、怒ってしまったけど、ヨガもいろいろあって、このクンダリーニヨガは男性に人気らしいです。

私は、今まで、アーサナを決めるハタヨガ類しかやったこと無かったけど、こんなハードなヨガもあったんですね。
すごい不思議な感じです。 土曜日は観るだけだったけど、確かに、あれだけ呼吸をしながら動けば痩せるのかもしれない。

週末は、本当、雪のせいと、寒さのせいで、何にもしませんでした。 冬眠したような気分でした。

そして、今日は、ベリーダンスの体験レッスン。 何着てやればいいんだろう!!! 
ランスカです。 こんな所でも役に立つとは!
ベリダンサーズは、きっと、ランスカなんて見たこと無いに違いない!

でも、全然、練習してないから、きっと絶対、恥ずかしい思いをするに違いない・・・


今日は、見学っぽい感じの体験レッスンっていう事にしておこう♪
[PR]
by run_run_moon | 2008-02-04 16:12 | yoga

ヨガ的生活

今年になってから、ヨガを再開しました。

一昨年やっていたヨガは、ホットヨガで、正に、フィットネスというか、汗をかいて、代謝を上げる、もう、エアロビなみでした。 90分、かなり、厳密にやっていたので、相当な体力を使うヨガだったと思う。

で、今の教室は、本当に、ヨガメイン。 ホットじゃないけど、当然、この寒さだから、教室は暖房を入れて暖かいけど、汗をかくことはない。

時間は同じ90分だけど、毎回違うアーサナをやるし、ストイックな感じじゃない。呼吸がヨガでは大事と言われるけど、前の教室は、とにかく、息が苦しいので、呼吸うんぬんとかはあまり重視出来なかった・・・生存第一です。

今回は、動きと呼吸が連動していて、終わりの頃には瞑想的な時間もあり、本当に、リラックスする。これが本来のヨガなのだと思うのだけど、やっと分かった。

私はセッカチな母に育てられたので、セッカチ過ぎる人ってのが、カチャカチャしていて、時として疲れちゃうのです。優雅な動きとかっていうのは、ある程度、ゆっくりとした動きの中から生まれると思うし。

今って、なかなか、優雅な人っていないですよねぇ。。私の同世代の友達でも、働いていると、チャキチャキしてる「姉御」っぽくなる。それが、社会でお金を稼ぐという事です。
ママ業してる人でも、当然、言う事をきかない子供相手に優雅は難しい。

トロイ人っていうのは、いるんだけど、当然、これは、優雅とはイコールじゃないし。天然系の人も、当然、違います。

ちゃんとした、全ての動きをこなしながらも、それがエレガントっていうような、香りたつような動作で全てをするような人ってのは、どっかにいるんでしょうか?映画の中以外・・・
結構、業界が違うとそういう人は、沢山いるのかもしれない。


話は飛んだが、ヨガで呼吸が大事ってのが、やっと分かった。 結局、呼吸がゆっくり深く出来ると、ものすごく身体がリラックスする。その終わりの暗闇の寝る時間(いびきかいている人までいました、ウルサイ)に、心と頭の中がスッキリ! こういう、気持ちの持ちようで、一日過ごせたら、人生変わるよね。でも、それは、長続きしない・・・

ベリーダンスの練習はすっかり滞り・・・だって、パソコンのDVDが直りません。
あと、やっぱり、憧れの姿みたいのがないとダメな私。 重い腰を上げて、来週に体験レッスンに行き、私の中では「ここよ!」って思っている教室に行ってきます。
とにかく、先生が美しいらしい♪しかし、こういうのは、ライブで観て見ないと!

でも、その体験の前に、やっぱり練習しないと、行っても恥ずかしいだけかもしれないから、練習しないと!
[PR]
by run_run_moon | 2008-01-31 17:04 | yoga

初ヨガ

今日は今年初のヨガクラスに行ってきました。

去年の年末は、狂ったようにヨガ、ランとしていたので、仕事の後の生活が大変でした。
今年には行ってから、めっきり、落ち着きました(変な日本語)

やはり、ヨガなどというものは、8時半からのレッスンとかを受けてやるもんではないんじゃないか?とか思ったりしてた。 でも、やっぱり行って見ると(今日は8時9時半だったけど)すごいいい!家で自分のペースでやるのもいいと思って、クラスを止めちゃおうかなぁとかまで思っていたのですが、いやいや、やっぱり、あぁいう場所でやるからこそいいってのもあるんだなぁって再認識してしまいました。

ほぼ、20日ぶりのヨガくらすだったので、どうなることか?と思っていたら、結構、普通に出来ました。やっぱり、家でもやるといいんですねぇ~ 

最近、隠居生活みたいになってるんだけど、このブログは「走る」をメインにしてるはずなのに。。

実は、骨盤体操、いいんですが、私の骨盤の歪みを直す運動はそうとう効いてます。
ただ、私、別に、この前から、すごい走っていてどっかが痛いとかじゃなかったんです。むしろ、ケガなしで快調だったのですが、な、なんと、この骨盤運動で、腰骨のゆがみ矯正をしてから、走ったら、左ひざが痛くなりました。 なんか、前から、肩甲骨と骨盤は、対角線でつながってるって話を聞いていたけど、これは、もしかして、膝もそうなの?

腕を背中にまわして、後ろで手をつなぐやつ。 両方出来るのが正しいのですが、どっちかが苦手だったししますよね? その苦手側が左だとすると、右の骨盤が歪んでたりするらしいんです。それと同じに、右の骨盤が歪んでると、左の膝にそのヒズミがくるの?

あぁ、ここまでくると素人の手に負えないかも??っていうか、なんで、私はこんなカイロプラクティスの領域まで首をつっこんでるんだろう?って思ってたら、追い討ちを掛けるように、会社の目の前に、有名な骨盤矯正医院がある事を、知ってしまった。。。

さっそく、金曜日に予約してしまいました。

走りの興味からこのブログを覗いてくれている人達に申し訳ない・・・しばらく、この骨の話続きそうです。

とか言いながらも、今週末からハーフのレースが3連チャンであって、1週おいて、東京マラソンですわ。我ながら、ふざけてるのか?っていうようなスケジュール。それなのに、走ってない。。。マジで、東京マラソンは仮装でもして、ギャグ?みたいなノリで楽しむしかないか・・・っていうような気分です。いやいや、でも、出れない人も沢山いるレースなので、悔いなく走ってきます!

その前に、この左膝は治るのかしら。。。
[PR]
by run_run_moon | 2007-01-17 00:00 | yoga
昨日は朝から雨だったので、自転車通勤出来ず、っていう事は、走ることも出来ず、ヨガに行く事しました。走ってばかりだと、同じ筋肉を使うので良くないに違いない・・・って確信してるので、沢山走った後はヨガに行って、ストレッチすることにしてる。

私の行ってるヨガやビクラム・ヨガっていう、暑い中でやる、通称ホットヨガです。寒い季節はあったかくっていい!去年の10月頃に始めた時よりも、私の身体はミルミル逞しくなってきた・・・今年の2月頃にまず第一のデブ期があった。1月はなんかしらレースに申し込んでいたんだけど、多分、2月に思いっきり怠けて、太ったんだと思う。それなのに、私は家で筋トレをしてしまった・・・

最近買った本によると、太ったときに筋トレっていうのは、良くないそうです。本当か?
太ったときは、脂肪が柔らかいうちに、ほぐすのが一番らしい。とにかく、女体は柔らかいのが一番らしい・・・なのに、私は頑なに、筋トレをすることで脂肪が燃える!と思っていたんだけど。。。でも、そういう時もあるんだよねぇ。
で、春・夏を越えて、徐々に痩せてはきた。そりゃ、太り続けるのも難しい。

10月頃には、40K台になれそうだったのに・・・・いつの間にかに、体重の向かうほうは、逆へと行き、これ以上太ったら「デブ」の領域に行きそうな現在。

最近までヨガの先生達には、私が走るのをメインにしていて、ヨガはその為のモノっていうのを言ってなかった。ジムのヨガ教室でもなく、ホットヨガっていう所からも、多分、私が勝手に想像するに、ほとんどの生徒は「痩せたい」っていう一心で、日頃、運動は全くしないのに、来ているっていう人々だと思う。

なのに、この生徒は、ドンドンと筋肉隆々になっていき、肩とか背筋とか、どうしちゃったの?っていう具合になっていく。これは、いくらなんでも、ヨガだけの効果ではあるまい・・・と、体験の生徒が見たら、営業妨害?ってなってしまっているのではないかと?

それで、1人の先生に走るのが趣味ですと言ったら、他の先生にもそれが伝わったらしい。なんか、その話がどう伝わったのか興味あるけど。まぁ、知らないほうが身のためかもしれない。
レッスン後に、ストレッチをしていた時に、「自分のお尻の肉が怖いです」って言ったら、「でお、それは、ヨガのせいじゃないんでしょう?」と、肉の存在を否定してくれるどころか(まぁ、否定出来ないっていうか、そんなことない、ないって言ったら、白けた嘘になってしまうこと)、そんなお尻になったのを、ヨガクラスのせいじゃないでしょう??という感じ。

そして、どんなスポーツも真剣にやると脚にくるもんね!と明るく、私を励まし、オイルマッサージとかして、老廃物を流してもらえるといいかも!とかアドバイスまでしてくれた。
女性界の常識として、だれかが「最近、太ったのぉ~」って言うと、速攻、「えっ~そんな事ないよぉー」と、本当か嘘かは別として、なぐさめてくれるっていうのがあったハズなのに、それすらも、通用しなくなってきたのか。

なので、本気で、減量に取り組んでます。

まず、ドーピング。もう、真面目に、「運動して、ちょっと食事に気をつけたら痩せました」なんて、優等生みたいなのは通用しないと観念したので、いきなり、一番最初に手を付けたのは薬。

前はヨガ前は何もアミノ酸系のモノは飲んでなかったけど、ヴァームの粉を溶かして飲むことにした。1時間くらい走る時も、ヴァーム。アミノヴァイタルプロは、レースのみ。なぜなら、高いから。色々出ているアミノ酸系飲料の違いって、よく分からないけど、私の中では、アミノ酸量が3000mgを超える時は、ハードなスポーツのリカバリー用として使って、それ以下は、脂肪を燃やすっていう利用にした。

次は、とにかく、太るのと、ムクミは切り離せないので、水分代謝を良くするらしい、漢方を飲み始めた。コッコアッポS。皮下脂肪に効くらしい・・・

間食は、果物。今の時期は、ミカンやらリンゴが美味しいからねぇ~

夜はオイルでマッサージ。 水は一日1.5L以上飲んで。 オフィスの椅子には、トルマリンで出来た(?)クッションで血行促進。

いわゆる棒のような中性的な身体にはなりたくないので、別にすんごい痩せなくってもいいんだけど、体重を軽くしたいのと、デニムが腿でパンパンってのが嫌。中南米とかに住んだらいいのかも。。。

そういう意味では、アメリカンなグラマラスな体型のほうが好みなんだけどね。
そういえば、最近、アメリカのドラマ the O.C.にはまって、アマゾンでDVDを買ってしまった。日本じゃありえない熱い展開。ドラマチックな話って面白い!
[PR]
by run_run_moon | 2006-11-28 15:59 | yoga

life is live

昨日の晩に「情熱大陸」を見てたら、別府 史之という、日本人プロサイクリストがいると知って、ビックリした。

私は自転車なんて、全然詳しくないんだけど、今年のGWに自転車を買うっていうのは、結構、大きな買い物だったから、その時ばかりは、調べたりした。そして、自転車通勤へと踏み切ったのは、自動二輪でも駐車禁止が厳しくなった事、ガソリン代が上がったこと、同じビルの地下に本格的自転車屋が引っ越して来た事、等々が重なったのと、自転車が撤去されてしまったっていうのが、決め手でした。

そして、丁度、タイムリーな事に、ランス・アームストロングの「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」を読んでいたりして、自転車競技ってのに、ちょっと興味を持っていた時だった。この本は、自転車競技をやってる人だけじゃなくって、エンデュランス系のスポーツをやってる人は絶賛していて、確かに私も、アスリート魂みたいのに熱くなりながら読みました。英語タイトルでは「It'S not about the bike」とあるように、自転車以外の話もメインだったりする。ロマンスもあるし、でも、この奥さんと離婚したらしい・・・

Anyway, 私が買ったのは、ちょっと影響されてTrekで、これは、ランス・アームストロングが乗ってる自転車(同じメーカーってだけ・・・)と同じでツール・ド・フランスの7冠を取った、アメリカブランド自転車です。私のはMade in Taiwanだけど。

とにかく、「ただマイヨ・ジョーヌのためだけでなく」を読むと、いかに自転車競技が過酷で、意外な事に、チームスポーツだったりするのを学んだりで、私の中で、自転車ってのは、立派な競技で、プロになるのは、天性の素質と努力が必要らしい、すごい大変なスポーツ競技であるらしい・・・とイメージがすっかり変わりました。

なので、番組のしょっぱなから、ランス自身が、この別府君についてコメントしてたり、ディスカバリー・チャンネルのチームの一員だったりするのを、知って、驚きまくってしまった。
自転車競技は、ヨーロッパが盛んで、アメリカですら地味で、当然、日本でなんて、競輪?とか言われそうなほど、存在感が薄いと思う。こんな、日本人がいたんだ!って

番組では、彼の生活とかを紹介していた。番組で、自転車競技ってのを、あまり詳しく説明してなかったから、どうして自転車がチームスポーツなのか?とか、「仕事をする」っていう意味が伝わりにくかったのが、残念だけど、それでも、彼の食生活と、筋肉の質については、紹介していて、私は結構、参考になった。

自転車競技の人って、すごいカロリーを消費するみたいで、とにかく食べる。食べるのも仕事らしくって、TVの人に「集中して食べたいんで、撮影しないで下さい」って言ってた。集中して食べたい・・・ってケーキの食べ放題とかじゃないんですよ!

パンに蜂蜜かけまくり、すぐエネルギーになる炭水化物を沢山食べるって・・・羨ましい・・・一日、何キロこぐって言ってたか忘れちゃったけど、そうとうな距離だった。だって、時速80Kでてんだもん! 自転車で時速80Kって、すごい体感スピードだと思う。人間の脚で、80Kでるんだ!っていうのもすごい。

そんな彼は、毎日のトレーニングの後に、マッサージを受けている。これも、当然、サイクリスト専属マッサージ師みたいだったけど、別府君の筋肉の質を絶賛していた。
すごい柔らかい! 彼は筋トレは一切しないで、自転車だけで、脚の筋肉をつけているので、すごい筋力があるのに、柔らかいそうだ。画面でゆすっているのを見たけど、女の子の腿みたいなの。競輪選手の、女性のウエストみたいな腿とは大違い! 柔らかい筋肉と耐久系競技の関係ってどうなってるんだろう?

常々思うのだけど、筋肉についてもっと知りたい。。。走ったり、自転車乗ったりするようになってから、私の腿は、放し飼いの地鶏の脚のように、たくましくなっていった。でも、ヨガとかやると分かるけど、筋力をつけながらも、柔らかい筋肉を持つことはすごい重要らしい。格闘技とかやるんじゃないなら、パワーがあって、さらに柔らかいってのが、大事なのだが、一体、それはどうやって作るんだろう? もともとの体質なのかな?

筋肉を硬くするのは、実は、簡単な気がする。私は女性にしては、筋肉質なせいもあるけど。。
運動して硬くなる筋肉を、いかに柔らかくしながら鍛えるってのは、難しい。ヨガに行っても、私は腿を伸ばすポーズとか苦手。つまり、腿前が硬くなってるから。。。だれか、柔らかい筋肉を作る方法、教えてください!

彼みたいにプロマッサージ師が専属でいない人は、前後のストレッチと、マッサージは自分でやるしかないけど、これが、想像以上に大切らしい・・・ マッサージ師になっちゃう?

面白いのは、自転車走者って、足が弱いんだそうだ・・・自転車こいでる割に、歩かないから、歩くのが苦手なんだって!意外じゃないですか? 走るのと、自転車こぐので、使う筋肉が全く違うって事なんでしょうね。

23歳の男の子が、ヨーロッパっていう、ただでさえ日本人(アジア人)に冷たそうな国で、圧倒的にヨーロッパのスポーツで頑張っているなんて!番組を観て、本当に応援したくなってしまった。

ディープ・インパクトもそうだけど、ヨーロッパって、自分達の国でやってる競技に、極東から来た黄色い人に負けたくないし、取られたくないって思うような気がして・・・(私は、ヨーロッパ好きですよ)
私は、自転車競技に関しては、ランスの本で読んだことしか知らない。ツール・ド・フランスについて追ってる人とかだって、そんなにいるのかな? こんなカッコいい男の子が、フランスで頑張ってるんだと知って、嬉しくなってしまいました!
[PR]
by run_run_moon | 2006-11-20 12:21 | yoga

ヨガとランの関係性

今日は朝も夜もヨガだったので、毎週月曜日の皇居ランは、ヨガへと変更。10月は時間がありそうなので、ヨガ教室を月間何回でもOKのコースにしてみようと思ってます。走らないといけないのに、ヨガしていて大丈夫なの?って気もするけど。

10月もちょっとレースはあるけど、本番は11月かなぁ。
なので、10月は走らないといけないんだけど、走ってばかりいると、身体にも良くないので、同時にヨガも取り入れないといけないんでは?っていう思考で、沢山走るんだったら、沢山ヨガしないと!って事です。

最近は、真面目なヨギーニになってきたので、クラスが終わったあとに、先生に色々と聞き、自分でも学ぶ姿勢がアップしてる。 散々、股関節っていうのが、走るのに大事っていうのは聞くけど、ヨガでスプリット(前後に脚開くやつ)とか出来たら、そりゃ、脚の可動域も変わるだろう・・・って思う。まぁ、スプリットまでいかないでも、私の問題、前腿を使って走るってのは、骨盤、つまり股関節を柔らかくすることで、脚でなく、腰から走れるようになるっていう仕組みな訳で、やっぱり、柔らかさが必要なんだと思う。 もしかしたら、違うかも??? 硬いのに速い人は沢山いる。

昔、どっかで良く動く関節の周りに肉は付かないって読んだ。例えば、指とかの周りには肉が付かないってように、動くと肉は付きづらいらしい。私の腿と脚の付け根に、たっぷりと肉が付いてるのは、ここの関節の動きが悪いからなんだろうか? えっ、でもお相撲さんも、ピッタリと前屈とかスプリット出来るんでしょう?とかいう、ツッコミがどっかから入りそうだ・・・

まぁ、いい。私の中で、走る量とヨガる量のバランスは大事って事になっている。なぜ? 多分、身体が求めるから。

バランスボールがすっかり椅子になったままなんだけど、やっと、バランスボールの本を買ってきたので、骨盤の運動を毎日する予定。 ちなみに、筋トレ運動でもあるダンベル運動は、一日置きにしないと意味がないので、今日はお休み。
[PR]
by run_run_moon | 2006-10-03 00:10 | yoga
3連休は走ったのに、昨日は激務だったので、今日はヨガへ・・・って意味不明。
ヨガってハードっていう人もいるけど、私は大好きで、この集中力がたまらなく好き。昔は自分の変なポーズとかが気になったけど、今はひたすら、鏡の中の自分へ集中。。。
90分のクラスだけど、最後の30分はストレッチ中心だし、多分、すごい集中が必要とされるのは最初の30分だと思うけど、人って集中するとスッキリするんだと思う。
久しぶりに行ったら、本当に満足!

シャワーが空くまで混んでいたので、今日のインストラクターさんとお話。彼女はバレエをやっていましたっていう身体をしていて、とってもステキなスタイルの持ち主。細すぎず、程よい筋肉で、すごい姿勢がいい。私が、しきりに弓を引くポーズが出来ません・・・とか言うと色々と教えてくれた。そこにもう一人の人も加わって、お話。で、まだ初めて1年でしょう。。って。私にしてみりゃ、もう1年なのに。どうやら、マラソンにしても、それらしい体つきになるまでって、3~4年くらいかかるみたいです。そ、そうなんだ。。。先長いなぁ・・・

それでも、始めた頃とは全然違うからいいんだけど♪

ヨガって、痩せたいとか柔らかくなりたいとか、女性の野望をくすぐる魅力も一杯あるけど、何と言っても、リラックス出来る。本当に自分と向かい合うっていうもの。
本当は、晴れた公園とかで出来ると気持ちいいんだろうなぁ~
[PR]
by run_run_moon | 2006-09-20 23:32 | yoga

女体の神秘

今日は、ヨガ教室が明日から週末までメンテナンスの為に休業予定だったので、8時からのレッスンに参加して来ました。で、いきなり、オープンな女子会話みたいですが、ワタクシ、生理2日目だったのですが、かまわず行って来ました。

で、新発見です。いつもよりも、断然、身体が柔らかいのです!!これは、きっと骨盤が開いたり閉じたりっていう周期とかと関係があるに違いない!いつもなら、ちょっと辛いポーズも、結構ラクに出来たりして、ビックリしました。まぁ、どのポーズも股関節系のポーズで、私が大嫌いな蓮のポーズも左足を最初に組むのは出来ました。自分でも驚きです。誰もが左右の違うみたいですが、私は明らかに右の股関節のほうが硬くって、しかも、トレランで右足首を捻ってから、万年、軽捻挫みたいになっていて、右足首を曲げるのは痛いのです。しかも、バイクで右の膝を捻挫した事があるので、全て、私の脚は右が弱くなってしまっているみたいです。

中高の体育の授業とかのせいか?生理中は激しい運動はよくありませんっていう刷り込みがあるけど、実は、ヨガは生理中のほうがいいのかもしれません。本当にそうか知らないのですが。(貧血には要注意です!)

私のヨガ教室は男性もOKなので、時々、男性がいますが、本当にこっけいなほどに、普通の女性に比べて、男性は身体が硬いです。勿論、これは、プロ並に鍛えてる人だと、男女問わず柔らかいんだろうけど、普通の男女だと、女性のほうが柔らかいと思う。だから、ヨガって女性に流行ってるのかな?

あと、私はいくら走っても、腿とお尻の肉は落ちません・・・やっぱり女性の敵、皮下脂肪は中々落ちないのねぇ・・・と悲観してたりするんですが、同時に、ここも落ちない!って喜んでいいのは、胸です。走って一番細くなったのは、胴回りの筒です。でも、胸は小さくならないんですよ!まぁ、これは喜ばしい事だと思う。何と言っても、その為に何十万もかけて、人工的に大きくする人もいるくらいだから。しかも、服を着てると全くそうは見えないんですが、サイズ的には、頑張れがグラビア出来るかも?っていう、日本のブラ企画サイズでF65です。胴回りが細くなっても、胸は減らずってのは、喜んでいいのかもしれないけど、お尻と腿のたくましさも、連動してるんじゃないだろうか???って、思いついたんだけど。これは、女性ホルモンとかと関係してるの?良く分からないんだけど、もし本当だとしたら、恐るべし女性ホルモン。

と、勝手に自己流の解釈を考えてみたけど、お尻も大きくってもいい!肝心なのは、お尻が上向いてるか、下がってるか?って事だと思う。私は、、、、ノーコメントにしておこう。で、多分、この上がってるっていうのと、股関節ってのは、すごい関係があるような気がする。ヨガ教室での、私の観察によると。

これをさらに深く考えていくと、結局、女体として、いい感じか?ってのは、全ての身体のパーツが上向きか?っていう事なのよね。。イヤらしい感じだけど、生き物として美味しそうってのは、生殖能力が高そうな身体付きかどうか?っていう事と切り離せないって事なのかも?

そういえば、叶恭子さんの「3P」にはすごい内容が溢れ返っていたけど、あの人、ただに胸を露出してるだけじゃないなぁって思ったのも確か。身体を商売道具としているだけあって、女体の身体の動かし方をすごい研究していて、それは、キャ!エッチ!っていうのを超越して、もはや、芸術の域まで行ってると思った。別に、叶恭子さんは、目指してないですが。。。自分の身体を知り尽くすっていう意味では、とっても研究熱心な人だし、才能ある人なんだと思う。
[PR]
by run_run_moon | 2006-08-16 00:19 | yoga

自転車にまつわる話

今日は月曜日だったので、皇居に行って3周走ってきました。月間目標150Kって書いてるのに、一向に走行距離が延びない・・・もう、月半ばなのに。

今日は、皇居の帰りに面白い事がありました。帰り道の四谷近辺から、ずっと同じ道を自転車こいでる男がいて、途中で、偶然目が合っちゃったんですが、私は別に無視っていうか、気に留めてなかったら、相手はガン付けられたくらいに思ったのか(?)、突然、闘志を燃やして自転車こぎ始めました。あの人なんだったんだろう?ママチャリを立ちこぎまでして、必死にこぎ、明らかにこっちを意識して、「お前には負けない!」くらいの表情。っていうか、こういう乗り物の勝負の場合、当然、何乗ってるのかって勝敗を分かつよね?って思うのに、ママチャリを相変わらず必死にこぎ、交差点では、私が行く方向まで確認し、レース続行。

前から知ってたんだけど、私は、自転車、オートバイ、自動車の運転すると、とたんにガラが悪くなる。自然と出てくる言葉が、普段とまるで変り、典型的な人柄が豹変する人タイプ。なので、前をチョロチョロしてる男が、邪魔で邪魔で、歩道を立ちこぎでフラフラとこいでる奴を、こっちは車道でスイスイとこいで抜かしてやった。ざまーみろ!お前のママチャリの何倍する自転車にこっちは乗ってると思ってんだ!

自転車でも走るのでも、やっぱり、身体がふらつくとスピードって出ないなぁって思う。ママチャリじゃなくって、スポーツバイクみたいのだと、片手運転するだけで、バランスが一気に崩れたりするのを感じるから、フラっとしないで乗らないといけない乗り物なんだと思う。
皇居は速いランナーから遅いランナーまで沢山いるけど、走り方のフォームがキレイな人って、上半身がブレないような走り方をしてる。私も、今晩は、首から腰まで、一枚の面で押されて走ってるようなフォームを意識してみたけど、そうすると、腕をどう振ったらいいんだか、分からなくなってしまった。激しく振ると、身体も動くし、でも、腕を振ると前に行きやすくもなるしねぇ。ランナーズ、立ち読みしないと。

ところで、これは軽い自慢話として聞いて欲しいのですが、私の自転車の走りに惚れた男が出現しました。いやー、困っちゃうわねぇ~って言うか、この人、私が自転車買ったお店の人です。

私は買う前から、とりあえず4日くらいかけて色々な自転車見てから買おう!って思っていたのですが、多分、一番最初に接客してくれたのがこの人。はっきり言って、とっても無愛想だったような。。。この時知ったのですが、実は、自転車も男の世界なんですね。オートバイは最初っから分かっていたけど、まさか、自転車も?って気分。欲しい!って思ってもサイズが合わないとかってあり得ない!って思いません?たかが自転車で、何で、女性サイズがないわけ???って、私の自転車への想いが、かなりこの時点で凹んだのを覚えてます。
なので、当然、店員も女性客ってのが、真剣なサイクリストになるって、多分、思ってないんだと思うし、お勧め出来るバラエティーが男性に向けてよりも圧倒的に少ないから、熱心にもなりづらいのかも。

まぁ、結局、女性仕様のを買ったんですが、これは、絶対に必要だからと、空気入れも買っておきました。後日、そうだ、空気が減ったかも?って思って、空気を入れようとしたら、その空気入れの使い方が分からない・・・フレンチバルブだか、何とかバルブだか、普通のママチャリとも空気入れのバルブが違うらしいんだけど、私は、ママチャリの空気すら入れた事ないのに、こんな簡易空気入れの使い方分からないに決まっているじゃん!と、買う時に説明してもらえば良かった!と激しく後悔しつつ、店に電話をしたら、その店員が電話に出ました。こういう、空気入れの使い方の説明を電話でしてもらうのって、分かりづらいんだけど、しょっぱなから、私が空気入れのメーカは何?って聞かれた時に「ACOR」をアコーって言うんですかね・・・って言ったら、受話器の向こうから、鼻で笑うように「エイカーですね・・・」とか言って、説明し始めるの!多分、Nikeのことを、ニケとか言っちゃったみたいな感じなんだろうけど、私としては、そんなの知るか!って気分だし、こっちは、空気入れるところが、逆に全部抜けちゃうし・・・てめぇ、覚えてろよ!くらいな心境だった訳です。

フフ、そんな奴も、私の走りに惚れてしまったのね・・・突然、私の愛車にラブレターっていうか、色々な言い訳と共に、メアドが乗っていて、「お友達になって下さい」って書いてありました。あんた、最初に私に接した態度はどう思ってるの!!と、おしおきとして1週間くらい放置しておいたら、自転車の調子が悪くなったので、店に行く事になってしまいました。そしたら、その店員がいて、まぁ、私も自転車直して欲しいから、フレンドリーに接し、メールを送った訳です。

そしたら、一体全体何があったの?って言う程に、誉め言葉が!会社の近所で私の自転車の走りを見たら、ブッチギリでした!の事。いやーだぁー、私ったら、すっかりサイクリストとしても腕を上げてたのかしランラン。

こういうのって初めてかも?ただのナンパとかにしても、大体にして、顔やら性格やらで気に入られたり、しかも、もう自分が男に好かれる場合のポイントなんて分かってると思っていたら、新境地発見。私の自転車の走りに惚れる男がいるのねぇ~

さて、これからは、本業の走りで惚れる男が出現するのを目標として、頑張ろう!

そうそう、今日、山姉に「会社で納豆を食べるなんて!」と大顰蹙でした。やっぱり・・・と我ながら思っていたのですが、食べ続けていたのはナゼ?と思ったら、私の席がある所は、他のフロアーからちょっと隔離されてるのですが、それだけじゃなくって、その島にいるのは、私以外、全員男性なんです。ここに一人でも女性が入っていたら、とても会社de納豆は出来なかったと思うんですが、男性って、私が何食べようがあんまり関心がないんだと思う。私以外にお弁当の人がいないから、みんな外に行っちゃうのもあるけど、それでも、やっぱり、女性の目があったら、そうは言ってらんないと思う。ローフードのカフェ・レストランに女性しか、ほとんどいないように、男性って、多分「こいつ、会社で納豆食べてるぜ!」っていう事に対して、女性に比べて、著しく興味がないんだと思う。
[PR]
by run_run_moon | 2006-08-15 01:31 | yoga