マラソン、ヨガ、ベリーダンス! 女を磨く?身体のブログです


by run_run_moon
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

12月目標

今月は、2月の「東京マラソン」に向けて、長距離を走る! 25K~35K走をする。
頑張って200K超えをする!
[PR]
by run_run_moon | 2006-12-31 23:59 | その他

年末トレーニング②

昨日は書き忘れちゃったけど、2007年に向けて、カウトダウンが始まってる中、私は、距離カウントアップで、一日づつプラス5Kで走ってます。

昨日は20K。 でも、同時に減量の為の食事制限もしてるので、辛かった。
食べるタイミングがすごい大事なんだと思う。朝にフルーツを食べて、牡蠣とシメジを炒めて食べた。そして、走りに出発。当然、アミノ酸とボクサーピルを飲んで。。。一応、10K過ぎくらいで、アミノ酸を飲み足そうって思って、ヴァームを溶かしたのを持って行きました。
そしたら、もう、10K地点でエネルギー切れ。しかも、寒い・・・こういう日は、ウィンドブレーカーを着ないと、汗が冷えてそして、それが風でさらに冷える・・・走っていても、全然暑くならない。夏はこれが羨ましいんだけどね。。

なので、急遽10K終了して、すごすご家に戻る。 パン一枚にカッテージチーズを塗って食べたら生き返るよう! 普段だったら、食パン1枚なんてペロリと食べちゃうんだけど、これも、すごいエネルギーなんだなぁって実感。やっぱり、炭水化物はすごい。

で、寒かったので、お風呂にまで入ってしまった。そして、半ば、湯船で放心状態。

でも、このままでは、計画2日目にして、頓挫してしまう。。そして、私は、究極にall or nothing系の人なので、ここで、20Kを走らなかったら、次の日だって、どうでも良くなってしまうに違いない。なので、お風呂から渋々出て、再度着替えて、また10K。 10Kも2回に別けるとラクですねぇ~っていうか、お腹空いてると、そっちが辛くて、走ってるのが大変とかはない。

夜は久しぶりに加圧トレーニングをやってみた。あれやると、筋肉付くから、どうしようかなぁって思ってるんだけど、有酸素運動と筋トレをセットでしないと、いけないし。 

夜は、ヒジキと大豆を煮て、切干大根と麩を煮て、食べました。 あぁ、日本人ってすごい。乾物料理って、最高です。


そして、3日目。今日。

25K走の日。朝は昨日の反省を生かして、果物とヒジキと切干大根と玄米。でも、走りに行く前に、微妙にお腹が空いてきた・・・あぁ、これは危険!と思って、また食パン1枚とカッテージチーズ。今日も、アミノ酸とボクサービル。そして、途中でも補給する為に、持って行きました。

いやぁ~、久しぶりに筋肉痛。 同じ所をクルクル走ってるのもあるし、毎日、距離をちょっとづつ延ばしてるせいか? 腿が痛い。 やっぱり、ランニングって、ずーっと同じ動きだもんね・・・ やっぱり、脚の筋肉に良くないような気がする。 でも、走るしかないしなぁ。。。とか良く分からない思考回路にまでなってきた。

脚も痛いし、内臓疲労(?)もたまってきて、最後の5Kは異常に辛かった。ペースなんて大したことなくって、最初はキロ6分くらいだったけど、最後はキロ7分くらいだったと思う。 私は2月の東京マラソンに向けて、すごい不安になってきたよ。

明日、元旦は30K走の予定なんだけど。。。そして、2日は初売り!

2日は、1日に頑張れたら、ちょっとランニング・グッズも買うことを許そう。


筋肉痛だけど、関節が痛いとかはないし、今年は、本当に全く故障なし! 去年は、膝が痛かったりしてたのにね。これは、筋肉が付いたからかな。

丈夫に産んでくれた両親に感謝です。 年末に減量作戦の話をしたら、母に「あんたは、病院で3番目に大きな赤ちゃんだった。4200gあったのよ。」と言われて、普通は赤ちゃんは、産まれてスグは首がすわってないらしいのだけど、私は産まれた時から、首がすわっていたそうです。
そして、脂肪細胞の数は3歳までに決まるらしいのだけど、私は3歳頃まで、太っていたそうです。。。ショック・・・ 

でも、丈夫っていう事だけは、いいので、来年もケガなく、楽しく走りたいと思います。

ブログで知り合えた方々も、よいお年をお迎え下さい! 来年もよろしくお願いします。
[PR]
by run_run_moon | 2006-12-31 19:17 | running

年末トレーニング①

今日からお正月休みです。

私は、もう、この6日の休みに全身全霊で取り組もうと決めてる課題。 減量です。

今回は、素直に、一番の王道です。

1.あんまり心拍数をあげすぎない速さでのJog 60分以上
2.走る前に、L-カルニチンの錠剤(ボクサーが減量に使うらしい)を飲む。
3.ヴァームもついでに飲む。
4.走り終わったら、ソイ・プロテインを飲む。
5.基本的に、炭水化物はあまり食べないようにする。

と言うわけで、Day1は、久しぶりに15K走ってみました。
左腕には、iPodと心拍計。 もう、メカニックな人になってます。

iPodでは、時間とか距離とか消費カロリーで目標設定をすると、そこまで、あと何分とか教えてくれます。今回は、スピードよりも、長時間運動をする事を目標としてるので、90分にしました。
で、心拍計は、相変わらず信用なりません。だって、89とかから、いきなり160台とかにアップしてたりするんだもん。そんなのあり?って感じ。でも、本当は130台を目指してたんだけど、まぁ、そうすると早歩きみたいになってしまうから、スピードを意識しない速さで走ってみました。

でも、結局は90分で15Kだから、キロ6分ペースで走ってました。本当は、キロ7,8分で20Kとか30Kを走るほうが脂肪が燃えるらしいんだけど。

と、走るっていう面では、この6日間で、ひたすら距離を稼ぐ。 こういのは時間がある時しか出来ないものね。

あと、思いのほかiPodの距離の測定が信頼出来るのでビックリしてしまった。ペース調節は、外苑でやったのですが、今日は近所のアスファルト路面じゃない土の上で走ってみたのだけど、結構正確に距離が出てるの。

砧公園の芝生を自由に走るっていうので、距離設定でやってみようかと思ってます。明日は、一応20K目指して走る予定です。で、31日は25Kと一日で5Kプラスして行く予定。

午後は、松涛に出来ていて、全然いけてなかったShie Spaに行って、温泉やらフィンランド・サウナに入って汗をダラダラと流しました。 もちろん、その時も、うどんとかは食べず、カッテージ・チーズとそら豆とか、蟹あんかけの焼き豆腐とかを食べました。
当然、すごい風が強い中、自転車にてShie Spaまで行きました。今日は、普通なら結構な運動量だと思うんだけど。

で、さすがに家に戻ったら、野菜と豆腐としいたけと魚の鍋を食べた。 食べ過ぎたかも・・・
これから寝る前に、また、ボクサーピルを飲んで寝ると、寝てる間にも痩せるんだって。本当かしら?

さて、1月3日にはどれくらい痩せてるのかしら・・・これでも、痩せなかったらどうしよう???
[PR]
by run_run_moon | 2006-12-29 23:00 | running

1週間以上ぶり

最後に走ったのが湯河原以来なので、まる1週間も走らない日が続いてしまいました。。。
これも、すごい久し振りかも・・・

先週は2日も風邪で会社を休んでしまって、治りかけても無理も出来ないしっていうので、今日まで走るのをお休みにしてました。今日も、果たしてよかったのか?っていう感じもあったけど、何よりも、iPod nanoのスポーツキットを試したくて、試したくて!

最初、CMで観た時はあんまり欲しいなぁって思って無くって、今回も、スポーツキットよりも、もう、私のミドリには我慢出来なくなってしまって、nanoの購入に至った訳です。沢山 iPodはあるけど、スポーツキットが使えるのは、nanoだけで、私は走る時以外は音楽を聴きながら歩くことはないから、4Gのnanoで十分でした。

で、さっそく、はやる気持ちを抑えつつ、試してみたら、最初はぜんぜん正しく計測されなかった。しかも、可笑しいのは、今日は外苑に行ったんだけど、丁度私が、絵画館のコースに行くまでにスポーツキットを持った女の子とおじさんが、話をしていて「調節しないと、距離が正しくない」とかぼやきながら、戻ってきていたのです。やっぱり、発売すぐよりも、プレゼント交換さかんな今頃のほうが普及率高まってるのかもしれません。

だから、ちょっと、正しく計測出来ないの?って不安になりながらも、走ってたらやっぱり間違ってる。でも、調節ってのが出来て、とりあえず400M走ってあわせてみたら、次はピッタリ800MでOK. これは、どうやって距離の計測してるんだかわからないけど、結構頭のいい機械みたいです。

ちなみに、私はNikeのシューズは持ってなくって、あの靴じゃなくっても使えるようになるっていう、セットも購入。これはどの靴にでもマジックテープで計測器をつける事が出来るようになるんです。

でも、途中から小雨が降ってきたりしたので、結局、今日は5Kくらいしか走らなかった。やっぱり、年末にまた風邪引くわけにもいかないし。 やっぱり、今月は200K無理かも。

あと、前、マラソン経験豊富な人と話していて思ったんだけど、私の次の東京マラソンは2万人も出るとなると、ホノルルみたいな感じなのかしら? スタート前もすごい渋滞するんだろうなぁ・・・って思ったり、あまりにも、今月も走ってないし、体重も減らないし、2月の東京マラソンよりも、3月に出る、湘南国際の方にもっと焦点をあわせて、トレーニングしたほうがいいのかも?って思ってます。

東京マラソンで必死になって走るよりも、楽しんで走って、3月の湘南国際でサブ4(本当は4時間半で満足な気も・・・)を狙う!と・・・じゃないと、2月のマラソンに向けて、ベストな状態で望めないような気がしてきた。

東京マラソンは完走出来ると思うし、5時間半前にはゴール出来ると思う。でも、東京マラソンを真剣に走るとしたら、あと走りこみが出来るのって1月だけでしょう? 今回、風邪引いたりして思ったけど、やっぱり、疲れてると病気にもなるし・・・ってなると、1月2月で走りこんで、3月の湘南国際で記録を狙う!っていうほうが現実的な気がして・・・

とか言って、忙しくなってくると、またこれも上手くいかないのかなぁ・・・
正直、私は、完走よりも、タイムにこだわったフルマラソンってのをやりたいって思ってるんだけど、それには、東京マラソンじゃ、私が間に合わない・・・

昨日のクリスマスパーティーでは、「あれ?走るの止めたの?」とか言われた挙句、夏に会った時はすごい絞り込んでたけど、今は種目を変えたのか?とか、ありえないような言われよう。そして、「もう、勝つ気はないの?」とまで・・・・ショック!

私、そんなに太りましたか??っていうか、体重計見りゃ解るんだけど。でも、そう考えると、夏は、あれでも痩せていたんだなぁ・・・シミジミ。

明日は忘年会だし、明後日は走れるかなぁ。 やっぱり、久し振りに走ると気持ちよかった。年末は(仮想)合宿トレーニングのようにして、LSDに励もうと思って。 キロ7~8分で、30K走・・・周回コースだと飽きそうだなぁ・・・その前にTsutayaの会員になって、私のiPodに新しい音楽沢山いれておこうかなぁ。

最近のお気に入りは、なんと、ボン・ジョビでした。私、どうも、ロック好きなんです。
でも、一番好きなのは、プリンス! 小学生の時に、Kissを聞いてから、刷り込みのようにして、彼の声を聞くと欲情(?)するようになって、多分、唯一、ほとんどのアルバム持ってます。

みなさんの、お勧め音楽も是非、教えて下さいね。
[PR]
by run_run_moon | 2006-12-25 22:42 | running

湯河原 (城山&幕山)

大分ご無沙汰してしまいました。

先週のhappy trailから忙しかったり、風邪引いたりで中々ブログをアップ出来ませんでした。昨日から会社を風邪でお休みして、今日も大事をとってお休み。やっと出来た休暇(?)を利用して、ブログを書くことにしました。

先週末の湯河原・・・遠い昔のような気がするのはなぜかしら?

朝の9時に駅集合でしたが、私は前泊して沼津にいたので、8時に家を出るのでOKでした。これくらいの距離だといいわよね。もし、東京の家だったら、朝6時台に出発しないと間に合いません。

最初は小雨が降っていて、そのせいもあるのか、ルートを変更するという事で、途中までバスで行きました。さて、そのバスで行ったのはどこだったのか? 相変わらず私はイマイチどこを走ったのか記憶がない。でも、この日に行ったのは、城山と幕山の二つ。最初は城山の近辺からスタートして、幕山まで行って、そして、城山まで戻ってくるっていうルートだったと思う。

私の遠い記憶では、このルートではどこも、すごい大変って所は無くって、私も悪態(失礼)を付きたくなるような事もなく、楽しくいい気分で走る事が出来ました!

地図を見てみると、ちょっとづつ記憶が蘇ってくるのですが・・・

途中、ししどの窟に行ったのと、ロッククライミングで有名な場所の近くを走りました。

今回で一番印象に残っているのは、幕山まで行ったら、とつぜん、800Mのレースをやろう!って話になって、いきなり、レース大会に! そう、私は前回までに800Mダッシュをやったため、ちょっぴり、自信を持っていたのですが大間違い!アップ・ダウンのあるトレイルでの800Mダッシュは死にそうでした。6グループに分かれて、私は第3走者だったのだけど、1番走者の人が2分ちょっとで、ブッチギリの1位で戻ってきたの! 800Mを2分台って、短距離走の選手並でしょう? 私は、えぇーこんな優秀なチームになってしまって、困ったとプレッシャーを感じてたら、第2走者も1位で戻ってきた! ゲッ、これは大変!
早々に、1人に抜かれてしまった。で、もう、走ってるときに、肺が壊れそうなほどにヒィーヒィー言ってるのが聞こえる。呼吸が乱れすぎて、これじゃあ、800M以上は走れないっていうほど追い込みました。結局、3人に抜かれてしまったんだけど、後ろから走ってくる人も、あまりにも、ヒィーヒィー言ってるからビックリしただろうなぁ。
結局、私のチームは3位だった。終わってから、みんな肺がつらそうで、咳き込んでる人ばっかりでした。でも、1番の人すごいよねぇ。2分ちょっとだもん。長距離も走れて、短距離も速いって、理想的。しかも、そんなにヘバってるようにも見えませんでした。

でも、この幕山の山頂を1周するコースはすごいステキなのです。とっても、幻想的な景色で、最初にみんなで走っていた時に、私はこういう周回コースを走るのは楽しいだろうなぁって、ちょっとどこかで思っている自分がいました。

この日は4時間半近く走り、20Kって言ってました。
上りもあったけど、(それこそ40分くらい上りっぱなしってのが2回も)そんなに急な上りばかりじゃなかったので、適度に疲れたっていう感じ。湯河原の温泉にも入って、すごいリラックス。

でも、本当はこの日は、X'mas partyが横浜である日で、7時からパーティー参加組もいたんですが、私は、スゴスゴと家に帰りました。。。やっぱり、みんな元気だよなぁ~ 私は、地元の駅に7時頃に付いたけど、もう、すぐに寝れそうだったもん。
でも、ちょっと心残りだったのは、montrailがcolombiaに吸収合併されてしまったので、石川さんは、今までのユニフォームを着れなくなってしまったそうで、オークションで売る!って言っていて、そのオークションが横浜のパーティーで行われるはずだったのです。

まぁ、私が自分では着れないしなぁ。。。パジャマ? ちょっと変態みたいだし。

今回は、ロマンスカーで読むために金さんの新書「3時間台で完走するマラソン」 を買って読んでました。この本は、もう、マラソンガイドみたいな感じで、全ての分野に関して網羅しているので、1回は読むといいのかなぁと思いました。 
私が一番、ショックを受けたのは、女子マラソン選手があんなに細いのは、練習の成果ではなくって、ダイエットしてるからだそうです。。。
丁度、増田明美さんの「夢を走り続ける女たち」を読んでるのですが、ここにも、女子のマラソン選手は、食事制限をして体重をコントロールしてるんだそうです。

私だけでしょうか? ビックリしました。
昔、シンクロの選手とかが、すごい量の食事をしていて、現役選手の時に一番辛かったのは「食べないといけなかったこと」って言っていたのに、マラソン選手は、減量の為に食事制限してるんです。
もちろん、シンクロ選手とマラソン選手の細さは違うけど、痩せる為なら、シンクロ?

実業団とかで走ってる選手は月間1000Kとかは走ってるでしょうから、それでも、何を食べても痩せるっていう訳ではないですね。あと、これは、ちょっと自分でも感じているのですが、同じ人間が同じ運動をしても、やせ続けないって事ですね。人間のサバイバル能力の一つなのか?多分、全く運動してなかった人が、やればメキメキ痩せる運動量でも、ある程度してる人では、痩せないんだと思う。

今度の大阪国際に出るという渋井陽子選手、私は好きな選手です。何だか、運動選手っぽさっていうよりも、本当にやんちゃな元気一杯さってのが感じられて、すごい身近な感じがするのです。彼女は、もっと痩せれば速くなるって言われているらしいのですが、やっぱり、食べたいってんで、理想ほど痩せられないらしいです。そういうのも、親近感を感じる・・・
でも、今は痩せてるみたいで、来年の1月が楽しみです。

走ってさえいれば、何を食べても太らない!はウソだったんですねぇ~


あと、この2冊の本で、出てくるのが、クロスカントリー!
実は、私の走歴は、全く話にならないと思っているのですが、私が、一番最初に、走るクラブに入ったのは、クロスカントリーです。

小学校の時は、リレーの選手に選ばれたりしたけど、それは、まぁ、たまたま、小さい頃は速かったってだけで、練習なんてしてなかった。
中学校は、英語オタクだったので、ほとんど、運動ゼロ。
高校は、アメリカにいたので、それこそ、運動しました。で、一番、最初に入ったのは、クロカン。
これは、ホームステーしていた子がクロカンに入っていたから、私も入るかっていうので、入ったのですが、すごい楽しかった! 

日本では、全く知名度が低いクロスカントリーですが、アメリカでは(西海岸)さかんです。私がいたワシントン州は、木々が多い茂る州だったので、それこそ、ちょっといけば、クロカン用のトレイルがあるのです。レースも用意されたコースじゃなくって、裏山を走るって感じだったように思う。私は、何回か迷ってしまって、中々戻ってこないから心配されたりしました。

クロスカントリーは、山を走るのはちがって、丘を走るとか、森を走るってのに近いと思います。日本だと、山は沢山あるけど、平坦な森林ってあまりないから、流行らないのかな?
一度、TVでクロカンレースを見たけど、それこそ、ゴルフ場みたいな所を走っていて、私のクロカンのイメージとかなり離れていました。

で、この2冊の本で、クロスカントリーを薦めていて、ポーラ・ラドクリフはクロカンを得意としていたそうです。そりゃ、イギリスなんていたら、クロカンしたい放題なステキな場所が沢山ありそうですよね。

で、金さんがお勧めしているのが、砧公園!!おぉーこれは、私の家から自転車で10分ちょいでいける公園!今までは、自転車コースばっかり走っていたけど、言われてみれば、芝生を走ればいいのよね!!と目から鱗ですよ。

しかも、やっとミドリを卒業して、iPod nanoを購入しました。今、輸送中。で、nanoを買ったら、当然、sport kitも買うでしょう!って事で買ってしまいました!

今月は200Kムリそう・・・って思ったけど、こんなオモチャと、ステキなコースの発掘と、年末の休みで、諦めなくても良さそうです。
[PR]
by run_run_moon | 2006-12-22 12:27 | trail running
今日は、どうにか仕事を抜け出して(忘年会ですと、ウソをつき、走りに行く・・・素晴らしい)、外苑に行き、靴を試してみました。 いつもはアートスポーツで買っていたんだけど、職場に近い、Gallery2というお店で今回は買ったのですが、ここの店員さんはとっても親切でした。

アートスポーツもいいんだけど、多分、あそこはあまりにもランナーの間で有名になりすぎて、店員さんも、いちいち丁寧な対応をしてらんないんではないか?っていう疑惑が・・・しかも、私はただでさえ、シリアス・ランナーだとは思われないタイプ。それは、もしかして、本当だからかもしれないけど。。。シリアス・ランナーっていうのは、普通にランニング・シューズを履いてたりします。

なので、これからはGallery2、いいかもしれません。新宿紀伊国屋の裏のアドホックビルに入ってます。

今日は、スーパーフィートを入れて走ってみました。前回と全然違う! 最初は、スーパーフィートの良さが全く分からなくって、とりあえず、ホノルルマラソン前に、藁にもすがる思いで買ったんだけど、いまいちよさが分からず、本番は入れませんでした・・・今回のシューズもそうだけど、やっぱり、馴染まないと本来の良さが分からないのが、靴選びとか靴関係の小物の難しい所だと思う。 結局、24.5で良さそうだし、今日だけでも、随分、前回と違いがありました。これで、25だったら、かなり大きくなってしまっていただろうから、最初はキツイって思っていても、分からないものです。

スタートが遅かったのと、私の目標(おおきくでた)サブ4達成のためには、フルマラソンだと、キロ5分30秒くらいで走っていないと難しいわけです。しかも、イーブン・ペースで。そんなの、ムリで、30K越した辺りから、おかしなことになるのが目に見えてます。なので、多分、キロ5分20秒とかで走るのが理想。

最近読んだ本では、例えばサブ4目指します!っていう人なら、一体、どれくらいのペースで走らないとダメなのかを、身体に覚えさせるのが大事と読んだ。確かに、その5分20秒ペースで走った事がない身体は、当然、サブ4ムリな訳です。
本には、長距離を走っていると、それが段々と慣れて、同じ距離をもっと速く走れるというのは、あんまり正しくないらしい。それよりも、スピードトレーニングをして、ある速さになってから、走れる距離を伸ばすのが正解らしい。

だから、インターバルやらってのをやらないといけないんですねぇ。。。

今日は外苑の絵画館の周回コースを走りました。あそこは、すばらしいコースで、1周1350Mで、ちゃんと100Mごとに印がある。 本に書いてあったのは、とりあえず、800Mを速く走って、400Mをスローペースで走るっていうのが、お勧めらしかったので、このコースで、800Mは速く、残りの550Mはゆっくりとして走ってみる事にしました。

以下記録

1. F 3:55 S3:03
2. F 3:55 S3:00
3. F 3:53 S3:13
4. F 3:54 S3:09
5. F 3:47 S3:16
6. F 3:39

このFは800Mのダッシュのほうで、Sは550Mのゆっくりのほう。800Mだから、1.25掛けると1Kのタイムになるけど、1回目は4分53とかで、最後は4分47。 マラソン選手のすごさを実感。。。 この間、私はハァーハァー言ってましたから。 550Mは1.81を掛けるとして、5分35とかくらいだったのかな。 こう見てみると、私のダッシュもたいしたもんじゃないね。。。
最後はかろうじて、4分33。 やるほどに速くなってるのはナゼ? もしかして、最初はウォーミングアップとかしたほうがいいのかな? でも、これを始める前に、12,3分は走ってたんだけど。

とにかく、この間くらいを当たり前に、ジョグペースで走れるようになるのが理想。

今回、初めてインターバルをやってみて、こりゃつらいなぁって思った。だって、そんなに数字では速くないダッシュでも、当然息は上がるから、その後にも、走り続けて心拍を落とし、またダッシュってのは、イーブンペースで走り続けるよりも、疲れる。途中で止まって休憩したい・・・って何度と思った事か。でも、この上がった息を、動きながら下げることで、心肺機能はすごい向上するらしい。

時間が無い時はこういうトレーニングもいいかも。

終わってから、足のむくみが見事に取れてた!

明日は静岡のおばあちゃんの家に泊まりに行き、明後日はハッピートレイルで湯河原に行きます!天気が心配だけど、湯河原は初めてだから、楽しみです!
[PR]
by run_run_moon | 2006-12-16 00:16 | running

靴問題解決

最近は、仕事が忙しくって、走る時間がとれません・・・でも、今日こそは!と思っています。

ところで、靴問題。解決しそうです。
というのも、よくよく考えれば、私は普通の靴で23.5をはいてるので、いくらなんでも25って事は無いだろう・・・って思い、買った店に相談しに行きました。そしたら、25とやっぱり履き比べて、うーん、やっぱり24.5でいいような。お店の人も、私がこの足だったら、24.5にするとまで言うので、24.5で良しとしました。

確かに靴って、伸びるんですよね。
[PR]
by run_run_moon | 2006-12-15 16:37 | running
嬉々として、新しいシューズの事を書いたのは、まだついさっきの事なのに・・・
サイズが小さい! 微妙な感じ。私は右足のほうが、左よりも、0.5センチほど大きいんです。だから、シューズも24.5を履いてたんだけど、最近買ったGT-NYのスリムは25にしたんだった・・・それなのに、今日は、24.5を買ってしまったんですよねぇ・・・左はピッタリ、で、右もまぁ、悪くないっちゃ、悪くないんだけど、今日、外苑を走ってきて、「あぁ、こりゃダメだわ」って思った。

靴としてのDS-Trainerは、私は予想以上にクッション性があって、走りやすい!だから、サイズさえ合ってれば、大満足だったのにぃ~ このモデルの特徴の幅狭いのが、足にピッタリフィットして、すごい気持ちが良かった!

誰か、読者(?)方で、東京マラソン限定版のDS-Trainer 24.5センチ、送料込で1万円で買いたい!という方はいらっしゃいませんか?

走った距離は、9K。 外苑周辺のアスファルトの道路なので、ソール部分は、走った感がありますが、表部分は新品同様です。わたくし、水虫等の足のトラブルもないので、もし、誰か、興味がある方がいらしたら、コメント欄にご連絡下さい!!! 定価で、税込み13230円です。3,230円、お得!是非、私に25センチのDS-Trainerを買う資金を得る手助けをお願いします! でも、お店で、ちゃんと履き試して見て下さいね!

今日は、そんなショックもあって、いつもよりも1周少なく走ってしまった。
でも、外苑のイチョウがちょうど散っていて、絵画館前の道は、まっ黄色! 中々、ドラマチックな景色でした。

あと、今日も、サッカーの試合があったみたいで、すごい人でした。そして、明日・明後日は、Orenge Rangeのコンサートが東京体育館であるみたいで、用意が進んでいました。

図書館で借りてる「スピードトレーニングでタイムが伸びる」という本、すごいお勧めです!
私が以前、興奮気味で「速い走り方をみつけた!」って思っていた事の、ほぼ全てが書いてあります。前傾姿勢とか、足の体重移動(?)っていうか、足裏か? 読んでいて、やっぱり、そうなんだ!って、すごい納得! もちろん、私はまだ出来てないんだけど・・・

マラソンって、やっぱり、完走するには・・・とか、初心者の人がどうやってくといいのかっていう本ばかりで、タイムを伸ばすには?っていう本はあまりないような気がする。まぁ、初心者じゃない私なんかは(って、偉そうに書いてみた)、5K30分で走れるようになってみよう・・・とか言われても、面白くない。

そこで、この本、改めて、「私、初心者です」っていう気持ちになります。
やっぱり、速くなるには、トラック練習ですよ! 分かってたんだけど、逃げてた。それに、体重落とすには、LSDですからねぇ。今日、初めて400Mダッシュってのをやってみたら、すんごい息があがって、ビックリした。

月間距離200Kも目標にしたいけど、それ以上を走ると、私の場合、隠れ疲労につながる。
(お風呂で寝るとか、家出る20分前にしか起きれないとか) だから、やっぱり、疲労を残さないで、速くなるには、やっぱり、スピードトレーニングらしい。あと、作者の弘山勉さんは、弘山晴美選手の旦那さん。この夫婦の練習法は、ものすごい速い人々向けだけど、背伸び気味ながらも、役に立つこと書いてある。フォームの写真もすごいキレイだし。私はこの人みたいな走り方が出来たらいいな!

是非是非、靴に興味ある方、ご連絡お待ちしております!
[PR]
by run_run_moon | 2006-12-11 23:20 | running

New shoes!

今日は、突然、お昼に新しい靴を買ってしまった!

というのも、今日は走りに行こう!って思って、全部セットを持って来たハズだった。それが、ガーン、昨日、トレイルシューズにインソールを入れたので、シューズはあるけど、インソールがない!! いい加減、靴ごとに買えたらいいんだけど。。。

で、じゃあ、インソールを買いに行くか・・・って発想にはならなくって、前から買おうと思っていた、東京マラソンモデルの靴を買いに。。。調べたら、会社から歩いていけるお店においてあることが判明したので、お昼に見に行ってしまった。 見たら、欲しくなるので、お買い上げしてしまった。

私は、最初、Gel Kayanoを買う予定だったんけど、見てみると、すんごいゴッツイし、高いし、あれじゃあ、普段はいてるGT-NYでいいんじゃないかなぁ?って思ったので、DS-Trainerという、男女兼用モデルの24.5を買った。男女兼用モデルってことで、大きいんじゃないの?って思っていたら、このモデルは、幅が狭いモデルで、男女兼用なんて、関係なかった。男の人でも、私と同じくらいの脚幅の人もいるんだろうなぁ。。そういう人って、シューズ探すの大変そう。

今まで、GT-NYでしか、走ったことないから、楽しみ!


ところで、私みたいに、コンディションが整ってないとイヤ!っていうタイプもいるけど、極端に、サバイバル能力が高い人もいる。


川口湖のレースの時に、本人から聞いたのですが、なんと、北丹沢山岳レースに、つっかけサンダルで出たというツワモノがいました。もちろん、その人も、最初からそのつもりだったわけじゃなくって、靴を忘れてしまって、仕方なく・・・って感じだったらしい。

それにしても、北丹沢に出た人なら分かると思うのですが、第一関門まででも、かなり大変なのに、あそこを、つっかけサンダルですよ!! それも一応、脱げないように、紐でグルグルと足に巻きつけたそうですが・・・ 当然、最後のほうになってしまったそうですが、どうやら、足を引きずる音がおかしいので、スイーパーの人に、途中で靴を履いてないことに気付かれて、かなりビックリされて「靴、履いたほうがいいですよ」って言われたんですって。そりゃ、ビックリしますよね!

第一関門でリタイアしたそうですが、それにしても、足は血だらけだったそうです。そりゃ、だって、裸足で走るのに等しいですもん。

その人に、なぜ出たのか?って聞いたら、「せっかくだから」って言ってた。
すごいよー、そのせっかくって、確かに、北丹沢は、そんなに近い場所ではないけど、そこまで遠い場所でもないし。しかも、この話を結構、ケロっとした顔で言ってました。

なので、本当だったら、私も、靴はあるわけで、インソールがないくらいで、ニューシューズを買ってはいけないんでしょう。。。。でも、やっぱり、足がボロボロになりそうだから、私は、インソール無しの靴はいやだなぁ。
[PR]
by run_run_moon | 2006-12-11 16:58 | running

御岳山岳マラソンレース

今日は御岳レースの日!昨日は十分に休み(なんて言っても、ほとんど家から出てませんから・・・)、疲労度ゼロの状態! 不安要素は、最近、山を走ってない事。つまり、完全なトレーニング不足状態。

朝7時の電車に乗れば8時31分には御岳駅には着くそうなので、前の晩からオニギリを作って、朝は余裕の出発!6時台の電車と7時では大違いだよね。
青梅線は、もう、山に行く人しかいない、遠足列車みたいになってるので、出来るだけ、山と関係なさそうな人の前に立って、席が空くのを待つ。私の勘が当たって、8時には席をゲット!!

人目をはばからず、オニギリをモグモグとパクつく。もう、私の中の、山行きの青梅線は、朝食を食べる場所になっちゃってる。だって、家で食べるには早いし、会場では遅いし。

やっと腹ごしらえが出来ると、周りの人で、このレースに参加する人を探してみたりするんだけど、山岳マラソンって、普通のマラソンと違って、分かりづらい! だって、マラソンは、もう、ランナーだけしか基本的には参加しないんだけど、トレランレースは、普段は山です、とか、トライアスロンやってますとか、外人ですとか(これはカテゴリなのか?)、ロッククライミングしてますとか・・・基本、自然と山つながりで、ロードは走りませんって言う人も沢山参加してるのです。

事実、私の前に座っていてご婦人(50台?)は、SPEEDOの袋に何とかOPEN WATER SWIMMINとか書いてある袋持ってたしね。おぉー、山岳マラソンに、水泳バッグはあり?って思うけど、当然、トライアスリートならアリなんです。そして、隣の外人さん、白人ヨーロピアン?も、ノーチェックだったけど、向かいのトライアスリートが今回のレースのチラシを出したら、彼も出しだした。もう、靴でmontrailなんて履いちゃってたら、当然、参加者です。

多分、電車としてもこの時間に着くのに乗ってくる人が多いから、もう、電車を下りた時点で、バス乗り順のレースは始まってたりする。 私は清算という時間ロスがあったため、悔しい事に、2台目のバスに・・・

で、会場に着いたら、トイレレース。これは、1番! 女性が少ないから、楽勝だねぇ~
いきなり、おじさんが女性トイレから出てくるんだけど。

受付をしようとしたら、もう、ハデにエアロビ運動が開催されていて、着替えをするバスに向かうのが困難。 このエアロビ運動、結構長い事やってたなぁ。私がバスから出てきても、みんな、激しくエアロビしてました。

私は、またトイレに行きたくなって、トイレに行ったら、獅子舞に話しかけられました。。。
仮装ランナー! どこのレースにもいるけど、獅子舞は初めて見た! で、こういうのは自作なのか?買ってるのか?とか、色々持ってるのか?とか聞いちゃった。だいたい、どんなレースdも、仮装してる人って速いんだよね。その人に、今回のレースは初めてですって言ったら、色々教えてくれた。

こういう山岳レースって、初めて出る人には、あまりにも情報がなさすぎ! だって、今回も、荷物が御岳にある宿に届けられて、そこでオフロに入れるなんてどこにも書いてなかったし!でも、これはプラスのニュースだからいいっか。獅子舞に応援されて、記念に(?)って、握手までして別れた。

レースは、チップがないので、正確な時間測定は難しそう。最初の上りがキツイのは覚悟してたんだけど、普通にみんな歩いている。 私も、今回は、早歩きくらいにしようかなぁ・・・って思っていたけど、当たり前に歩いてるから、ちょっと、このペースで大丈夫?って不安になったので、抜かせる人は、抜きつつ、競歩の人みたいな感じで進みました。

そしたら、昨日行くはずだったOSJセミナーで知り合った女の子2人組みに遭遇。彼女たちは、結構真面目なタイプ。ちゃんと昨日も参加して、今回も試走をしたと言う。で、ここは、飛ばすと、後でバテルので、我慢してゆっくりって言われた。。。ので、私も、しばらく後についていた。でも、段々と上り坂が終わると、後ろからのランナー達は走り始めて、私は、自分も走り出したかったんだけど、絶対の自信を持って「ここは走ってはいけない」と言われると、抜かしづらくなって、結局、この上まで同じペースで行ってしまった・・・

結果としては、分からないんだけど、私の中では、これは失敗だった。もしかして、ここでセーブしたから後でラクだったとかあるかもしれないけど、自分のペースも良く知らない他人の意見に惑わされてはいけない!北丹沢の時も、きつく注意を受けたけど、トップランナー以外は、記念参加とか、ファン・ランナーなので、意気込みも「まぁ、ゆっくりいこうや」って感じだったりする。その悪魔の声に耳を傾けると、自分もズルズルとそこに引き込まれてしまうのですねぇ~おそろしやぁー

って、私も、ファンランナーじゃなかったのか?って言われるとそうなんだけど、レースになると突然、思うんだけど、自分を追い込むことないレースってのは、結局、自分から逃げる事になって、終わったあとも、不完全燃焼になる。勿論、ペース配分って大事なんだけど、最初から、逃げの姿勢は良くない! 

で、さすがに、一度上まで上り切ったら、さりげなく、二人から逃げさってしまった・・・

で、ここからは自分のペース。楽しかった!! レースとかって、変に人と一緒に走らないほうがいいかも。っていうか、別に強制されて走ったわけじゃなくって、それは私の意志の弱さだったと思う。今度から、絶対に誰かのペースでは走らないようにしよう!

下りに部分はかなり楽しいんだけど、このレース、ほとんどが上り!! 高低表を見ると分かるんだけどね。

ロックガーデンまではかなり楽しく走れたんだけど、その前の 8K地点で、55分くらいだった。最初の大塚山まで30分くらいかかったと思う。

で、このロックガーデンが、まぁ、新鮮って言えば新鮮。 あぁいうのを走ったのは初めて!走ったっていうか、歩いてるのに近いかな。岩の上だから、やっぱり走るのが難しい。プラス、いい具合に混んでるので、抜かすのも難しかったりする。。。

そしてロックガーデンを抜けてからも上り。もう、上りの連続。下を見たら、OSJの二人のうち一人が見えた。多分、あの二人もペースが違うんだろうから、さらに遅い確信を持った女性がペースを決めてたのは良くなかったのかも。

私は、今回、どれくらの時間でゴール出来るか分からなかったけど、一応、1時間50分を目指していた。で、あの追い越し禁止区域に来るまで、楽勝!だと思っていたんだけど、私の期待は見事に裏切られた。何この、追い越し禁止って?! メチャクチャ、イラついた。

今まで陣馬でも、北丹沢でもすごい所あったけど、追い越し禁止なんてなかったよ!って言うか、追い越し禁止なんて決めなくっても、きつい所は、それぞれ譲り合ったりするもんだと思う。

こういう所を追い越し禁止にするってのは、遅いランナーにペースを合わせる事になるし、はっきり行って、私のいた周辺では、遅いランナーよりも、その遅いランナーのペースでイライラしてるランナーばかりがいた。やっぱり、あれはオカシイ! 遅いランナーは、速いランナーが来たらぬかさせればいいし、速いランナーも無理なく安全に抜かせるようにするべきだと思う。

予想外の追い越し禁止区域で、私の野望は見事にくずれて、ゴールタイムは2時間1分くらい。。。 確かに、この追い越し禁止区域から先も、結構上りがあってハードだったけど、なんだか、納得のいかないレースだった。

その第一の原因が、最初の上りをラク過ぎた所。
これは、他のレースでもそうだけど、もっと、自分が出来る事を信じるって大事なんだと思う。自信が無いってのもあるし、これだけ速い人がいると、自分は、速いって思うのは不遜だと思うのも無理ないと思うんだけど、速い人の速いとは違う、もっと、自分なりの速さの追求とかをするべきだし、実際、私は今日、もっと速く走れたと思うし、それから逃げてしまったのは、「いえいえ、私なんて速くないんで・・・」っていう変な甘えだと思った。

山を走ると思うんだけど、やっぱり、もっと強くなりたい!!
今回は、ゴールした後に、sugitakasanさんが待っていてくれた。彼は1時間半! 最初の上り坂も小走りで、その後も、全部走ったそうだ。やっぱり、そのくらいの心意気ってのが必要だし、やっぱり、追い込んでいかないといけないんだわ!って、彼と別れた後に、妙に、フツフツと悔しい思いが沸いて来て、マンガのように、「おまえは強くなりたいのかぁ~」「おぉー!」っていう台詞が、炎と共に出そうな場面が頭の中をよぎってしまった。

このレースは、選手がそれぞれ宿に振り分けられていて、私も自分の荷物が届けられている宿にと向かった。そこで、お風呂に入って、お茶を飲んで、一緒になった女の人とケーブルカーに乗って帰った。

彼女は元々はロッククライミングをしてる人で、ロードを走るとかは全く興味がないそうだ。山と自然があるから、トレイルランをするわけで、ロード、なぜ?って感じらしい。

トレランを始める入口って色々だから、いろんな人がいて面白い。彼女も、今年の天狗・陣馬に出て、御岳に出たらしい。

私は脚とか腿の話をしたら、「そりゃ、当然、太くなりますよねぇ」とサラっと言っていた。彼女は陣馬の時に、速い人を観察したら、やっぱり腿は太かったらしい。確かに、腿の筋肉がないと、下りを楽しく走る事は不可能だろう。でも、重量挙げの女性は、もっとすごかったらしい。そりゃ、そうだ。

私も、もう、強くなるためなら、太い腿でもいい!と思った。
っていうか、今振り返ってみると、私の腿の太さは、食べすぎだ。今年の夏も、同じくらい走っていたけど、その時のほうが今よりも細かった。で、その時も、自転車通勤していたし、トレイルも走っていた。なので、自転車してトレランしても、今より、引き締める事は可能。そりゃ、そうだわ。

今日は、レースが終わってから、クエン酸の為に、梅干が入ったレース後用のオニギリ一個を食べて、リンゴを一個食べた。家に帰ってから、マッシュルーム、エノキを炒めて、その後から、卵、木綿豆腐、カレー粉、塩、胡椒、チーズを混ぜて、フライパンで炒めるっていう、植物系メインのタンパク質を沢山の食事をしました。

レース後は、炭水化物ではなくって、タンパク質!
あと、今回はレース前にヴァームで、後はアミノ・バイタルにしてみた。やっぱり、ヴァームのほうが、お腹空かない。私にはあってるみたい。本当は、アミノ酸って味の素がやっぱり日本で一番の会社で、他のメーカーは味の素から、アミノ酸の元(?)を買ってるっていう噂を聞いていたから、アミノバイタルのほうがいいのかなぁって思ってたんだけど。

やっぱり、美脚も欲しいけど、強い脚も欲しい! 
次回のレースは、高水山の4月のレース。私はこの12Kでトレランデビューしたんだけど、来年は30Kに出る予定!それまでに、もっと鍛えよう!

今年は、来週にHappy Trail主催の湯河原があって、終わりだと思う。
今日の御岳は、山が冬の景色だった。そうそう、今回のレースは、本当に景色がきれいだった!紅葉の葉がいたるところに落ちていて、秋に来たらそれもそれでステキだったんだろうなぁって。冬の山もステキだった。

やっぱり、山に行くと、山はいいなぁって思っちゃうんだよね。
[PR]
by run_run_moon | 2006-12-10 19:01 | race