マラソン、ヨガ、ベリーダンス! 女を磨く?身体のブログです


by run_run_moon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2007年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

どうしよう?箱根

昨日はすごい楽しい箱根のトレランでした!
やっぱり、箱根はすごい好き! 走っていても、心も身体も喜ぶのが分かる景色。2年前の私はあんな景色があることすら知らなかったと思う。

昨日は、青梅のレースで会ったあのホラー映画のようなおじさんの企画での試走。おじさんの友達と3人で走りました。

久しぶりの箱根で、私は前日から気持ちは「早起きしないと!」ってなっていたと思う。だって、箱根に行くって事は、朝はとりあえず真っ暗だよね?って思っていたから。目覚ましを5時半にセット。 それでも、集合は8時半だったから、遅めだったんだけど。6時50分の電車でいいや!って思っていたら、案の定、時間が~ってなってきて、30分くらい遅れそうに。。。毎回ながら、どうにかならないのか?って思いながらも、電車で熟睡。

箱根湯本についたら、おじさんが待ってました。ごめんなさーいって言ったら、なんと!!!私はどこでどうやってか分からないんだけど、1時間勘違いしてたんです。なので、到着したのは8時。遅れたはずが、30分早く着いてたの。まるでマジックですね。
今はもう初夏ですもんね。私のこの時間はこのぐらいの暗さっていう感覚が時差ぼけていたみたい。やっぱり、ちょっと張り切っていたのかも??

でも、実際、8時頃には、箱根湯本の駅はトレイルランナーだらけ。当然、みなさん試走組ですね。知り合いの子達に会ったけど、前日から来ていて、今日は後半の試走だって・・・えらいなぁ~

で、散々待ち時間はあったのに、水の手配を直前までしない私。箱根ってコンビニは駅から遠いんだよね。だから、駅でペットボトル2本と持っていた水で、1.3Lくらいかなぁ。。。当然、足りません。 金時山で1本250円のペットボトルを3本買ってしまいました。。。これは本当に水か??

今の時期、箱根みたいに、日当たりのいいトレイルは3Lくらい水持って行って正解。金時に行くなら売店あるからそこで補給もいいけど、重さを取るか、価格破壊の水を買うか、価値観が現れます。持ってくバッグにもよるし。私はスティミュラス以外では走りたくないんだけど、男性は余裕で3L持っていけるよね。

続き
[PR]
by run_run_moon | 2007-04-30 12:49 | running

箱根

b0080983_0353628.jpg

今日は箱根試走前半でした。第一関門の25Kで、もう満足って程大変。あれからあと30Kなんて気絶しそう。
今日は最高に天気が良くて富士山が綺麗でした
[PR]
by run_run_moon | 2007-04-29 17:49

初夏

すっかり死んだと思われてもおかしくないです。
まだ、生きてます。

最近、やっと家の近所の川沿いランニング・コース・デビューを果たしました。想像以上にステキなコースで、しかも、すごい桜の木が生えていたので、これはお花見シーズンは、本当に気持ちよく走れただろうなぁって思うのですが、その時は、全くそんな事は知らず、残念です。
木が川に向かってしなだれているので、木の下のゲートを走る事が出来ます。きっと、夏は木漏れ日のうような感じで、ちょっとは涼しいのかもしれません。。。

ですが、思っていたよりも短くって、行って帰ってきて7Kくらいだった。走っていて丁度いいのは10Kだから、あと少し欲しいところ。

朝だと、沢山の人々がウォーキングとか走ったりしていて、私が行っていた公園よりも、走っている人が目立つかも。 つくづく、普通に走る場所に恵まれてきたけど、走る場所がないので、走れない人も沢山いるんだろうなぁ。 

これからはいい季節。もっと、普通に走ることにします。ゴールデン・ウィークは休みを取らないで、後で取ろうと思っています。(うちの会社は3日自由に取れます) でも、どっちにしても、社会が機能しない期間なので、普段よりものんびりした感じ。 こういう時期にこそ、朝ランを定着させましょう・・・・
[PR]
by run_run_moon | 2007-04-27 16:21 | running

食べ物

@さるさんからのリクエストを受けて、最近の食べ物習慣について書いてみます。

って言っても、そこまで大したことしてないんだけど、普通の人の食生活から比べるとまだいいかも。

不動産屋さんが、やたらと駅からの距離とコンビニからの距離にこだわるのが不思議だったくらいに、私はコンビニはほとんど立ち寄らない。(お菓子と水を買いに行く以外は)
つまり、食べるものは、ほぼ全て自炊。これって、自炊のほうが、安上がりだから・・・っていう発想もあるけど、正直、そんなに安上がりじゃないです。

最近、お金がなかったら自分でやるしかないんだなぁって~ってつくづく思うんだけど、外である程度いい材料・素材で出来たモノを食べるとしたら、結構効高価だったりする。外でもどこでも、今何かを食べる時に、どこまで安全?って考えずにいられなくなってしまいました。そのくせ、普通に売ってるお菓子をバクバク食べてるので、効果も相殺されてそうだけど・・・

なぜ?自炊っていうと、まず、自分が何を食べてるのか知りたいから。 外食が続くと、口の中が荒れたりするし、それって、例えば、野菜なら目に見えて野菜の形が見れるけど、実際は調味料に食品添加物とか入っていたりするし、特に、お惣菜とか売ってるもので長持ちさせないといけないものを売っている場所では、保存させる為の工夫が必要だし。

本当は、野菜とかも有機野菜・・・って思うけど、高い!しかも、買うには、宅配契約とかしないといけないし・・・っていうので、私は今の所、不服ながらスーパーで買ってます。でも、これでも、腐る寸前の野菜とかを使って料理してる訳じゃないので、まだ、自分で分かってるだけでもいいかなぁって所です。

私はもともと肉を食べなかったけど、自分で食材まで選ぶようになってから、全く肉を食べなくなってしまった。。。っていうのも、小さい頃から、好んで肉を食べてこなかったから、肉を見ても何を作ってもいいのかアイデアが全く浮かばないの。その逆に、魚ばっかり食べてきたから、魚の場合は、今日はこれを作ろう!とか色々創作する気にもなる。
だし、肉の場合は、また特に、安全な!っていうのを基準に選ぶと、スーパーとかで肉を買ってる場合じゃないんではないか・・・っていう気がする。私は、肉には無関心だけど、肉っていうだけで、天然ってほとんど大変だし、飼育されてる動物の場合は、エサからねぇl・・・・追跡できません。。。

魚も最初はスーパーで買っていた。でも、先週、北海道に行って、魚も養殖だと、牛とかの骨を固めたものがエサになっている!とか恐ろしい事を聞いたりしたし、スーパーの魚は色が変わらないようにスプレーで変色しないような薬品(?)が掛けられているって聞いたりして、魚屋で買おう事に決めました。

まぁ、フツーに働いていると、魚屋で魚を買うのは試練の業です。 近所の魚屋はだいたい8時に閉まるので、会社が終わってすぐに魚屋にチャリで行く!とか、私は何やってんだ?とか思ったり。。。

そして、魚屋でも、いまどき、秋刀魚が売ってるわけです。今って、旬の時にとれた魚を冷凍保存しておくんですよね。もちろん、知ってるわけですが、魚の世界でも、旬が分かりません。それには、銀座の鮨屋にいかないといけないわけです・・・そんなお金は当然、あたりまえにあるわけないので、庶民でも旬の魚を知るために、「さかなの目利き事典」をかってみました。

切実に、釣好きな男を、釣り上げたいと思っています。

でも、自炊するなら、材料を選んで買いたい・・・っていう所から、始まると、本当、そんなに沢山の量は買えません! だから、一番素晴らしいのは、外で食べたら4倍くらいするようないい素材を家で少量料理して食べるっていう事でしょう。。。 

北海道に行って、多分、1年以上ぶりにラーメンを食べました。私はラーメン好きなんだけど、ラーメンを食べると死ぬくらいに、油が良くないとか思い込んでいて、あえて食べてませんでした。この辺からも、私の思い込みの強さが分かると思うので、あんまり、他の事も、真に受けないで下さいね。

で、家に帰ってから、実際に料理するのか?します。

私は学生の頃に、彼に「山にハイキングに行こうよ!」と言われると、お弁当を作っていきたいと思うような子だったので、そんなイベントがあると、前日の晩から眠れませんでした。普段から、料理なんて自分が食べるくらいやってるのが精精だったんで、お弁当箱を開けて嬉しくなるようなモノは作った事ないわけです。 だから、料理本を見て、失敗する確率も鑑みて、普通に2人が食べる倍くらいの量を作る材料を、料理本に書いてある通りに買ってくるわけです。代用するっていうチエがないので、この時点で、どっかの美味しいお弁当を買ってきたほうがいいんじゃない?っていぐらいの出費になってるわけです。
で、作り始める訳ですが、何か、美味しいのか分からない。しまいには、朝早くから、寝てる母親をたたき起こして、助けてもらうわけです。
で、お昼になって食べる頃には、緊張と、前の晩からの心労で疲れ果て、美味しいんだかなんだか分からず、当然、そんな状態の子と食べる男の子も大変なわけです。

っていう、散々な料理体験でした。まぁ、最近は、料理教室にも通って長いので、料理っていうものは分かってます。本当、昔の自分が恐ろしくなります。。
何でもそうですが、大体大まかにこういうものだと分かるようになると、かなりアレンジがききます。ましてや、店に出すわけじゃないし、その時々で実験してみると面白いもんですが。

ちょっと前に、女は子供を産む機械だっていう発言が世の中で騒がれていましたが、当の女性の一人の私としては、その発言よりも、そういうコメントが、相手陣営を攻撃するキッカケを与えている事にムカってきていてたわけです。その中のコメント事態には、あんまり、攻撃してる側だって真剣に考えてなかったと思う。そういう中では、女性蔑視のコメントじゃなくっても、何でも、相手陣営を困らせるようなものだったら何でも良かったんだろうっていう、そんなどーでもいい風な話のネタみたいに扱われる事のほうが腹が立ったわけです。

ここで、私は女性はもともと母性本能が・・・とか書くわけにはいかないのですが、疲れて帰って来ても、料理をするという事で、自分の中のバランスが取れるのは確かです。私は、全く料理が上手いとかすごく好きとかいうわけじゃないけど、多分、女性の中のどっかで、そうやって、ちゃんとした生活をしている感が、精神の安定を生むんだと思います。

あ、話が飛びすぎだわ。。

でも、忙しいと食生活って、本当に疎かになります。。それは誰でも同じで、そこにストレスを感じる女性は多いと思う。 それなら、近所の食堂(?)とかで、家庭料理を食べさせてくれるような店に行くのもいいと思うし、実際に、すごーく忙しい人だったら、料理なんて出来る時間はないと思う。だから、あくまで出来る所なんだと思うけど。

さて、@さるさんも書いてる、朝のジュース。
私も、本当、偶然、先週から復活させました。2年前に走り始めたときは、朝に走っていたから、走り終わって、ジューサーでリンゴとニンジンで作ってました。。。そして、その習慣は見事に消えうせて、最近、ジューサーを発見して、復活させたわけです。

で、@さるさんが、ジュースで下痢になると・・・私はハテナ?と思ったわけですが、牛乳が原因だと思う。
この、牛乳に関して、色んな本で、成人した生き物で、他の動物の乳を飲む哺乳類はいない!だとか書いてあるんですが、私はコーヒー好きだし、チーズも好きだから、適度に食べてます、乳製品。でも、牛乳(冷)をコップに一気飲み!っていうのは、しません。やっぱり、ダイレクトに来るとお腹に直撃するような気がします。

今って、牛乳の消費量が減ってるそうで、コマーシャルもやってますよね。牛乳を飲まないって言うと、単純にカルシウム??ってきかれるんだけど、健康女子なら、カルシウムは牛乳よりも、ヒジキですよ。鉄分もとれるし、乾物だから、買いためておいて、暇な時に作ればいいわけだし。ヒジキ、切干大根、おふ、とか、日本人ってステキ!と思うような乾物は、栄養的にはすごい女子の見方です。ただ、1回作ると1週間は持つくらいに大量に出来てしまうけど。。。

野菜ジュースには、亜麻仁油とかシソ油をスプーン1杯分加えるといいらしい。ニンジンは油とのほうがカロチンの吸収がいいって聞きました。プラス、こういうオメガ3脂肪を取ると、アトピーとか皮膚にすごいいい効果があるそうです。あと青魚。
亜麻仁油はネットとかでも買えるけどちょっと高価かも。

そうそう、自炊すると、お昼はお弁当をだいたい持って行く事になります。そうしないと、消費出来ないから。それに、ここでこそ、自炊の経済的メリットを実感することになります。

で、当然、ご飯は玄米+五穀米です。私は、ご飯を白米から、こっちにして本当に調子が良くなりました!炊くのもそんなに大変じゃないし、一番、簡単に出来る健康生活のような気がします。

あんまり書き続けると、マニアっぷりが発揮出来そうで。。。でも、こういうのって、もっと上の人は上でいるんですよね。なので、是非、お勧めアイデアがあったら、コメントお待ちしてます!
[PR]
by run_run_moon | 2007-04-16 12:15 | food

新居より初更新

引越ししてから初めて家から更新してます。
インターネットの接続環境は前から揃っていたのに、なんか、配線が面倒でやってなかったけど、やったら10分くらいで出来た。。。もっと前からやれば良かった・・・

でも、同時に走ってないので、実はあんまり書く事も無かったりする。

本当、新居の川沿いを走るはずだったのに、全く走れてない。。っていうか、走るっていう習慣が消えつつある。何と言っても、場所が変わった事で、気の流れが変わったので、異常に忙しい。引越しに関する忙しさだけじゃなくって、仕事も、忙しくなったりして、一体、どういう事?って思ってしまう。先週末は函館出張だったのですが、それに一緒に行った、同僚のおじさんが、戻ってきてから、疲労?過労?の為、倒れてしまって1ヶ月入院することになってしまいました。私も、疲れてるなぁって思うくらいだから、50歳を超える老体(喧嘩売ってません)にムチを打っていたおじさんにはかなりの疲労だったみたい。 なので、この先の1ヶ月の私の仕事の忙しさがちょっと不安なんですけど。。。

でも、今週末は代休取ったりして、3連休に勝手にする予定。やっと、暇な週末が!!嬉しいぃ~
これを期に、家の近所のランニング・コースの探索に出掛けたり、箱根レースに真剣に練習プランを立ててみたり・・・と、ランニング習慣を取り戻そうと思っています。以前の私は1週間以上走らないなんて信じられない・・って思っていたのに、1週間以上走ってないのが普通になりつつあります。

3月はフル、高水のレースに出たり、その試走があったりで、それでも、走っていたかも。
今月はレースもないし、それに、何よりも、レースよりも、普通のトレーニングっていうか、走る事を普通にやるような日々を取り戻したい。

シャーリー・マクレーンの本を読んでいたら、まだ、何も始まっていない男性が夜に遊びに来た時に、ランニング・シューズを持参してきたっていうエピソードがあった。まぁ、その人も、ランニング・シューズを持ってきただけあって、彼は泊まっていくわけだけど、それってすごいなぁって思ってしまった。私は、先週の函館出張でも、一瞬、五稜郭・函館山と走るのには楽しそうな場所があるので、ランニンググッズを持って行きたいなぁ~って、一瞬頭の中をかすめたけど、いやいや、ただでさえ出張で疲れるのに、走る体力なんてないし、荷物も重くなる・・・ってやめてしまった。
やっぱり、これじゃ、ダメよねぇ~ このシャーリーの本の男性みたいに、よく分からない状況で知り合いの家に遊びに行くんであっても、泊まる可能性を見込んで、次の日の朝の為にランニング・シューズを持っていくぐらいの根性が・・・でも、私が逆の立場だったら、追い返すかも?

というわけで、3月は活動停止状態、というか、今年になってからずっとそうだったけど、もう4月も中旬、後半は、短距離でもいいので、毎日、走る習慣を復活させるつもり。1ヶ月前は、凍え死にそうだった時もあったほど寒かったのに、今はすっかり春。 走っていても気持ち良さそう。
[PR]
by run_run_moon | 2007-04-12 23:59 | その他
すっかりブログは放置されてました・・・
引越し先のネット環境を整備してないので家でブログ更新が出来なくって・・・こうして、会社で暇な時間を見つけて書いてるわけです。。

さて、昨日は高水トレイルレースでした! 暑い中走ってきました30K。 ギリギリ4時間切れるくらいでした。 ははは。。
今回は実は試走してたので、走っていて良かったです。レースで試走したの、初めてだったけど、やっぱり全体を分かっているのって大事ですね。つくづく、試走、そして、事前のトレーニングの大切さを実感する次第です。この試走もよれよれでしたが・・・

さかのぼること1週間前。春分の日の21日に、湘南国際の筋肉痛がバリバリ残るなか、ジョギング・クラブの人達と一緒に試走に行ってきました。ジョギング・クラブの中でも山好きな人っていて、すごかった。私はその夫婦の車に乗せてもらって青梅まで行ったのですが、その中の会話が予兆だったんですね。おっとりした奥さんが、「私が最初に行った時は途中で置いてかれて、一人で駅から電車に乗って帰った…」とか。私は、ビックリ。えっ?そんな、バイクの走り屋の会みたいにして、みんな日頃走れないストレスを発散させるべくして走って、みんな同じペースで走るっていう事はないわけ?とか…人一倍方向音痴な私は、出来るだけ周りの景色を覚えておかねばと、心細くなったわけです。
そして、このおっとりした奥さんは、山では豹変してました。山ではって言うか、車を降りて山用のカッコになったら、誰か分からないくらいに表情が変わっていました。。。
まぁ、そんなツワモノな人と一緒に走って、次の日、死ぬほど筋肉痛になった甲斐あって、昨日のレースでは、何ヶ月ぶり?っていうくらいのブランクがあるのに、楽しかったです!

天気は最高だった。前日の雨で、ほどよくしっとりした山道は、すごく走りやすかった。
今回の一応の目標は4時間内で走ることだったんだけど、自分がどれくらいのペースで走ってるのか全く分からなかった。10Kの関門90分だったけど、結構、ギリギリ。私はその前の坂とかで人を抜かせたので、いいペースなんて勘違いしていたら、10K地点で「まだ間に合います~」とか言われた。間に合いますっていうくらいのペースだったんだ…その前に15Kとの分岐あたりで渋滞していたりして、そういうのも試走とはペースが違ってくる。
10Kのエイドではオレンジとかあって、ムシャムシャ食べてしまった。今回のレースは30Kで6箇所給水がある。だから、私は水いいかなぁって思ったけど、小さいペットボトルを持って走った。これが正解。この日は暑かったから全く水を持ってなかったら喉が渇いていたと思う。だからといってリュックまでは必要なかっただろうけど。あの山の大きなリュックの中には何が入ってるの?っていう大きいの背負っている人っているけど、背中が熱いと思う。
10Kまで行くと、結構すぐに高水山頂。すぐっていうほどでもないんだろうけど、なんか、感覚的にすぐ。でも、その前に私は、うぐいす嬢のような女性軍に囲まれた。ちょうど、エリートランナーが折り返してくる所と重なったのが急な坂道。私達が、ヒーコラと登っている中、上から野獣のようにして降りてくるランナー。ちょっと危険かも、降りてくるほうが、すいません・・って言わないといけないから、疲れるよね。で、登ってる私達周辺では、頑張って!っていう掛け声。この頑張って!が、すんごい形式的なの。すごい違和感。私、部活に全くなじめなかった人だから、部活の機械的な「ファイト!」とかいう掛け声も嫌いだったりする。もちろん、応援するのはすごい好きだけど、あの体育会系の習慣みたいな掛け声のトーンって独特。しかも、遅い私達周辺に「頑張って!」って言われることないだろう・・・むしろ、頑張らねばならないのは、こっちな訳で・・・男性ランナーが「頑張ってください」って苦い顔して言ってたけど、本当、そうだと思う。だって、この先行くと分かるけど、すごいまだあるもん。山頂まで行ってすでに戻ってきてる彼らがどれだけ頑張ってるいるか…
まぁ、そんな風に思うのも、自分の身体がきついからなんだよね。。
やっとの思いで、鳥居をくぐり、境内の中でお守りもらって、ここにもバナナがある。私はトイレに行ったり、食べ物食べたり、知り合いに話しかけられたりして7,8分くらいいたと思う。
この知り合いってのが、ハッピートレイルで一緒になったおじさんなんだけど、なんと、10M近く落ちたらしくって、腕に痣が出来てるし、出血してる。そして、脚が痛かったから、痛み止め飲んでるから分からないけど、頭を何回も打ったらしいので、実はそうとうなダメージなんだと思うんだよ!帰ったらMRIで脳見てもらわないと!ってニコニコしながら言ってるので、半ば、この人いっちゃってるのかな?っていうホラー映画みたいな気分になりながら、話を聞き、帰りに向かった。
山頂を出た辺りで2時間14分位だったカナァ…帰りのほうが早いって思っていたから、4時間切れるか!と思っていたんだけど、どんどん、ギリギリになってきた。やっぱり、疲れてるんだよね…帰りは。
試走よりも、沢山の人と走るレースのほうが、気持ちが盛り上がる。レースっていう独特な雰囲気は、ロードよりもトレイルレースのほうが、成績に影響があると思う。
今回、走っていて、山の走り方ってのを感じた。やっぱり、下り。下りに、踏みしめて下っている人ってどうしても遅い。怖くっても、もう、落ちていくみたいにして重力にまかせて、地面に体重をあずけてしまって、転ばないように脚を動かすっていうのが一番だと思う。そうすると、坂が怖い人達をビックリするほど抜かせる。自分でも、どこをどうやって降りようとしてるのか分からないけど、転げ落ちるようにして降りれる。他で見てる人のほうが怖いような降り方してると思う。でもって、下りでついた勢いを殺さずに、上りも駆け上る。。だから、私は、ずーーーっと上りが続くような道はダメ。アップ・ダウントがなだらかに続くようなトレイルじゃないと、その勢いをつなげていけない。富士登山走には絶対に出ないタイプ。っていうか、まるで魅力を感じない。

そして、次のレースは箱根。
全くどんな風に準備するのかっていうのを、放置していたのですが、帰りの電車で、箱根はそうとう時間が厳しいのではないか?って気付いた。8時夜にゴール出来たら万々歳くらいな感じかも。申込書は送ったけど、入金はまだ。4月は2回くらい箱根のコースを試走して、4月末に入金カナァ… 北丹沢も関門ギリギリだったけど、実際のレースって、関門ギリギリに通過するんじゃ、ダメなんだよね。北丹沢は第二をクリアーすれば誰でも、制限内にゴール出来そうだったけど、箱根は、どうだろう?前泊だけじゃなくって、その晩、ちゃんと家に帰れる時間に戻ってこれるかな?

などなど、本当、時間だけが過ぎていき、いつの間にか、レース当日っていうパターンから脱したい。
[PR]
by run_run_moon | 2007-04-02 16:28 | race