マラソン、ヨガ、ベリーダンス! 女を磨く?身体のブログです


by run_run_moon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

年末を迎えて、今年中には走っておかないと!って思っているんだけど、なぜか、私が「走ろうかなぁ」って思っていると、雨が降る東京。 どうして??天気予報でも雨なんてなっていないのに!
昨日の晩も、今日の昼も!

まぁ、明日は走ることにする!といっても、そんな無茶な距離を走れるわけもなく、でも、明日走らないと「走りおさめ」っていうのがないままになってしまう~ それはイヤだ。

私は、来年に向けて始めたことが1つと、再開しようと思っていることが1つ。年内に始めちゃった。

ひとつは、ベリーダンス。これは、もういっこのダイエット・ブログに書いているんだけど、ダイエットどころか、ベリーのほうが中心になりつつある・・・問題。でも、ベリーってのは、身体を意識するから、やっぱり、やせようって思うような気がする。

もう一つは、ヨガ。 去年はヨガをやりまくっていたけど、今年の2月にひざを痛めてから、すっかり、お休みしているうちに、私が通っていたヨガ教室は移転していた。ビックリ。 しかも、それをつい最近知った私。
あと、私はHot Yogaに行っていたんだけど、別に、ホットじゃなくってもいいんじゃない?って思ったり。

私が行っていたヨガ教室は、ビクラム・ヨガの考案者のビクラムさんの兄弟がやっている、ホットヨガの教室の中でも、かなり本格的な教室だった。だから、その後、時あるごとに、ヨガクラスにドロップインで参加してみても、ふーん、こんなもんか・・・って感じだった。

最近になっても、ホットヨガのクラスが多いよね。ブームって言われちゃそれまでだけど、だいたい、東京のホットヨガくらすは、1回90分で3000円前後。チケット制とかにすれば、もっと割安だったり、まぁどこの教室も通う回数が増えるほどに、安くはなる。でも、1回2000円を切ることはないと思う。まぁ、1か月通いたい放題とかにすればなるだろうけど、そうすると1か月の料金は15,000円を超えるだろうと思う。

まぁ、私が、ケチとか貧乏なのかもしれないけど、それって高くないですか?
私もはまりまくっていた時は、1か月フリーにして行っていたし、その分の元を取れていたとは思う。
でも、そのうちに、私はヨガばかりをやっているわけにもいかないし、その値段と、教室に通う事の大変さとかが、ネックになって続けられなくなった。

そもそも、ヨガってのは、一日15分でもいいから、毎日やるほうがいいものなので、そこまで無理して通うのも変な話で、じゃあ、家でやってもいいかも。って思ったり。
でも、ヨガに関しては、家でやると、集中出来ない・・・

そしたら、家から歩いて20分のところに、すごいいい教室を発見! 今日は体験レッスンに行ってきたんだけど、ホット・ヨガとは違って、まず、鏡がないのと、照明を落としているのもあって、ものすごいリラックス出来る!ポーズもそれなりにやって、90分1000円! 

いやぁ~、そうでしょう! 本来、ヨガってこれくらいの値段じゃないと、日常に出来ないよ!入会金5250円を払うと、体験の料金がタダになるので、今日入会してきた。どのコースにするかは、来年決めよう!

レッスン料って、重要だよね。 今度、ベリーを習うのにも、それも大きな決める要素になってる。

マラソンもそうだよね。。

私は走り始めた頃は、とにかく情報がほしくって、色々とセミナーに行ったり、本を読んだりして、どうやったら、速くなるの!って知りたがった。
最近、とある個人セミナーに行って、「もう2度とこの手のものには行かない!」って思ってしまった。
そのセミナー自体は悪いもんじゃなかったかもしれないけど、段々と、ムカついてきたんだよね。50分くらいで3000円で個人相談っていう意味では、安いのかもしれないけど、こっちが聞きたい事とかに対して限界がある。

私の場合の身体のバランスについて調べてくれるんだけど、それは、ジョギング・シューズを履いた時ではなくって、裸足の状態での力の掛け方。つまり、私の身体の癖を教えてくれる。 そういう人だと、走る時、こうですよ・・・ってのを教えてくれる。その話は、すごい役立つんだけど、でも、私の疑問は、その身体のクセを走る時だけ、矯正する意味ってあるの?って。

だって、ジョギング・シューズを履いて過ごす時間って、私の日常の何パーセント?今月なんて1パーセントを切ってるに違いないのに。第一、道具で矯正するなんて、無理だよ。 

それでは、じゃあ、もともとの身体を上手く使えるようにするには?って思うはずなんだけど、それに答えを出来る、マラソン関係の人って少なくない?

何の分野でもそうかもしれないけど、今までと違ったアドバイスをする人とかも多い。「今までのマラソンの常識がおかしかったんです」とかさ。そんな話、どうでもいいから!って思うようなの。
今回は、個人だから、段々と話を聞いているうちに、この人、今日、何回この話をして、一日でいくら収入を得るんだろう?とか、段々、スポーツの頭よりも、そろばん勘定に頭が行っちゃったよ。

長い目で考えると、本当、ヨガとかピラティスで、体の細かい筋肉を使えるようになるのが一番なはず。このまたピラティスが、本格的にやるのが難しく・高価だったりするだけどさ。こういう、マラソン外の事も熟知していて、ちゃんとアドバイス出来る人は少ない。

私なんて、食事メニューとか、基本、ベジタリアンでいたいんですけど・・・ってのと、本に書いてあるマラソンの食事メニューって、両立しないじゃない?
これが、きっと、NYのセントラルパークを走ってる、ジョガーの3分の1くらなら、いいアドバイスくれると思うんだよね。

今はマラソン・ブームだし、マラソンって所詮、一番基礎的な運動。もちろん、サブ3目指してますとかだと違うけど、初心者の場合は、何が一番必要って、走る事で、「走る距離は裏切らない」の一言なはず。

自分が知っているべき知識が無いのではないかって心配で色々なセミナーに参加したくなるのかと思う。私も参加したけど。

それが、段々、最近、鼻につくんだよね。 今年のホノルルマラソンの参加料金は2年前よりも、高くなっていたし、マラソンとか走ることが商売になってきてるんだよね。

それこそ、ダンスじゃないんだし、特別なステップやテクニックなんてないし、大人になって始めるマラソンだって、気分の上では違っているかもしれないけど、学生時代に冬に無理矢理させられた校庭を走る事と、まったく、同じ動きな訳で、特別に習うような動きじゃないんだよね。皇居を走るとお洒落な気分にもなるし、私も皇居にわざわざ走りに行ってた。でも、走る事が、お洒落じゃないとダメっていうか、お洒落じゃないと走りたくないっていうのも、気分として、卒業してきた。

走る事の魅力の一つって、すごくシンプルな事だと思う。 ジョギング・シューズがあればそれでOKっていう。誰でも、出来る。

だから、習うって、もちろん、怪我をしないように、ストレッチが必要だったりするけど、それって、お金を取ってまで教えてあげるような事なんだろうか?って。

もちろん、その走る事が日常的に出来るようになったら、その先に習うことはあるかと思う。それでもね、私が今まで出たセミナーちっくなモノのどれよりも、これまた私が幽霊部員としか思えない、ジョギングクラブで聞いたことのほうが、ずっと身になるんだよね。

私は、本当に幸運にジョギング・クラブに誘ってもらった(そのくせ、参加出来てないんだけど)けど、きっと、巷にはジョギング・クラブとか沢山あると思うんだよね。そういう所に入って、もう、走歴20年とかいう人とちょっとでも触れ合うだけで、全然違うはずだし、そういう人から聞けるアドバイスは、タダだよ。仲間になれば、きっと、本当に親身に色々な事を教えてくれると思う。

こういう商売って、お金を払ってもいいっていう人がいれば、それで成り立つとは思うんだけど、フト、そこから離れると、そういうのを商売にしていいのかなぁ?って思う部分もある。

なので、今年一年は、まるで幽霊部員だったのだけど、来年は、真面目に日曜日に起きて、練習に行けるようにしよう♪

あと、お金を払ったり、本を買ったり、セミナー行ったりよりも、何よりも、正しいのは、自分の身体の声。
自分の身体の声をちゃんと聞けて、それを信頼出来るのが一番、どんなスポーツでも大事なんじゃないか?って思う。 
[PR]
by run_run_moon | 2007-12-30 21:08 | その他

いのちの食べ方

今日は、考えさせられるドキュメンタリーを見てきました。
「いのちの食べ方」 

お勧めです。

お金を出せば、色々なモノが食べられます。 お金で命を買う、これは、人間だと倫理的な問題とか出てくるけど、家畜になると、いとも簡単に解決されます。

きっと、多くの人が猫とか犬とか、色々な動物を自分の家族のようにして飼っていたりすると思うのだけど、そういう動物と、自分が食べている動物の命は一緒です。

私は、猫が大好きで、今も実家で猫を買っていて、まさに、その名前はmoonです。
子豚と猫moonが、ちょうど体型的にも似ているので、動物のシーンは、見ていて目をそむけたくなるほど。

食べるなとか、キレイ事を言うなとか、そういうのではなく、食事をする時の「いただきます」という言葉。 本当に、いただいているモノがどうやって出来ているのか、知ると違うと思う。

この映画では、動物以外の食べ物も沢山出てくる。 説明はないドキュメンタリーで、ひたすら、食材が出来る過程が映像で流れる。 食事が産業になっているのは分かるけど。

食べるって、生き物の一番基本の事というか、食べないと生きていけないし、だからこそ、食べるという行為がある時に、色々な伝統とか思い出とかがあったり出来る。その元がどういう過程で出来てるのか?

お正月、今、私達が食べるおせち料理は手作りじゃないものも多いし、食材以降には、添加物もあるし、一体、考えると、気が遠くなってくる。
[PR]
by run_run_moon | 2007-12-29 20:23 | food

来年の大会

湘南国際マラソンが30Kなのに8000円もするじゃん!と怒っているうちに、締め切られてしまった・・・残念。

でも、4月の長野行きは決定してるので、3月に何かしら走っておかないと、長野を恐ろしい気持ちで迎えるのではないかという予測がついたので、こりゃ、3月に走っておかないと!って真剣になったら、あるのは、あの「二度と出ない」と誓った、荒川マラソンしかない事に気付いた。

あぁ、あの荒川マラソン。コンタクトレンズ・ウエアラーは絶対にメガネ着用ですよ。あの時、涙で目が開かなくなり、そのうち、鼻水まで出てきて、もう、何でも出て来い!っていう気持ちになりながら走った。 しかも、あの年は、谷川真理マラソンも申し込んでいたから、もう、荒川はいい!って想いだったんだよね。

でも、こうなっては、贅沢はいえない。 荒川に出るしかないかも・・・ 荒川ファンには申し訳ないけど、私は、あの風で前のランナー達のゼッケンが次々とビリビリと破けていく光景が忘れられないもの。 マラソンに必要な精神力が鍛えられるマラソンコースであることは間違いない。

申し込み締切は1月だし、まだ迷ってようかなぁ。

私は1回でもう、バイバイ・フォーエバーっていう気分だったけど、他のマラソンレースに出ると、荒川のTシャツ着てる人を良く見かける。 やっぱり、あれは人気のマラソンなんだわ。

1月は、トレーナー目当てのフロストバイト。
2月はナシ
3月は荒川
4月は長野

この予定。 4月は、山のレースも出たいし。

とか言って、2週間近く走ってないんだよねぇ~ 
[PR]
by run_run_moon | 2007-12-29 02:03 | running

honolulu2007完走

FINISHER T-SHIRTを着て、ゴール後の写真。
ナゾのテーピング・・・ これは、役に立ってたのかなぁ・・・それにしても、デッカイ私。
b0080983_15462658.jpg

[PR]
by run_run_moon | 2007-12-18 15:46 | race

駅伝続き

いよいよ私の番が来そうです。
第三走者3人のうち、私のチームが一番に戻ってきました。で、タスキを受け取って走り始めます。私はいつも、自分のペースでしか走れない人です。距離に応じて、自分のスピードを変えるとという芸当が出来ないので、ハーフでもフルでも、だいたい、同じペースで走ってます。つまり、どちらかというと長距離を同じペースで走るほうが向いているタイプだと思っています。むしろ、距離が長くなるほど、自分には有利だとすら思っている(思いたい)タイプ。

ですが、5K。これは、走り終わったら、どうなってもいいって思うほどのスピードでかけらないといけない距離。 こういう追い込み走はしたことないし、嫌い。
走り始めてから、自分がいつもよりも、ちょっとは速いペースで走っている気がしたけど、皇居1周は良く知っていても、どこで1Kとかまでは分からない。ちょっと速いながらも、これなら、後半ももつくらいのペースで、桜田門からスタート。美術館がある辺りまでは、快適。やっとこのペースでOKだわ!ってのが感じる。 そして、ちょっと坂道になる辺りも、坂は嫌いじゃないから、ここも苦しくなかった。でも、私が走っている時間は、第三走者といえども、みんなが速いランナーで構成されているチームだとしたら、当然、速い人々が走っているので、どんどんと抜かされていく。私も、いつもなら、5K未満でハァーハァーと言いながら走った事は、滅多にないのに、今回はどこまで行っても、ずっと呼吸が荒い。坂を上がった辺りで、ここで、ちょっと呼吸を整えておかないと・・・ってペースを下げてみたら、「靴紐がほどけてるよ!」と教えてもらって、結びなおし。でも、駅伝だと、自分だけのレースじゃないと思ってしまって、焦って上手く結べない。でも、とりあえず、結びなおして、走り始める。
皇居を走るときのスタートの半蔵門。 この辺りで、第三走者の2人に抜かされてないのが、段々不思議に。。私よりも、どれだけ後に、タスキをもらったのか分からないのだけど、二人は全く見えない。

半蔵門から、坂になり始めで、またしても、靴紐がほどけてしまって、結びなおしていたら、後ろから、すごい脚音と共に「止まらない、あと少しで、ゴールだよ、あそこに見えるでしょう~」という声が。第三走者二人と、コーチが走り抜けて行きました・・・・ゲッ、ここで、抜かれるとは!
紐を結びなおして、坂道を一気に下り、とりあえず、抜き返す。でも、坂を下りた辺りで、もう一人と二人で並走。そのすぐ後ろで、コーチが「遠慮しないで、先に行く!」って言ってるんだけど、全然、遠慮してません・・・これ以上、速く走れない。脚よりなによりも、呼吸が付いていかないし、追い込みすぎで、吐き気がしてきた。これが、あの場所だったから、頑張れたわ。ゴールの桜田門は見えているし、この距離なら、どうにか走れる。
でも、隣のクラブメートは私よりも先に行き、私は2番手に、そして、3番手にも抜かされそうになったんだけど、スタートは私が一番速かったんだから、こりゃ、どうにかして、2番手にはならないと!って頑張って、ゴールして、タスキを渡す。
もう、座り込んじゃった。 ここまで、苦しいのは初めて。今まで、自分なりのスピード練習って下事あるけど、5Kはないし、自分一人じゃないっていうプレッシャー。私の1周のタイム、26分です。すごい、自分じゃないみたい。 

コーチに追いつかれた辺りからは、火事の中を逃げ出すようなスピード。緊急事態でないと、出来ないスピード。 5Kくらいだと、脚がどうのっていうのよりも、心肺能力。呼吸が苦しくって、脳に酸素が行かないっていう感じ。 これ以上のスピードで、フルを走っているのかと思うと、つくづく、マラソン選手は尋常じゃないわ。

私の次の走者は、65歳っていう男性なんだけど、もう、ビックリ、20分切る位で戻ってきました・・・一番良かったときは、18分くらいだったんだって。脚もすごいもん、65歳じゃないね。

ジョギングクラブの面々は、優秀なので、あっという間に、どのチームもゴールして、そこから、銭湯へと移動。これも、電車じゃなくって、走ってです。
私は、3時から浜松町で用があったから、まぁ、もうちょっと走ってもいいかなぁって思って、銭湯に行くことにしたのですが、これが、5K駅伝よりも辛かった。

だって、桜田門辺りから、中延まで走るんだもん。10Kっていう話だったけど、あれは、13Kくらいはあるんじゃないの?でも、途中、高級住宅マンションがある辺りを走り、こういう所も走れちゃうんだなぁ・・・って。通勤ランで会社から家まで走って帰った時も思ったけど、長距離を走れるようになると、荷物を先に送れば、旅行も走っていけるんじゃないか?って思う。 

私は、駅伝が終わってから、何も食べなかったので、途中でエネルギー不足になって、自販機でホット・レモンをご馳走してもらった。そしたら、ミルミルと身体に吸収されていくのが分かって、元気になってきた。糖分って、大事だわ。

私が遅いせいで、クラブの方々の次の予定の忘年会の時間まで響いてしまって申し訳なかったです。
私は、この日は、他の用事があったから、忘年会は参加せず、銭湯でお別れ。 銭湯に入って、あったまったら、一気に風邪気味になって、くしゃみと鼻水をズルズルと流しながら、駅に向かいました。

で、この後に行った用事。。。これについても、ちょっと思うことあったので、また後で、書きます!
[PR]
by run_run_moon | 2007-12-18 11:22 | running

初駅伝

お久しぶりです。すっかり、減量目的に力が入り、こっちをほっぽらかしにしてました。
ホノルルの事もまだ書かず・・・ 写真も撮ったので、後々、アップしていきます。
ちなみに、肝心な事、完走しました。 でも、ガーン、5時間半ちかい・・・2年前の初フルよりも3分くらいしか速まってない私って。

それよりも、月日と共に、感動わ薄れるので、薄れる前に、昨日の駅伝参加の事を書こうと思います。

私は、幽霊部員になりつつあるんですが、ジョギング・クラブの会員になっていて、この時期、忘年会の誘いと一緒に、駅伝に参加しませんか?という誘いが着てました。。で、今思い返すと、どういう心情だったのか不明ですが、「参加します!」と返信してたわけです。

参加を決めたのは、11月くらいの事なので、前日遠い昔に感じながら、明日は相当寒そう・・・と、恐ろしい気持ちで迎えたわけです。

ホノルルから戻ってきて、全く走ってないし、シューズもやっと洗って、キレイな状態。

朝早くに皇居を4人チームで、一人1周。4人で20K走る駅伝です。 駅伝なんて、初参加。でも、幽霊部員なので、チームメイトが誰かも分からない・・・この辺りが、いまいちですが。
でも、その日に知ったチームメイト達は、とっても速い!!! だって、5K20分とかで走る、キロ4分ランナー達ばっかりでした。おぉー、何て、優秀。 第3走者の私は、どのチームでも、3走者は、遅めランナーで構成されていたので、すっかり、3走者達と仲良くなり、うん、私達は私達のベストを尽くせばOKだよ!と励ましあったのです。

でも、この第三走者結束も、自己申告制なわけで、実際は、うーん、1周30分くらいですってのを鵜呑みにしてよいものか?って所ですが、そんなケチな事を気にする、エリートチームメイトではありません。 これは、安心して、自分のペースで走ろう!と気持ちをリラックスさせました。

朝から、体調も良くって、不安材料は、一体、私は今、皇居1周何分で走れるんだろう?っていうのが、検討つかないところです。

しかも、この駅伝、参加チームが200を超えるんです。皇居のコースって部分的に狭いところもあるのに、そこを、200以上のチームが走るってどんなだろう?って、楽しみに。
第一走者は、どこのチームも速い人が多くって、そのスタートする様は、まるで、400M?とかの短距離?っていうくらいの勢いで走り始めていた。確かに、5Kだと、5000Mっていう短距離の範疇になるのかもしれない。

私のチームの第一と第二は、20分くらいで戻ってくる走者だったので、開始から40分くらいで、私の番。 スタートすると、まるで、ひとごとだったみたいな感じが、一気に変わって、緊張に。トイレにまた行っちゃいました。こういうイベントでも、女子トイレは空いてます。
第三走者組と一緒に、アップをしたりして、あぁー、そろそろ???って思っていると、第一走者が戻ってきました。本当に20分。すごい!! しかも、多分、気温8度とか(日陰では)なのに、ランニング&ランパンですよ!! それで走っていも、しっかり汗をかいてる。
これくらいのスピードで走るってこういう事なんだ・・・って思った。

冬のレースで、私の速度で走るランナーは、まず、ランニングとか短パンとかはかないと思う。だって、そこまで暑くならないんだもん。でも、やっぱり、キロ4分とかで走ると、この冬空でも、暑いんだ・・・って。 私は、当然、長袖、長パンです。

タスキの受け渡しも、ワイルドです。実は、小学生までは速かった私は、運動会のリレー選手でした。その時以来の、タスキ。 特に、1番と2番の時は、速いチームなので、タスキの受け渡しも、スピーディーです。一番速いチームは1周15分で戻ってきた。そして、第二走者も、15分。 私が1周走る速さ2周です。

(つづき)
[PR]
by run_run_moon | 2007-12-17 16:37 | running

Hawaiian Trecking

そういえば、トレランにはまっていた去年は、まるで、ホノルルマラソンに魅力を感じてなかった。。。むしろ、ハイシーズンで、街中、日本人で溢れかえっていて、ハイウェイを走るマラソンなんて、何が楽しいわけ??って感じでした。

それなのに、今の私は、ホノルルに開放感を求め脱出。。get awayってやつです。

でも、ふと、ハワイの森っていうか、山は相当ステキだったはず。そして、これは、ホノルルとかのビーチ沿いの道を歩いて買い物してるだけじゃ絶対に見れない。。

なぜ、私はいつもlast minuteまで用意しない性分なのでしょうか??

あわてて図書館でハワイのトレッキングなるものを予約して、水曜日に取って行くつもり♪

っていう事は、ひょっとして、トレランシューズとかハイドレーションとかスティミュラスとか持っていくって事??? 一気に荷物が増えるじゃん。

でも、海よりも、山へ~って気分です。
[PR]
by run_run_moon | 2007-12-03 16:37 | trail running

遅い紅葉

今日は午前中から午後にかけて近所を走ってみました。12月だとう言うのに、まるで秋のような紅葉度合い。 走っていると映画の主人公になった気分です。 近所にこういう走る場所があるのは幸せな事です。

今日は11K。 最近、速くなろうと思って走ってないせいか、長々と走っていても疲れません。多分、思うのですが、ワタシの体力でも、雑談とかどーでもいい事を考えると、結構走れるものだと思う。 

来週にはフルマラソンを走っているのかと思うと、まるで、実感がありません。
一緒に行く子と打ち合わせをしたら、彼女は背を痛めているらしくって、整体師にうちに来てる患者のワースト3に入ると言われたそうです。よく走るね・・・って。

そんな二人なので、心配です。 ただ、マラソン以外のイベントは充実していて、ダウンヒルライドとかエステとかの予約はバッチリです。って一体、何しにいくんだ!って思うでしょう?

でも、今回みたいのはホノルルだからこそって思います。
2年前はあまりにもマジで、前日の夜に眠れなかった。そして、間違えて1時間だか速く起きたりして、写真なんて撮る余裕がなかったから、景色の写真もナシ。 生きるか?死ぬか?くらいの心情だったので。

今年は、観光兼楽しんで! これがアロハの精神だとも思うし、一歩一歩楽しんで走ってきたい!
[PR]
by run_run_moon | 2007-12-02 19:48 | running

新ブログ

とうとう12月です。 とうとうの意味が分かりませんが、ここでの意味は、とうとう、1年痩せることなく終わってしまったの意味です。。。

で、3ヶ月でマイナス7Kgを目標に、記録メインの「ダイエットブログ」を開設! もう、これは、3ヶ月だけにする予定。。 そう、私のここのブログの目的は、ダイエットではなかったはずなのに、すっかり、ダイエットネタになってしまっている・・・いやぁーって事で、新ブログを開設し、そっちで、熱心に研究する事に。。。

っていうか、記録するには、ブログ開設ほどいいもんはありません。

新しいダイエットブログは、同じくエキサイトで作ったんだけど、Running for beautyリンク先にも加えました。

是非、励ましのコメントをお寄せ下さい!
[PR]
by run_run_moon | 2007-12-01 23:04 | weight watching