マラソン、ヨガ、ベリーダンス! 女を磨く?身体のブログです


by run_run_moon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

アメリカのセクシー

私の通ってるベリーダンススタジオでインストラクターが変わったり、会社も場所が変わりそうだったりで、ふと、このベリーダンスレッスンのスタンスって、いつまで続くのかな??って思ったりしてます。

この前も書いたけど、段々と「好きなスタイル」とかが分かってくると、ソレが習いたくなります。。

ただ、やっぱり基礎の動きってあるし、そこがままならないと、表現へのステップにはいかないし。。。っていうジレンマ。 そう、ある程度のテクニックっていうか、技術は、練習量に勝るものはないんですよね。そうなると、通いやすい、レッスン代が安いってのが重要。

今年一年は、フリーパスがある今のところに行くかなぁ…って思うけど、その後、1週間に1回とかのレッスンでも、自分である程度出来るようになったら、それこそ、まさに、ある程度は踊れるんですが、この先生から他の要素を学びたいんです!!って思うだろうなぁって。

ベリーダンスって、やっぱり官能的とか重要ですが、そこにも、また個性があるんですよね。。

キャバ嬢みたいな、安っぽいセクシーってあるし、ネットリした熟女みたいのもあるし、聖女みたいなもあるし。。まぁ、その辺りは、ダンスの技術だけじゃなくって、普段の素が出やすいんではないか?と思ったり。。

よく普段は全然女っぽくないけど、踊ると女っぽいっていう人がいるというけど、それって、何を女っぽいって思うのか? 強い女っぽさって、普段女っぽくない人(男勝りな気持ちがある人)とかまさに、ありがちって思う。

清楚とか、儚いとか、そういうセクシーって難しいけど、それこそ、頑張って女っぽいのとは、違うっていいなぁーって思う。 でも、これが、また幼い感じだと違うんだけど。


で、こんな呑気でいられないのが、アメリカンな人々なんだろうなぁーって思う。

よく、アメリカでベリーダンスを習ってる人とか、ポールダンスとか習ってる人って、実際に「現場」で必要なので習ってます!って人いるんですよね。

日本の場合は、ベリーダンスを習っていても、彼氏とか旦那の前では踊らないと思う。それは、自分も恥ずかしいからだけど。

アメリカの場合は、それこそ夜のスパイスとして、そういう遊び心が必要っていうんで、必死な感じがあったり、楽しんでる風だったりする。旦那を喜ばせるためにポールダンス習ってる妻とか、なんて素敵なんでしょう!!

そこで偶然見つけたこの動画。




教えてる人が若くないところが素晴らしいです。
そうそう、ヨーロッパとかだとこんなの無さそうだけど、アメリカだとこういう動画でレッスンとか真面目にやっちゃうんだよね~ なんか分からないけど、旦那も妻のセクシーを期待してるって、楽しそうだけど。。

誰か、この動画で学んで、ベッドでスタンバイして、旦那さんを誘ってみてください。。その後の感想を聞きたいです。
[PR]
by run_run_moon | 2010-03-31 21:45 | bellydance

好きな曲とか

ベリーダンスって、やるほどに好きなダンサーとか、好きな曲とか、多岐に分かれて行って、自分が好きなジャンルじゃないと、飽きてきてしまったりします。

だからこそ、好き!ってなると、嬉しくなります。
実は、偶然見つけた韓国人のベリーダンサーの動画


彼女、おそらくバレエとかの基礎があるんだろうなぁーって思うんだけど、ステキだと思って、私にしては珍しく良く見てた動画だったんです。この曲も好きだし、彼女の他のダンスも好き。
で、サンドラも同じ曲でやってました。。


なんか好きな曲とか、好みが合うと嬉しい。。。動画を同時に見てみると若干曲のテンポが違う?振り付けの違いを見るのも面白い。。

ダンサーとしてステキ!って思っても、やっぱり、好きな曲とか違うと、あぁーこうなりたいの!って思えなくなっちゃう。。。 ベリーダンスって個性の踊りだけど、やっぱ、なんでもそうだけど、こうなりたいの私!っていうイメージって大事だと思うのよね。実物に会えるのが楽しみです。
[PR]
by run_run_moon | 2010-03-23 01:31 | bellydance

LASIC

昨日、やってきましたレーシック。

前からやりたいとは思っていたけど、値段とまだ周りにやってる人が少なかったので、なかなか踏み切れなかったのですが、ちょうどタイミング的によかったので、やりました!

私がやったのは、有名な品川近視クリニック。 周りでやった人が全員そこなので、私も迷わずそこにしました。

で、料金!! これって、結構重要です! 私なんて、レーシックが一体いくらなのか?とか分からなかったので、それもあって、腰が引けていました。

品川近視クリニックの場合、何段階か値段設定があります。一番いいのが25万で、次が22万。その下は9.5万円ってのもある。 ちまたのレーシックって、色々な値段設定があって、まぁ、そのリスクは値段と共に減るんだと思われる。そして、よりにもよって目ですから、ここで、ケチって、後々痛い思いをするなら!って、誰もが考えますよね。

私は、上から2番目の22万コースにしました。Zレーシックっていうやつです。これも、周りの人がほとんどそうだったから。やっぱ、実際に知ってる人の声って信頼できるよね。

ただ、私は最初から決めていたけど、これって、知ってる人がいなかったら、どうしよう?って思うとおもうの。それを、1日目の事前検査の途中で聞くわけよ。 

プロセスを詳しく書くと・・・

1日目 事前検査  角膜の形状と、厚みによって出来ない人がいるので、それをチェック。あと、視力の矯正度合いとかも見る

2日目 手術
3日目 1日後検診

この1日目ってのは、まぁ、すごい途中待たされながらも、2~3時間くらい、建物の中に監禁されて、さまざまな検査をします。 最後に目薬で麻酔とかするから、帰りの電車とか、もう、目が痛めつけられた後みたいな気分で、即効家に帰りました。
その検査は、目ですから、一人ひとりやるんですが、途中の待ち時間、5人くらいのグループで、どういう手術工程なのか、値段によって手術のやり方にどういう差があるのか?を説明受けます。それが唯一のグループセッション。

私の時は1人の明らかに若い金髪入ってる若い男性と、同世代の女性4人の5人でした。で、その説明の後に、どの値段帯にしますか?とか聞かれるの。その答えはみんな聞こえるの。一番最初に聞かれたのが男の子で、一番安いプランです。ってパンフレットを指さして答えてました。2番目は、私だったんだけど、最初から決めてたから2番目で、って言ったら、残りの3人も2番目って言ってた。

なんか、いやだなぁーって思った。 目の手術なんて、お金ケチりたくないけど、さまざまなお金周りの人がいるなかで、グループで言わせるって。それでプランを決める人もいるからかもしれないけど。その男の子だって、人前でそんな事を言わされる必要ないのに。

でも、現代の医療なんて、そんなものなのかな?

そして、手術当日。。。

1番目と2番目は、同じ手術室で出来て、3番目以降は、部屋を途中で移動するって言ってたのだけど、実際やってみたら、「部屋を移動???」って思うくらい、1か所でやっても、いっぱいいっぱいの手術だった。。なので、お金に余裕があるなら、2番目の22万がお勧めです。

そして、この22万。。カラクリが。

私が今回レーシックをやろうって思ったのは、ベリーダンス教室で立て続けにレーシックをやった人がいて、それは、割引券があるんです。私は仲間から5万円のをもらった。 10万とかいうのもあるらしい・・・なので、それがあれば、一気に22万→17万です。

そして、保険に入ってる人は、保険会社によって、給付が出ます。これも、ダンス仲間から聞いたんだけど、10万くらい出ます。その保険会社とかによって出なかったり、金額が違うみたいだけど、調べてみる価値あり! そうなると、17万→7万 だけど、保険を申請するには診断書が必要で、9千円ナリ。 なので、私は7万9千円です。 22万だと考えちゃう金額でも、8万くらいならやってみようかなぁーって思いますよね?

たぶん、私もやったあとは、紹介出来るみたいだから、実際に知ってる友達でやりたい!って思う人はメールくれれば、紹介出来ると思います。

で、実際の手術。。。。


これが、結構痛い。。。 手術は夕方だったんだけど、帰りの電車では、目を開けてられなかった。これは、個人差あるみたいで、私は花粉症もあったからなのか?涙が止まらなくって、電車で見た人は、相当な花粉症なんだろうなぁ・・・お気の毒に。って思ったと思う。

目には、あの花粉防止とかでつけるゴーグルちっくな透明な眼鏡、口には、マスク。顔全体が覆われている状態。それにも関らず、涙は出まくる…

翌日の朝は結構スッキリ。 確かにハッキリ見えるようになった!! 私の場合は、裸眼で0.1だったので、手術前はボンヤリしてたものが、いまではハッキリ。

確かに、やってよかった!って思いました。 今日も1日後検診に行かないと…
[PR]
by run_run_moon | 2010-03-22 11:23 | 番外編

今朝は病院に行って、花粉症の薬をもらってきました。私は、風邪になっても、意地でも薬は飲まないで直す!っていうタイプだけど、漢方薬はOKとしている。そして、花粉症に効く漢方薬があるってので、処方箋をだしてもらいました。
小青龍湯という、中華店みたいな名前の薬。 明日は検査でOKならレーシックなので、花粉症の症状が出ては困ります!

実家に寄ったら、猫のMoonがのんびりしてました。
(後ろに写っている引き戸の桟が、猫の出入り口用になってます。うちはいつも猫がいるので、扉も猫仕様に…)
b0080983_1046189.jpg


もう、4月まであと少しで、すっかり春なんだなぁ~って思ってしまった。
この連休で衣替えをして、もう、着ない服を捨てよう。。。

私は物持ちがすごーーーいいいのだけど、いい加減、捨てようって思うものがある。というのも、やっぱり、似合うものが変わってきたっていうのと、自分に雰囲気作りも変えたい…ってのがあるからかな。

私が目指したい女性像… さんざん書いたんでもう、結構ですって感じかも。

ベリーダンサーでは、最近、サンドラ好き。 今度来日します。私も、WS申し込みしたんだけど、まだちゃんと申し込めているのか不明…っていう状態。WSって高いから、私にとって一大決心。でも、やっぱ、実物見てみたいんだよねぇ~ この前のセイディ、私は会う前は、憧れの人物だったけど、実際の彼女はものすごい気さくだし、ある意味、ステージでは別人だけど、それ以外は普通の女子だった。サンドラはどうなんだろう?? 

b0080983_10525799.jpg


大人っぽいセクシー
大人っぽいなんて、目指してるうちに、あっという間にオバサンになってしまいそうなので、この年月を大事にしたいところです。

----------------------------------------------

1ヶ月くらい前に、仕事で、久しぶりに造作家具工場に行った。私はあぁいう職人さんのもってる、優しさとか温かさが大好き。話し方、笑顔の作り方、さすがに天然素材を扱ってものつくりをしてる人ってのは、違う。

ただ、日本の景気が悪くて、そりゃ、家具業界も陰りまくりで、私のいる会社でも、国産でなんてつくれず、海外の安い場所で作る訳です。 ただ、もちろん、出来はまるで違う。
日本とか、ヨーロッパには職人がいるけど、アジアでは、労働者、ワーカーなんだよね。。。
その見るからに腕が良さそうなおじさんに「このまま日本で仕事が少なくなったとしたら、海外で技術指導もかねて行ってみたいとか思いませんか?」って聞いてみた。そしたら「言葉がしゃべれないもの」って返事。「じゃ、現地の人が日本語が出来たら?」って言ったら「そういう人は、家具を作る仕事にはつかないでしょ?」だって。

まさにその通り。私だって、英語が出来るから、やっぱ、外に出たかったもの。。アジアの国で、日本語が話せるとしたら、仕事の選択は広がり、工場で作業人として働かないだろう。。それだけ、高給取りの職種にはならない。

だからと言って、やっぱり、日本とアジアの国を比較すると、こういう仕事、バカじゃ出来ないのよね。だからと言って、頭良すぎちゃったら、やってられない…みたいになるのかも。好きじゃなきゃ出来ない。人々はそう言うけど、その給料が低くって、他の事をやったらもっとお金もらえるとしても、その仕事を好きでいられるんだろうか?

そんなのを考えず「これしか出来ないからね」と言い切れる幸せみたいのもの。

この前TVを見てたら出ていた、すし職人の人も同じような笑顔をしていた。やはり職人と言われる人々の雰囲気とか、表情はとても優しい。私が男ならあぁいうのは憧れだろうなぁ。。

こうやって、女性の色気とかも、直線距離でたどり着けないんじゃないかって思う。安易に、色っぽくなりたいで…ってなんか習い事を始めてそうなるよりも、結果として、そうなったっていうほうが、真似できない厚みのある魅力を人につけさせるんだろうと思う。
[PR]
by run_run_moon | 2010-03-20 11:05 | インコのピーコちゃん

花粉症

私は、自分でも最近は特に思うのだけど、とても健康でした。風邪らしい症状にも一切ならなかったし、忙しい日々でも、どうにかのりきりました。

そんな私でも、抵抗出来ないのが花粉・・・ これも、毎年じゃないんだよね。去年はすごい楽だった。一昨年は最悪だった。

その一昨年のような状態です。 鼻から鼻水止まりません。 そして、鼻かみすぎだからか、頭もボンヤリしてきて、まるで、風邪をひいたみたいです。
おかげで会社も休み。。。 3連休じゃなくて4連休です。

それでも、外に出歩く気にもなれず、ずっとおうちです。
風邪をひいたときみたいに、節々が痛くって、明らかにリンパ腺が滞ってる感じ。

明日はいよいよレーシックの検査です。 そして、日曜日は手術。 

つくづく花粉症とかになると、目がよくなるって素晴らしい!って思う。 今は眼鏡生活をしてるのだけど、眼鏡してマスクとかすると「誰か全然分からなかった」って言われたりします。

あと、梅雨前ね。。。 私のくせ毛は梅雨前は、本当に手に負えなくなる。。そういう意味では、早くから前髪ストパー予約をするしかない!って思ったり。

たまには、ゆっくりするほうがいいのかも。
[PR]
by run_run_moon | 2010-03-19 16:30 | その他

忙しい日々

先週の日曜日に東京マラソンを走って、マレーシアに行って、昨日は、セイディのショーでした。
あぁ、予期していたけど、本当、体力消耗。今日は、雨が降ってたのもあるし、ベリーズサーカスっていう、ベリーダンスの大きなイベントにも行かず、家にいて、洗濯をコインランドリーまで持って行ってやった。こういう時期は乾燥機が欲しいと思う。

セイディをホテルから会場まで案内する係だったので、1時間ほど彼女と二人きりの時間がありました。私はなんか質問とか考えておいたほうがいいかなぁーとか思ってたのですが、素顔の彼女(実際、スッピンでした)は、本当にどこにでもいる普通のアメリカ人の女の子でした。

3週間にわたる日本滞在で、さすがに疲れがたまっているのか?色々と言ってましたが、本当、普通の子。そういう意味では、変に有名人ぶって感じが悪い訳ではないのでいいんですが、こう、ダンサーとして世界的にも有名になってる風のオーラっていうものはないかな。もちろん、顔とか超ちっさいけど、山の手線とかで移動してる時の彼女は、誰もが振りむくって訳ではなくって・・・

やっぱり旅行しながら世界で公演するライフスタイルは、大変らしく、ホルモンバランスが乱れまくりのようです。生理不順ってやつかしら? 詳しく効かなかったけど、やっぱ身体にこたえるみたい。私も、その話を聞きながら、その日の朝に成田に到着してたので、妙に、3日の出張でもこたえるのだから、そりゃ、大変だろうなぁーって共感。

海外をまわって仕事って聞くと、聞こえはいいけど、大変だろうと思う。 のんびり仕事出来るならいいけど、だいたい、目的があって出張に出かける訳だから、任務遂行しないといけないし、夜は夜で現地の人と(会社の人)交流を深めないといけないし。まぁ、私の場合は、初めて、今まで仕事でやりとりしていた同僚と合ったので、そういう意味でも、せっかく仲良くならないと!って思ったわけですが。。。 これが、夜は自由時間ならいいのかなあ。でも、海外だと、せっかくだから!って思って夜も出歩くんだよね。。

それと彼女は恋人と離れ離れになるのもさみしいみたい。まぁ、この彼について、私が聞きたい以上に詳しく話してくれたわよ。。私はもっとダンスの事とか聞きたかったんだけど。。。

まぁ、そういう意味でも、普通の女の子。

ただ、舞台に立ったら、すごい。でも、その前も、全然普通なんだよね。。 ステージに立つ前って、いっつも私なんて、メイクやらで大変なのに、彼女は30分前とかも余裕だった。メイク映えするんだろうけど、本当、大したことやらないんだよね。。。むしろ、他の日本人ダンサーの化粧がすごすぎるのかもしれないけど。。

まぁ、慣れてるの一言なのだろうけど。。 こうやって世界を回るのは確かに、最初は楽しいけど、売れっ子スターみたいに、今どこにいるんだっけ?ってなるかも。

上司はまだマレーシアなので、来週は少しはラクに仕事が出来るといいんだけど。。 私は、最もジプシー的生活に向かない人です。 それこそ、根づいてないていけないタイプ。 家に帰って料理とかすると安心する。 外国でおいしいもの食べても、やっぱり、家で自分が作るものも食べたい。

そう、マレーシアっていう国について。

b0080983_14265618.jpg


私の会社はマレーシアに色々な仕事をアウトソースしてるので、今までもマレーシアのスタッフとやりとりはたくさんしてました。なので、マレーシアっていう国に対して、だいたいの自分の想像ってのがあったのですが、実際行ってみると、また違った感じでした。

何よりも、マレーシアって、マレー(だいたいがイスラム教)中国系、インド系っていう3種の宗教も言葉も人種も違う人々が暮らしてる。 その様子がまあ、不思議。アメリカとかみたいに、あそこまでみんながなじんでるんじゃないのよ。だから、マレーはマレー語だし、中国系は広東語。インド系は接点なかったんだけど、たぶん、ヒンズーかな?

私は、めんどくさいからベジタリアンって言ってるけど、実際には、牛肉と豚肉を食べない。だから、前世は、イスラムかヒンズーだったのかな?って思うほど。 宗教で食べない訳ではないけど、最近は、本当にそれに近い感覚を感じる。たとえば、普通の日本人がカエルを食べるのを、ヒャーって思うのと同じように、牛・豚を食べてる人に対して、感じるみたいな・・・ノリ。

だけど、実際、それらの人々と交わると、あぁ、私、何よりも、アジアです!って感じた。 イスラムとかヒンズーって、ものすごい宗教のバックグランドが強い。そういう意味で、中国系は仏教徒って言っても、普通に肉食べるし、その宗教を信仰してるがゆえの制約って少ないんだろうね。

その宗教的な重さっていうのが、マレーシアのあのムワってとした暑さと重なって、ものすごーく重く感じた。日本に育ってると、みんな一緒だから感じないけど、やっぱ、みんな同じ人間って言えるには、あのハッキリした違いを目の当たりにしても言えるかどうか?って思う。 

だって、同じマレーシア人でも、中国系とマレー系が、英語で会話してるんだもの。。びっくりした。だから、マレーシアの人はだれもが英語を話せるけど、それは、明らかに母国語ではない、共通語で、自分の言いたい事を半分くらいしか伝えられてないんではないか?って思う。そんなんで、一つの国にいるわけだからねぇ。

イスラムの国だからか、ホテルにも上から黒い袋を被せられたような女性とかがいた。私の会社のある広尾でも、時々そういう女性がいるから、見るのは初めてではないけど、中東から遊びに来てる女性は、マレーシアのイスラムよりも厳しいみたいで、全身全て、目以外見せない。

私は人種差別的な事って思わないけど、自分の本能的に、あぁ怖いって思う事ってのはある。それは、私はそこまでリベラルな環境で育ってきてないから、頭の知識で分かっても、本能で異質すぎるものって怖いって身体がは反応しちゃう。

そういう意味で、あのイスラムの女性の姿って、ビクってしてしまう。

そして、ベリーダンスってイスラムの国がやっぱ起源だしね。 ベリーダンスのCDを買うと、ベリーダンスの歴史とかが説明されているリーフレットが入っていたりする。そこに、もともと、やっぱ、ジプシー的なダンサーと、宮廷的ダンサーと2種類あったそう。そして、その宮廷的ダンサーは、教養もあって、歌も歌えたりするらしい。でも、その姿を直に見せる事は出来なかったみたい。

どちらにしても、それらの女性は娼婦だったそうなので、そりゃ、そうだろうなぁって思う。あれだけ、女性を隠す国でおおっぴらに、肌を見せる衣装を着ていて、女を売ってない訳ないだろうって思う。

まぁ、マーケティングとしては、都合よく解釈するんだろうけど、ベリーダンスは娼婦の踊りだ!とか言ってほしくないけど、まぁ、そういう歴史も理解したほうがいいんだろうか。。なんか、世界って広いよ。
[PR]
by run_run_moon | 2010-03-08 00:48 | bellydance

Malaysia

今回、初上陸のマレーシア。

まず、暑い。 梅雨の日本みたいな湿度の高さと、気温の高さ。 そして、色々な人種。

日本人の年収の三分の一でも、普通に生活出来て、暖かい気候(暑すぎ?) 多くの企業が、マレーシアをアウトソースする国に選んでるらしいのだけど、さすが、それだけあって、ノンビリしてる。

ちょっとした組立作業を見ていても、「えっ?その順番でやる?」って思ってみてると、しばらくしてから気がついて直してたりする。。しかも、それがエンジニア。。 図面描いてたら、組立の段取りとか頭にありそうなのに。

とか、色々思ってしまうわけです。。。 

私は、昔は、もっともっと、色んな事がスムーズにいかないと腹を立てていたような気がする。機械のような、スムースさを求めていたような気がする。 田舎に行って、電車が少ないと腹立つみたいなノリ。

そういう次元を超えて、どうやったら、上手く与えられた条件で、物事を上手くまとめるか?

これからの日本で、こんなにも労働力が安くって働く人々と、どこで差をつけられるんだろうって、この先の若い日本人は大変ですよ、きっと。
[PR]
by run_run_moon | 2010-03-03 15:08 | 番外編

東京マラソンの感想

東京マラソンも無事完走し、現在、マレーシア。

東京マラソン。 今回も、雨の中。1回目も雨だったけど、今回の方が、すごい寒く感じた。
というか、今回つくづく感じたのですが、私の中の走る気合が、フルマラソンを重ねるたびに、減っていって、感動が薄れつつあります。

今回で、8回目だったかな? 完走出来なかったフルマラソンはない。だからと言って、タイムが良くなる事もないんだけど。。 これから、私にとってフルマラソンでもっと感動を感じるには、タイムへの挑戦が必要になってくるんだろうなぁ。 
もちろん、今回見たいに、あまりにも走ってないのに、完走出来ると、肉体的にも辛かったりするので、ゴールを通る時には嬉しいんだけど、その割に、タイムはどんどん遅くなってる。 そうなると、複雑な心境。

今回は、5時間をちょっと切るぐらい。 初めての東京マラソンは3年前で同じく雨だったけど、20分くらい早かった。 もちろん、あの時のほうが今よりも全然走っていたし、当たり前なんだけど。

もう少し、これから、フルマラソンに出るなら、タイムへの挑戦、つまりは、事前にもっと走っておかないとダメだなぁ。 でも、今回とかは、走れただけマシっていう感じだったしなぁ。。あまりにも、最近はダンスに時間がとられていて、走る事をおろそかにしすぎだった。

いまだに、マラソンとか言うと、「絶対に私はイヤ」とか言われるんだけど、私が思うに、走れるって、必須科目みたいな気がする。 もはや、スポーツじゃないっていうか、走れるのと走れないのと、歩けるのと歩けないのとぐらいな差があると思う。

どこに出掛けてもくたびれてしまわない体力。 走る前は、いっつも疲れた…ばかり言ってた私。 今は、「お腹すいた」に変わった。 ひと駅、ふた駅くらいの距離は楽々歩ける。

これから、暖かくなるし、もっと意識して走る時間をとるようにしよう。
[PR]
by run_run_moon | 2010-03-03 14:56 | race