マラソン、ヨガ、ベリーダンス! 女を磨く?身体のブログです


by run_run_moon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

はっちゃんに負けるな!

b0080983_14562274.jpg



会社で「はっちゃん日記」ってのが流行っているらしい。

すごい。。本まで出てるし、サイン会もあるらしい。

7月5日で、3ヶ月目に入るShanti
キーボードの上がフンだらけでも、まるで気にならなくなりました。
インコは3か月から話始めるらしいので、これから、アイドルになる可能性は高し!
もう少しShantiのアイドル性を高めて、検索ワードにShantiが入るくらいにしたいもんだわ。
[PR]
by run_run_moon | 2008-06-30 14:56 | インコのshanti

不思議な基準

今日は、楽しみにしていたbellydanceのイベントに行ってきました。
私が前回、とってもファンになってしまったChisakoさんも出る(っていうか、主催の一人)し、私の教室の先生も出るし、他にも見てみたかったダンサーさん達勢ぞろいのイベント、オリエンタル・ミューズ・プロジェクトっていうのに行ってきました。始めていく場所で東中野まで、はるばると。

いやぁ~どの人もステキ。 全員が上手いので、あとは、個人の好みで分かれる。 で、私はやっぱりChisakoさん、好き! もちろん、先生もだけど。で、ふと、私、何を基準にして選んでるんだろう?って思ったのよ。それぞれのダンサーさんに、この人はこれだから好きっていう理由があるんだけど、Chisakoさんに関しては、「この人と一緒に飲んだら、楽しいだろうなぁ~」って思うの。

ベリーダンス情報でもって、前もって、名前を知っていて「この人は上手い!」って事になっている人を確認する為に行ったりすることもあるけど、Chisakoさんは、私は、全く存在を知らないで見たら、ビックリするほど魅せられて「あの人誰よ?」って思った人。

何だろう、誰でも、幸せの風景っていうのがあると思う。 ある景色とか記憶とか。映像で覚えてるものだったり。 昔、Mifuneっていう北欧の映画観たけど、あの時の最後とかも、あぁ、何かいいなぁ~って思ったんだよね。 DVDでは、「ビフォー・サンセット」の最後の終わり方とか、いいなぁって。大袈裟じゃない、普通の生活の中での幸せっていうか、なんと言うか。ハリウッド映画じゃないでしょう~っていう類の幸せの風景。 

私の幸せの風景が、飲んだくれている所?って思うと、今の私の生活から信じられないけど(だって、ほとんど飲まなくなったから)、私は一時期、おいしいお酒が飲めるなら、どーでもいい人でも飲みに出かけるほどに、酒に釣られる人だった。ひどい書きようだけど。 

お酒があれば幸せっていうか、お酒を飲んだ時の、いっちゃった感ってのがあって、本当にお酒が飲めない体質の人を気の毒に思ったもんです。 その時の、とにかく楽しい感じ、それをChisakoさんを観てると思いだすんですよねぇ。。 これって、言われたら嬉しいんだろうか?って思うけど。 だから、彼女のダンスを観てると、あぁ、こういう表情する人と、一緒にカウンターとかで飲んだら楽しいだろうなぁって、そういう感覚があって、それで彼女のダンスに魅せられてしまう。

俗っぽいような、本能的な快楽を刺激するような魅せ方なんだよね。若い人でも出来るのかもしれないけど、あれは、相当、楽しんできた人じゃないと出せない魅力な気がする。

むかーし、クラブ(お姉さんがついちゃうような所じゃないほう)に、時々、踊りに行っていて、その時の、酔っ払っていい気分で、音楽ガンガンで、他の人も見えないっていう、完全な自己陶酔世界でどーにでもなっちゃえ!っていう感覚って、好きだった。 これは、全く関係ないみたいだけど、バイクの世界ともちょっと似てるの。 私の乗ってるバイクは、全然スピード出ないんだけど、それでも、私の中の速いスピードでアクセル回すと、ふとした瞬間、もうどーにでもなっちゃえ!っていう、刹那的な破壊的な気分になったりする。 

そういう開放感とか、そういう楽しかった記憶とかを求めてるのかなぁ? 彼女の踊っている時の表情見ると、自分がそういう表情していた時ってどんな時?って思って、さかのぼると、そんな事をしていた時かなぁ?って思ってしまった。

普通の時の私は、とってもマイペースなようでいて(A型なのに、B型?って聞かれることもあるし)、自意識が強い。こう見られているっていう目があるし、ダンサーを観ていても、その人の自意識まで感じてしまう。ある個人の周りを囲んでいる意識ってのが気になってしまうタイプ。その囲いを取っ払えるの時ってのは、やっぱり、楽しいもんね。

最近、「千夜一夜物語」をまたしても、再読してるけど、あの世界も、まぁ、本能の話だしね。


そうか、やっぱり、飲みに行かないとダメって事かも。

平日クラスは、あっさり決定。今日は、前ちょっと出れた金曜クラスの人たちと一緒に行ったんだけど、そのうちの一人が、水曜日の初級クラスに行ってるらしい。 初級って私の行ってる基礎より上のクラスなんだけど。。。ま、もう、恥かく度胸は据わってます。
[PR]
by run_run_moon | 2008-06-29 01:29 | bellydance

ファッション

平日の生活スタイルがいまいちつかめないままです。

ただ、こういう業界としては、ありえないほどに、みんな早く仕事を終えて帰るので、まさに「夢のような職場」になりつつあります。 ま、いろいろと問題もあるように感じるけど。

平日に行けるベリーダンス教室探しと、走るコース?の開発がもっかの課題。
走るコースは、すぐに帰れば地元で走っても危なくない時間だから、本当は地元でもいいんだけどね。でも、それも、ちょっと寂しいし。

ベリーダンス教室は、先週体験に行ってきたところもあるけど、うーん??って感じ。
私がメインで行ってるアルカマは最高にいい教室なので、なかなか、他の教室への見方が厳しくなってしまう。。先生は、教えるのも、観るのも素敵な先生。本当に入ってよかった~って思っています。ここの水曜日のクラスも一応、基礎なんだけど、他の教室の基礎クラスではありえないほどに上手な人が多くって、もはや、基礎クラスじゃないくらい。でも、行ってみてもいいんだけどね。

勤務先が変わったことで一番の、私の変化は、スカートな日々です。

ハ?って感じ。

でも、過去の職場にはバイク通勤だったり、本当、休日のビーチみたいなかっこで行っていたので、スカートっていうか、シーズンの終わりにクリーニングに出さないといけない様な服は持ってなかったのです。っていうか、持っていたけど、全然着てなかったの。

今回からは、イメチェンを図り、毎日、スカート&ヒールの靴。 このヒールの靴ってのも、久しぶり。。。いったい、私のおしゃれ心ってのはどこに行ってたんだろう?

前回書いた、青山1丁目で降りる女の人は、実は、六本木乗換でした。 彼女とは、ほぼ、毎日乗換で会うんだけど、彼女のファッションチェックが、朝の楽しみの一つになりつつあります024.gif

ストッキングじゃなくって、生脚に、ラメ入りのローションでも塗ってるのか、細かいキラキラが見えたり。全盛期の梅宮アンナみたいです。アンナちゃん、今では別人みたいになっちゃったけど。。通称ゼアンナのファッションチェックは楽しみの一つ。

そう、私の今の目標イメージは、Sexy!です。

色々な研究(おおげさ)の結果、年代を越えて、常に若々しいのは、男も女もSexyな人。可愛いって、日本好みなんだけど、君島トワコさんタイプは(彼女は頑張ってると思うけど)、段々と厳しくなってくる。

っていう訳で、実際の私を知ってる人々、これからはそういうイメージで頑張っていきます…
[PR]
by run_run_moon | 2008-06-28 12:41 | beauty

雨じゃん

先週は平日はエネルギーを温存モードだったので、週末には走れたら!なんて思っていたら、思いっきり雨です。

と、言うか。私がノロノロとしている為に、雨になっているんですねぇ。。

土曜日・・・ベリーダンスレッスン&買い物に行って疲れて爆睡。 
日曜日・・・おかげで朝は早起き。その時は雨降ってなかったのに、午後から雨。

この季節は、雨が降ってなかったら、すぐにでも着替えて走らねばなりませぬ。

それか、平日に走るってのをやるのがいいんだよね。でも、前よりも1時間も早く家を出ないといけないので、当然(?)朝は無理そう。 夜は可能性ありです。っていうのも、今回の転職を機に、都会の女へと変貌しようとしているので(なんのこっちゃ?)外苑でも皇居でも、職場から近い! 外苑なら定期で行ける範囲。 やっぱ、夜か・・・

そして、あの夢のゴールデン3Weeksの間に、ストレスフリーだったおかげで、たぶん、少しは細くなった。それは、服が少なくとも入るようになったから、かなり、ピタっとしているようではあるけどさ。。働き始めて、甘いものが食べたいのは、脳(?)が疲れているからなんだ!と、改めてわかりました。職場を出て、コンビニでお菓子買いたくなるもん。

そうこうしているうちに、北軽井沢マラソンも、すぐです。 これは、まぁ、リゾートマラソンだから、おいしいもの(今年は既にエンボカを予約!)を食べたり、温泉入ったり(ハーベストにあったっけな?)を楽しみに行くんだよね。 でも、ハーフ、前はかなり遅くって2時間20分(?)とか、ビックリするほど悪いタイムだった。 

やはり、平日、週2くらいで、外苑ランをしなくってわ~ でも、シューズとかってかさばるんだよねぇ。。

あと、平日、1日でもベリーダンスレッスンを受けたらいいなぁ・・・って。 レッスン代もバカにならないって思ったけど、まぁ、定期的に通うと、2500円以下で受けられる。 変に飲みに行く人とかからしたら、安いもんだよ。

私は、転職先を探す時に、変な条件もあったんだけど、その中の一つに、東京タワーの近くで働きたいってのがあった。 ま、譲ってもいい条件だったけど、なんか、東京タワーのある風景で働きたかったの。東京育ちなのに、今更、本当の東京の中心に憧れちゃって、念願かなって、東京タワーがすぐそばの所で、今は働けている。

こういうのが、楽しみなのは、通勤とかで目にする景色。 
その第一号、電車で見かける、フレンチネイルの女!

大江戸線で、青山一丁目で降りる、やったらスタイルのいい女性。 私が一番最初に目撃したのは、彼女の腕と手でした。角度的にそこしか、最初は視界に入らなかったのだけど、「うわぁ、高そうな身体だなぁ・・・」っての。この高そうな身体って、意味分かるでしょう? ハイ・メンテナンスな、ボーっとしてたらなれない身体。やっぱり、ネイルは、フレンチに限るね!とか。。。

こういう、無意識の刺激って大きいと思う。 だって、雑誌なんかよりも、生情報が一番。そういうのを観て、あぁ、走ろう!とか、踊ろう!とか思ったりするんだよね。

今日は、アルカマの日曜のレッスンに出る気満々だったのに、いつものように、のんびりしていたら、10分ほど遅れることが判明してしまったので、買い物だけ行ってきた。 なんやかんや言っても、こんな風にして、私は人生のチャンスを逃しているんじゃなかろうか?とか怖い。。。

しかし、本屋に行くと、本当、今はベリーダンスって、超ブームだね。

なんか、流行っているのをやるのって、カッコ悪い気がするんだけど。でも、いいわけすると、私が最初にベリーダンスを知ったのは、もう、4年半くらい前! 走るよりも先に知っていた。

でも、やっぱり、順序ってあるんだよね。 その時は、まるで、ダメだった。 まず、今でも体験で初めて来る人とかでいるけど、まったく、身体が動かない。 その頃の私は、製図試験勉強で、足腰も弱ってそうな貧相な女だったので、身体をどう動かすとか分からなかった。 
それに、変に、濃厚な感じがダメだった。。

今思うと、美しさとか求めているくせに、それよりも、もっと内面の部分でしっかりしたものが欲しくって、むしろ、外側の見かけ倒しみたいのがインチキ臭く思えていたんだと思う。 だから、走るっていう、がむしゃらな、そこに何の衒いもない運動がピッタリと来た。
邪念(?)を走る事で、ふっ切る! みたいな・・・ 今思うと、ちょっと、こわいね。

で、トレイルにはまり、今まで、まるで、無縁だった、自然に目覚めた。 山??? ハァ~?って感じだったもんね。

それで、自然と密接なベリーダンスも、今では、すんなり受け入れられる。 森とか、自然。まさに、私はトレランとであってなかったら、どんな場所かも、実体験では知らないままの場所だった。やっぱり、都会育ちだからね。。。

今思うと、4年半前に起こった事って、あの当時の私が理解するには「早かった」んだよね。
ちょっと、興味深い出会いがあったんですよ。 って、これは、また今度♪
[PR]
by run_run_moon | 2008-06-22 18:25 | 走れない日

インド料理

今週は新しい職場での仕事だったので、ひたすら「朝、起きれるように!」と思って、他の事は一切せず。

でも、まぁ、そこまで忙しそうでもないので、慣れたら色々と出来そう!

今日は、なので、ベリーダンスのレッスンに行ってきたけど、なんせ、1週間、身体がガチガチの中過ごしたんで、「身体、動かしたなぁ~」っていう気分でした。

どうも、私は、暑さが体にこもるタイプみたいで、最近の蒸し暑さなのか、はたまた、低気圧のせいかのか、異様に眠くって、仕事から戻っても、夕飯食べて、寝て、あっ起きる、、、みたいな日々を過ごしていました。

ドラマのラスト・フレンドの最終回も、どーでもよくなるほどに眠くって、まるで、最後がわからずでした。ま、どーでもいいっちゃいいんだけど。 あのドラマ、なんとなく、タイミングがあって、結構、無理せずTVの前にいれたので観たんだけど、みんな驚くほど演技が下手で、初回は、これは、私が年をとったせいか?今時の若者はこれでOKって思うのか?と、若者の芸術文化に対してのレベルをチョット心配したほどです。

今日も、レッスン終わってから、新宿で買い物して、家に戻って、ソファの上で寝込んでしまった。シャンティは出しっぱなしだったので、相当、遊んでいたと思う。

今習っている、振り付けは、激しくジプシー系の振り付けで、90分のレッスンが終わると、みんな、汗だく(冷房入ってるのに)で、ぐったりしてます。ジプシー系だと、ベリーダンスのいわゆるオリエンタルの踊りと全然違う感じだけど、やっぱり、動きはべりーなんだよね。
今回は、必死で振り付けを覚えないと!って思っているから、今のところ、付いていけてます!でも、なんか、ちょっと、遅れているんだけど・・・ やっぱり、こういうところに、もともとのダンスの感がいいとか、悪いとかあるんだよねぇ・・・でも、もともと、ハードな運動大好きな私は、これだけ、激しいベリーダンスの振り付けをやるのは、かなり、スッキリした感じで超満足。

新宿でのお買い物は、私の大好きなdougnut plantのドーナッツを食べに、新宿アルコットに。ドーナッツって、太りそうなんだけど、大好き。 ここのドーナッツはスタバでも売ってます。クリスピークリームのは食べたことなんだけど(並べない)、なにも、並ばなくっても、こっちも十分おいしいと思うんだけど。

紀伊国屋に行って本を物色。。。

もう、部屋が本でいっぱいになるから、絶対に雑誌は買わない!と決めてるんだけど、フィガロのバックナンバーが置いてあって、インド旅行特集だったから、ついつい買っちゃった。。

インド好きは、相変わらずだけど、行ったことないんだよね。 はたして、本当に行ったら好きでいられるのか?自信がない国インド。 むしろ、スリランカに行きたい!

駅の道の中で、今度の秋にスリランカ展をやるらしく、そのポスターが貼ってあったのを見たけど、剥がして持って帰りたい!と思うほど、官能的な仏像の写真でした。HPもすでにあって、まだ全部内容がないけど、私が胸打たれた仏像の写真が見れます!

ま、話は飛び、雑誌は買わない!と決めてる私が、買ってもいい!と承認してるのは、料理本。やっぱり、実用書は買ってもいいでしょう・・・・と勝手に思っている。でも、これまた、美容系の本だと、むやみにたまるので、こっちは買わないようにしてる。

今日は、私が大好きなカノウユミコさんのお菓子の本。 カノウさんは、野菜だけで作れる料理の本を何冊か出していて、私は、ほぼ網羅するほどに持っている。
たぶん、野菜料理って聞くと、なんか、活力出なそうって思っている人が多いと思うけど、カノウさんの料理はスパイスをたくさん使っていたりで、おいしいの。しかも、プロセスが簡単だから、作る前にいやにならない。

で、カノウさんのお菓子の本もあって、これは、前からほしかったんだけど、料理の本こそ、実物を見てから買わないと、最悪な結果に。。。写真だけキレイとかさ。 料理する前に買った本とか、バカバカしい本とかあるよね。 こんなの買わなくっても、普通、思いつくよね?とか。
カノウさんの本は、どれもいいんだけど、私みたいに、何冊も持っているとかぶったりしていて、これ似たのどっかで見たな?っておもうのもあるから要注意。

結果的に、このお菓子の本は、前買ったのよりも、もっとレパートリーが増えていて買ってしまった。この本

最近の本屋さんって、コンピューター検索出来るんだけど、どこの棚にあるかはすぐに分かっても、棚の中の本の並びって結構、秩序なくって探すの大変なんだよね。
そこで、端から見ていって探すんだけど、それが、今日の新たな発見に!

インド料理の菜食版

あったり前なんだけど、インドって仏教の国だし、菜食主義者が多いんだよね。 今まで、ベジタリアンの料理本持っていたけど、そうか!インドの菜食料理って、面白そう!と買ってしまいました!

インド料理は大好きだし!その菜食版なんて、もっと興味あり!
料理教室までいこうかと検索してしまったくらい。。 

本当、インド的なものって、すごいシックリくるんだよね。 そんな話ばかりをしているせいか、段々と、インド人ぽくなってきてるのか? 「そーいや、インド人っぽくもあるね?」と、言われるほどに。 基本、私は何人っぽくもなれる気がする。。。メイクの仕方なんていくらでも出来るし。

最近、にわかにインドブームな私。 あぁ、お腹がすいてきた。
[PR]
by run_run_moon | 2008-06-22 02:26 | food

今の時代

明日から出勤・・・新しい会社っていうのだけでも、ドキドキですし、しかも、私は今まで本当に自由なカッコで会社に行っていたので、これから、オフィスという環境ってのも、変化です。
でも、そういう風にしたかったのもあるので、いいかも。

3週間、シャンティはずいぶん大きくなって、カゴの中では、餌を食べるか、寝てるか・・・とんでもなく、ぐーたらしたインコです。 しかも、すごい量を食べるので、今まではよっぽど量が少ない!と怒っていたのかもしれません。。

TVも自然と良く見た3週間です。 家にいた時間が長いし、何気なく見ていたTV。
この間にもいろいろな事が起こっていたわけですが、改めて、TVのコメントっていい加減だなぁって思いました。

いっこいっこの事件を詳しく聞いてたり見たりした訳ではないけど、なんで、そのコメントがいちいち、その分野の専門家の意見だったりしないといけないのかなぁ?って

アナウンサーの自殺に関してのコメントも、まぁ、本当なんでしょうか? 実際の所は、一個人だし、プライバシーの問題もあるので、本当のところは出ないのでしょうけど、だったら、そのままにしておいて、変な解釈を加えないといいのに。

あと、中田の自分探しの旅の特集番組も見ました。 あれも、中田と、TVの番組編集の人の思惑がずれているような気がした。私はサッカー、本当、興味無いけど、中田は好き。あの番組観て、日本人には、セレブっていないと思っていたけど、いたんだ!と思いました。いわゆるTV番組で使われいてう、安っぽいセレブっていう言葉じゃなくって、本当、海外の片田舎に行っても、「オォー、ナカタ!」とちゃんと認識される有名人。 

サッカーに詳しくないからか、中田の世界での有名人っぷりに驚きました。そして、本当のセレブは、自分がセレブと呼ばれるのを心地よく思わないだと思うのだけど、中田も独自の感覚ってのを持っていました。

番組でチラっと見ただけでだけど、あの人の物の見方はいいなぁって。自分で体験して、それで感じたことを大切にする。地球の温暖化って、彼が自分で見たところ、数字で知らされていたりニュースで知らされていたりするほど、現地に行ってみると肌で感じない地域もあったり、また、貧困で大変な地域でも、実は、そこのコミュニティーの人々は、東京の希薄な人間関係とは比べ物にならないほど、密接で助け合っていたり、気の毒ですぅ~って涙を変に流すよりも、彼の反応は、本当にまっすぐだった。

そして、彼は英語もイタリア語もそして日本語も話せるのね。スペイン語もイタリア語に似てるから、ちょっといけるって言っていた。彼みたいな、若い世代の男の子がもっと増えるといいなぁ。

そして、秋葉原の事件。これこそ、私が、マスコミの意見って、本当に安易だなぁって思った。
仕事でむしゃくしゃしていたから、殺したっていのが、一番の理由ってなっていたけど、あの異常な量のケータイサイトへの書き込みとかで、犯人のものすごい孤独が分かる。 

もちろん、犯人のした事は、許しがたいし、殺されてしまった方々、しかも、毎回、こういう報道で思うのだけど、こういう事件に巻き込まれて殺されてしまった人々は、すごい素敵な、周りにも愛されている、そして、将来が楽しみな方々が多い。。

この犯人みたいな若者って、沢山、いると思う。 同じようなライフスタイルを送っている人を、ひとくくりにして、殺人者になりそうな人々って見てしまうつもりはないけど、そういうふうに思う人いると思う。世の中、変な人が多いし、それに巻き込まれて死にたくないから。

でも、これが、今の私たちの生きている時代で、そこで起きている現象に、誰もがある意味関わっていて(そして、責任もあって)、それを、いい方向にも悪い方向にも変える影響を、誰もが及ぼせる。 

恐怖という感情が生むのは、増幅した恐怖だし、こうやって、人々が、「変な人」ってのを要注意して観ていくってのは、ますます、差別化して、そういう人々を孤立させていく。 
今回の犯人の場合、誰か一人でも、彼を分かってあげる、彼のことを気にかけてあげる、そういう人がいたら、防げたんじゃないのかな?それこそ、近所の八百屋のおばさんとか?そういう人でも良かったはず。私場合は、前の会社のスタバの店員さんとか、何だろう、仕事で大変でも、そういう人の何気ない挨拶とかで、気持ちってすごいラクになるもんだよね。

私は、正直、スノッブ万歳の、下町文化ってあまり馴染めないタイプの人間・・・だけど、こういう時代、それこそ、下町のおばさんとかおじさん達みたいに、誰か一人で寂しそうな人とかいたら、「どうしたの?」って話しかけてあげられるような社会になっていかないと、どんどん、自分以外の人を、敵とか「危ない人」っと思うようになっていくんじゃないか?って。

昨日のTVで、インカ帝国マチュピチュ特集やっていたけど、「お金よりも、困った時に助けてくれる友人が大事」ってのが、インカの人々の教訓だったそう。
自分だけが豊かになるとかじゃなくって、全体で豊かになろう~っていう、ひとりひとりの協力がないと国家なんて作れなかったんだろうけど。

こういう時代だからこそ、アメリカみたいに、自分を守るために銃を!(日本じゃ無理だから、なんかの刃物?)とか、気持ちでもなっていきそうになる。 でも、本当は、もっと逆。 
次の犯人を出さない為にも、孤独な人に声をかける、誰かしらでも「あなたの事を気にかけていますよ」それだけで、救われる人もたくさんいると思う。

その為にも、世の中の、この勝ち組・負け組みたいな、競争とか仕組みをどうにかしないとね。
[PR]
by run_run_moon | 2008-06-15 11:29 | その他

一人前

シャンティもすっかり一人で餌を食べられるようになって、安心やら、さびしいやら。。。

あの鳥の店員さんの言っていたことが分かります。 スプーンで餌をやる喜び。 本当に可愛いんですよ! あの時間があるからこそ、懐くのかもしれません。って、それは鳥がっていうよりも、人間がかも。

インコがこれほどに可愛い動物だとは! 特にシャンティは可愛いと思う。(親バカ)

インコにも性格があるみたいですが、シャンティは、基本的には気立てのよい性格だと思う。気立てのよいって?って感じだけど、変に頑固じゃないし、ちょっと遊ばせると、疲れるらしくって、大人しくカゴにも入るし。

朝は、ピィーピィーと鳴いて、部屋に入ると(一応2部屋あるので、寝室ではないとこにシャンティはいます)、「早く、早く出してよぉ~」と言ってます。 
でも、ここで出すと、当分入りたがらないので、素早く、朝ごはんを作って、食べます。 最初は出していたけど、やっぱり、食事中に出すのは、飛び回ったり、食べ物に興味を持ったりするので、良くないと思って、出しません。あと、ヘナ事件でも、思ったけど、結構、シャンティに限らずインコは突発的に、予想外の行動をするようです。だから、火を使ったり、湯気がたったりしてる場所に、突進するかもしれないし。

それで、ここで、のんびりとしてると、カゴの出入り口の扉を、クチバシで上げて、ガタガタと音を立て始めます。それは、大人しいシャンティにしては、気が狂ったかのような激しさで、「意地でも出てやる~」というしつこさで、何度も何度もやるので、「あぁ、早く出してあげよう」って、食べ終えて、出すと、ピューっとカゴから出て、飛び回ります。 やっぱり、鳥だものね、羽も使いたいよね。。

でも、基本的に、シャンティは、肩に止まっているのが好きなので、肩に戻ってきたり、そして、どっか飛んで行ったりを繰り返し。 あと、インコは目がいい。 シャンティが、どっかに止まっている時、部屋を移動したり、トイレに行ったりして、シャンティの視界から私が消えると、「ドコ?どこに行ったの?」というようにして、ピィーピィーと鳴きます。 そこで、「シャンティー」と呼ぶと、音の方向に反応して、シャーっと飛んできて、肩に座ります。
「寂しかったのね010.gif
その可愛さったら、ありません。 指の上も大好きで、指の上に乗せて、TVを観てたら、いつの間にか寝てたり・・・ 

インコは、首をさすられると気持ちいいみたいで、本当に、うっとりした表情で目を閉じて、恍惚の表情です。 そう、首(あんなに小さいのに)を寄せると親睦が深まるのは、猫も一緒。動物は、首好きなのかな?
ソファで、寝ていると、歩いてきて、私の顔の前に身を寄せるようにして眠ったり。あぁ、なんて、可愛い。。 インコでも添い寝は、可能だったんですね~って、寒かったからかも。

そうなると、もう、眠いのか疲れたのか、カゴに戻すと、自分から入っていきます。餌に突進。「お腹がすいてたのか・・・」って感じです。

一緒に過ごせなくなる来週から、さびしい・・007.gif
[PR]
by run_run_moon | 2008-06-13 00:19 | インコのshanti

育児ノイローゼ

とうとう、私の夢の3週間ラストです007.gif

これ以上、休みだと、グータラ人間になってしまいそうなんで、いいんですが・・・確かに、働きでもしないと、外の世界の刺激に触れない!私みたいな人間は、外で働かないと、とってもドメスティックな人になってしまって、よくないかもしれません。

家に居るのは、とっても快適で(別に快適な家に住んでるわけじゃないのだけど)、梅もつけたし、お菓子も作ったし。 好きなことはやった。

しかし、肝心な、やらねばならない事! それは、まだ終わってない。。

その中でも一番大事なのは、ソフトの習得!! 
次に行く会社では、今までとはちょっと違うソフトを使っていて、私はまるで使ったことないのだけど、そういう類のソフトはほとんど一緒だろうと思って、「使えます」とウソつきました。。

で、この休みに習得するはずが、遊び呆けてしまい、昨日、やろうかなぁ・・・って思ったら、そのソフト、Vistaに対応してない・・・ガーン。 まぁ、バージョン上げればいいのかもしれないけど、そういうお金は無い。

なので、あの半ば壊れ気味だった、ノートをXPを再インストールして、もう、それ専属にして使う予定。 せっかく、買った新しいPCは、仕事には使えないのかしら・・・・ガーン。

それに、昨日は、ヘナ(インドの染料)で髪の毛を染めようと思って、粉を溶かしていたら、そこにシャンティがダイブ。 なぜ? 確かに鳥は水浴びの習慣があるらしい。でも、バカものー その後、飛び回るので、いろんなところにヘナが飛び散ったりして、最悪。しかも、シャンティの羽も濡れて、自分で震えている! すぐに籠に戻して、ヒーターをいれてあげたけど、羽が変な色に染まってしまった。。

あと、衣替えも結局、終わってないんだよね・・・ 何やってたんだろう?

っていうか、こういう大々的なかたづけって、捨てるしかない!って気がしてきた。
[PR]
by run_run_moon | 2008-06-10 10:01 | インコのshanti

年をとる楽しみ

今日は、六本木でベリーダンスのショー「HAREM」に行ってきました。すっかりベリーダンスのショーを観るのに行きつけるsuper deluxe。 開演前からも行列で、ここだけ、ベリーダンスの人気度合をひしひしと感じる。でも、もう、そういうのすらも新鮮じゃなくなってしまったわ。

今日は、8人のダンサーが踊るので、またしても、自分の好みのダンサーを発掘出来ればいいなぁ~ってのと、BARBEE MAKOさんを観るのを楽しみに!

前も書いたけど、MAHAさんにしてもBarbee Makoさんにしても、日本のベリーダンス界を代表するベテランダンサー。正直、始めて間もない頃は、そういうベテランダンサーよりも、若手に目が行っていた私ですが、もう、MAHAさんのダンスを観てから、いや?実は、やっぱり経験?もう、熟練ダンサーにはたまらない魅力があります。

これは、もしかして、私の目が肥えたからかも? 普通に上手なダンサーを観ても面白くないです。(すみません、このあたりは自分の事を相当棚に上げているっていうか、まだ、その範疇にも入れてません)

ベリーダンスの面白みは、振り付け。コレオグラフィーですよ。なんか、ミュージカルとかだと、まさにそうなんだろうけど、ベリーもそうです。

そして、そのある意味難易度が高いと思われる振り付けを踊りきる技術と音楽を探してそこからインスピレーションを得て、創作する振り付け。 いや、どうなんだろう?同じ振付のダンスを踊っていても、人によって、やっぱり違うと思う。

今日、いろいろなダンサーがいる中で、素敵!舞台に引き込まれるのは、見た目が若いダンサーではなかった。初めて見たChisakoさん。 Barbee Makoさん、そして、若手ではAyumiさん。そして、もう、独自の世界が出来上がりすぎて、他のダンサーと比べられないE-chan。

私の好みは、ベリーダンサーの場合は、身体がシッカリしてる人。 他のダンサーも上手いんだけど、すごい、華奢だったりで、なんだろう、フゥーってやると飛んで行きそうな軽さがあったり、本当はどっか別の場所に急いで行かないといけないんだけど、とにかく、今は踊っています(?)みたいな感じの、しっかりと、大地を踏みしめている感がないのよ。

その点、Chisakoさんも、Barbee Makoさんも、もう、舞台でどっしりしてるの。これは、体型とかじゃなくって、存在が安定してるのよね。そう、存在感があるっていう事。 Ayumiさんも、他のダンサーに比べて細くないんだけど、それこそ、サンバとか踊っていそうな、身体のはじけるような動き。

あと、表情とかも。ベテラン達は、ネットリしてるんだよね。若いダンサーが作っているセクシーさじゃないんだよね。やっぱり、経験ってすごいね。

Barbee Makoさんのショーをもっと見たいな。

E-chanは相変わらずスーパーカッコ良かった。あの人は何なんだろうね! でも、彼女のうまいのは、振付とそれを踊りきれる技術。 あれ、他の人は踊れないよね。

面白かった~

今日、思ったのは、私は今の仕事をしていて、昔の上司に「自分が好きな色とか、形とか、何か好きなものがあったら、それを大事にしなさい。それは、自分だけの宝になるから」みたいな事を言われて、他の事は一切覚えてないんだけど、それだけは印象に残っている。

ある意味、芸術の世界って、赤と青で、どっちがいいか?みたいな事とか話す人はいない。もちろん、ある条件のもとで、どっちがいいってのはあるけど、本当の所は、いろんな事が決まる理由って、そんな理屈付けじゃない。決める人が、何が好きかで決まっていて、あとは、それをどうやって説得するかでしかないと思う。 だからこそ、自分が何が好きか?とか、何が大事か?ってのが、揺らいじゃうと、その時のいろいろな他の何かに影響されて、結局、他人の心を動かすようなものを作れないんだと思う。

ベリーダンスの個性。 その、自分はこれが好きです!っていう、他の人にはない自分の世界観を深めていく事で、他との違いが出て、魅力になる。

MAHAさんに、「私は音感ないんですよ」って言ったら、「ベリーダンスは音感なくっても大丈夫なのよ。私もないし。正しいリズムを刻んでいっても、面白いダンスにはならないから、その人なりのリズムをきざんでいったほうが、面白いのよ」と言っていて、すごーーーく私は勇気づけられた。

っていうか、今現在はその前の時限ではあるけど、先に、音感無いとダメだよってのが見えていたら、やる気無くすと思うの。それが、そんなの関係無いのよ~って言われると、あぁ、じゃあ、頑張って行こう!っておもうもんね。

ベリーダンスの中の、こういう自由な感じって、ホッとする。 みんなが、同じに踊らないといけないとかって、苦しそうだもん。
[PR]
by run_run_moon | 2008-06-09 02:02 | bellydance

ダンス道

今日は、お昼のアルカマでのベリーレッスン。
お休みの期間に、ベリーダンスのレッスンを受けよう!って思ったりしたのだけど、結局、普段よりもプラスで行ってるのは、金曜日のお昼のクラス。
このクラスはすごい、生徒数が5人未満で、先生はMAHAさん。もう、これだけ人数が少ないと、かなりの度合でプライベートレッスンのようにして習うことが出来ます。 すごい、いつもこの時間に来れる人が羨ましい…で、終わるのが1時なので、そのまま、一緒にお昼を食べに行きます。先週も出たので、今週は2回目。

MAHAさん、もう、ベリーダンスの大御所。 私が好きなベリーダンサーで、MAHAさんに習っていたっていう人もたくさんいる。その先生に習うんだから、普通の他の世界だったら、あんまりありえないんじゃないのか?って思う。茶道とか華道とか?

実は私はMAHAさんの最初の印象が良くなかった。っていうのは、私が出来なさすぎだったからなんだけど、MAHAさんは、生徒に歩み寄るタイプの先生じゃない。「好きにやれば~」じゃないけど、なんていうんだろう、生徒が付いていかないといけない先生。
一番最初で、まったくの自信はゼロの中、ちょっと、もう少し助けて~って思ってしまったんだよね。「ま、練習しないと出来るようにならない」と、もっともなんだけど、それで終わってしまうと、最初はつらいかも。

でも、前の発表会で先生のダンスを観てから、やっぱり、違う!と心底思い、私の恥かく度胸も据わってきて、先生のクラス受講にいたったわけです。

実際にレッスンを受けてみると、私の第一印象は覆されて、本当にいい先生。素敵なダンサーであっても、教えるのが上手じゃないっていう先生って結構いる。
ダンスなんて、最初から出来る人は出来るし、以前に何かやっていたりしたら、スタート地点から違う。だから、どうやったら、その動きが出来るのか?をブレイクダウンしていくことが出来ないと、「じゃ、練習してみて」じゃ、センスがない人は出来ないまま。出来ない人が、なんで出来ないのか?を分かって、それを出来るようにする為の練習から始めないと。

ダンサーはある意味、アーティストなので、表現する為に踊りがあり、その為の基礎の動きってのは、英語で言う所のABCを覚えるとか、単語を覚えるとか、まず、出来て当然って事なんだろう。出来なかった時のことなんて忘れちゃってるのかも。事実、その先は、人の数だけ、沢山ありそうだし、長ーい道があるから、その基礎よりも先に目がいくんだろう。

でも、私はまず、基礎ですよ!! 音符がよめないのに、音楽は弾けない! (時々、逆に音符が読めないのに作曲できるとかをウリにしている人もいるけどさ。)

MAHAさん、その辺、超上手。 この動きは寝てやってみるといいとか、経験値が違う。 一体、何人の人を教えてきたんだろう?と思うし。
なので、このクラス、90分のクラス以上の、収穫なんです。

そして、お昼を一緒に食べることで、MAHAさんの事もすこーし分かってうれしい。

私はあと1週間しか出れないけど、日曜日のMAHAさんのクラスも出ちゃおうかなぁ?って思う。

話を聞いていて思ったのは、結局、ベリーダンスを続ける人ってのが、そこまで多くないのか、この人続くかなぁ?って思っていても止めてしまったりする生徒が結構いるようで、そこに、一生懸命教えてもなぁって感じるのかも。

なんでも長く続けること。 本当、どんな事でも、続けている限り上達するだろうし。

これは、ちょっと耳が痛い。
最近辞めた会社。私はそこで4年2か月働いた。 転職するに至った理由は、いろいろあるのだけど、一番は会社の経営状態が悪かった事。仕事内容としては、正直、やりたい人は沢山いて、しかも、憧れの職業にもなるんじゃないか?って思う。

ただ、実質は、条件はかなり悪いし、仕事も長時間。 ある意味、きっと仕事っていうのは、ある一線を越えると、それ以上やるか?やらないか?ってのは、その人の「気持ち」次第だと思う。

転職を半年前から考えていたのにもかかわらず、いきなり、3月からちょっと違ったグループで仕事する事になって、ゲッ、これで、新しい事覚えつつ辞めること考えているなんて、教えてくれてる人にも悪い、と複雑な心境。でも、次の仕事が見つかるまでは、辞めますとは言えないし。こういうジレンマの中、そのグループの人々は、どっかの違法難民みたいな労働条件&環境の中でも、楽しげに「そこまでやらなくっても!」って思うほどに働いているんだよね。。

しかも、私の転職が決まったのは急だったから、会社に入って30年近くになる、女性には、辞める事が決まってから、直接、話せなかった。彼女は、私が他のグループから来て、手伝ってくれるだけで嬉しい!っていう態度で、自分が連休なんて無く働いているのに、休んでる私を責めるような雰囲気はゼロ。

私は次の会社でも、同じような職種で、その仕事は続けるのだけど、同じ会社で30年近く、しかも、女性で、今から30年前の雇用均等法の前から働き続けている人にとっては、「また辞めていった」としか見えないんだろうなぁ…

私の価値観では、同じ会社に長年働く事がすごい!って必ずしも思わないけど、やはり、何か同じ事を長年続ける事という意味では、同じ会社で働き続けるというのも、すごい事なのだろうなぁってのは思う。単純に、仕事ってその業務だけじゃないしね。人間関係とか社内政治とか、それらとも付き合っていっての年月ってのは、すごいよ。

と、かなり、大幅に話はずれたものの、MAHAさんの話を聞いていて、そうか、まず何よりも一番に願うのは「続けてほしい」って事なんだろうなぁって思った。 これは、もう、ベリーダンスのキャリアが長いMAHAさんならではなのかも。

つまり、「この人、やる気ね!」って思ってもらえないと、真剣に教えてもらえないっていう事よ。

同じ事を長くやる事に関しては、かなり、自信あるもんね。 むしろ、コツコツやるっていう事を、とってしまったら、私の長所がなくなってしまうかもしれない。

そして、昨日・今日と、ベリーレッスンを受けて、レッスン受けてるばっかりが能じゃないな、と。今更ながらに思うわけです。なので、ベリーダンスレッスン帳なるものをつけることにした。

最近、買ったベリーダンスの教本に

ダンスは、単なる体操ではありません。それは、自分の中にある「美」を表現するための、ひとつの芸術行動といえます。だからこそ、「美」に憧れる気持ちがすべての原動力。

とありました。

家に帰って、今日もジョギング。 なんか、走ってれば、いつの間にか、8Kは走れる。 ランニングはいいなぁ~ とにかく、止まらず、走り続ければ、ゴールには絶対に辿りつくもんね。そして、やればやっただけ、返ってくる。このシンプルさ。

ダンスの世界は、厳しそうです。 そして、基礎の動きがマスター出来ない私は、まだ、その入口にすら立ってないみたいです。。。

何事も続ける事・・・ そう、ベリーダンスのレッスンに通うために、月1回の料理教室やめちゃったんだけど、あれも、5年くらい続けたからいいっか?って思ったけど、再開したほうがいいのかも。。将来、料亭やるかもしれないし・・・ってやるわけないか。

あ、そうそう、今日、待望の梅をゲット! 梅シロップにするか、他のにするか? 悩み中。
[PR]
by run_run_moon | 2008-06-07 00:02 | bellydance