マラソン、ヨガ、ベリーダンス! 女を磨く?身体のブログです


by run_run_moon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

疲労回復

香港から戻って、ダンスレッスンやらで、本当、睡眠不足の日々でした。週末は泥のように眠り、やっと、疲労回復。。

本当、年取ると、動いてる時よりも、疲労から回復するのに時間がかかります。 動いてる時は、結構できたりして、「私もまだまだ~」なんて思ってるんだけど、あと、気も張ってるんだけど、その疲れを上手く取ることが難しくなります。

そう、トレーニングと同じくらいに、大切なのは、休養を取ること。 本当は、これも、ダラダラしてるんじゃなくって、効率よく休養を取る練習(?)をするといいんだろうと思う。 

休養っていうと、身体を単純に休ませる事もそうだけど、ストレッチしたり、あと、私が思うに、何よりも、大事なのは、食べ物だと思う。

私自身が、そういう面でオタクっぽく健康を追求してしまうタイプだからかもしれなけど、アスリートの食事管理のイイ加減さには驚く時がある。 もちろん、プロだったら栄養管理士とかもいるかもしれないし、それに、アマがスポーツをやるのは、日頃の不摂生をチャラにする為だったりするので、そこでも、コントロールが求められると、嫌かもしれない。

でも、身体を疲れから回復させるには、たぶん、私が思うに、栄養補給しかないと思うんだけど。。
消化器官を疲れさせない、消化にいい食べ物で栄養を補給する。ステーキとか肉とかって、それを、体内で消化するのも大仕事ですから、疲れた後に、肉とかって、本来なら、あまり良くないんですよ。
とか書くと、超反対意見とか、言われそうだけどさ。。

ダンスの先生も、身体を痛めて整体に通ってるっていうし、ましてや、走ってる人なんて、故障だらけの人が多い。ベリーダンスの先生って、ほとんどが、スモーカー。これも、かなり、私はひいたけど。。私は、煙草を吸う女性が嫌い。なぜなら、人生に疲れて見えるから。 どうしても、煙草がカッコよく決まる女性ってのは、難しい。

元々は、健康になろう!って所から始まってるはずなんだけど、だんだんやらないとダメってなってきて、トレーニングは本格化するんだろうけど、それと同じくらいの、休息方法も重要だと思う。 誰もが、疲れ知らずの10代では、やっぱりないから。

これは、運動する事で、やはり、疲れ知らずの身体になるから、自分でもムリが効くって思うんだろうと思う。 事実、運動して筋肉がつくと、明らかに疲れ方が違う。 私だって、香港で歩きまくったけど、これが5年前だったら、歩き疲れて怒りになってたかも?

本当、世の中の、スポーツ雑誌やら、何やらで、運動をする気分のすがすがしさだけでなく、疲れを取る事の重要さをもっと特集するべきだと思う。怪我って、突然くるんだよね。。もしかしたら、序兆があるのかもしれないけど、でも、大体の人が無視しちゃうかも。

私は、何よりも「美の追求」がテーマなので(エッ?知らなかった?)、疲れは大敵です。アスリートだと、疲れとかを、弱さととらえたりする場合もあるだろうけど、身体を鍛える事は、休養とペア。体が休みを必要としているっていうサインは、弱さではない。同じくらい大事なこと。 もっと、こっちのほうも、研究されてもいいんだろうと思う。

特に走ったりだと、突然、意味不明の怪我になる人が多い。 筋を痛めるとか、筋肉痛なんて、分かりやすい。私もそうだけど、私は、走り始めてから、右側の神経が弱い。。なんていえばいいんだか、足のつま先から、耳の下の首筋まで走ってる、側面の神経。これが、疲れたりしてると、突っ張る感じがある。
生活に支障をきたすまではいかないけど、本当、無理しちゃいけないなぁって思う。

しかし、恐怖(?)なのは、北軽井沢マラソン。。 あまりにも書いてないから、出るの忘れてたわ。。

これも、ハーフだけど、走るのはいいわけ。 問題は、その後よ。膝が痛くなったりさ。。本当、筋肉を痛めつけて、それが育つ方向に行くだけのは、10代20代前半までだと思う。 その後は、回復にも同じだけ気を使わないと、自分が気がつかない所で疲労は溜まっている。

そうなると、健康になろうとして始めたスポーツが、意味をなさなくなったり。 そういう意味では、人間の体は不思議だと思う。とにかく、「休んでくれ」っていうサインなんだろうけど、その出方が、徹底的で。

なので、私も早く寝ないと。。
[PR]
by run_run_moon | 2009-06-30 00:53 | その他

香港 英語編

香港で英語がどこまで通用するのか? 今回、じっくり分かりました。 まぁ、私の英語力ってのも、久しぶりに、英語だけの生活で、限界にも気付きました。

まず、ローカルの人は、あんまり英語話せない。 話せてる気になってる人も、実際、分からない。店によっては、店員さんがちゃんと、英語を話せる人を採用してるみたいで、かなり話せる人もいて、それは、客層によって、また、明白に分かれてるみたいです。

でも、私が若い男との交流を楽しめたように(?)、若い世代は英語が出来るみたい。いや、私が行った店は、やっぱり、多少なりとも外国人向けだったからかな。 でも、これも、フラストレーションが溜まるのは、相手が何言ってるのか分からないとか、こっちが何言ってるのか分からないとかあって、私が一生懸命、分かりやすく言ったところで、私の英語は、もう、米語が標準になっているわけで、相手は、それを一番わかりやすいと思ってる訳でもないし、いくら、こっちが頑張ったところで、コミュニケーションが潤滑になるわけではないのです。。あぁ、せつないわ。

語学は下心ですからね。。

今回は、私が苦手な英国英語もバンバンと聞きました。香港オフィスには英国人が多いらしく、研修をする子も英国人でした。 いやぁー、つらいね。 

しかし、私が会いに行った会社の人は、イギリス人で16年香港に住んで、ローカルの女の人と結婚して、子供3人は広東語を読み書きも出来るってのに、彼は英語しか出来ないんです。 す、すごい。。強引に英語だけで、香港で生活。。確かに、ひるまずにタクシーの運転手にも、英語で通していました。 あの、英語を母国語とする一部の人の、図々しさってなんなんでしょうね。 でも、広東語は、激しく難しそうです。

私は大学で中国語を第二外国語でとってましたが、いわゆるマンダリンの四声で撃沈でしたから、広東語の六声(確かこれくあいあったような・・・)なんて、無理!ってなるのも分かる気がします。

私は、あの広東語の語尾が、ナントカ・ナントカ・ナァー049.gifって上にあがるイントネーションがすごい好きです。何言ってるのか分からないけど、その話っぷりから、親しげに話してるんだろうな・・・って思ってしまいます。

私の英語力も、大したもんじゃないかも。 とにかく、私は日本語でも何でも、物事を説明するのが下手なので、嫌いです。 なので、説明してるはなから、嫌になってしまう。あ、いいや、別に・・・って。そして、心の中で、そう思った経緯を説明するのも、面倒みたいに。。。どれぐらい、コミュニケーション嫌いなのか!って感じです。

そうそう、会社にコンサル部門の人が来て、その話しっぷりを聞いて、スゲーって思いました。

昔のトム・クルーズ似で、まさに彼の映画「エージェント」とかの役柄みたいに、超自分を売り込み、こうしたらビジネス上手くいくよ!!とか、こういうアイデアはどう?とか、今のマーケットは・・・とか、すごい話っぷりの英語を聞いた。。 あれって、日本人で出来る人っているんだろうけど、その人、日本ではすごい暑苦しい人になるんだろうなぁ・・・って思ったり。

しかし、コンサルなんて、グローバルで企業が価値を競いあってそうだから、優秀な日本のコンサルタントも、あれと比べて勝ってる!っていうのをアピールしないといけないわけだし、大変だよね。

コンサルって、嫌よね・・・ それこそ、そのグループを構成してるメンバーひとりひとりなんてどうでもいいから、マーケットとか中国とかで、あるグループをくくってしまう。 そのグループの数字とか統計とかは詳しいんだろうけど、私は、あんたのコマのひとつじゃないんだかね!とか言ってる人がいるはずだわ!とか思っちゃった。

ま、超疲れ、でも、過密な時間でした。 やっぱ、海外に行くと、刺激があっていいなぁ~
[PR]
by run_run_moon | 2009-06-26 22:25 | 番外編

香港 part1

香港。今回の旅は、出張だったせいもあって、旅行っていうのとはまた違った感じでした。。
少し、今回の香港についての感想。

地図を見る限りだと、香港は、ものすごーく狭い。ちょっとした所まで5K以内。なら、ちょっと街の雰囲気を感じる為にも、歩いていってみようかなぁーなんて思うと大間違い!! 香港は、歩行者に優しくない街。道があって歩いていても、突然、ハイウェーが現れたり、車道が横たわり、向こう側に渡れない。本当、3次元の街。

しかも、私がついた日曜日は、メイドをやってるフィリピン人女性が歩道でピクニックとかしてる。これは、後で聞いたのだけど、最初は「ホームレス?」とか思って、超ビックリした。彼女たちは平日はメイドとして住み込みで働いていて、週末の休みは行く場所もないので、街の歩道で集まって、友達とトランプとかご飯とか一緒に食べるんだそう。その数、すごいです。しかも、メイドなので、女性ばっかり。

今回の旅は、少し、貧しさってのを感じてしまった。

木製家具工場の見学もあったのだけど、中国の大陸に初上陸しました。その工場で働いているのは、農村の貧しい地域から来た出稼ぎの若者達です。敷地内に寮も食堂もあり、生活全てが出来て、稼いだお金は全てを家族に送れるようになっている。その工場での労働は、結構ハードだし、木製工場ってものすごい木クズが出るけど、普通のマスク一枚。あれでは、長時間の作業で結構吸い込むんではないか?と思ったり。

そして、一体、どれだけの給料をもらってるのか?私が行った地域は、開発がまだ発展してる途中。きっとその辺りの土地を買って、マンションでも立てれば、あと5年で10倍で売れるとかいう投資も出来そうな場所。その圧倒的な格差。しかも、農村の女の子は売春で金を稼ぎ、それを隠し、また村に戻って商売を始めたりするらしい。

香港という街自体が、すごいミックス・カルチャー。昔ながらな地元の香港人とビジネスでやってきた白人と向こうでもエリートな地元の人。そして、ビジネスでやってきてる人は、当然ながら、お金稼ぎに来てる雰囲気がありありで、普通の会社員というよりも、ギラギラした脂ぎった感じ?飄々と働いている風体は、まるでありません。

そして、香港と言えば、ショッピングですが、これまた、為替レートが円に対して好意的であっても、インターナショナルブランドは、日本で買うよりも高いんじゃないか?ってくらいです。もともと、日本でもブランドなんて興味無いのに、香港に来たからって買う気にもならないし。

で、香港ならでは・・・って思うじゃない?私のオフィスがある辺りは、お洒落な地域だったけど、私が買ったのは、インド製の棚とかアクセサリー。。香港でなぜ?っていうかんじもあるけど、同じものを日本で買っても、もっと高いだろうし、デザインもかわいいし。

そこで、また思っちゃうんだけど、インドでこれってどれだけのお金で作られてるのよ?って。そして、作ってる人ってどれだけもらってるのよ?今流行りのストールとかバッグでも、クラフトっぽいものとか、ビーズとか刺繍とか編んであるものって、すごい割合でインド製。地元の人がやっちゃうと土臭くなりすぎるんだけど、ちょっと分かった人がデザインすると、それが、多分、驚くほど何倍もになって、売れちゃう。

なんか、その経済の仕組みとか不平等な感じ(?)に嫌気がさしながらも、やっぱ、これから物作りの商売するなら、インドとか中国とか、資源もあって、安い労働力がある地域の人と働いて、デザインという付加価値で売るのが一番なんだろうなぁって思わずにいられない。それで、その地域の人が、少しでも、目まいがするような貧しさから救われる仕組みが出来るなら、さらにいいし。

しかし、中国で品質管理をする大変さは、多くの日本人が経験してるし、まさに、異文化の壁もあるわけだし。そして、その中に、より裕福な国の住人である私が、貧しい国の人たちを、こっちのルールで教育して、こっちの価値観での裕福な生活への導いてあげるっていう、半ば、傲慢とも思える思想がうっすらある。
海外に行くと、日頃麻痺してるそういう事に敏感になります。

生き馬の目を抜くような雰囲気というのが香港にはあります。それは、もちろん、外から来た人が、香港っていう舞台で作ってるだけなんだけどね。

地元の人は、それを尻目に、のどかに暮らしてる。

一人旅で寂しくもあるのは、ご飯タイム。特に、香港って、中華とか一人で食べに行く人なんていないだろうし、でも、美味しいもの食べたいし、いったい、どうしたらいいの!と悩みつつ、果敢に、一人で色々食べに行きました。友達の香港ガイドを頼りにしつつ・・・

そう、こういう旅で新たに気合を入れなおさないといけない!!と思うのは、美容!! 056.gif

私のように少女マンガみたいなルックスの女は、年をとっても、アジアの国では、「ムービースター?」とか言っておだててもらえるので、「あぁ、本当、こういうあからさまな好意の表し方って大好き053.gif」って思っちゃいます。武田久美子が本で「女は美しいのとそうでないのでは、人生、何億もの差がある」とかいうニュアンスの事を書いてあったけど、本当、あがいてでも、億じゃなくても、万でもいいから、待遇よくしたいわー。

全世界の人が、美しいもの大好きですから。 面倒でも、自分を慈しまねば。。

実際、今回の香港の一番の楽しみ(?)は、香港の若い男の子との交流・・・すでに、ヤバイ響きがありますが、一人で食事をしてると、お店のウエイターの子とかが、話しかけてきてくれて、それが、私の目がおかしいのか、寂しい気持ちがそうさせるのか、どれもが、日本の若者と違い、こざっぱりとして、清々しく見える訳です。突然、モテてる気持ちになるので、一人旅万歳024.gif

香港のアルマーニのポスターのモデルが、男は金城武で、女はチャン・ツィーだった。本当、これって、ホンコンのカップルの典型っぽい。男の子は、ちょっと可愛い感じ。めちゃくちゃ美形って男の人よりも、すこし、愛きょうがある顔立ち。女性はそれに反して、クールなモード系。一見、不釣り合いな感じだけど、そういうカップルを結構見た。

帰りの飛行機で「Reader」という、倍の年の女性と男の子の複雑な恋心がからみ、さらにナチスの事もからむという傑作な映画を観たので、より一層、想像と夢が膨らみました。。
[PR]
by run_run_moon | 2009-06-26 22:00 | 番外編

怖がりな私

私は、ある部分ですごい怖がりだなぁって思う。

前から分かってたんだけど、何が怖いのか分からなかった。 人見知りはしないで、初めて会った人でも、やたらと話しかけるのだけど、ある風の女性が怖いんだなぁって思った。

私はきっと、専業主婦のママ集まりとかに絶対に入れないんだろうなぁって・・・って前から思っていたけど、あぁいう集団と同様なノリの、女性の集まりって怖い。。その中にいたら、暗黙の共通認識(?)みたいのがあって、それとちょっと違うんじゃない?って事を言ってしまったら、それ以来、またしても暗黙に仲間外れにされそうな雰囲気。。。

そう、私は多様性を認めない集まりがすごい怖い。 何か自分が違う事言っちゃうんじゃないか?とか。
それすらも気づかない人もいて、そこまでいけば、本当に幸せだろうと思うけど、私は少なくとも「ここでは、こういうルールになってるんだなぁ」くらいは気づけるので、それを感じた途端に、息苦しくなってしまう。

そういうグループに入っていくのは、とっても怖い。 

多様性とか個性を認めない、「あの人おかしくない?」でスパっと切り捨ててしまう人って、個人だとどーでもいいんだけど、集まると本当に怖い。 変なオーラみたいの発してるもんね。

とか言う私も気がつかない所で、そういう何かはあるんだろうなぁって思う。 偏見がないなんて言えないもの。ただ、それが「当たり前」って思わないようにしようとは思う。
[PR]
by run_run_moon | 2009-06-14 19:31 | 番外編

ジル

木曜日の2コマ目のクラスは、知らずに出たら「ジル練」のクラスでした。。。

もう、いつも可哀そうだと思っていた私が、さらに気の毒に。。しかも、そのクラスは3人しかいなかった為、より一層、一人ひとり鳴らしちゃったり出来たので、私の番だけ、トーンの外れた音が鳴り響いてしまいました。。

ジルって、最初は「絶対ダメ!」って思っていたけど、そんな事を言ってると、一体、何が出来る訳?ってなるのと、ダメな理由が、私はジルが入るダンスとか好きなんだけど、私のリズム感キャパがオーバーし過ぎる為に自粛・・・っていう感じ。

三つ打ちっていう、たとえば、右・左・右と3つの音をセットにして、続けて鳴らすんだけど、まぁ、ゆっくりなら出来るけど、すごいスピードで打ち鳴らし、ある独特なリズムを作っていきます。。

無意識で出来るようになるといいんだろうなぁ。。。という訳で、これから毎日、5分でも家で練習する事にしました。私の持ってるジルは、花形ジルです。

さて、ジルとは・・・・


この人がやってるように、パーカッションとジルっての素敵。。。

一体、いつになるの??  しかし、ドラムソロ・ラバーとしては、やってみたい。。
でも、この人も大変なのか? この振りは、ジルがなかったら、非常に簡単そうに見えるが、この、ジルが入るだけで、すごーい大変なんだろうなぁ。。。
そして、このDVDも買ってしまいたいくらい・・・


でも、最近、ベリーダンスのクラスの為に、睡眠不足。。週3日X2クラス 来月もやれば、少しは上手になるかなぁ。。。

今の教室の生徒さんのほうが、上手な人が多い。私は圧倒的に下手な人。。っていうか、ここは、上手な人と、まだまだ初心者の人の両極な気がする。 中間者はどこにいるのか??

なので、今週末は山はお休み。。 今日は洗濯とかして昼寝までしてしまった。 いかに自分が疲れていたか。。疲れを溜めると、ケガしたりするから、要注意です。

そして、オークションで落札したアクセサリーの作者が近所に住んでいるので、直接会って、品をもらって、ほかの商品も買ってしまいました。 すごい素敵なアクセサリーなの。

b0080983_20374847.jpg


天然石大好き!! 我ながら、この色合いがすごい似合うの~ また、いろいろ作ってもらいたい!

仕事で香港に行くことになりそうで、すっかり、忘れていた英語力強化をしなくてはなりませぬ。。 まぁ、仕事でって言っても、研修とかで行くので、まさに売り込むには私自身。。っていう訳で、「私、こんな素敵な社員なんです」ってアピールすべく表現力等々を磨くわけです。

仕事をクビになると、好きな事が出来なくなるし。。 そして、この仕事、私はけっこう向いてるんじゃないかって思うので、大事にしなくては001.gif
[PR]
by run_run_moon | 2009-06-13 20:41 | bellydance

私的ベリーダンス?

この違和感。。

きっと、本場の人が見たら、私がやろうとしてるベリーダンスってこんななんだろうなぁ。

しかし、これって、タトゥーみたいにしてシールで貼れるんだそうで、販売もされているらしいんだけど、誰もチェックしないのかなぁ。
b0080983_048082.jpg

[PR]
by run_run_moon | 2009-06-11 00:47 | bellydance

Sadieがやってくる

月曜日のベリーダンスのレッスンは「オリエンタル」。もう、本当、苦手。。

オリエンタルって優美な動きが多い。見えない風をかんじたり、とび跳ねたり(?) 体をしなやかーに使って、踊るんですが、もう、鏡で見る自分が可哀そう。。

先生も、容赦ないんだよね。

でも、帰り際に泣きそうな気分になっている私に「やらないと出来るようにならないから」と言うので、下手すぎて来るな!とは思ってないみたい。。。良かった。

火曜日は、トライバル。。こっちも、振り付けが進んでいるから、ついていけないこと!大変ですが、でも、まだ、いいような気がする。

木曜日は、ドラムソロ&トライバル。 木曜日が一番楽しい・・・

金曜日は、オリエンタルのクラスがあるけど、どうしようかなぁ?って感じ。 

でも、ベリーダンスやっていてオリエンタルがまるで出来ませんってのもねぇ。。。それに、やっぱり、どの方面に枝葉を伸ばしても、オリエンタルが基本で出来てないと、他も出来ないという事が多々あり。。

好きなSadieのサイトを見たら、2009年の12月に日本に来るらしい・・・嬉しいなぁ~ 生で絶対に見て見たい。できれば、小さい場所でまじかで見たいなぁ。
[PR]
by run_run_moon | 2009-06-09 16:55 | bellydance

英語の不思議

本当、不思議だなぁって思う事はたくさんあります。

私の部署は、基本、海外のチームと働くので、同僚は、外人。会話は英語です。ここにきて、初めて、テレ・カンファレンスってのがあって、電話越しに色々な事を決めてくってのを見ました。
私は、何と言っても、モノが好きな人なので、電話越しに、良く知らない相手に、仕事の話をするってのが、今だに居心地良くないわけです。だったら、メールのほうがいい!くらい。

それで、私の部署は、上司1名、同僚(と言ってもみんな上のひとばかり)3人で、私の5人です。
それぞれの英語力は、バラバラで、でも、みんな見事に意思の疎通を取ってる訳で、すごいなぁーって思う。毎週金曜日の午前中に、マレーシア、ホンコン、中国(どっか)、東京でのミーティングがあるんだけど、それが、意味不明。。マレーシア人の英語って、無意識に聞いてると、英語に聞こえない。。本当に、細心の注意が必要。。それでも、分からなかったりするので、関係ない部分は無視してたりする。

それなのに、私が以外の4人は分かってるんだよねぇ~ 正直言って、私が一番、英語力あると思ってるのに。。。本当、語学って、不思議。。

私の上司なんて、やたらと、ことばに詰まるとthatを挟むもんだから、回線の調子が悪い、電話で、雑音が入るみたいにして、thatが入る。。まぁ、これも慣れるんだけど、慣れても、自分の機嫌が悪かったりすると、心の底でツッコミを入れてたりするんですよね。。

それが!!

東京の代表は、カナダ生まれの日系2世。見た目は、日本人だけど、英語がネイティブで、日本語も結構話せる。。でも、やはり、母国語じゃないって分かる日本語だったりする。 でも、きっと、私の英語よりも、上手な日本語なんだろうなぁ。。って私は思っていた。

そしたら、突然、上司が、「グレン(日本代表)の日本語って、やっぱり、変じゃない。俺の英語も、英語が母国語じゃない人の英語って聞こえてるんだろうなぁって、嫌になるよ」とか言ってるの!! エッ? それは、ネイティブじゃない、私ですら、そう聞こえてますが・・・って言いそうになりそうだった。 と言うよりも、この英語で、自分の英語に、そこまで自信を持っていた事に驚いた。

いやぁーー、すごいよね。 私も、時々、自分の英語が、ネイティブにどう聞こえてるのかな?って思うけど、当然、ネイティブじゃないって分かるだろうなぁって認識してる。。

でも、ある意味、アクセントって、キュートなものになったりする。それが、キュートなら、いいかなぁ。。。って甘えたりしてる。 腹立たしい(?)っていうか、イントネーションがあまりにもその人の母国語を引きづり過ぎると、分からないから、そうなると、アクセントの範疇超えてる!って思う。

今の北朝鮮のニュースみても、金ジョンナムを中国で発見!とか言って、インタビューしてる記者の英語力って、もう少しどうにかならないの?って思ったりする。

フツーに、海外って、もう少し、英語を話せる。。 私は、日本国内で生活するのならば、今の幼児教育で、親すら英語を話せないのに、子供には英語を!とか言って、3歳から英語を勉強します!ってのは、正直、バカらしいって思ってたりする。話せるようになって、いったい、誰と3歳児が会話をする?って思ってしまう。。

ただ、メディアの人間で、海外に取材をしに行く!って言ってる人の、英語力って、もう少し、どうにかならないの?って。ましてや、一応、日本人代表みたいになるわけじゃない。。

しかし、私もそんな自慢したり、偉ぶったりするつもりはありません。
自分はそんな事も見つつ、謙虚に上達したいもんです。。
[PR]
by run_run_moon | 2009-06-09 00:36 | 番外編

薬漬け

驚いた事に、昨日のダメージがほとんどありません!
先週の高尾山のほうが、久しぶりだったせいかこたえたような気がするくらい。今回は、走る前と陣馬山頂で、アミノバイタルプロを飲み、山下ってからは、前に白滝さんのイベントでもらったクエン酸のサプリを飲み、寝る前にも飲んだ。これだけ、アミノ酸やらクエン酸やら飲めば疲労回復が早いって訳です。やっぱり、疲労回復がどれだけ早く出来るかは大事。食べ物だけじゃ難しい。
それでも、昨日はちゃんと食べて寝た。疲れ過ぎると、消化機能が弱くなって食べれなくなる。
流石に、野菜とか寒天とかばかり。あと作り置きのカレー。山でカップヌードルとか食べてる人を見ると驚いてしまう。体を使い切ると、体が自然のものしか受け入れなくなる。
とか言った、私も持って行ったおにぎりはコンビニで買い、サプリも添加物入り。
山復帰の為に、高級サプリ、MUSASHIを購入。あれは、アミノ酸に余計なものが入ってないので、ものすごい飲みにくいのだけど、定期的に取るならあっちのほうが断然いい。私みたいに添加物を日常でほとんど口にしない人は、疲れている時に添加物をたくさん取ると気持ち悪くなります。お菓子ですら!市販のお菓子なんてバクバク食べてるのに、疲れる時は、あまり食べたくなる。消化のいいものばかりを体が欲しがる。

昨日の往復20K以上のはずだから久しぶりに、こんなに走ってしまった!
[PR]
by run_run_moon | 2009-06-08 10:50

陣馬山

b0080983_2243068.jpg

今日ははるばる行って来ました!陣馬山まで。死にそうにハードでした。高尾山口から3時間でついたけど、帰りはまた迷って3時間!
もう寝ます。明日はどうなってる事やら~
[PR]
by run_run_moon | 2009-06-07 22:04